« INTRADAの新譜2018/05/15 | トップページ | 渡辺宙明スペシャルブラス »

2018年5月15日 (火)

2018年6月の新譜

 個人的に注目の新作サントラを月ごとに紹介するコーナー。情報が更新されたり、新しい情報が入った場合は適時追加されますのでご注意を。

ジュラシック・ワールド炎の王国
Jurassic World: Fallen Kingdom

■AMAZON
■TOWER

2018/06/15発売
 シリーズ第5弾。監督はJAバヨナ。脚本は前作の監督コリン・トレヴォロウ。前作からのクリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワードに加えて、ジェフ・ゴールドブラム演じるマルコム教授が再登場。
 音楽は前作から引き続きマイケル・ジアッキーノ。CDは76分だが、ダウンロードは2曲増えて80分収録。

インクレディブル・ファミリー
Incredibles 2

■AMAZON

2018/06/15発売
 PIXARアニメ最新作。『Mr.インクレディブル』の続編。今度はエラスティガールが活躍し、旦那は家事と育児に。監督はブラッド・バードが続投。
 音楽は同じくマイケル・ジアッキーノ――って、同日2作品発売か! 今回はスコアの他に各キャラのイメージソングも収録。そして、相変わらずふざけた曲名だ(^_^;)

『Mr.インクレディブル』とジョン・バリー
 監督ブラッド・バードとエージェントのロバート・クラフトは『Mr.インクレディブル』の音楽にジョン・バリーを望んでいた。その頃のバリーは2年前の『エニグマ』を最後に一線から身を引いていた(そして、それが遺作となった)。実際には感性やテンポがその時代に合わなくなっていたのだ。しかし、『Mr.インクレディブル』はノスタルジックなアクション作であり、バリーの007スコアのファンでもあったバードはこれならいけると考えていた。60年代のギターやアンプなどの機材を揃えて、雰囲気を出すことも目論んだ。
 バリーはオファーを受け、ピクサーまで足を運び、ミーティングをした。そして、出来上がったプレゼン用のデモは007風のアクションなどではなく、スローでメランコリックな曲だった。バリーが言うには、主役の父親の中年生活を描いたという。バードはチェイスシーンのストーリーボードを見せて説明し、それに合うテーマを依頼したが、バリーはアニメの経験がなく、フィルムを見て作曲するのが普通だったため、ストレスがたまり、仕事から降りたがるようになった。バードはメインテーマのみにして、残りをマイケル・ジアッキーノに任せる方向に舵を切るが、クラフトは最後に一計を案じる。予告編用のフッテージに『女王陛下の007』のスコアをアテ、それをバリーに見せたのだ。その結果、バリーは不承不承新たなデモを作った。素晴らしかったが、急に西部劇調に変わってしまうところがあり、バードはそこを直してくれとバリーに頼んだ。その段階でバリーはついに降板を決意したのだった。

ロスト・イン・スペース
LOST IN SPACE

■AMAZON
■TOWER
■AMAZON MP3

6月1日発売
 アーウィン・アレン製作のTVシリーズ『宇宙家族ロビンソン』をNETFLIXがリメイク。
 音楽はクリストファー・レナーツ。ジョン・ウィリアムズのTV版テーマも取り込んでいる。ダウンロード先行だったが、CDも発売。

Sicario: Day Of The Soldado

■AMAZON
■TOWER

2018/06/29発売
『ボーダーライン』の続編。
 音楽は亡くなったヨハン・ヨハンソンと組んで仕事をしていた女性チェロ奏者のヒルドゥル・グズナドッティル。


SirensSirens (Inspired By Homer's Odyssey)

■AMAZON
■TOWER

2018/06/01発売
 クレイグ・セイファンのオリジナル作品。ホメロスのオデュッセイアをモチーフにした作品。VARESE SARABANDEよりリリース。

WilsonsheartWilson's Heart

■AMAZON
■TOWER

2018/06/01発売
 VRアドヴェンチャーゲーム。自分の心臓が不思議な機械に置き換えられていることを知ったウィルソンの物語。主役の声をピーター・ウェラー。他にマイケル・B・ジョーダンなど。
 音楽はクリストファー・ヤング。

Fahrenheit 451

■AMAZON

2018/06/15発売
 ブラッドベリの『華氏451度』をHBOでTVシリーズ化。マイケル・B・ジョーダン、マイケル・シャノン、ソフィア・ブテラなど出演。
 音楽はマッテオ・ジンガルズとアントニー・パルトス。


アナイアレイション
Annihilation

■AMAZON
■TOWER
■AMAZON MP3

2018/06/15発売
 ジェフ・ヴァンダーミアのSF『全滅領域』をアレックス。ガーランド監督が映画化。ナタリー・ポートマン、ジェニファー・ジェイスン・リー、ジーナ・ロドリゲス、テッサ・トンプソン、オスカー・アイザック等出演。
 音楽は『エクス・マキナ』でも監督と組んだコンビ、ベン・セリスベリーとジェフ・バロウ。ダウンロードはリリース済みだが、CD化。
 なお、ダウンロードはAMAZONでは18曲59分、ITUNESではさらに11曲(22分)追加されている。


ニンジャバットマン

■AMAZON
■TOWER

2018/06/13発売
 ワーナーが製作した和製バットマン。ゴリラの実験で戦国時代日本に飛ばされてしまったバットマンを描く狂ったアニメ! たった85分の中にジョーカー、ポイズンアイビー、ハーレイクイン、キャットウーマン、ゴリラ、ペンギン、トゥーフェイス、ベインなど有名ヴィランが登場。さらには歴代ロビン4人! 知らない人は置いてきぼりになる密度とノリにキミは着いてこられるか!? 脚本は中島かずき、コミック監修は堺三保。
 音楽は菅野祐悟。


GODZILLA 決戦機動増殖都市

■AMAZON
■TOWER

2018/06/13発売
 アニメSFゴジラ第2弾。今度はメカゴジラ登場。
 音楽は服部隆之。

|

« INTRADAの新譜2018/05/15 | トップページ | 渡辺宙明スペシャルブラス »

サントラ情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73118/66635614

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年6月の新譜:

« INTRADAの新譜2018/05/15 | トップページ | 渡辺宙明スペシャルブラス »