2020年8月31日 (月)

クレイグ・アームストロングの新譜

The Edge of the Sea

■AMAZON

■ITUNES

 ゲール語のシンガー・ソングライター、カルム・マーティンとクレイグ・アームストロングが製作したアルバム。

| | コメント (0)

2020年8月21日 (金)

クリストファー・ティン3作目

To Shiver the Sky

■AMAZON
■ITUNES

 ゲーム『シヴィライゼーション4』で採用された楽曲BABA YETUでブレイクした作曲家クリストファー・ティンがクラウドファンディングで資金調達して製作した6年ぶりのサードアルバム。ファーストアルバムCalling All Dawnsはグラミー賞を2部門(クラシカルクロスオーバーアルバム、ヴォーカル入りインストゥルメンタル編曲賞)で受賞した。
 今作のテーマは空・宇宙への想いというところか。歌詞はすべて空や宇宙開発に関係のある偉人の文章やスピーチから引用してある。レオナルド・ダ・ヴィンチ、ニコラウス・コペルニクス、ジュール・ヴェルヌ、ユーリ・ガガーリン、アメリア・イアハート、ジョン・F・ケネディ……。もちろん、ファーストからの世界人類としての視点もある。今回もロイヤルフィルの安定した演奏と、予算が増えたこともあって大規模なコーラスで聴かせる。今回もクラファン参加したのでライナーノートに名前が載っている(^o^)
 しかし、映画やゲームの音楽でもない、オリジナルのインスト曲がこうして発表されるというのは貴重なことだよなぁ。しかも、さっそくビルボードのクラシカル・クロスオーバー部門で1位を撮っている。

| | コメント (0)

2020年8月 5日 (水)

モリコーネのクラシックギターアレンジ

MORRICONE ONCE UPON A TIME...ARRANGEMENT FOR GUITAR


■AMAZON
■ITUNES


 今年1月にリリースされていたモリコーネのギターソロアレンジ集。ギターはエネア・レオーネ。収録曲はニューシネマ・パラダイス、海の上のピアニスト、ウェスタン、ミッションなど。


| | コメント (0)

2019年12月17日 (火)

INTRADAの新譜2019/12/17

DialmダイヤルMを廻せ!(1954)
DIAL M FOR MURDER

■INTRADA
■TOWER

 フレデリック・ノットの舞台を映画化したヒチコックのサスペンス。レイ・ミランド、グレイス・ケリー主演。
 音楽はディミトリ・ティオムキン。サントラはリリースされておらず、音源も存在しない。今回はクラウドファンディングで資金を調達してフルスコアを再構築しての新規録音。指揮はウィリアム・ストロンバーグ、オケはスロヴァキア・ナショナル交響楽団。さらに『見知らぬ乗客』(1951)STRANGERS ON A TRAINの組曲も収録。

Tiomkinballet PARIS UNDER THE STARS - BALLET MUSIC FOR ALBERTINA RASCH

■INTRADA
■TOWER

 バレエダンサーで振り付け師だったアルベルティーナ・ラッシュのためにティオムキンが1927年~1932年の間に作曲した曲を、上記と同時に録音。2枚組。

| | コメント (0)

2019年7月13日 (土)

VOYAGE

Voyage

■AMAZON

■AMAZON MP3
■ITUNES

 シンシナティ・ポップスによる人類月面着陸50周年記念アルバム。指揮はエリック・カンゼルが2009年に亡くなった後を継いだジョン・モリス・ラッセル。カンゼル時代はTELARCレーベルからリリースされていたが、現在はFanfare Cincinnatiというオケ自身のレーベルになっていたのね。
 宇宙に関する曲を集めたということで、定番のホルストの惑星から火星・金星・木星、スター・トレック(ジアッキーノ)、スター・ウォーズ(フォースの覚醒、ローグ・ワン)、ギャラクシークエスト、ロスト・イン・スペース、宇宙空母ギャラクティカ、ドクター・フー、ファーストマンなどが並ぶ。目玉は昨年NASA設立60周年でマイケル・ジアッキーノが委嘱されたVOYAGEの初スタジオレコーディング。
 初演の昨年9月、ワシントン・ナショナル交響楽団の様子は下に。

| | コメント (0)

2019年6月21日 (金)

アンネ=ゾフィー・ムター×ジョン・ウィリアムズ

Across The Stars

■AMAZON
■AMAZON MP3
■TOWER

2019/08/30発売
 ジョン・ウィリアムズが自らアレンジし、指揮した自作をアンネ=ゾフィー・ムターによるバイオリンで聴かせるアルバム。収録作品はスター・ウォーズ(レイ、ヨーダ、アクロス・ザ・スターズ、ルークとレイア)、ヘドウィッグのテーマ、遥かなる大地へ、SAYURI、ドラキュラ、サブリナ、タンタンの冒険、シンデレラ・リバティ、シンドラーのリスト。

2019/09/26追記

Across the Stars

■AMAZON
■TOWER

2019/09/27発売
 デラックス・エディションが発売になる。ケース、リーフレットだけでなく、5曲27分が追加。アンネ=ゾフィー・ムターに捧げるMARKINGS(ソロバイオリンと弦楽器とハープ)収録。ムターとウィリアムズの対談を収録したDVDつき。

| | コメント (0)

2019年4月 5日 (金)

ダウンロードサントラ2019/04/05

シャザム!
Shazam!

 

■AMAZON MP3
■ITUNES

 

 DCコミックから新たなヒーローが映画化。いじめられっ子が不思議なパワーを得て、大人のヒーローに変身!
 音楽はベンジャミン・ウォルフィッシュ。ホラー作品が多いが、今回は『GAMBAガンバと仲間たち』のような陽性でスケールの大きなスコア。
PET SEMATARY

■AMAZON MP3
■ITUNES

 スティーヴン・キングの原作を再映画化。ジェイソン・クラーク、ジョン・リスゴウなど出演。
 音楽はクリストファー・ヤング。前作はエリオット・ゴールデンサルだった。前作で使用されたラモーンズの主題歌をSTARCRAWERがカバーする。

Kitbull

 

■AMAZON mp3
■ITUNES

 

2019/04/05発売
 ピクサーの短編アニメ。今年1月にエル・カピタン・シアターで上映されたもの。野良の子ネコと虐待されたピットブルのお話。子ネコ可愛い。
 音楽はアンドリュー・ヒメネス。12分しかないのにフルプライスは高くないかい? 本編はこちら。
Reykjavík Stories

■AMAZON
■ITUNES

『バンテージ・ポイント』などのアトリ・ウルヴァルソン(オルヴァルッソン)のオリジナルアルバム。出身地アイスランドのレイキャヴィクを描いた音楽。

| | コメント (0)

2019年3月25日 (月)

ダニー・エルフマンのヴァイオリン協奏曲

Violin Concerto "eleven eleven"

■AMAZON

■TOWER

 

 ダニー・エルフマンによるヴァイオリン協奏曲eleven elevenとピアノ四重奏のカップリング。協奏曲はチェコ・ナショナル交響楽団、スタンフォード・ライヴ、スタンフォード大学、ロイヤル・スコティッシュ交響楽団からの委嘱で作曲され、初演は2017年プラハ。ジョン・マウチェリ指揮、ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル交響楽団、ヴァイオリンはサンディ・キャメロン(シルク・ド・ソレイユのIRISでも演奏している)。四重奏はベルリン・フィルハーモニック・ピアノ・オーケストラの委嘱で同楽団によって録音された。

 エルフマンはこれまでも非映画音楽作品を幾つか書いているが、今回の作品はその中で最も純音楽的かもしれない。とは言っても、そこここにエルフマン節とでもいうべき音や、ハーマンのような弦の音が聞こえるので、ファンなら満足出来るのではないか。なお、タイトルの意味は偶然1111小節だったことと、ELFMANのELFがドイツ語で11だから、とか。

 

 以下、ソニー・ミュージック資料よりエルフマンのコメント。

「数年前、映画音楽のしがらみや制約からに囚われずにオーケストラ曲を書きたい、いや、自分のアイデンティティを守るためにはそれが絶対必要だ、と感じたのです。過去10年間、いくつかの映画とは関係のない委嘱作を手がけてきましたが、そのたびに信じられないほど自由で、まるで生き返るような感覚を覚えてきました」とフィルム音楽以外のジャンルを作曲することに大きな意義を見出しており、さらに「今回のアルバムは非常にトリッキーなコンセプトを目指しています。映画音楽、特に私の作曲した映画音楽のファンに疎んじられないと同時に、映画音楽のようになってしまわず、さらにそれを超えるような音楽を書くこと。これはとても困難なチャレンジでしたが、それが私の目標でした」と述べています。

| | コメント (0)

2018年11月18日 (日)

スター・ウォーズのテーマパーク音楽

 カリフォルニアのディズニーランドで来年夏、フロリダのウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートで来年秋にオープンする新しいエリア、スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジのテーマ曲が公開された。音楽はジョン・ウィリアムズ、演奏はロンドン交響楽団。残念ながら指揮は担当していない。意外にも従来のモチーフは使われていないので、一聴するとスター・ウォーズかどうかわからない。これは『ローグ・ワン』や『ハン・ソロ』のようなスピンオフと同じで、世界感が同一な別の物語という感じか。建築中の様子を見ながら、どんなパークになるのか想像しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 3日 (土)

クリフ・エイデルマンの交響曲

Symphony for Orchestra and Two Pianos

■AMAZON MP3

『スター・トレックVI未知の世界』や『コロンブス』のクリフ・エイデルマンによるオリジナル作品。オーケストラと二台のピアノのための交響曲。3楽章28分。演奏はロンドン交響楽団。指揮は自身。来年CDが出るという情報もあり。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧