« 血を吸う音楽 | トップページ | アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン »

2015年9月11日 (金)

2015年12月の新譜

 個人的に注目の新作サントラを月ごとに紹介するコーナー。情報が更新されたり、新しい情報が入った場合は適時追加されますのでご注意を。

スター・ウォーズ:フォースの覚醒
Star Wars : The Force Awakens

■AMAZON→限定盤
■AMAZON→通常盤
■TOWER→限定盤
■AMAZON→日本盤
■TOWER→日本盤

2015/12/18発売
 JJエイブラムズ監督が引き継いだエピソード7。
 音楽はジョン・ウィリアムズ。サントラは2種類出るようで、通常盤はジュエルケースに入っており、限定盤は豪華デジパックにカードが入っている。収録曲は同じで、ブックレットも同じ24ページ。英AMAZONの情報では以前からアップしていた方が限定盤となっていた。
 日本盤は初回のみスリーブケース仕様で、下のTARGETと同じデザインになるようだ。日本版ロゴステッカー封入。同日発売なので、早く欲しい人は日本盤の方が確実かも。

12月19日追記:日本盤は曲の邦題もなく、JJのコメント邦訳のみ。クレジットも最小限なので補足しておく。オーケストレイションと指揮はジョン・ウィリアムズとウィリアム・ロスで、オープニング(恒例のSWのテーマ部分)と反乱軍、スノーク、フィナーレのみLAフィルの音楽監督グスターヴォ・デゥダメルがウィリアムズの依頼でJJ以外誰にも知らせずにサプライズで指揮を担当。演奏はLA在住のミュージシャンで、当然LAフィルのメンバーもいたので驚いていたそうだ。スタジオはスカイウォーカーサウンドではなく、ソニースコアリングステージ。

Starwars7t アメリカのTARGET限定で、別デザインのケースとカード2枚をつけて販売。いつの間にか日本へも発送出来るようになっていた。

■TARGET

 ちなみにジャケでは"MUSIC BY JOHN WILLIAMS"となっていて、いつもの"MUSIC COMPOSED AND CONDUCTED BY JOHN WILLIAMS"ではないが、これは指揮がジョン・ウィリアムズではないからだ。少なくとも6月のセッションでは『ハリー・ポッターと秘密の部屋』でウィリアムズを引き継いだウィリアム・ロスが指揮している。その後、ウィリアムズが復帰したかどうかは不明。

Mockingjay2ハンガー・ゲーム FINAL: レボリューション(2015)
THE HUNGER GAMES: MOCKINGJAY - PART 2

■AMAZON

2015/12/04発売
 シリーズ最終作。
 音楽はシリーズ通してジェイムズ・ニュートン=ハワード。ダウンロードは11月23日発売。

ASH VS EVIL DEAD

■AMAZON

12月18日発売
 サム・ライミの『死霊のはらわた2』と『キャプテン・スーパーマーケット』の続編として制作されたTVシリーズ。もちろんブルース・キャンベル主演。
 音楽ももちろんジョセフ・ロデュカ。
 ダウンロードは12月11日発売。

ヘイトフル・エイト
The Hateful Eight

■AMAZON

12月18日発売
 タランティーノ監督の新作西部劇。カート・ラッセル、サミュエル・L・ジャクソン、ティム・ロスなど出演。
 音楽はエンニオ・モリコーネ。ダイアローグ、The White StripesとRoy Orbisonの既製曲も収録。

Thedanishgirlリリーのすべて
THE DANISH GIRL

■TOWER

12月4日発売
 トム・フーパー監督、エディー・レッドメイン、アリシア・ヴィカンダー、ベン・ウィショウなど出演。
 音楽はアレクサンドル・デスプラ。

Concussion

■AMAZON
■TOWER

2015/12/18発売
 アメフトNFLの選手から慢性外傷性脳症(CTE)を発見した神経病理学者ベネット・オマルを描くドラマ。リドリー・スコット製作、ピーター・ランデスマン監督、ウィル・スミス主演。
 音楽はジェイムズ・ニュートン=ハワード。

Thunderbirdsnew1サンダーバード ARE GO(2015~)
THUNDERBIRDS ARE GO

■AMAZON
■SILVA SCREEN
■TOWER

12月11日発売
 NHKで放送中のリメイク版サンダーバード。
 音楽はベン&ニック・フォスター。サントラ第1弾。

Pay the Ghost

■AMAZON
■TOWER

2015/12/11発売
 ドイツのTVシリーズなどを多く監督しているウーリー・エデルによるホラー。ニコラス・ケイジ主演。ハロウィンのパレードの間に誘拐された息子を探す教授を描く。
 音楽はジョセフ・ロデュカ。

Creedクリード チャンプを継ぐ男(2015)
CREED

■AMAZON
■TOWER

12月18日発売
『ロッキー』スピンオフ。ロッキーのライバルで、試合中に亡くなったアポロ・クリードの息子をロッキーがボクサーとして鍛え直す。いわば1作目回帰。
 音楽はルートヴィッヒ・ヨーランソン。アプローチは現代風だが、メインテーマも明確で、きちんとコンティのロッキーテーマも複数個所に使われている。ところどころにセリフも入っている。ロッキーのファンは聴いた方がいい。
 ダウンロードは11月20日。他にソングアルバムも出る。

Saints & Strangers

■AMAZON
■TOWER

2015/12/04発売
 TVミニシリーズ。イギリスから新大陸アメリカへの移民を乗せたメイフラワー号の航海、そして、最初の移民のアメリカでの暮らしを描く。
 音楽はなぜかドイツ人のハンス・ジマーがテーマ、ローン・バルフェがスコアを担当。こういうのこそアメリカ人にやらせればいいのに。

X-ミッション(2015)
POINT BREAK

■AMAZON

12月4日発売
『ホットファズ 俺たちスーパーポリスメン!』でもネタにされた『ハート・ブルー』のリメイク。『インヴィンシブル 栄光へのタッチダウン』のエリクソン・コア監督、カート・ウィマー脚本。
 音楽はJUNKIE XLことトム・ホルケンボルグ。スコアはエンドクレジットのみ収録。

|

« 血を吸う音楽 | トップページ | アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン »

サントラ情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73118/62262580

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年12月の新譜:

« 血を吸う音楽 | トップページ | アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン »