« BUY SOUNDTRAXの新譜2014/07/10 | トップページ | 予告編用音楽 »

2014年7月14日 (月)

『How To Train Your Dragon 2』の日本での劇場公開を求めます

How_to_train_your_dragon_two_ver7 ツイッターとFBでも書きましたが、現在ドリームワークスの新作アニメ『ヒックとドラゴン』の続編が日本公開の予定がありません。このところ、ドリームワークスのアニメはビデオスルーばかりなのです。『ガーディアンズ伝説の勇者たち』や『ターボ』、『クルードさんちのはじめての冒険』などで、アメリカでの興行成績はあまり褒められたものではありませんが、各種の賞を獲った作品もあります。それに中身については素晴らしい作品もあります。さらには別のスタジオで制作された3Dアニメもまったく劇場公開されません。日本ではディズニーとピクサーのアニメしか公開されないという少々異常な状態なのです。

 そこで今回の『ヒックとドラゴン2(便宜上)』です。前作は配給側のあまりやる気のない宣伝もあって、公開規模が小さかったものの、ネットなどのクチコミで観客が広がり、リピーターも出たという作品です。ドラゴンが飛ぶシーンなどでは3D効果が非常に上手く演出されており、これまでで一番効果的だった3D作品でした。
 続編では成長したヒック、謎のドラゴンライダー、巨大な敵バイキングなどが描かれ、さらにスケールアップしているようです。評価はIMDBで8.5/10(前作は8.2)、ロッテン・トマトで92%と、いずれも高評価です。

 個人的には12月に公開してもらって、巨竜スマウグとの戦いに決着がつく『ホビット:決戦のゆくえ』と共に、「二大ドラゴン映画の決戦」と煽っていただきたい。配給会社は違いますが、不振の続く洋画の世界、それくらい仕掛けないと生き残れませんぜ。

 そういうことで、劇場公開を求めて、有志の方が署名活動を始めました。署名はこちらまで。

 あまり署名の数が伸びていないので、前作好きな方は拡散して援護しましょう。
 まだ前作をご覧でない方は、ぜひともレンタルでもいいのでご覧ください。決して後悔はさせません。

7月27日追記:目標の2400名は達成できましたが、4000名を目指して継続中。ひとりでも多い方が有効なのは言うまでもありません。

|

« BUY SOUNDTRAXの新譜2014/07/10 | トップページ | 予告編用音楽 »

映画ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73118/59983551

この記事へのトラックバック一覧です: 『How To Train Your Dragon 2』の日本での劇場公開を求めます:

« BUY SOUNDTRAXの新譜2014/07/10 | トップページ | 予告編用音楽 »