2018年10月23日 (火)

モリコーネのライヴ

The Morricone Duel - The most dangerous concert ever

■AMAZON.COM→BD
■AMAZON.COM→DVD
■AMAZON.COM→LP

11月9日発売
 デンマークのコペンハーゲンで行われたDR放送交響楽団によるライヴ映像。モリコーネ本人は登場しない。指揮は東京生まれハワイ育ちのアメリカ人サラ・ヒックス。公式サイト情報によればリージョンなしなので、BDもDVDも問題なく見られるはず。収録作品は下記の通り。サブタイトルどおり、マカロニ中心の派手な曲ぞろい。

エンニオ・モリコーネ:復讐のガンマン、イングロリアス・バスターズ、荒野の用心棒、ヘイトフル・エイト、ウエスタン、アンタッチャブル、続・夕陽のガンマン/地獄の決斗、シシリアン、夕陽のガンマン
バーナード・ハーマン:タクシー・ドライバー
ソニー・ボノ:キル・ビル
ニノ・ロータ:ゴッドファーザー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月22日 (月)

ジョン・カーペンターのライヴ

 息子コディらとのアルバムも好調なジョン・カーペンターは今年もアメリカや欧州でコンサートを行っている。アジアにはまだ……。悔しいので2年前のバルセロナでのライヴを見つけてアップする。たっぷり17曲51分。ストリームで配信されたものようだ。ジョン君、絶好調にベンベンしてますw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月18日 (木)

カーター・バーウェルのコンサートライヴ

Carter Burwell-Music For Film

■AMAZON

■AMAZON MP3

2018/11/23発売
 カーター・バーウェルのライヴアルバム。ダーク・ブロッセ指揮、ブリュッセル・フィルハーモニック演奏。
 収録曲は、ミラーズ・クロッシング、ファーゴ、スパニッシュ・プリズナー、ゴッド・アンド・モンスター、マルコビッチの穴、バーバー、ヒットマンズ・レクイエム、トワイライト、シリアス・マン、トゥルー・グリット、ミルドレッド・ピアース 幸せの代償、オリーヴ・キタリッジ、キャロル、アノマリサ、ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月20日 (水)

伊福部昭トリビュート 春の音楽祭 in Kitara

伊福部昭トリビュート 春の音楽祭 in Kitara

■AMAZON
■TOWER

2018/08/17発売
2018年3月20日 札幌コンサートホールキタラでのコンサートを収録。
指揮 藤田崇文
演奏 札幌交響楽団

映画「ゴジラ」のテーマの作曲者である伊福部昭氏のトリビュートコンサートCD。
ゴジラ映画でおなじみの「SF交響ファンタジー」「ゴジラvsモスラ」「聖なる泉」などを収録
アンコール曲には「ゴジラ」のテーマをアレンジし“もしもゴジラが北海道に上陸したら"という
設定での楽曲も披露


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月15日 (火)

渡辺宙明スペシャルブラス

渡辺宙明スペシャルブラス

■AMAZON
■TOWER

2018/05/25発売
徳永洋明(指揮) 渡辺宙明(指揮)
録音:2017年3月2日渋谷区文化総合センター大和田(ライヴ録音)

キカイダー、マジンガー、ゴレンジャー、戦隊の名曲をブラス・ロックで聴かせる!
渡辺宙明スペシャルのライヴ!
これぞ宙明サウンド! ジャズ・ロックのグルーヴ炸裂!
※昭和の子供たちを育てた数々の名曲が甦る!
宙明サウンドの切れ味と迫力、そして躍動感を体感しよう!
ベテラン、気鋭のミュージシャン、ジャズ・オーケストラメンバーなどを加えた1日限りのスペシャルバンドが演奏! 最高のメンバーで、宙明サウンドが鳴り響く!
選曲構成には作曲家でもある貴日ワタリ(さすがわたり)を迎え、コンサートの内容は往年のファンのことを考えた選曲として話題になったライヴのCD化。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 1日 (火)

FILM SCORE PHILHARMONIC ORCHESTRA第3回公演

フィルム コンポーザーズ シリーズ:ジョン・ウイリアムズ 2

日時:2018年 8月18日(土)
会場:東京オペラシティコンサートホール
指揮:奥村 伸樹
全指定席 2,000円 

 昨年、追加公演を加えて2回のジョン・ウィリアムズ・コンサートを成功させ、今年2月にはモンスターズ!プログラムでまたも聴衆を沸かせたFILM SCORE PHILHARMONIC ORCHESTRA(愛称フィルフィル)の第3回公演はまたもジョン・ウィリアムズ!
 今回もファンタジー、戦争、スター・ウォーズのテーマで、珍しい作品から、最新作までぎっしり詰まってます! 代表であり音楽監督でもある作曲家・戸田信子さんによるトークもあり。 最高のホールで本物の譜面を使っての映画音楽コンサート。しかも、主催の戸田信子さんいわく「映画一本分くらいの価格で聴いていただきたい」ということで、この価格でプロと遜色のない演奏が堪能できます。

 チケット発売は5月4日11:38より公式サイトにて。

演目
≪第一部 ファンタジー映画の音楽表現≫
1. 映画『フック』より「ネヴァーランドへの旅立ち」
2. 映画『E.T.』より「地上の冒険」
映画『ハリー・ポッターと賢者の石』より
3. 「ヘドウィグのテーマ」
4. 「ニンバス2000」
5. 「ハリーの不思議な世界」

≪第二部 ジョン・ウィリアムズと戦争映画≫
1. 映画『1941』より「1941のマーチ」
2. 映画『シンドラーのリスト』より「シンドラーのリストのテーマ」
3. 映画『7月4日に生まれて』より「7月4日に生まれて」
4. 映画『プライベート・ライアン』より「戦没者への讃歌」

≪第三部 ハイライト・オブ・スター・ウォーズ≫
1. 20世紀フォックス・ファンファーレ
2. 映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』より「メイン・タイトル/ブロッケード・ランナー」
3. 映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』より「ヨーダのテーマ」
4. 映画『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』より「運命の闘い」
5. 映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』より「英雄たちの戦い」
6. 映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』より「森林での戦い」
7. 映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』より「REY'S THEME」
8. 映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』より「THE REBELLION IS REBORN」
9. 映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』より「王座の間&エンド・タイトル」

 ※曲順・演目は予告なく変更となることがあります。予めご了承ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月17日 (金)

FILM SCORE PHILHARMONIC ORCHESTRA第2回公演

THE MONSTERS!!!

 2017年にジョン・ウィリアムズ生誕85年記念コンサートを2月と8月の2回(8月はアンコール)行ってデビューしたFILM SCORE PHILHARMONIC ORCHESTRAが3回目のコンサートを開催する。

 メンバーはほとんどがアマチュアだが、映画音楽専門のオケということを知った上で参加しているので、当然映画音楽が好きな奏者ばかり。前回のコンサートでも楽しそうに演奏する様子が見られた。それだけではなく、パフォーマンスのレベルも高く、チケット代の数倍の価値があると断言できる。

 代表の戸田信子さんは『メタルギアソリッド』でハリー・グレッグソン=ウィリアムズなどと仕事をし、現在、日本とアメリカで仕事をしている作曲家。経験も伝手もあるので、こういう人が音楽監督をやっていると、ちょっと映画音楽でもやってみようというオケとはスタンスが違います。ちなみに話題になった映画音楽ドキュメンタリー『すばらしき映画音楽たち』のエグゼクティヴプロデューサーでもあります。

-----------------------

各ジャンルの中で「モンスター」を題材とした映画やアニメやゲーム、ミュージカル音楽。
作曲家達がモンスターのために作ってきた音楽をそれぞれ比較しながらその繊細な表現力を聴き比べしていきましょう!

日時:2018年2月25日(日)13:30~ 
会場:ティアラこうとう大ホール
チケット:全席指定 2000円 (税込)

 チケット発売中! 購入はこちら(システム料100円かかります)

演目:
第1部 日本を代表するモンスターたち
映画『ゴジラ』他より「SF交響ファンタジー第1番」
『ポケットモンスター』よりメドレー
『モンスターハンター』より「英雄の証」
『モンスターハンターダブルクロス』より「銀翼の凶星〜バルファルク」
『モンスターハンターダブルクロス』より「英雄の証 MHXX ver.」

第2部 ハリウッドを代表するモンスターたち
映画『エイリアン』より「エンド・クレジット」 (ジェリー・ゴールドスミス ver.)
映画『ジョーズ』より「メイン・テーマ」
映画『シュレック』組曲
映画『ヒックとドラゴン』組曲

第3部 愛を知ったモンスターたち
映画『美女と野獣』(2017年版)より「序曲」
ミュージカル『オペラ座の怪人』より抜粋
映画『ノートルダムの鐘』(1996年版)より抜粋
...他

*曲目及び曲順は、予告なしに変更する場合がございます。予めご了承ください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年11月 2日 (木)

伊福部昭百年紀Vol.6

伊福部昭百年紀Vol.6

2018年4月28日(土曜)14時開演(13時30分開場)

宝田明によるスペシャルトーク(13時40分より、中野昭慶、井上誠と予定)

演目:
映画「わんぱく王子の大蛇退治」より
映画「怪獣大戦争」より
映画「座頭市」シリーズより
映画「ゴジラVSモスラ」(1992)より
オマージュ宝田明出演映画より
 「ゴジラ」「緯度0大作戦」「忠臣蔵」「暗黒街の顔役」「二人の息子」「コタンの口笛」

指揮:水戸博之
演奏:オーケストラ・トリプティーク
司会:小林淳

チケットはカンフェティ にて発売。【ゴジラの誕生日である11/3の0時より発売予定!】

SS席(前売):7,500円
S席(前売):6,500円
A席(前売):5,000円
B席(前売):4,000円
(税込)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 6日 (水)

ハンス・ジマーのライヴ盤

Hans Zimmer Live In Prague

■AMAZON→CD
■AMAZON→LP
■AMAZON→BD
■AMAZON→DVD
■TOWER→CD
■TOWER→LP
■TOWER→BD
■TOWER→DVD
■AMAZON MP3

2017/11/03発売
 このところ積極的なライヴ活動を行っているハンス・ジマー。欧米がメインだが、アジア初はソウルだった。このうち、昨年のプラハでの様子を収めたライブ盤が発売になる。メディアはDVD、BD、2枚組CD、4枚組LPとなっている。
 タワレコのDVDはPAL方式となっているが、アメリカ版だと思うので、NTSC方式じゃないのかなぁ。リージョンはこういったミュージックビデオはフリーが多いので大丈夫じゃないかな。

 収録作品は、ドライビング・ミス・デイジー、シャーロック・ホームズ、マダガスカル、クリムゾン・タイド、天使と悪魔、グラディエーター、ダビンチ・コード、ライオン・キング、パイレーツ・オブ・カリビアン、トゥルー・ロマンス、レインマン、マン・オブ・スティール、シン・レッド・ライン、アメージング・スパイダーマン、ダーク・ナイト・トリロジー、インターステラー、インセプション。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月16日 (水)

ゴブリン・ライヴ

LIVE IN JAPAN~THE BEST OF ITALIAN ROCK

■AMAZON
■TOWER

2017/10/18発売
 GOBLINではあるが、あくまでもクラウディオ・シモネッティズ・ゴブリンの来日コンサート(2016年10月29日@クラブチッタ)を収録したCD2枚組+DVDのセット。当日は『サスペリア』本編上映生ライヴが前半にあったが、このライヴ盤では後半のみを収録する。収録曲はサスペリア、サスペリア2、ゾンビ、シャドー、フェノメナといった映画音楽だけではなく、ROLLERなどオリジナルアルバムの曲も演奏。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧