2018年9月16日 (日)

INAIR インエアー方式イヤホン M360

InairINAIR インエアー方式イヤホン M360

■AMAZON→ブラック
■TOWER→ブラック
■AMAZON→シルバー
■TOWER→シルバー

 珍しくサントラや映画関係ではない話題。

「世界初、耳に入るスピーカー」を売り文句にしてクラウドファンディングで資金調達したイヤフォン。目標額100万円に対して380%という達成率を叩き出した。私も比較的早くに出資して、現在愛用中。BLUETOOTH版ももうすぐ完成予定。
 詳しいことはクラウドファンディングの紹介ページを見てください。

 とにかく、カナル型(今主流の耳の穴に突っ込むタイプ)が苦手で、幾つも買っては合わずに放棄してきた。鼓動や顎が動く音、歩けば震動が耳にこもってしまい、不快極まりない。顎関節症なのも一因かもしれない。
 INAIRをネットで見た時、これならばという直感に賭けたのだ。結果、正解だった。自分の音が耳にこもらない。加えて、耳に異物を突っ込んでいるという感覚が少なく(ゼロではないが次第に慣れてくる)、蒸れも少ない。音は正しく装着できないと、低音が軽くてちゃちな安物イヤフォンのようだが、きちんと装着できればかなり低音も出る。但し、重低音をブーストしたような製品ではないので、あくまでも自然な音。中音域が特にいい。

 というわけで、タワレコで取り扱いが始まった機会に大プッシュ。お薦めするのは――

 1) 私のように自分の立てる音がこもるのが気になる人。
 2) カナル型が苦手な人。
 3) ヴォーカル曲やオーケストラ曲がメインの人。逆にヘヴィメタルなんかはちょっと物足りないかな。聴いてますけど。
 4) 珍し物好きの人。

 あと、ネットの声を見てると、ミクなんかのボカロ曲は相性が良いようだ。個人的にもタンジェリン・ドリームやジャン・ミシェル=ジャールは音の広がりがあるように思えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月20日 (月)

JNHバイオリン協奏曲

Jnhviolinジェイムズ・エーネス:バイオリン協奏曲


■TOWER

 希代のバイオリニスト、ジェイムズ・エーネスのために書かれたバイオリン協奏曲3曲を収録。映画音楽ファンとしての目玉はジェイムズ・ニュートン=ハワードによるバイオリン協奏曲。クリスティアン・マチェラル指揮、デトロイト交響楽団。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月20日 (水)

伊福部昭トリビュート 春の音楽祭 in Kitara

伊福部昭トリビュート 春の音楽祭 in Kitara

■AMAZON
■TOWER

2018/08/17発売
2018年3月20日 札幌コンサートホールキタラでのコンサートを収録。
指揮 藤田崇文
演奏 札幌交響楽団

映画「ゴジラ」のテーマの作曲者である伊福部昭氏のトリビュートコンサートCD。
ゴジラ映画でおなじみの「SF交響ファンタジー」「ゴジラvsモスラ」「聖なる泉」などを収録
アンコール曲には「ゴジラ」のテーマをアレンジし“もしもゴジラが北海道に上陸したら"という
設定での楽曲も披露


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月16日 (土)

ジョン・パウエルのコーラスワーク

Hubris: Choral Works by John Powell

■AMAZONMP3

『ヒックとドラゴン』や『ハン・ソロ:スター・ウォーズ・ストーリー』のジョン・パウエルによるオリジナル。クラシカルなコーラス作品だ。PURUSSIAN REQUIEM組曲と2曲収録。
 PURUSSIAN REQUIEMはドイツ皇帝ウィルヘルム2世を説得して第一次大戦開戦に踏み切ったヘルムート・フォン・モルトケ将軍をモチーフにした作品。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月10日 (日)

FIFAワールドカップ2018公式テーマ

Living Football (Official Fifa Theme)

■AMAZON MP3

 FIFAワールドカップ2018公式テーマをハンス・ジマーとローン・バルフェが手がけた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月20日 (日)

GALACTIC EMPIRE Episode II

GALACTIC EMPIRE Episode II

■AMAZON
■TOWER
■AMAZON MP3

 1年半ほど前に紹介したスター・ウォーズのスコアをヘヴィメタルアレンジで聴かせるバンド、第2弾いやエピソードII!
 前回はオリジナルトリロジーがメインだったが、今回はプレクエルと新トリロジーからもチョイス。レイのテーマやカイロ・レンなどもあるし、皇帝のテーマ、ヤヴィンの戦いも! このバンドが素晴らしいのはコンサートアレンジや有名テーマだけでなく、アンダースコアも取り上げていること。色物と言わずに聴いてみて欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 9日 (土)

ジョン・ウィリアムズ20枚BOXセット

John Williams Conductor

■AMAZON
■TOWER

2018/02/02発売
 SONYからリリースされたジョン・ウィリアムズが指揮をしたアルバム20枚をカップリングしたBOXセット。映画音楽では自作自演から古典映画の演奏まで。スピルバーグとのコラボ作品集3タイトル(今年出たばかりの第3弾も)からオリジナルの管弦楽曲まで。シナトラからガーシュウィンまで。持っている物も多いが、現時点でAMAZONでは12944円と、1枚あたり600円ちょっとという破格の値段ですので、多少タブっていても問題ないかも。

1 Music of the Night (ボストンポップス) 1997
2 Star Wars Trilogy (スカイウォーカーシンフォニー) 1991
3 The Spielberg/Williams Collaboration (ボストンポップス) 1997
4 I Love a Parade (ボストンポップス) 1991
5 The Green Album (ボストンポップス) 1992
6 Joy to the World (ボストンポップス) 1997
7 Night and Day (ボストンポップス) 1993
8 Unforgettable (ボストンポップス) 1993
9 Music for Stage and Screen (ボストンポップス) 1994
10 It Don't Mean a Thing if it Ain't Got That Swing (ボストンポップス) 1994
11 Williams on Williams (ボストンポップス) 1995
12 Summon the Heroes (ボストンポップス) 1996
13 The Five Sacred Trees (ロンドンシンフォニー) 1997
14 The Hollywood Sound (ロンドンシンフォニー) 1997
15 Cinema Serenade (イツァーク・パールマン、ピッツバーグシンフォニー) 1997
16 Gershwin Fantasy (ジョシュア・ベル、ロンドンシンフォニー) 1998
17 Cinema Serenade 2 (イツァーク・パールマン、ボストンポップス) 1999
18 American Journey (ユタシンフォニー、/ロサンジェルス) 2002
19 Yo-Yo Ma Plays The Music Of John Williams (ロサンジェルス) 2002
20 The Spielberg/Williams Collaboration Part III (ロサンジェルス) 2017

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月21日 (土)

ダウンロードサントラ2017/10/20

Into the Unknown

■AMAZON MP3

『スター・トレック6新たなる未知』などのクリフ・エイデルマンによるオリジナル。4曲入りミニアルバム。
 


Samurai Jack (The Complete Fifth Season Soundtrack)SAMURAI JACK

 コミック原作のアニメ化。
 音楽はタイラー・ベイツ、ジョアン・ヒギンボトム、ディーター・ハートマン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月28日 (日)

ジョン・ウィリアムズ作品のピアノ曲集

John Williams: Themes & Transcriptions for Piano

■AMAZON
■TOWER

2017/07/07発売
 ジョン・ウィリアムズ作品をピアノ曲にアレンジした作品集。ピアノはシモーネ・ペドローニ。VARESE SARABANDEからのリリース。
 収録作品はリンカーン8曲、サブリナ、推定無罪、帝国の逆襲、ジェダイの帰還、やさしい本泥棒7曲、シンドラーのリスト、ハリー・ポッターと賢者の石4曲、ハリー・ポッターとアズカバンの囚人3曲。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月11日 (木)

ミシェル・ルグランの協奏曲

ミシェル・ルグラン:ピアノ協奏曲、チェロ協奏曲

■AMAZON
■TOWER
■AMAZON→日本盤
■TOWER→日本盤

 今年3月にリリースされていたのに遅まきながら気がついた。
 ミシェル・ルグランによるピアノ協奏曲とチェロ協奏曲。演奏はフランス放送フィル、指揮はミッコ・フランク、ピアノはルグラン自身、チェロはアンリ・ドマルケット。録音は2016年9月。日本版はブルースペックCD仕様。


REPORTAGE. MICHEL LEGRAND : Concertos pour violoncelle et piano (nouveau cd, SONY classical, 10 mars 2017) from classiquenews.com on Vimeo.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧