« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月の記事

2013年8月30日 (金)

エンニオ・モリコーネ、自身を語る

エンニオ・モリコーネ、自身を語る

著:エンニオ・モリコーネ、アントニオ・モンダ
訳:中山 エツコ
刊:河出書房新社

■AMAZON
■@TOWER

「はじめは、映画音楽の作曲家になろうとは思ってもいなかった。
自分のやってきた仕事に対する誇りと大きな情熱をもって言うのですが」エンニオ・モリコーネ

本書は単なるインタビュー本に終わらず、(略)生い立ちから音楽家としてのキャリアについて、
手がけてきた映画音楽や一緒に仕事をした映画人について、多彩なジャンルの
作曲についてを、モリコーネ自身が語る貴重な記録であると同時に、
モリコーネの人となりを窺わせてくれる興味深い書物になっている。(「訳者あとがき」より)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JACQUES BREL & FRANÇOIS RAUBER

Jacques_brelJACQUES BREL & FRANÇOIS RAUBER
CHANSONS ET MUSIQUES DE FILMS


■@TOWER

10月1日発売
 フランスユニヴァーサルからジャック・ブレルとフランシス・ルーベルの音楽と歌のコンピレイション。2枚組。収録されているのは以下の作品。
LE FAR WEST(1973)
UN ROI SANS DIVERTISSEMENT(1963)
LE PANIER A CRABES(1960)
LES SOURIS MENENT LA DANSE(1956)
MON ONCLE BENJAMIN(1969)
LA BANDE A BONNOT(1968)
TINTIN ET LE TEMPLE DU SOLEIL(1969)
LE BAR DE LA FOURCHE(1972)
我が友フランツ/海辺のふたり(1972)"FRANZ"
殺し屋とセールスマン(1973)"L' EMMERDEUR"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダウンロードサントラ2013/08/27

JobmanJOBMAN(1989)

■AMAZON MP3

『ブラック・ダイヤモンド』の製作者ダレル・ジェームズ・ルートが監督したドラマ。
 音楽はジョエル・ゴールドスミス。サントラはBSXが『トロイ・ウォーズ』購入者に特典としてつけたプロモしかなかったが、ダウンロードで販売となった。

I'll Follow You Down(2013)

■AMAZON MP3

 カナダのSFミステリー映画。リッチー・メータ監督、ギリアン・アンダーソン、ハーレイ・ジョエル・オスメント、ルーファス・セウェル出演。若い科学者が仕事で旅行した後失踪した。残された妻と息子がその謎と直面する。
 音楽はアンドリュー・ロッキントン。

SiddharthSIDDHARTH(2013)

 同じくリッチー・メータ監督による、インド・デリーで行方不明になった息子を探す父親の話。
 音楽はアンドリュー・ロッキントン。
 
 

ロスト・プラネット3

■AMAZON

 カプコンのSFアクションゲーム第3弾。
 音楽は『マス・エフェクト2』などを手がけているジャック・ウォール。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月29日 (木)

ラ・ブーム1&2

ラ・ブーム(1980)
LA BOUM

■AMAZON
■@TOWER

10月13日発売
 ソフィー・マルソー主演で大ヒットした少女の恋愛物。
 音楽はウラディミール・コスマ。サントラは10曲でリリースされ、続編とカップリングが出ていたが、今回は20曲収録。日本盤。

ラ・ブーム2(1982)
LA BOUM 2

■AMAZON
■@TOWER

10月13日発売
 大ヒットの続編。少し大人びたソフィー・マルソーが見られる。
 音楽はウラディミール・コスマ。サントラは同じく10曲でリリースされていたが、今回は24曲。日本盤。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月28日 (水)

SNOWPIERCER

Snowpiercer_2スノーピアサー
SNOWPIERCER

■YESASIA
■@TOWER

『グエムル:漢江の怪物』のポン・ジュノ監督がハリウッドに乗り込んでフランスのコミックを映画化したSFアクション。地球温暖化阻止のための実験が失敗し、氷河期が到来した地球はほとんどの人類が死滅し、生き残った人々は走り続ける列車に乗っていた。そこでは強固な身分制が敷かれ、列車の先頭に行くほど身分が高い。そして、虐げられた最後列の人々が反旗を翻す。ソン・ガンホ、クリス・エヴァンス、ジョン・ハート、エド・ハリス、ティルダ・スウィントン、ジェイミー・ベルなど。
 音楽はマルコ・ベルトラミ。韓国の方が公開が早い(アメリカでは時期未定)ため、韓国盤が先にリリースされた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月26日 (月)

KRITZERLANDの新譜2013/08/26

Poltergeist2ポルターガイスト2(1986)
POLTERGEIST II: THE OTHER SIDE

■KRITZERLAND
■@TOWER

 スピルバーグ製作、トビー・フーパー監督で大ヒットしたオカルト映画の続編。ブライアン・ギブソン監督。前作の後、引っ越した一家だが、悪霊がキャロルアンを狙ってくる。
 音楽は前作から引き続きジェリー・ゴールドスミス。映画の内容がよりオカルト/ホラー的になったため、音楽の傾向もキャロルアンのテーマ以外はオカルティックに。特に悪の牧師のテーマはパワーがある。サントラは過去にLPの後、CDで3度リリースされ、その度に5曲29分→13曲53分→14曲60分と少しずつ長くなってきた。今回のリリースは前回VARESE SARABANDEがリリースしたDELUXE EDITIONに欠けていた4曲を追加して、18曲分のフルスコア。さらに2枚目にはフィルムヴァージョンや、これまではコーラスつきで収録されていたが、本編ではコーラス抜きだった曲をコーラス抜きなどして、ボーナストラックとして収録した。2枚組だが、価格は1枚と同じ。
 限定1500セット

 KRITZERLANDではもう1枚、ゴールドスミス作品のリリース予定があるらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月25日 (日)

ホワイトハウス・ダウン

Whdホワイトハウス・ダウン

 先に公開された『エンド・オブ・ホワイトハウス』と題材が重なったため、不利な状況で、製作費は倍以上なのに、アメリカでの興収は同程度と惨敗したローランド・エメリッヒ監督最新作。
 妻と離婚し、娘の約束も忘れて冷たい目で見られる冴えない議長護衛官。失地を取り戻そうと、大統領護衛官の面接を受けるついでに、ホワイトハウスマニアの娘のためにホワイトハウスのパスを手に入れ、娘と一緒に出かけるが、そこで武装集団の襲撃が起こってしまう。

 まず、エメリッヒということを忘れよう。新人監督が『ダイ・ハード』オマージュたっぷりの脚本で仕上げたアクション大作という視点で観れば、これが非常にイケている。なんといっても、ここ数年のアクション映画でこれほど多くの伏線が見事に回収されたのは見たことがない。最近のは「伏線? それ食えるの?」と言わんばかりの大味な作品が多い。当のエメリッヒがその最右翼だが、今回は脚本が踏ん張った。さらに、脇役を生かして、それぞれに見せ場を用意した。これも脚本が頑張った。
 その脚本家はジェイムズ・ヴァンダービルト。『ゾディアック』を書き、、その後、『アメイジング・スパイダーマン』を担当し、続編も、色々と物議を醸しているリメイク版『ロボコップ』もやっている男だ。『ダイ・ハード』がもの凄い好きなんだというラヴレターのように、あの作品から引っ張ってきてアレンジしている。主人公は白いタンクトップになるし、外の相棒とのやりとりはあるし、第九ならぬ第五が流れるし、危機の中でもぼやいたり笑いを加えたりしてくれるし、突入を屋上からのロケット砲ではばむし……。
 マネというだけでなく、オリジナル要素もしっかりしている。特にレイチェル・ワイズの子どもの頃みたいな顔をした娘が主人公以上に場をさらっている。『ダイ・ハード』でいうところの奥さんの役+α。いやあ、伏線っていいものですね。

 残念なのは、いまいち締まらない演出と、いまいち盛り上げきれない音楽。これがもう少しなんとかなっていたら、傑作になっていたかもしれない。
 とにかく、本家が力押しでキャまで変わってしまった『ダイ・ハード』の遺伝子を受け継いだ作品なので、アクション映画ファンは『ダイ・ハード1・5』くらいの気持ちで観るといい。

 ところで、奇しくも、同時に観た『スター・トレック:イントゥ・ダークネス』のピーター・ウェラーと同じような役回りで、顔も似ているジェイムズ・ウッズが出ていたのが面白かった。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2013年8月24日 (土)

スター・トレック:イントゥ・ダークネス

Startrekintodarknessスター・トレック:イントゥ・ダークネス

 アメリカでは大ヒットしたものの、日本では惨敗した前作の続編。そのために配給会社は本社から大ヒット命令が下ったらしく、パブリシティがハンパなく多く、宣伝に力を入れまくった。しかし、アメリカでは前作以下の成績に終わってしまい、複雑な気分だったろう。
 ネタバレなしで書くのが難しい話だが、前作から1年後。前作以上に派手な見せ場満載である。各キャラの見せ場もそれぞれあるし、今回は仲間としての感情が豊か。ラストアクションでの感情の爆発は観ている者の感情も揺さぶる。

 3Dカメラでは撮影されず、後変換での3Dだが、3Dを意識した画面造りがなされており、3Dで観る価値はある。この手の作品は人物と実景以外の大半がCGIで作られているのだから、カメラは関係なく、データ上で3Dに変換できる。『ヒックとドラゴン』などの3Dアニメと同じわけだ。だから、一律に3Dカメラの不使用というだけで判断すべきではない。3Dを意識した画面作りをしているかどうかの方が重要だ。映画を紹介する立場の人はそういうことを伝えるべきだろう。


 以下、ネタバレの上で解説。


 公開前からカンバーバッチ演じる悪役について、アレだろうというファンの憶測をパラマウントは必死になって打ち消し、アレじゃなくてジョン・ハリソンっていうんだと名前までリークした。それがまたアレ説を強固なものにした感があった。アレだと言ってしまうと、新規ファンから嫌われる可能性があったからだろう。

 で、ズバッと言ってしまうと、アレ――カーンであった。但し、『カーンの逆襲』そのもののリメイクではなく、その前編に当たるオリジナルTVシリーズの『宇宙の帝王』とあわせてのリメイクに近い。というのも、『宇宙の帝王』は西暦2267年の出来事であり、今回は西暦2259年なのだ。

 ここで整理しておくが、リブートされたスタトレは時間をさかのぼって巨大な敵(ロミュラン人ネロ)がTVシリーズが始まる前の西暦2233年に出現したことによって、その後の歴史が変わっている。謎の敵に対するためにスターフリートはより軍事的な性格になり、エリート組織というよりも食いぶちを稼ぐために入る者がいるようなちょっとレベルを下げた組織になっている。カークの父が戦死したことで、カークはぐれてエリートコースから外れている。スポックもよりバルカン人的ではなくなっている。もちろんエンタープライズ号による辺境の科学的調査(オリジナルTVシリーズ)も行われていない。
 一方、カーンは20世紀末の人物で冬眠宇宙船で地球を脱出したので、改変とは関係なく存在していた。TVでは2267年にカークたちによって発見され、エンタープライズ号の乗っ取りに失敗し、無人の惑星に追放された。『カーンの逆襲』ではTVシリーズの調査から帰還したカークに復讐をする。今回のカーンはカークではなく、惑星連邦によってTVシリーズよりも早く発見され、利用されているという設定。

 つまり、今回のカーンとオリジナルのカーンはまったくの同一人物なのである。そうであるはずなのになんでこんなに容姿が違うんだろう。当初、ベニチオ・デル=トロにオファーしたらしいが、この時にはリカルド・モンタルバンと同じようなイメージがあったんだろうなぁ。旧スポックが今回のカーンに会ったらわからないだろうなぁ。まあ、これは野暮と言うことで。

 それにしても、『カーンの逆襲』と同じようなシチュエーションを幾つも持ってきて、それを微妙に変えつつ、クライマックスにつなげるというのは、前作にも増してオリジナルへの敬意が感じられる。素晴らしい手腕だった。しかし、そろそろ旧シリーズとは決別して、オリジナルのエピソードで勝負して欲しい。少なくとも、次回スポックを探しに行かずにすんだので、クジラも出てこないだろうし、これで西暦2260年、TVシリーズより早い時期にエンタープライズ号は5年間の惑星探査の旅に出る――すなわち、ようやくTVシリーズのはじまりに立てたわけだ。これから、あのトリブルが大繁殖したり、カークがゴーン人と石を投げ合って戦うのかと思うとワクワクするぞ!>おい

 マイケル・ジアッキーノの音楽はオリジナルTVシリーズのテーマと前作で使われた映画用テーマを使いつつ、内容に合わせてよりシリアスかつパワフルになっている。特にようやく登場するクリンゴン人のシーンではゴールドスミスともホーナーとも違うバーバリックなスコアがインパクト大。サントラは収録時間からすると半分くらいか。エンドクレジットも全部入っておらず、ちょっと食い足りない。ただ、前作と違って中盤がほとんど未収録とか言うことはなく、全体からストーリー順にピックアップされている。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2013年8月22日 (木)

ダウンロードサントラ2013/08/20

スプリンター・セル:ブラックリスト
Splinter Cell Blacklist

■AMAZON MP3

 トム・クランシー監修、UBIソフトの大ヒットゲーム『スプリンター・セル』シリーズの最新作。
 音楽はマイク・ザーリンとカヴェ・コーエン。

WorldsendTHE WORLD'S END

 エドガー・ライト監督による『ショーン・オブ・ザ・デッド』、『ホットファズ』に続くオタクな三部作第三弾。今度はSFを題材にサイモン・ペグとニック・フロストのコンビがやらかします。
 音楽は『アタック・ザ・ブロック』のスティーヴン・プライス。コンピ盤は出ているが、スコアはまったく収録されていなかった。
 

Greatgatsbyscore華麗なるギャツビー
THE GREAT GATSBY

■AMAZON MP3

 バズ・ラーマン監督によるリメイク版。
 音楽はクレイグ・アームストロング。先にリリースされていたのはコンピレイション盤で、スコア盤のCDリリースの話もあったが、キャンセルとなり、ダウンロードとして復活した。
 AMAZON.COMでCD-Rを販売している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月21日 (水)

DISQUES CINEMUSIQUEの新譜2013/08/21

Lineswellingtonウェリントン将軍~ナポレオンを倒した男(2012)
LINHAS DE WELLINGTON

■DCM
■@TOWER

 バレリア・サルミエント監督による史劇。 ジョン・マルコヴィッチ、カトリーヌ・ドヌーヴ出演。
 音楽はホルヘ・アリアガータ。
 限定500枚

Littlegirl白い家の少女(1976)
THE LITTLE GIRL WHO LIVES DOWN THE LANE

■DCM
■@TOWER

 レアード・コーニッグの原作をニコラス・ジェスネール監督、ジョディ・フォスター、マーティン・シーン主演で映画化したサイコスリラー。
 音楽はクリスチャン・ゴベール。サントラは日本でのみLPがリリースされていたが、尺が足りないのか同じ曲を複数収録したりしていた。今回のリリースでは重複をなくし、劇中で使用されたショパンのピアノ協奏曲を追加した。
 限定500枚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LA-LA LANDの新譜2013/08/28

 LA-LA LANDの限定盤サントラ。サマーヴァケイションのため、いつものスケジュールで発表が出来ないため、先に発表。直販での受付は8月28日午前4時から。

Wyattwebワイアット・アープ(1994)
WYATT EARP

■LA-LA LAND
■@TOWER

 ケヴィン・コスナー製作・主演、ローレンス・カスダン監督で描く保安官ワイアット・アープの伝記映画。ドク・ホリディにデニス・クエイドが扮する他、ジーン・ハックマン、イザベラ・ロッセリーニなど出演。190分もの長尺どいうのに、ディレクターズカットは210分もある。
 音楽はジェイムズ・ニュートン=ハワード。従来盤は60分だったが、3枚組。2枚に125分のフルスコアを収録し、3枚目には従来盤とソースミュージックなどを収録。ワーナーブラザーズ90周年記念リリースにして、LLLの250タイトルの節目。
 限定3000セット

Matrixreloadedマトリックス リローデッド(2003)
THE MATRIX RELOADED

■LA-LA LAND
■@TOWER

 ウォシャウスキー兄弟監督、キアヌ・リーヴス、キャリー・アン・モス、ローレンス・フィッシュバーン、ヒューゴ・ウィーヴィング出演のSF大作第2弾。
 音楽は前作に引き続いてドン・デイヴィス。今回はJUNO REACTERとの共作が加わった。従来盤はコンピレイションで、デイヴィスのスコアは2枚目に21分(他にスコア相当の他人名義もあり)収録されていたが、今回は他人名義も含めたフルスコア110分と、別ヴァージョンなどのボーナストラックを2枚で収録。ワーナーブラザーズ90周年記念リリース。
 限定3500セット

Jobsスティーブ・ジョブズ(2013)
JOBS

■LA-LA LAND
■AMAZON
■@TOWER

 アップル創業者スティーヴ・ジョブズの伝記映画。アシュトン・カッチャーがジョブズを演じる他、ルーカス・ハース、ジェイムズ・ウッズ、マシュー・モデインなどが出演。
 音楽はジョン・デブニー。AMAZONなどでは9月10日発売。
 限定なし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月20日 (火)

2013年10月の新譜

 個人的に注目の新作サントラを月ごとに紹介するコーナー。情報が更新されたり、新しい情報が入った場合は適時追加されますのでご注意を。

ROMEO AND JULIET

■AMAZON
■@TOWER

10月7日発売
 イタリアのカルロ・カルレイ監督によるシェイクスピア戯曲の映画化。『トゥルー・グリッド』のヘイリー・スタインフェルドがジュリエット役。
 音楽はジェイムズ・ホーナーだったが、リジェクトされ、『ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋』のアベル・コジェニオウスキに交代した。欧州盤。

相棒season12

■AMAZON

10月30日発売
 お馴染みシリーズ最新版。
 音楽は池頼広。2枚組で、2枚目には出演キャストによるラジオ番組「六角精児のオールナイト・ニッポン」収録。

Captainphillipsキャプテン・フィリップス
CAPTAIN PHILLIP

■AMAZON
■@TOWER

10月8日発売
 2009年ソマリアの海賊にハイジャックされたアメリカのタンカーの船長の手記を映画化した。ポール・グリーングラス監督、トム・ハンクス主演。
 音楽はヘンリー・ジャックマン。

EndersgameENDER'S GAME

■AMAZON
■@TOWER

10月22日発売
 オーソン・スコット・カード原作のSF『エンダーのゲーム』の映画化。異星人との戦いの切り札となった少年の戦い。
 音楽は当初ジェイムズ・ホーナーだったが、スティーヴ・ジャブロンスキーに交代した。

Allislostオール・イズ・ロスト ~最後の手紙~
ALL IS LOST

■AMAZON
■AMAZON MP3

10月1日発売
 J・C・チャンダー監督、ロバート・レッドフォード主演でヨットで遭難した男のサヴァイバルを描く。
 音楽はALEXANDER。本名アレックス・エバートで、インディーズバンドEdward Sharpe and the Magnetic Zerosのメンバーだとか。

Gravityゼロ・グラビティ
GRAVITY

■AMAZON
■@TOWER
■AMAZON MP3

10月1日発売
 アルフォンソ・キュアロン監督、ジョージ・クルーニー、ソンドラ・ブロック主演のサスペンス。国際宇宙ステーションの船外作業中に事故で宇宙空間に放り出されてしまったふたりの宇宙飛行士を描く。
 音楽は『アタック・ザ・ブロック』などのスティーヴン・プライス。ミュージック・エディターとして『ロード・オブ・ザ・リング』などに参加している。ダウンロードは9月17日から。

Insidiouschapter2INSIDIOUS CHAPTER 2

■AMAZON
■@TOWER

10月8日発売
 ジェイムズ・ワン監督による『インシディアス』の続編。
 音楽は同じくジョセフ・ビシャラ。

RUNNER RUNNER

■AMAZON

10月29日発売
 ベン・アフレック、ジャスティン・ティンバーレイク主演のオンラインポーカーを巡るクライムサスペンス。
 音楽はクリストフ・ベック。

キャリー
CARRIE

■AMAZON
■@TOWER

10月15日発売
 スティーヴン・キングの同題ホラーを再映画化。クロエ・グレース=モレッツ、ジュリアン・ムーアなど。
 音楽はマルコ・ベルトラミ。しかし、スコアは未収録のコンピレイションのようだ。
 

THE FIFTH ESTATE

■AMAZON
■@TOWER

2013/10/15発売
 ビル・コンドン監督がWIKILEAKSのジュリアン・アサンジを描くドラマ。ベネディクト・カンバーバッチがアサンジを演じる。
 音楽はカーター・バーウェル。

ヴァルハラ・ライジング(2009)
VALHALLA RISING

■AMAZON
■@TOWER
■AMAZON MP3

10月7日発売
 デンマーク出身のニコラス・ウィンディング・レフン監督が『ドライヴ』の前に撮った史劇。主人たちを殺して自由の身になった奴隷が、エルサレム奪還に向かうヴァイキングたちに合流する。
 音楽はピーター・ピーター&ピーター・ケイ。ダウンロードは9月30日から。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

INTRADAの新譜2013/08/20

Revengeリベンジ(2011-2013)
REVENGE

■INTRADA
■@TOWER

 ヘッジファンドのCEOに父を殺された娘が成長し、復讐するドラマ。シーズン3まで。
 音楽はチェコ出身でイギリスで育った作曲家iZler(アイズラー)。

Paradise愛に翼を(1991)
PARADISE
キャント・バイ・ミー・ラブ(1987)
CAN'T BUY ME LOVE

■INTRADA
■@TOWER

 フランス映画『フランスの思い出』をリメイク。メラニー・グリフィスとドン・ジョンソン共演のドラマ。
 スティーヴ・ラッシュ監督の青春コメディ。ディズニー製作の小品をカップリング。
 音楽は前者がデイヴィッド・ニューマンで、後者がロバート・フォーク。どちらも初サントラリリース。 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月19日 (月)

KRONOSの新譜2013/08-09

 先日、スウェーデンのMOVIESCORE MEDIAとのコラボを発表したマルタのKRONOSから新譜。

Kcrocキラー・クロコダイル(1988)
KILLER CROCODILE

■KRONOS
■@TOWER

 イタリア産動物パニック物。
 音楽はリズ・オルトラーニ。
 限定500枚

TheungodlyTHE UNGODLY MUSIC OF CARLES CASES

■KRONOS
■@TOWER

 カルレス・カセスが音楽を担当した2作品カップリング。"THE UNGODLY"(2007)と"DRAGON"(2001)の再録音。初サントラリリース。
 限定500枚

CavalieriI CAVALIERI DELLA VENDETTA(1964)

■KRONOS
■@TOWER
 
 音楽はカルロ・ルスティケリ。LPに30分の追加を収録して初CD化。
 限定500枚
 

Th3pitTH3 PIT

■KRONOS
■@TOWER

 ホラー。
 音楽は新人フリオ・ヴァリトゥッティ。
 限定300枚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月16日 (金)

ダウンロードサントラ2013/08/13

BlackfishBLACKFISH

 シャチを追った海洋ドキュメンタリー。
 音楽はジェフ・ビール。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月13日 (火)

INTRADAの新譜2013/08/13

 今回はイレギュラーに今週と来週に1枚ずつTVシリーズからリリース。

Onceuponatime2ワンス・アポン・ア・タイム(2012)
ONCE UPON A TIME

■INTRADA
■@TOWER

 TVシリーズ。現代を舞台に、お伽噺の主人公たちの生まれ変わりが生み出すドラマ。大ヒットしてシーズン3まで進んでいる他、スピンオフとして『不思議の国のアリス』の登場人物が登場する"ONCE UPON A TIME IN WONDERLAND"も製作されている。日本では2013年9月より放映予定。
 音楽はマーク・アイシャム。シーズン1のサントラに続いて、シーズン2の22話から収録。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KRITZERLANDの新譜2013/08/13

Mirackewarker奇跡の人(1962)
THE MIRACLE WORKER

■KRITZERLAND
■@TOWER

 ヘレン・ケラーとサリヴァン先生を描いた伝記。アーサー・ペン監督、アン・バンクロフトとパティ・デューク主演し、ふたりはアカデミー賞を主演と助演で受賞した。
 音楽はローレンス・ローゼンタール。サントラは作曲家プロモの後、INTRADAがリリースしたが、完売。今回はINTRADA盤での音源のテープにあった問題を修正し、2曲のボーナストラックを追加した。
 限定1000枚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 9日 (金)

LA-LA LANDの新譜2013/08/14

 LA-LA LANDの限定盤サントラ。直販での受付は8月14日午前4時から。
 予定されていたもう1枚は間にあわなかったので、これのみ。先着100枚はサイン付き。

キック・アス/ジャスティス・フォーエバー
KICK-ASS 2

■LA-LA LAND
■AMAZON
■@TOWER

 大ヒットしてクロエ・グレイス=モレッツが大ブレイクするきっかけになったコミック原作のヒーロー物第二弾。前作の主役たちの他、出演後悔中のジム・キャリーも。
 音楽は前作でもメインとなるテーマを担当したヘンリー・ジャックマンと『スカイライン』のマシュー・マージソン。ダウンロード版よりも3曲(+別ヴァージョン曲)多いデラックスエディション。メインタイトルの別ヴァージョンと未使用曲1曲を収録した。
 限定なし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 6日 (火)

ダウンロードサントラ2013/08/06

ContinuumCONTINUUM

 カナダのSFTVシリーズ。レイチェル・ニコルズ主演。2077年の未来から現代に逃亡したテロリストグループと、巻き込まれて飛ばされた主人公の女性警官が彼らを追う。テロリストの目的は自分たちのいる管理社会を生み出した元凶を抹殺すること。主人公は過去改変で自分の夫と子どもが存在しなくなるのを阻止しようとするが、同時に管理されていない現代の社会に魅力を感じ始める。現在シーズン2を放映中。
 音楽はジェフ・ダナ。シーズン1の10話からセレクト。

EUROPA REPORT

■AMAZON MP3

 木星の衛星エウロパに調査に赴いた宇宙飛行士たちが出会う恐怖。
 音楽はベアー・マクレアリー。自身のレーベルSparks & Shadowsよりリリース。レーベル初のCDもリリースしているが、今のところAMAZON日本ストアでは取り扱っていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 5日 (月)

特撮リボルテック第33弾

特撮リボルテック SERIES No.047 バットモービルタンブラーキャノン

■AMAZON

2013/11/01発売
『ダークナイト・ライジング』に登場したバットモービルを改造した装甲車。ベイン、ターレットパーツ、V字型ベース、ネームプレート、リボコンテナ付属。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 4日 (日)

大西洋二万哩

Windjammer大西洋二万哩(1958)
WINDJAMMER

■SEPIA
■AMAZON

 ノルウェイのオスロからアメリカ、カリブ海へ旅する帆船を追ったドキュメンタリー。
 音楽はモートン・グールド。従来盤は再録音のみだったが、サントラ音源を初めてリリース。さらに2枚目にはボーナス音源と、LP音源を収録した2枚組。
 LP音源の復刻専門レーベルからのリリース。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 3日 (土)

ギレルモ・デル・トロのノート

Guillermo del Toro Cabinet of Curiosities: My Notebooks, Collections, and Other Obsessions

■AMAZON

2013/10/29発売
 ギレルモ・デル・トロ監督が来日時にも持っていた着想を記したノートが書籍になる。内容は『ミミック』『ヘルボーイ』『パンズ・ラビリンス』『パシフィック・リム』から製作が頓挫したラヴクラフトの『狂気の山脈にて』までの日記やイラスト。ちなみにこのノートをググってみると、こんな内容が書いてあるらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 2日 (金)

QUARTETの新譜2013/08/02

Manwomanchild愛の7日間(1983)
MAN, WOMAN AND CHILD

■QUARTET
■@TOWER

『ある愛の詩』のエリック・シーガルの小説を映画化したドラマ。家庭のある大学教授の隠し子が突然現れ、家族は困惑する。マーティン・シーン主演。
 音楽はジョルジュ・ドルリュー。初サントラリリース。
 限定1000枚

Los_mundos_sutilesLOS MUNDOS SUTILES(2012)

■QUARTET
■@TOWER

『アナザーワールド VERBO』のエドゥアルド・チャペロ・ジャクソンによるスペインの詩人アントニオ・マチャドについてのドキュメンタリー。
 音楽はパスカル・ゲーニュ。
 限定300枚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »