« QUARTETの新譜2016/11/11 | トップページ | THE CINEMA OF QUINCY JONES »

2016年11月15日 (火)

INTRADAの新譜2016/11/15

Blueragoon青い珊瑚礁(1980)
THE BLUE LAGOON

■INTRADA
■TOWER

 ランダル・クレイザー監督、ブルック・シールズ主演で描く、無人島に漂着した幼い男女の成長物語。48年のにジーン・シモンズ主演で製作された同題映画のリメイクとなる。91年には続編『ブルーラグーン』がミラ・ジョヴォヴィッチ主演で製作されている。
 音楽は監督とはUSCの同級生ベイジル・ポルデュリス。彼の初サントラリリースが本作だった。ポルデュリスと言えば『コナン・ザ・グレート』や『ロボコップ』といった激燃えの男っぽいスコアに脚光が当たるが、もうひとつの路線はネイチャー物の雄大でいながら繊細なメロディ。本作はその路線での代表格。ピアノによるヒロインのメロディは甘くて美しい。
 サントラはLPリリースの後、SOUTHERN CROSSからCDが出ていたが、LPが元になっていたので音はよくなかった。今年になってミュージックトラック付きBDがリリースされ、完全版が期待されていた。従来盤は34分だったが、今回は56分。さらに6分の別ヴァージョンを収録。
 なお、続編もポルデュリスが担当しているが、サントラはリリースされていない。

 追記:『ブルー・ラグーン』も近日発売!

Dicktracyディック・トレイシー(1990)
DICK TRACY

■INTRADA
■TOWER

 30年代にカラーのコミックとして新聞で連載された古典を、ウォーレン・ベイティ(監督も)、マドンナ、アル・パチーノ、ダスティン・ホフマン、ジェイムズ・カーンなど出演で映画化。原作を意識して原色でまとめたデザインワークなどはおもしろかったが、演出にキレがなかったために残念な出来に。今ならもっと上手く出来そうだ。
 音楽はダニー・エルフマン。前年に『バットマン』の大ヒットで一躍注目株になり、この年には『ミディアン』『ダークマン』『シザーハンズ』というドコドコリズムに美しいメロというサウンドを確立する傑作を立て続けに出した。サントラはコンピレイション盤とスコア盤が出ており、スコア盤は34分だった。今回は2枚組で、68分の未使用分も含むフルスコアに加えて、従来盤も収録。

|

« QUARTETの新譜2016/11/11 | トップページ | THE CINEMA OF QUINCY JONES »

サントラ情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73118/64409507

この記事へのトラックバック一覧です: INTRADAの新譜2016/11/15:

« QUARTETの新譜2016/11/11 | トップページ | THE CINEMA OF QUINCY JONES »