2021年9月29日 (水)

ハンス・ジマーのライヴアルバムBD

The World of Hans Zimmer - A Symphonic Celebration

■AMAZON→2CD+BD
■TOWER→2CD+BD
■AMAZON→BD
■TOWER→BD

10月29日発売
 2年前にリリースされたハンス・ジマーのライヴ盤に1曲追加して、BDでライヴ映像を追加したエクステンデッド・ヴァージョン。追加曲は『インセプション』のTIMEのアラン・ウォーカーとのコラボ。BDにはライヴの他、ミュージックビデオも収録。
 BD単独の方がかなり割高だが、内容が同じかどうか不明(おそらく同じだろうけど)。

| | コメント (0)

2021年8月 3日 (火)

アンダー・ファイア

アンダー・ファイア(1983)
UNDER FIRE

■スティングレイ
■AMAZON

8月27日発売
 ロジャー・スポティスウッド監督、ジーン・ハックマン、ニック・ノルティ、ジョアンナ・キャシディ、エド・ハリスなど出演の実話を元にしたドラマ。戦乱のニカラグアを取材するジャーナリストたちを追う。日本ではLDが出たのみで、アメリカで発売されたDVDも出なかったが、ついにBDで発売! ベースになっているのは2015年に出たアメリカ盤。
 ジェリー・ゴールドスミスのスコアはアカデミー賞にノミネートされたが、なぜか受賞はパクリ満載の『ライト・スタッフ』だった。ゴールデン・グローブ賞に至っては『フラッシュダンス』である。サントラは公開時にLPがリリースされ、日本でのみ1992年にCDが出たが、海外では2008年にFSMがリマスターで出すまで入手困難だった。現在は廃盤。名盤なので、出来れば映画使用音源での完全版リリースを! もっともマスター音源が確認できないらしいので難しいが……。パット・メセニーによるアコギが素晴らしいが、インプロヴィゼーションではなくて譜面通り。

 BDでは本人ではないが、レコーディングエンジニアのブルース・ボトニックと、ミュージックエディターのケン・ホール、サントラファンにはお馴染みのジェフ・ボンド、ニック・レッドマンによる音声解説収録。ボトニックは『スター・トレックTMP』から、ケン・ホールは大半のゴールドスミス作品と関わってきた弟分なので、コメントはゴールドスミスだけでなく、映画音楽についての解説が素晴らしい。しかし、全員イイ年なもんで作品タイトルが思い出せずに監督やら主演やらストーリーやらで連想ゲームを始めてしまうのが笑える(オタク年寄りあるある)。しかし、最後の方は映画のシーンと同期した内容で……感傷的になってしまった。
 改めて映画を見てコメンタリーを聞いてサントラを聴いて気づいたこと。サントラに収録されていないオープニングのアフリカンスコアは本編とはまったく音楽的に無関係(なのでサントラには未収録)。その後、38分はスコアなしで、スコアが入るタイミングがドラマの転換点。サントラ用に一部を録音し直しており、その音源を監督が気に入って差し替えたシーンがある。終盤のアクションスコアはサントラから意図的にカットした(他の作品でも聞けるようなゴールドスミスのアクションスコアなので)。かなり意識的に1枚のアルバムとして編集したものである。

 んでもって、コメンタリーの最後の方で、ある大作曲家が「俺はゴールドスミスの生涯ギャラを超えた」と言っていて、全員が金じゃないよなと哀れむような声を出していたが、どう考えてもあの人だよな。ハリウッドの作曲家は少なくとも表ではそんなことは言えないし。

メーカーによる仕様紹介
●1080pHDマスター/2021国内レストアVer.
●TV放映版日本語吹替収録(テレビ朝日「ウィークエンドシアター」1990年8月25日放映)
 ※一部、日本語吹替の存在しない箇所(約13分)は字幕対応となります。
●字幕切り替え無し!《日本語吹替テレビ放映版完全再現再生機能》付き
●監督ロジャー・スポティスウッドの音声解説・製作編
●ブルース・ボトニックとケニー・ホールの音声解説・音楽編
●撮影時フルフォーマットのレーザーディスク版本編(4:3スタンダードサイズ/SD)をまるごと収録(SD・128分)
●オリジナル劇場予告
●ギャラリーアーカイヴ
●特製16Pブックレット封入

| | コメント (0)

2021年6月19日 (土)

FSMの新譜!

SkyfighterSKY FIGHTER


■SAE


 活動をウェブマガジンのみに絞ったFSMが251枚目の新譜をリリース。というものの、活動再開というわけではなくて、編集長でもあるルーカス・ケンドールが2018年にクラウドファンディングで資金を募って製作し、2020年1月にネットで公開した短編SF映画の本編BDとサントラCDのセット。
 本来、バッカー(資金を出した人)向けの者だが、限定1000セットのみSAEで販売することになった。15分の短編を5.1chと2chのミックスで収録。サントラは12分全部収録。音楽はボビー・ヴィラレアル。80年代のシンセスコアを意識したスコア。

| | コメント (0)

2021年4月20日 (火)

羅小黒戦記 ぼくが選ぶ未来

羅小黒戦記 ぼくが選ぶ未来

■AMAZON
■TOWER

7月9日発売
 中国のアニメ。2011年から中国版ニコ動、bilibiliで公開された短編アニメシリーズで、日本でもYOUTUBEで28話までと番外編を見ることができる(映画製作で止まっていたが、bilibiliでは4月24日から再開)。映画はその前日譚として製作されたという異例の中華ファンタジー。キャラの可愛さ、動きの丁寧さ、アクションの見せ方など、非常にレベルが高い。日本では2019年9月に中国語版が小規模公開された後、2020年11月に日本語吹き替え版が製作されて徐々に公開館が増え、現在も公開されている。
 通常盤DVDとBD、限定盤DVDとBDの4種が発売される。今回収録されるように字幕も3度にわたって改訂されるほど丁寧で、日本版制作側の愛情を感じる。サントラCDがついてくるので、もう限定盤一択である(中国で配信された55分のサントラに中国語の主題歌を追加)。というか、これだけ特典がついて価格差がCD1枚分くらいというのはかなり良心的ではないか。日本語版を製作したアニプレックスだからだろう(とは言え、ベースの値段が高いのはいつものことだが)。なお、店舗別の特典もあり、公式サイトで確認できる。AMAZONはB3クリアポスター、タワレコはポチ袋5枚セット+KVポストカード。
【完全生産限定版特典】
■特製デジケース&三方背ボックス
■特製ブックレット(縮刷版パンフレット+スタッフ描き下ろしイラスト集)
■日本語吹替版アフレコ台本
■オリジナルサウンドトラックCD
■日本語字幕全3種・再現収録
※中国語オリジナル音声用日本語字幕は、完全生産限定版のみ日本語字幕版の劇場公開時に使用された3種すべてのバージョンを再現し、収録いたします。(一部の環境依存文字以外を再現収録予定)
通常版は、最新版日本語字幕1種と、バリアフリー字幕を収録いたします。
■映像特典
・初日舞台挨拶映像
・PV・CM集

| | コメント (0)

2021年4月16日 (金)

ザック版ジャスティス・リーグ

ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット

■AMAZON→初回限定
■AMAZON
■TOWER

6月25日発売
 ザック・スナイダー監督が娘の不幸で降板したが、後を継いだジョス・ウィードン版の出来がいまいちでヒットに至らなかったせいもあり、ザック版を待ち望む声がネット吹き荒れ、若干の追加撮影の末、4時間という長尺で配信&発売ということになった。本来なら4時間で劇場公開とはならなかっただろうから、これで比較するのは不公平だろう。それに、監督も公言しているように、クリフハンガーで終わっている上に、この世界観での続編はなしということなので。
 初回限定特典として日本限定ジム・リー作画コミックブック&オリジナルポストカードセット付。
 なお、デジタル配信は先行で5月26日から。
■AMAZON PRIME→字幕版
■AMAZON PRIME→吹替版 どちらも2546円。レンタル399円。
■apple TV 2546円。字幕・吹き替えが同梱。4K。extraとして監督インタビューあり。レンタル509円。

ZackjlZack Snyder's Justice League

■AMAZON MP3
■ITUNES

 サントラはこちら。音楽は当初の予定どおりトム・ホルケンボーグ。『マン・オブ・スティール』からスーパーマンのテーマ、『バットマンVSスーパーマン』からバットマンとワンダーウーマンのテーマを引き続き使っている。ハレルヤなど2曲の歌を含んで54曲3時間53分収録。

| | コメント (0)

2020年8月11日 (火)

モリコーネ・コンダクツ・モリコーネ

モリコーネ・コンダクツ・モリコーネ

■AMAZON
■TOWER

8月31日発売
息子ジョヴァンニが監督として演出!
モリコーネの映画音楽人生を時期ごとに振り返る!
「モリコーネ・コンダクツ・モリコーネ」がデジタル・リストアでブルーレイとして蘇る!

【人生と伝説】
1. アンタッチャブル
2. デボラのテーマ「つらい想い」~メインテーマ
3. 海の上のピアニスト
4. ニュー・シネマ・パラダイス
【1ページ】
5. H2S
6. シシリアン
7. ある夕食のテーブル
8. 愛のさけび声
9. マッダレーナ
【セルジオ・レオーネによる伝説】
10. ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ~ Cockey's Song
11. 続・夕陽のガンマン/ 地獄の決斗
12. ウェスタン
13. 夕陽のギャングたち
14. 黄金のエクスタシー
【社会派映画】
15. 狂った旋律
16. 殺人操作
17. 供述によるとペレイラは…
18. 労働者階級は天国に入る
19. カジュアリティーズ
【悲劇的、叙情的、叙事詩】<...br> 20. タタール人の砂漠
21. ミッション

エンニオ・モリコーネ (指揮)
ミュンヘン放送管弦楽団
バイエルン放送合唱団

スザンナ・リガッチ (ソプラノ)
ギルダ・ブッタ (ピアノ)
ウルリヒ・ヘルケンホフ (パンパイプス)
ヘンリー・ラウダレス (ヴァイオリン)
ノルベルト・メルケル (ヴィオラ)

収録: 2004年10月20日、ミュンヘン、フィルハーモニー・ガスタイク (ライヴ)
映像監督: ジョヴァンニ・モリコーネ
プロデュース: ヘルムート・パウリ

★イタリアを代表する世界的な映画音楽の巨匠で、「ニュー・シネマ・パラダイス」や「海の上のピアニスト」など、500本以上の長編映画の音楽を手掛けたエンニオ・モリコーネが2020年7月6日 (現地時間) お亡くなりました。91歳でした。本盤は、モリコーネが2004年にミュンヘン放送管弦楽団とミュンヘンのフィルハーモニー・ガスタイクで行ったコンサートの模様を収録し映像を今回デジタル・リストアしてブルーレイで発売されます。モリコーネは、1928年ローマで生まれ、1960年代は映画監督セルジオ・レオーネとのコンビで「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」や「続・夕陽のガンマン」といったいわゆるマカロニ・ウェスタン音楽の第一人者となりました。1986年にはローランド・ジョフィ監督の「ミッション」を担当しゴールデングローブ賞作曲賞を受賞、1987年に「アンタッチャブル」でハリウッド進出を果たしグラミー賞を受賞、その直後1989年には世界的に大ヒットした「ニュー・シネマ・パラダイス」で一気に知名度をあげました。このコンサートは、モリコーネの息子ジョヴァンニ・モリコーネが監督を務めており、モリコーネの映画音楽人生を時期ごとに振り返るような演出で、途中には映画の場面が映し出されるなど、感動的な構成でモリコーネ・ファンなら必聴。 

| | コメント (0)

2020年3月 7日 (土)

ショック! ロード・オブ・ザ・リングが……

LotrdvdbLotrdvda

 かなりのショック。久しぶりに『ロード・オブ・ザ・リング』の長尺版サントラを聴こうと、DVD-AUDIOを出してきたわけだ。

 一応説明しておくと、ブックタイプのBOXにCD3枚(『王の帰還』は4枚)と、同内容をハイレゾですべて収録したDVD-AUDIOが1枚入っている。

 で、ディスク表面を見て嫌な感じがした。再生面の外周部に丸で囲ったようなもやっとした部分が3枚ともにあるではないか。DVDに限らず、CDでもそうだが、傷を保護する面、記録面などを接着剤で貼り合わせているのがこういったディスクだ。接着剤のムラがこういった模様を生んでいる場合もある。しかし、この場合はそうは見えない。というか、以前にはなかったと記憶にある。

 恐る恐る再生すると、『旅の仲間』は問題なかった。しかし、『二つの塔』は中盤で音が飛び始め、しばらくして、問題なく再生が始まる。再生面が2層目に切り替わったからだ。そう、1層目の終わり部分――つまりモヤのある外周部で音飛びが発生したのだ。ちなみに最後の曲は問題なかった。『王の帰還』もA面の最後で音飛び発生。B面は無事だった。

 以前、CDで変色して再生出来なくなったものがあったが、あれはCD初期のプレスで交換してもらえたからよかった。しかし、まさか大手がプレスしたDVD-AUDIOでこんなことがあるとは。ジュエルケースに入れて別に保管していたのになぁ。高かっただけにショックはでかい。お持ちの方がおられたら、ちょっとチェックしてみてくださいな。

ロード・オブ・ザ・リング旅の仲間
THE LORD OF THE RINGS:THE FELLOWSHIP OF THE RING

■AMAZON
■TOWER

 ちなみに現在販売されている再発売ヴァージョンでは、DVD-AUDIOではなく、BD(ブルーレイ)になっている。そのせいで、『王の帰還』は片面で収録できている。BDはBDで傷に弱いとか、保護面の材質のせいで不織布に入れたらダメとか弱点があるんだけどね。

| | コメント (0)

2019年10月10日 (木)

カプリコン・1、日本での劇場公開版が発売!

カプリコン・1

■AMAZON
■TOWER

2019/12/18発売
 1977年12月10日に日本公開になった『カプリコン・1』だが、イギリス映画と言うこともあって、日本が世界で最も早い公開となった。『スター・ウォーズ』が1年も遅くなったこともあり、当時のSF映画ファンの多くはSWより早くこちらを先に観たかもしれない。中学1年の私も京都東宝公楽に親父につれていってもらった。田舎で情報もほとんどなかったのに、よくこれを選んだものだ。結果は大正解で、以降の人生にかなり大きなインパクトを与えた。最大のものは映画音楽、そして、ジェリー・ゴールドスミスへの傾倒だ。劇場を後にする時、親父と一緒に「ジャーンジャーンジャーンジャジャジャジャジャ」とメインテーマを口ずさんでいたほどのインパクト。これに匹敵する経験をしたのは『コナン・ザ・グレート』くらいである(どっちもアンヴィルがよく響くな)。だから、この熱い想いをゴールドスミス本人に伝えたかった。しかし、つたない英語力&本人を目の前にした緊張で、短い時間でそこまで伝えられなかったのが生涯最大の悔いである。ああ、くそう!

 というわけで、今回発売になるBDだ。これまでに何度もソフト化されている。もちろん、アメリカやイギリスでも。しかし、すべて123分だ。だがしかし! 日本公開版は129分だったのだ。LDなどで見返した時、記憶にあったシーンがないと思ったことはあったが、記憶は作られるというのは事実だし、自分でも経験はあるので、またそれかな程度に思っていた。が、ネットの海が広がり、情報が入るようになると、どうやら日本とイギリス公開版は129分で、ソフトではカットされていると言うことがわかってきた。しかし、そのソフトは出ていない。もう観られないのかと諦めていたら、なんと日本公開版のマスターが発見されたと言うではないか! 公式には123分となっているので、この129分版はボーナスディスクとして、あくまでもおまけという形態。しかし、フィルムネガからのHD画質。ただのおまけではない!

| | コメント (0)

2019年9月13日 (金)

ゴジラ:キング・オブ・モンスターズ

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ 

■AMAZON
■TOWER

2019/12/18発売
 大ヒットしたハリウッドゴジラ第2弾、ついに発売。
 完全数量限定生産4枚組 S.H.MonsterArts GODZILLA[2019] Poster Color Ver. 同梱
 Amazon.co.jp限定特典つきは、日本オリジナルスチールブック仕様、オリジナルA4クリアファイル仕様など各種。タワレコでは先着でクリアファイルプレゼント。

 クリアファイルは、ゴジラショップ、AMAZON、TSUTAYA、その他ショップで柄が違うので、公式サイトでチェック!

 なお、特典ディスクの内容は限定生産4枚組のみ、イベント映像集(ワールドプレミア in HollyWood、ジャパンスペシャルスクリーニング ブルーカーペットイベント、ジャパンプレミア試写会舞台挨拶、初日舞台挨拶、東宝スタジオ ゴジラツアー)、オフィシャル・インタビュー(渡辺謙、マイケル・ドハティ監督、日本語吹替キャスト(田中圭、木村佳乃、芦田愛菜))が追加されている。

| | コメント (0)

2018年10月23日 (火)

モリコーネのライヴ

The Morricone Duel - The most dangerous concert ever


■AMAZON
■AMAZON.COM→BD
■AMAZON.COM→DVD
■AMAZON.COM→LP
■AMAZON MP3
■ITUNES


11月9日発売
 デンマークのコペンハーゲンで行われたDR放送交響楽団によるライヴ映像。モリコーネ本人は登場しない。指揮は東京生まれハワイ育ちのアメリカ人サラ・ヒックス。公式サイト情報によればリージョンなしなので、BDもDVDも問題なく見られるはず。収録作品は下記の通り。サブタイトルどおり、マカロニ中心の派手な曲ぞろい。


エンニオ・モリコーネ:復讐のガンマン、イングロリアス・バスターズ、荒野の用心棒、ヘイトフル・エイト、ウエスタン、アンタッチャブル、続・夕陽のガンマン/地獄の決斗、シシリアン、夕陽のガンマン
バーナード・ハーマン:タクシー・ドライバー
ソニー・ボノ:キル・ビル
ニノ・ロータ:ゴッドファーザー


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧