« ローン・サバイバー&ウォーキングwithダイナソー | トップページ | クリストファー・ティン2作目 »

2014年4月12日 (土)

絶叫!パニック映画大全

絶叫!パニック映画大全

著:上妻 祥浩
刊:河出書房新社

■AMAZON

5月27日発売
 サントラ仲間の上妻さんが初著作を上梓! KINDLEで個人出版した第1章に加筆し、全6章の完全版。

「エアポート」「ポセイドン・アドべンチャー」「日本沈没」・・・70年代、人びとを恐怖と熱狂の渦にたたきこんだパニック映画の魅力を徹底的にきわめる全映画ファン待望の書。

|

« ローン・サバイバー&ウォーキングwithダイナソー | トップページ | クリストファー・ティン2作目 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

上妻です。告知して頂きありがとうございます!何だかんだで、やっぱりサントラの話を結構ダラダラと書いてます(笑)。

投稿: ミスターYK | 2014年4月13日 (日) 01:24

著書、読みました。膝を叩く事、数百回(笑)でした!『エアポート‘80』はやはり怪作ですよね?学生時代にTVで見て唖然とした覚えがあります。だって超高速飛行中のコンコルドのコックピットの窓を開けるんだもん(爆笑)。おかしいと思ったのは私だけじゃなかったんですね、良かった。でもラロ・シフリンのスコアは最高です。様々な情報テンコ盛りで、読みごたえ十分でした。音楽にする記述も流石です。因みに『ハイジャック』(‘72)の音楽担当のペリー・ボトキン Jrは『契約殺人』(‘58)等を手掛けた作曲家ではないでしょうか?あまり知られてはいない人ですが。又、楽しい本をお願いします!!

投稿: たかし | 2014年6月 8日 (日) 09:52

たかし様、ありがとうございます!こんな本で大丈夫かなと心配しておりましたが、お楽しみいただけたら幸いです!『'80』、怪作だけどなぜか好きです(笑)。ボトキンさんはそれなりにキャリアはあるようですが、他の人たちと比べると知名度も音盤化もイマイチなんですよね。今後ともよろしくお願い致します!

投稿: ミスターYK | 2014年6月 8日 (日) 10:26

一つ気になった事が。『原子力潜水艦浮上せず』(‘78、デビッド・グリーン監督)はパニック物に入りませんか?海難事故だし、チャールトン・ヘストン主演ですし(笑)。ヘストンさえ乗ってなければ、多分沈む必要は無かったでしょう(業)。ま、一般人は被害を受けてないし、スケールも限定されてますが。ジェリー・フィールディングの音楽が大好き。因みに私のパニック映画の事始め作品です(中2の頃、『水曜ロードショーで観ました)。ミリタリー・タッチの傑作だと思います。

投稿: たかし | 2014年6月10日 (火) 22:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73118/59458118

この記事へのトラックバック一覧です: 絶叫!パニック映画大全:

« ローン・サバイバー&ウォーキングwithダイナソー | トップページ | クリストファー・ティン2作目 »