« LA-LA LANDからSTAR TREK TOS | トップページ | プロメテウス »

2012年8月12日 (日)

ダークナイト・ライジング

Darkknightrisespダークナイト・ライジング

 クリストファー・ノーラン監督によるバットマン・トリロジー最終作。前作で一旦バットマン稼業から身を引いたブルース・ウェインだが、新たな脅威の出現により再び乗り出すが……。
 色々言いたいこともあるんだが、まあ、綺麗に終わってよかったねと。ラストのまとめ方はミドルネームとか、アルフレッドの妄想が叶うとか、ライトが復活とか、
 反面、ビギンズとの展開の共通点が多くて、語り直しになってしまっているのは残念。ベインの行動に対する市民の反応、バットマン復活への市民の反応がまったく描かれていないのも不満点。描かれているのは警官サイドと、唯一孤児院のひとりのみというのは、前作の流れからすると退化ではないか。ベインの表向きの目的からすれば、市民の反応は描かなくてはならないはずなんだが。
 さらには普通に考えてもおかしい展開がいくつもあるのはどうしたものか。
 それと、ビギンズの頃から科学的におかしいところが散見されて、それが気になっていた。ビギンズではラストバトルは巨大電子レンジの中ということになるのだが、水は沸騰するのにバットマンもヴィランも死なない。今回はオープニングの博士誘拐で血液を死体にちょっと輸血するシーン。それで博士が死んだことにする。墜落して潰れた死体の血をDNA鑑定して博士と同定? 死体を確認するんじゃないか? さらに、10キロですか。ああそうですか。やっぱりハリウッドって、その程度の認識なんですね。しかも、核融合炉で中性子爆弾がどうとか……。

 まあ、アン・ハサウェイを見ているだけでよかったけどね。

 それにしても、ゴッサムもメトロポリスもニューヨークじゃないことになってるんだが、今回は完全にニューヨークになっちゃったねぇ。
 それと、あの人がいきなりブルース・ウェインの前に出てきた時には「フォースの力か!」と突っ込みたくなったぞ。

Darkknightrisesダークナイト・ライジング
DARK KNIGHT RISES

■AMAZON
■@TOWER

 サントラ。
 音楽は前作までのジェイムズ・ニュートン=ハワードは外れ、ハンス・ジマー単独に。しかし、基本路線は前作と変わらず、JNHの手法を上手くジマーがものにしたような……。なんか、効果音とリズムになっちゃって、音楽としての効果はあんまりないんだよね。新作スーパーマンもこの路線になるんだろうか?

|

« LA-LA LANDからSTAR TREK TOS | トップページ | プロメテウス »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73118/55384515

この記事へのトラックバック一覧です: ダークナイト・ライジング:

« LA-LA LANDからSTAR TREK TOS | トップページ | プロメテウス »