« SCORE: A Film Music Documentary | トップページ | GALACTIC EMPIRE »

2017年1月29日 (日)

実写版 「美女と野獣」 ライブ・オーケストラ

実写版 「美女と野獣」 ライブ・オーケストラ

 ディズニーの大ヒットアニメ『美女と野獣』はアカデミー賞スコア部門受賞、歌曲部門に3曲がノミネート、主題歌が受賞という音楽部門への評価が高い作品でもあります。今回、ディズニー名作の実写シリーズとして、ハリポタのエマ・ワトソンがベル役、ルーク・エヴァンスがガストン役(アゴ割れてる)、イアン・マッケラン、ユアン・マクレガー、エマ・トンプソン、ケヴィン・クラインなどの名優も参加して豪華な作品になりました。
 さて、音楽はというと、アニメ版と同じアラン・メンケンによるスコアと歌曲に、3曲の新曲を加えました(1曲はセリーヌ・ディオンが歌うHow Does A Moment Last Forever、もう1曲はジョシュ・グローバンが歌うNevermore)。その曲すべてをオーケストラによる生演奏でシネコンサート(映画本編をすべて上映して、音楽は生演奏)を行います。映画の公開が4月21日。コンサートはその翌週末。つまり公開中の映画をシネコンサートという滅多にないイベントです。なお、映画は英語で日本語字幕付き。

日時:2017年4月29日(土・祝) 13:00開演 ・18:00開演
      4月30日(日)    11:00開演・16:00開演
会場:東京国際フォーラム ホールA
指揮: ニコラス・バック
演奏:東京フィルハーモニー交響楽団
料金:S席9,800円 A席7,800円 B席2,800円 (税込)

チケット情報・詳細は公式サイトにて。

Beautybeast1300x266美女と野獣
THE BEAUTY AND THE BEAST

■AMAZON→通常版
■AMAZON→デラックス
■TOWER→デラックス

 サントラは3月10日発売。音楽はアニメ版のアラン・メンケンのスコアと歌(歌詞はハワード・アシュマン。アニメ版を遺作に死去)を使用。追加される3曲の歌詞はティム・ライスで、スコアアレンジは『ゼロ・グラビティ』などのミュージック・エディターを担当していたクリストファー・ベンステッド。
 2枚組デラックスエディションと通常版が出るが、収録曲は通常版がスコア3曲とソング16曲。デラックスエディションは通常版にデモ音源を加え、2枚目にはメンケンのスコアのみ28曲。

|

« SCORE: A Film Music Documentary | トップページ | GALACTIC EMPIRE »

コンサート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73118/64825712

この記事へのトラックバック一覧です: 実写版 「美女と野獣」 ライブ・オーケストラ:

« SCORE: A Film Music Documentary | トップページ | GALACTIC EMPIRE »