« INTRADAの新譜2016/01/05 | トップページ | LA-LA LANDの新譜2016/01/13 »

2016年1月 5日 (火)

TADLOWの新譜2016/01/05

Tadlowbluemaxブルー・マックス(1966)
THE BLUE MAX

■TADLOW
■AMAZON
■TOWER

 ジョン・ギラーミン監督による第二次大戦物。ドイツ空軍の撃墜王リヒトフォーフェンを救ったことでブルーマックス勲章を授与された戦闘機パイロットの物語。
 音楽はジェリー・ゴールドスミス。サントラはINTRADAとLA-LA LANDからほぼ完全版がリリースされているのだが、わざわざ再録音に挑んだ。収録時間は53分でサントラよりも若干長い。2枚組で、他にテーマと組曲としてパットン大戦車軍団、マッカーサー、ミサイル空爆戦隊、砲艦サンパブロ、インチョン、トラ・トラ・トラ!、0の決死圏、ハムナプトラ、オーメン最後の闘争を収録(最後の2作品は戦争映画ではないが、たまたま楽譜があったからついでで収録。コンサート用編曲はゴールドスミスではない)。このうち『トラ・トラ・トラ!』のみSILVAのものをリマスターして再収録。演奏はプラハ市響。指揮はニック・レイン。

 それにしてもサントラ音源が残っていないとか、音源が不完全とか、モノラルしかないとか、音が悪いとかならわかるが、この場合、どうしてわざわざ再録音するのかいまいち理解出来ない。確かにフィッツパトリックの言うようにクラシック音楽は指揮者が独自の解釈をして何度も録音されるが、映画音楽の場合、(コンサート用編曲は別としてスコアには)解釈はひとつしかない。映画に使われたものが正解なのだ。実際、これまでTADLOWがリリースした再録音もサントラに近づけようとしているわけで、それでは意味がないのではないか。ただ、今回のジャケットは過去の同レーベルの再録音盤の中では最もいい。

TadlowepichollywoodcdEpic Hollywood: The Music of Miklos Rozsa

■TADLOW
■AMAZON
■TOWER

 ミクロス・ローザの作品をドヴォルザーク・ホールでライヴレコーディングした。拍手やアンコールも収録して2枚組、90分。演奏はプラハ市響。指揮はニック・レイン。
 収録作品は、エル・シド、バクダットの盗賊、プロビデンス、黒騎士、クオ・ヴァディス、ソドムとゴモラ、シャーロック・ホームズの冒険、シンドバッド黄金の航海、キング・オブ・キングス、ベン・ハー。

|

« INTRADAの新譜2016/01/05 | トップページ | LA-LA LANDの新譜2016/01/13 »

サントラ情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73118/62048543

この記事へのトラックバック一覧です: TADLOWの新譜2016/01/05:

« INTRADAの新譜2016/01/05 | トップページ | LA-LA LANDの新譜2016/01/13 »