« MOVIESCORE MEDIA/KRONOSの新譜2014/03/18 | トップページ | LA-LA LANDの新譜2014/03/26 »

2014年3月19日 (水)

アナと雪の女王、日本語サントラ

Annatoyukinojoouアナと雪の女王

■AMAZON MP3

 大ヒットで日本版の吹き替え版に問い合わせが殺到したため、ダウンロードで歌のみを販売決定という異例の事態に。それだけ松たか子と神田沙也加の力が大きかったということか。それだけではなく、日本語の訳詞にも細かい気配りがあったことが大きい。リップシンクと違和感がないようにしながら、大意は変えないように言葉を選んだところが素晴らしい。
 あ、ピエール瀧のヘタウマな感じもね。

 しかし、10曲26分1800円ってのは高すぎないか? 一部は映画のサウンドトラックそのままだし。DVDが出るまで待ってもいいような気も。なお、May Jの「レット・イット・ゴー~ありのままで~」は別ヴァージョンのようだ。

アナと雪の女王

■AMAZON
■AMAZON MP3

 大ヒット中のディズニーアニメ。日本盤。
『くまのプーさん』などを担当したクリステン・アンダーソン=ロペスとロバート・ロペスが担当したミュージカル部分を前半に、後半には『紙ひこうき』などのクリストフ・ベックによるスコアを収録。
 元々の歌とスコアはディズニーの第2黄金期とも言える『美女と野獣』などを担当したアラン・メンケンが当たる予定だったが、契約が終わったため、スケジュールがあわず、次に『トイ・ストーリー』などPIXAR作品を担当したランディー・ニューマンに話を持っていったがこれもできず、最終的に歌とスコアを別にやるということで、かなり土壇場で決まったようだ。

 しかし、日本盤サントラのジャケ、日本語吹き替え版サントラの方が遙かに良いのはなんなんだ?

 輸入盤にはデラックスエディション2枚組もあり、2枚目にデモやアウトテイク、カラオケなどを収録している。
■AMAZON

4月1日追記:
Frozenjpアナと雪の女王

■AMAZON
■TOWER

5月3日発売
 英語版と日本語版をセットにして2枚組CDのリリースがアナウンスされた。出すなら一気に出せよと言いたい。
 英語の日本盤サントラ(May Jの日本語ありのままで含む)、日本語版ダウンロード版と同じ10曲に加えて、LET IT GOのマルチランゲージ版(各国語でメドレー)とカラオケを加えた。

|

« MOVIESCORE MEDIA/KRONOSの新譜2014/03/18 | トップページ | LA-LA LANDの新譜2014/03/26 »

サントラ情報」カテゴリの記事

ダウンロード」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73118/59315447

この記事へのトラックバック一覧です: アナと雪の女王、日本語サントラ:

« MOVIESCORE MEDIA/KRONOSの新譜2014/03/18 | トップページ | LA-LA LANDの新譜2014/03/26 »