« ダウンロードサントラ2022/06/10 | トップページ | MUSIC BOXの新譜2022/06/09 »

2022年6月 7日 (火)

INTRADAのクラファン第3弾

 INTRADAがサントラ音源のない作品を再録音する企画第3弾がKICKSTARTERにてスタートしました。

 第1弾が『ダイヤルMを廻せ! 』(1954)のディミトリ・ティオムキンのスコア、第2弾がジェリー・ゴールドスミスの『片目のシェリフ』と『ザ・マン/大統領の椅子』。
 そして、今回はバーナード・ハーマンの『知りすぎていた男』(1956)と『危険な場所で』(1951)となります。演奏は過去2回と同じくロイヤル・スコティッシュ管弦楽団で、指揮はウィリアム・ストロンバーグ。クラファンの〆切は7月7日です。

『知りすぎていた男』は言うまでもなくヒチコックの名作で、ドリス・デイが歌う劇中歌《ケ・セラ・セラ》があまりにも有名ですが、ハーマンのスコアは正規では出ていません。

6月16日追記:目標額の半分達成

6月26日追記:7割達成。残り11日です。

6月30日追記:84%達成。残り7日です。

7月4日追記:残り60時間で達成しました!

|

« ダウンロードサントラ2022/06/10 | トップページ | MUSIC BOXの新譜2022/06/09 »

サントラ情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダウンロードサントラ2022/06/10 | トップページ | MUSIC BOXの新譜2022/06/09 »