2017年12月 9日 (土)

ジョン・ウィリアムズ20枚BOXセット

John Williams Conductor

■AMAZON
■TOWER

2018/02/02発売
 SONYからリリースされたジョン・ウィリアムズが指揮をしたアルバム20枚をカップリングしたBOXセット。映画音楽では自作自演から古典映画の演奏まで。スピルバーグとのコラボ作品集3タイトル(今年出たばかりの第3弾も)からオリジナルの管弦楽曲まで。シナトラからガーシュウィンまで。持っている物も多いが、現時点でAMAZONでは12944円と、1枚あたり600円ちょっとという破格の値段ですので、多少タブっていても問題ないかも。

1 Music of the Night (ボストンポップス) 1997
2 Star Wars Trilogy (スカイウォーカーシンフォニー) 1991
3 The Spielberg/Williams Collaboration (ボストンポップス) 1997
4 I Love a Parade (ボストンポップス) 1991
5 The Green Album (ボストンポップス) 1992
6 Joy to the World (ボストンポップス) 1997
7 Night and Day (ボストンポップス) 1993
8 Unforgettable (ボストンポップス) 1993
9 Music for Stage and Screen (ボストンポップス) 1994
10 It Don't Mean a Thing if it Ain't Got That Swing (ボストンポップス) 1994
11 Williams on Williams (ボストンポップス) 1995
12 Summon the Heroes (ボストンポップス) 1996
13 The Five Sacred Trees (ロンドンシンフォニー) 1997
14 The Hollywood Sound (ロンドンシンフォニー) 1997
15 Cinema Serenade (イツァーク・パールマン、ピッツバーグシンフォニー) 1997
16 Gershwin Fantasy (ジョシュア・ベル、ロンドンシンフォニー) 1998
17 Cinema Serenade 2 (イツァーク・パールマン、ボストンポップス) 1999
18 American Journey (ユタシンフォニー、/ロサンジェルス) 2002
19 Yo-Yo Ma Plays The Music Of John Williams (ロサンジェルス) 2002
20 The Spielberg/Williams Collaboration Part III (ロサンジェルス) 2017

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月21日 (土)

ダウンロードサントラ2017/10/20

Into the Unknown

■AMAZON MP3

『スター・トレック6新たなる未知』などのクリフ・エイデルマンによるオリジナル。4曲入りミニアルバム。
 


Samurai Jack (The Complete Fifth Season Soundtrack)SAMURAI JACK

 コミック原作のアニメ化。
 音楽はタイラー・ベイツ、ジョアン・ヒギンボトム、ディーター・ハートマン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月28日 (日)

ジョン・ウィリアムズ作品のピアノ曲集

John Williams: Themes & Transcriptions for Piano

■AMAZON
■TOWER

2017/07/07発売
 ジョン・ウィリアムズ作品をピアノ曲にアレンジした作品集。ピアノはシモーネ・ペドローニ。VARESE SARABANDEからのリリース。
 収録作品はリンカーン8曲、サブリナ、推定無罪、帝国の逆襲、ジェダイの帰還、やさしい本泥棒7曲、シンドラーのリスト、ハリー・ポッターと賢者の石4曲、ハリー・ポッターとアズカバンの囚人3曲。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月11日 (木)

ミシェル・ルグランの協奏曲

ミシェル・ルグラン:ピアノ協奏曲、チェロ協奏曲

■AMAZON
■TOWER
■AMAZON→日本盤
■TOWER→日本盤

 今年3月にリリースされていたのに遅まきながら気がついた。
 ミシェル・ルグランによるピアノ協奏曲とチェロ協奏曲。演奏はフランス放送フィル、指揮はミッコ・フランク、ピアノはルグラン自身、チェロはアンリ・ドマルケット。録音は2016年9月。日本版はブルースペックCD仕様。


REPORTAGE. MICHEL LEGRAND : Concertos pour violoncelle et piano (nouveau cd, SONY classical, 10 mars 2017) from classiquenews.com on Vimeo.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月30日 (月)

GALACTIC EMPIRE

GalacticempireGalactic Empire

■AMAZON
■TOWER
■AMAZON MP3

3月10日発売予定
 2年前にYOUTUBE上に現れて話題になったスター・ウォーズのコスプレ(ダース・ヴェイダー、トルーパー、インペリアル・ガード、ボバ・フェット)をして、スター・ウォーズのスコアをヘヴィメタルアレンジで演奏するバンドが、フルアルバムをリリース! 冗談かと思ったが、本当だ。イギリスでのコンサートはソルドアウトだそうで、地道に活動を積み上げた結果のようだ。ただし、さすがにコスプレそのままでは難しかったのか、それっぽいオリジナル(パチモンともいう)に変更になった。
 収録曲はオリジナルトリロジーがメインで、メインタイトル、帝国のマーチ、運命の闘い、フォースのテーマ、アステロイド・フィールド、英雄たちの戦い、カンティーナバンド、ベンの死/タイファイターの攻撃、アクロス・ザ・スターズ、森林での戦い、王座の間/エンド・タイトル(帝国の逆襲版)。基本的に余計なアレンジはなしで、ほぼそのままメタルに置き換えている。コーラス入りの運命の闘いとか、森林での戦いなんかがおもしろい。ジャズをメタルにした間ティーナバンドもなかなか。
 ダウンロードは2月3日発売。

CDプロモーションビデオ

以前のもの2本

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 7日 (土)

ハワード・ショアのコンツェルト

TWO CONCERTI

■AMAZON
■TOWER

2017/01/13発売
 ハワード・ショアによるコンツェルト2作品。
 RUIN & MEMORYはピアノ協奏曲で、ショパン生誕200年にあわせて、2000年に中国フィル、ロン・ユー指揮、ピアノはラン・ランで録音された。
 MYSTIC GARDENSはチェロ協奏曲で、RUIN & MEMORYと対になっている。2014年に21世紀室内管弦楽団、ルドヴィク・ヴィッキ指揮、チェロはソフィー・シャオで録音された。
 リリースはソニークラシカル。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月15日 (火)

ウォーターシップダウンのうさぎたちとミクロス・ローザ自演集

 VOCALIONからの再発。どちらもハイブリッドSACD。

Watershipウォーターシップダウンのうさぎたち(1979)
WATERSHIP DOWN

■TOWER

 リチャード・アダムスの原作をアニメ化した。野ウサギの視点で描かれた自然の怖さと人間の乱開発。
 音楽はアンジェラ・モーレイ。マイク・バットによる主題歌BRIGHT EYESも収録。


RozsasacdRÓZSA CONDUCTS RÓZSA

■TOWER

 ミクロス・ローザの非映画音楽を自作自演で。1965年にイタリアで録音されたもので、SACDはマルチチャンネル。収録曲は下記の通り。
1. Overture to a Symphony Concert, Op. 26/a (1956)
2. Three Hungarian Sketches, Op. 14 (1938): Capriccio – Pastorale – Danza
3. Notturno Ungherese, Op. 28 (1962)
4. Theme, Variations and Finale, Op. 13 (1933): Theme – Variation 1 – Variation 2 – Variation 3 – Variation 4 – Variation 5 – Variation 6 – Variation 7 – Variation 8 – Finale


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月13日 (木)

ハワード・ショアの室内楽作品集

A PALACE UPON THE RUINS

■AMAZON
■TOWER

2016/11/04発売
 ハワード・ショアが作曲した室内楽を集めた作品集。自身のHOWEレーベルからのリリース。収録曲は下記のとおり。
A Palace Upon the Ruins featuring mezzo-soprano Jennifer Johnson Cano (2014)
Peace
Six Pieces (2014)
Catania

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 7日 (日)

ホーナーのコンチェルト

COLLAGE: THE LAST WORK

■AMAZON

■AMAZON MP3
iTunesで見る

9月23日発売
 ジェイムズ・ホーナーがヒューストン・シンフォニーと国際ホルン協会から委託されて書いた《四つのホルンとオーケストラのためのコンチェルト》は昨年3月にロンドンで初演された。そして、自らロンドン・フィルハーモニック・オーケストラを指揮して録音した。それは事故の数週間前だった。
 収録曲は下記の通り。

Conquest Of The Air (First In Flight) 05:24
The Ludlows (レジェンド・オブ・フォール) 06:21
José's Martyrdom (大いなる勝利のために/メキシコ革命1926) 03:58
Kitty Hawk (First In Flight) 10:06
Little Wolf (神なるオオカミ) 03:41
Return To The Wild (神なるオオカミ) 09:46
Iris, Pt.1 (アイリス) 03:50
Main Title & Ripley's Rescue (エイリアン2 - Suite No.1) 11:30
COLLAGE(四つのホルンとオーケストラのためのコンチェルト) 21:58

 2曲収録されているFirst In Flightはライト兄弟の人類初飛行を描いた短編。音源は初収録となる。映画音楽が並ぶことからもわかるとおり、メインのコンツェルトはこれまでのホーナーの映画音楽のエッセンスを詰め込んでいる。『カーンの逆襲』というか『宇宙の7人』っぽい部分さえあるので、ホーナーファンは安心して手を出してください。

 COLLAGE初演の音源。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 4日 (水)

ジャン・ミシェル=ジャールの新譜

Electronica Vol 2: The Heart of Noise

■AMAZON
■TOWER

2016/05/06発売
 シンセミュージシャン、ジャン・ミシェル=ジャールの新譜。昨年リリースしたVOL.1に続いて、様々なミュージシャンとのコラボ。前作はタンジェリン・ドリームやジョン・カーペンターといった映画音楽関連からの参加があったが、今回はハンス・ジマーが1曲参加。他にシンディー・ローパーやゲイリー・ニューマン、プライマル・スクリームなど。なぜかCIA文書漏洩事件のスノーデンが参加している。

 輸入盤はデジパックになっており、VOL.1とつなげることが出来る。VOL.1が通常とは逆開きになっていたのが不思議だったのだが、これで理由がわかった。つなげると、観音開きの2枚組仕様に変身する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧