« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月の記事

2012年7月31日 (火)

LA-LA LANDの新譜2012/08/01

 LA-LA LANDの限定盤サントラ。直販での受付は8月1日午前5時から。直販では両方とも先着でサイン付き。

Used_carsユーズド・カー(1980)
USED CARS

■LA-LA LAND
■@TOWER

 ロバート・ゼメキスの監督第2作。中古車販売店がライバル店との競争で無茶苦茶な大暴走。カート・ラッセル主演。
 音楽はパトリック・ウィリアムズだが、最初はアーネスト・ゴールドが担当していた。ライバル店のテーマは"DIES IRAE"をモチーフに使い、終盤は西部劇調にしたり、ソースミュージックも手がけていた。しかし、古くさいということでリジェクト。ウイリアムズに交代した。ゴールドのスコアはバーで流れるソースミュージックだけが劇中で使用された。今回は両方のスコアを収録。初サントラ化。
 限定2000枚

GreenlanternanimatedGREEN LANTERN THE ANIMATED SERIES(2011)

■LA-LA LAND
■AMAZON
■@TOWER

 映画にもなったDCコミックスのヒーロー、グリーン・ランタンのTVアニメシリーズ。シーズン1の13話が放映済み。
 音楽は『ホステル3』などのフレデリック・ウィードマン。
 限定なし

 なお、次回は休みで、リリースはなし。次々回は8月29日の発売となる。今出ている情報では2~3作品で、『13日の金曜日』単独発売と『ブラック・レイン』が入ってきそうな感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トータル・リコール

Totalrecallsoundtrackトータル・リコール(2012)
TOTAL RECALL

Total Recall (Original Motion Picture Soundtrack) - Harry Gregson-Williams

 フィリップ・K・ディックの短編『追憶売ります』の映画化というよりは、ポール・ヴァーホーベン監督、アーノルド・シュワルツェネッガー主演の『トータル・リコール』のリメイクか。ダン・オバノンとロナルド・シュセットのオリジナル脚本を『リベリオン』のカート・ウィマーが脚色して、『アンダー・ワールド』のレン・ワイズマンが監督した。シュワルツェネッガーが演じた主人公をコリン・ファレル、シャロン・ストーンが演じた妻役をケイト・ベッキンセール、レイチェル・ティコティンの役をジェシカ・ビールという配役。他にジョン・チョー、ビル・ナイなど。
 音楽はハリー・グレッグソン=ウィリアムズ。1曲目のタイトルがオリジナル版のジェリー・ゴールドスミスと同じ"THE DREAM"という辺り、狙ってるな。スコアはオケと打ち込みをメインにしたいつものHGWのアクションスコア。打ち込みリズムとパーカッション多すぎかな。ダウンロードとAMAZON.COMのCD-Rのみ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年7月30日 (月)

KRITZERLANDの新譜2012/07/30

Kl_brigitte_hobbs_aniボクいかれたヨ!(1965)
DEAR BRIGITTE
H氏のバケーション(1962)
MR. HOBBS TAKES A VACATION

■KRITZERLAND
■@TOWER

 ヘンリー・コスター監督のコメディ2作品カップリング。
 音楽は前者がジョージ・ダニング、後者がヘンリー・マンシーニ。前者は初CD化。後者はINTRADAでリリースされていたものを曲順を入れ替えている。
 限定1000枚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴァンゲリスのベスト

Collection

■AMAZON
■@TOWER
The Collection - ヴァンゲリス

 ヴァンゲリスの廉価盤2枚組ベスト。『ブレードランナー』『炎のランナー』『1492コロンブス』、2002年FIFA WORLD CUP公式アンセムなど全31曲。新曲の"Remembering"も収録。

 なお、『ブレードランナー』のMAIN TITLESはこれまでのどのヴァージョンとも違う構成で、サントラでは3:42のところ、5:32と長くなって、より映画使用版に近くなっている模様。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

QUARTETの新譜2012/07/30

Womaninlove恋する女たち(1969)
WOMEN IN LOVE

■QUARTET
■@TOWER

『チャタレイ夫人の恋人』でも有名なD・H・ロレンスの原作をケン・ラッセル監督が映画化。イギリスの炭鉱町で教師と彫刻家姉妹の愛を描く。
 音楽はジョルジュ・ドルリュー。これまでは作品集に数曲収録されていただけで、単独では初サントラ化。マスター音源は失われており、作曲家本人の個人的な音源からマスタリングした。
 限定1000枚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月28日 (土)

AURORA

Aurora_coverAURORA

Aurora - Single - ハンス・ジマー

"Aurora" is dedicated to those who lost their lives and were affected by the tragedy in Aurora, Colorado. I recorded this song in London in the days following the tragedy as a heartfelt tribute to the victims and their families. 100% of the proceeds will be donated to Aurora Victim Relief organization.

 先日のコロラド州オーロラで起こった『ダークナイト・ライジング』上映館での銃乱射事件の犠牲者と関係者に捧げるために、ハンス・ジマーがロンドンで録音した8分半の曲。『ダークナイト・ライジング』のモチーフを使った鎮魂歌。
 公式サイトからは10セントから2500ドルまで選べて全額寄付できるが、どうやらアメリカ国内のみのようだ。iTUNESで買うと一部が寄付になる。

 改めて犠牲者に合掌。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月26日 (木)

マーク・ノップラーのサントラ再発売

 ダイアー・ストレイツのリーダーであり、ギタリストのマーク・ノップラーが担当した映画4作品のサントラが9月26日に再発。LPマスター音源からのリマスターで、紙ジャケット。日本独自企画。

プリンセス・ブライド・ストーリー(1987)
THE PRINCESS BRIDE

■AMAZON
■@TOWER

 ウィリアム・ゴールドマンの原作を自身が脚色し、ロブ・ライナーが監督したファンタジー。ピーター・フォーク演じる語り部のジイさんがいい味を出している。

ブルックリン最終出口(1989)
LAST EXIT TO BROOKLYN

■AMAZON
■@TOWER

 ヒューバート・セルビー・Jrの原作をアメリカ西ドイツ合作で映画化したドラマ。

ローカル・ヒーロー / 夢に生きた男(1983)
LOCAL HERO

■AMAZON
■@TOWER

 デヴィッド・パットナムが製作したドラマ。バート・ランカスター出演。

キャル(1984)
CAL

■AMAZON
■@TOWER

 IRAのメンバーが愛した女性の夫はかつて自分が殺した男だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

下宿人

Lodger下宿人(1926)
THE LODGER

■SAE
■@TOWER

 アルフレッド・ヒチコックがイギリスで初めて監督した長編映画。切り裂きジャックをモチーフにしたサスペンス。
 サイレント映画なので音楽はないが、これまで独自に音楽をつける試みがあった。今回はニティン・ソーニーが担当したスコア。オケはロンドン交響楽団。2枚組。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャーロック シーズン2

SHERLOCK/シャーロック シーズン2

■AMAZON→BD
■AMAZON→DVD
■@TOWER→BD
■@TOWER→DVD

2012/10/05発売
 現在、NHK BSで放映中のシーズン2がソフト化。相変わらず、シーズン1に続いて高いなあ。主役のふたりは『ホビットの冒険』でも共演するので注目。
 第1話:「ベルグレービアの醜聞」(A Scandal in Belgravia)
 第2話:「バスカヴィルの犬」(The Hounds of Baskerville)
 第3話:「ライヘンバッハ・ヒーロー」(The Reichenbach Fall)

Sherlock2シャーロック シーズン2

■AMAZON
■@TOWER
■AMAZON MP3

 サントラはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

007日本語吹き替え版DVD

 先にお伝えした本家007シリーズ全22作品+特典ディスクつきのBD-BOXセットには日本語吹き替えは収録されていないのだが、なんとキングレコードが吹き替え収録のDVDを発売する。

007製作50周年記念 TV放送吹替初収録特別版DVDシリーズ
 初回限定第1期6作品BOXセット

■AMAZON
■@TOWER

 11月から2ヶ月ごとに、計4セット(分売あり)発売。第1期は11月14日発売で、下記6作品。
 吹き替えは月曜ロードショー、金曜ロードショー、日曜洋画劇場など1作品に複数収録作品もあり。BDではなくDVDだが、HDリマスター。吹き替えにこだわる方はこちらを。画質にこだわる方は20世紀フォックスのBD版を。
 詳しくは公式情報をご覧ください。

007/ドクター・ノオ【TV放送吹替初収録特別版】
 月曜ロードショー版

■AMAZON
■@TOWER

007/ロシアより愛をこめて【TV放送吹替初収録特別版】
 月曜ロードショー版

■AMAZON
■@TOWER

007/ゴールドフィンガー【TV放送吹替初収録特別版】
 水曜ロードショー版、日曜洋画劇場版

■AMAZON
■@TOWER

007/サンダーボール作戦【TV放送吹替初収録特別版】
 月曜ロードショー版

■AMAZON
■@TOWER

007は二度死ぬ【TV放送吹替初収録特別版】
 月曜ロードショー版

■AMAZON
■@TOWER

女王陛下の007【TV放送吹替初収録特別版】
 月曜ロードショー版

■AMAZON
■@TOWER

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月24日 (火)

INTRADAの新譜2012/07/24

Shadowシャドー(1994)
THE SHADOW

■INTRADA
■@TOWER

 ラッセル・マルケイ監督がオーソン・ウェルズがやったラジオドラマにもなった往年のダークヒーロー物を映画化。脚本デイヴィッド・コープ。アレック・ボールドウィン、ジョン・ローン、ペネロープ・アン・ミラー出演。マルケイのトリッキーな映像はおもしろいものの、魅力のない映画だった。つい先週LA-LA LANDから長尺盤がリリースされた怪傑紫タイツと並んで、2大「音楽はいいのに恥ずかしいヒーロー物」として記憶しておこう。
 音楽はジェリー・ゴールドスミス。従来盤はスコア30分、主題歌2パターン、挿入歌が収録されていた。今回はスコアが85分とボーナストラック、従来盤の2枚組。
 主題歌"ORIGINAL SIN"はかのMEAT LOAFのメガヒットアルバム"BAT OUT OF HELL II"をプロデュースしたジム・ステインマンが作詞・作曲・プロデュースした名曲。歌はテイラー・デイン。挿入歌はJERRYBEANがプロデュースし、ダイアン・ウォーレンが作詞・作曲し、SINOAが歌っている。

Wolfenreウルフェン(1981)
WOLFEN

■INTRADA
■@TOWER

 ホイットリー・ストリーバーの原作を映画化したスーパーナチュラルホラー。殺人事件を追う刑事が特殊な狼と出会う。ソラリゼーションを使って狼の熱感知可能な視界を再現したヴィジュアルは『プレデター』よりも先行していた。
 音楽はジェイムズ・ホーナーだが、これはリジェクトされたクレイグ・セイファンのスコア。初正規リリース。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月23日 (月)

アカペラカバーヴァージョンのインディとSW

 ヘヴィーメタルでドラム以外アカペラってバンド、VAN CANTOってバンドがいる。すでにアルバム4枚も出して、メタルファンにも評価されているのだが、映画音楽にもアカペラの波がやってきた。しかも、たったひとりで多重録音!

Star Wars Main Title Theme

The Indiana Jones Theme

 しかも、iTUNESでダウンロード販売開始! 以前から出していたようだが、上のふたつは最近シングルとして出した物。他にもあるが、今のところ映画音楽では『シンプソンズ』と『スパイ大作戦』など。

Nick McKaig アーティストリンク

Nick McKaig

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月の新譜

 個人的に注目の新作サントラを月ごとに紹介するコーナー。情報が更新されたり、新しい情報が入った場合は適時追加されますのでご注意を。

フランケンウィニー(2012)
FRANKENWEENIE

■AMAZON

9月25日発売
 ティム・バートン監督の初期短編を自ら長編化したストップモーションアニメ。死んだ愛犬をフランケンシュタイン博士よろしく雷でよみがえらせた少年を描く。
 音楽はもちろんダニー・エルフマン。

Frankenweenie Unleashed

■AMAZON

2012/09/25発売
 こちらは同日発売のコンピ。収録されるのは、KAREN-Oの主題歌など。


バイオハザードV リトリビューション(2012)
RESIDENT EVIL: RETRIBUTION

■AMAZON
■@TOWER
Resident Evil: Retribution (Music from the Motion Picture) Special Edition - tomandandy

9月11日発売
 シリーズ5作目。
 音楽はTOMANDANDY。ITUNESは2曲多いスペシャルエディション。

天地明察

■AMAZON
■@TOWER

9月12日発売
 冲方丁の原作を映画化。
 音楽は久石譲。

アウトレイジ ビヨンド

■AMAZON
■@TOWER

9月26日発売
 北野武監督の続編。
 音楽は鈴木慶一。

Expendables2cdエクスペンダブルズ2
THE EXPENDABLES 2

■AMAZON
■@TOWER
■AMAZON MP3
The Expendables 2 (Original Motion Picture Soundtrack) - Brian Tyler

9月17日発売
 シルヴェスター・スタローン監督・主演の前作からさらにパワーアップしての第2作。監督は『コン・エアー』のサイモン・ウェスト。出演アクションスターも増強。前作ではオファーを断られたメンツも参加。シルヴェスター・スタローン、ジェイソン・ステイサム、ジェット・リー、ドルフ・ラングレン 、チャック・ノリス、ランディ・クートゥア、リアム・ヘムズワース、ジャン=クロード・ヴァン・ダム、ブルース・ウィリス、アーノルド・シュワルツェネッガー。日本公開は10月20日予定。
 音楽は前作から引き続いてブライアン・タイラー。アメリカではダウンロードのみなので、前作同様イギリスのSILVA SCREENからリリース。

FOR GREATER GLORY The True Story Of Cristiada

■AMAZON

9月18日発売→10月2日に変更
 1926年にメキシコで起こったクリステロ戦争を描く史劇。カソリックに対して弾圧的な政治を行った大統領に対して、カソリック教徒が起こした暴動により内戦状態となった。監督は『ロード・オブ・ザ・リング』や『ナルニア国物語』など数々の作品でSFXスーパーバイザーをしてきたディーン・ライト。出演はイーター・オトゥール、アンディ・ガルシアなど。
 音楽はジェイムズ・ホーナー。

Arbitrage

■AMAZON

2012/09/11発売
『インフォーマーズ』などのニコラス・ジャレッキーが監督したヘッジファンドの大物を主人公にしたスリラー。リチャード・ギア、ティム・ロス、スーザン・サランドンなど出演。
 音楽はクリフ・マルチネス。

The Sweeney

■AMAZON
■@TOWER

2012/09/18発売
 イギリスの70年代のTVシリーズのリメイク映画化。刑事物。レイ・ウィンストンなど出演。
 音楽はRCのローン・バルフェ。

Anna Karenina

■AMAZON
■@TOWER

2012/09/10発売
『プライドと偏見』などのジョー・ライト監督による名作の映画化。
 音楽はダリオ・マリアネリ。UK盤。アメリカ盤は11月予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月19日 (木)

イタリアのレーベルから

 イタリアのFLIPPER MUSICのサブレーベルOCTOPUS RECORDSから色々出ているだけでなく、AMAZONとiTUNESからダウンロード販売されていたので紹介。ラインナップは公式サイトを見て、他にもないか検索してください。もう手に負えないイタリア。
 CDが欲しい場合はARK SQUAREなどで。

コンコルド
Concorde Affaire '79

■AMAZON MP3
Concorde Affaire '79 - ステルヴィオ・チプリアーニ

 音楽はステルヴィオ・チプリアーニ。

パニック・アリゲーター 悪魔の棲む沼
The Great Alligator

■AMAZON MP3
The Great Alligator - ステルヴィオ・チプリアーニ

 音楽はステルヴィオ・チプリアーニ。

地獄の門
Fear In the Town of the Living Dead

■AMAZON MP3
Fear In the Town of the Living Dead - Fabio Frizzi

 音楽はファビオ・フリッツィ。

人喰族
Cannibal Ferox

■AMAZON MP3
Cannibal Ferox - Roberto Donati

 音楽はロベルト・ドナティ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブレードランナー 製作30周年記念 コレクターズBOX

ブレードランナー 製作30周年記念 コレクターズBOX [Blu-ray]

■AMAZON
■@TOWER

2012/11/07発売

 もはや何回目のリリースかわからない『ブレードランナー』の全5バージョンを収録したBDのBOXセット。スピナーのフィギュアつき。5000セット限定生産
 しかし、公開当時劇場で観た時はこんなことになるとは想像も出来なかったな。

【DISC 1】
 『ブレードランナー ファイナル・カット』(2007年製作)
 監督 リドリー・スコットによるイントロダクション&音声解説
 脚本/製作総指揮 ハンプトン・ファンチャー、脚本 デビッド・ピープルズ、他スタッフによる音声解説
 ビジュアル・フューチャリスト シド・ミード、特殊撮影効果 ダグラス・トランブル、他スタッフによる音声解説

【DISC 2】
 オリジナル劇場版『ブレードランナー』(1982年製作)
 インターナショナル劇場版『ブレードランナー完全版』(1982年製作)
 ディレクターズカット『ブレードランナー最終版』(1992年製作)
 ワークプリント(1982年製作)

【DISC 3】
 長編ドキュメンタリー『デンジャラス・デイズ:メイキング・オブ・ブレードランナー』」(2007年製作)
 オープニング原作から脚本へ / キャスティング / 未来をデザイン / 製作開始 / 撮影現場にて / 視覚効果 / ポスト・プロダクション
フォトギャラリー
ワークプリント
メイキング・インタビュー・未公開シーン
 <接続>
 <製造>
 ①フィリップ・K・ディック(14分)
 ②小説と映画を比較して(15分)
 フィリップ・K・ディック: ブレードランナー インタビュー集(約23分)※音声のみ
 <構造>
 ③グラフィック・デザイン(13分)
 ④衣装(20分)
 ⑤スクリーンテスト レーチェル/プリス(8分)
 ⑥ジョーダン・S・クローネンウェスの撮影(20分)
 未公開シーン集(47分)
 <寿命>
 プロモーション映像(1982)(36分)
 予告編/TVスポット集(11分)
 ⑦ポスター・アート(9分)
 ⑧デッカードの真実(9分)
 ⑨“ブレードランナー”の魅力を語る(21分)

【商品形態】
 アウターケース
 オリジナル・レンティキュラー
 プレミアム「スピナー」フィギュア
 シド・ミード カード
 ブックレット(72ページ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月18日 (水)

BUY SOUNDTRAXの新譜2012/07/18

Smokey_dynamite_bsxダイナマイト娘(1976)
THE GREAT TEXAS DYNAMITE CHASE
THE GREAT SMOKEY ROADBLOCK(1977)

■BSX
■@TOWER

 1970年代のクレイグ・セイファンが音楽を担当した2作品カップリング。初サントラ化。
 前者は田舎町の若い女性ふたりのアクション物。後者はヘンリーフォンダ扮するトラック運転手がガン告知されて病院を抜け出し、トラックで旅する。スーザン・サランドン、ロバート・イングランドなど出演。
 限定1000枚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水の中のナイフ

水の中のナイフ(1962)
NOZ W WODZIE
A KNIFE IN THE WATER

■AMAZON
■@TOWER

2012/08/14発売
 ロマン・ポランスキーが故郷ポーランドで撮ったサスペンス映画。
 音楽はクリストフ・コメダ。イギリスのELレコードからのリリース。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月17日 (火)

KRITZERLANDの新譜2012/07/17

Thefly蝿男の恐怖(1958)
THE FLY
蝿男の逆襲(1959)
THE RETURN OF THE FLY

■KRITZERLAND
■@TOWER

 ジョルジュ・ランジュランの小説を映画化した元祖蠅男。3作目の『蠅男の呪い』もある。
 音楽はポール・ソーテルとバート・シェフター。なくなったPERCEPTOレーベルからセットで販売されていたが、今回は最初の2作品のみを再発売(3作目は作曲家がシェフターのみなので)。
 限定1000枚

Wallanderスウェーデン警察 クルト・ヴァランダー(1995~2008)
WALLANDER

■KRITZERLAND
■@TOWER

 ミステリチャンネルで放送されたスウェーデンのミステリドラマ。
 音楽はアダム・ノルデン。
 限定1000枚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月14日 (土)

YAMATO SOUND ALMANAC第2回

YAMATO SOUND ALMANAC第2回はこの3枚。

さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち 音楽集

■AMAZON
■@TOWER

9月18日発売
 1978年にLPで発売された 宮川泰『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち 音楽集』を単独CD化。

さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち BGM集

■AMAZON
■@TOWER

9月18日発売
 劇場版「さらば宇宙戦艦ヤマト」にて使用された劇中BGMを作品で使用された順番に収録! 新規構成。

不滅の宇宙戦艦ヤマト ニュー・ディスコ・アレンジ

■AMAZON
■@TOWER

9月18日発売
 ヤマトの代表曲をディスコアレンジで収録したアルバム。初CD化。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PERSEVERANCEの新譜2012/08

MorriconecdcoverMorricone.Uncovered

■PERSEVERANCE
■AMAZON
■AMAZON MP3
■@TOWER

9月18日発売
 エンニオ・モリコーネのカバー集。本人の承認済み。有名曲に歌手ロミーナ・アレーナが歌詞をつけて歌う。オケはハンガリーのブダフォク・ドホナーニ・オーケストラ。
 収録作品は『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』、『海の上のピアニスト』、『ロリータ』、『アンタッチャブル』、『マレーナ』、『カジュアリティーズ』、『夕陽のガンマン』などから印象的なテーマ曲を選んでいる。全15曲。
 なお、直販では8月末に発送予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月13日 (金)

QUARTETの新譜2012/07/13

NaranjasMIEL DE NARANJAS(2010)

■QUARTET
■@TOWER

 スペインのドラマ。
 音楽はポルトガル人のヌーノ・マーロ。


VilamorLOVETOWN(VILAMOR)(2012)

■QUARTET
■@TOWER

 スペインのドラマ。
 音楽はスペインの女性作曲家ゼルティア・モンテス。


Bora_boraBORA BORA(1968)

■QUARTET
■@TOWER

 南の島ポリネシアでの恋人たちの情熱を描く。
 音楽はピエロ・ピッチオーニだが、アメリカ公開版はレス・バクスター。両者の従来盤とフィルムスコアを各1枚で収めた2枚組。
 限定1000セット

Le_isole_dell_amoreタヒチの恥部を暴く/猟奇と残酷の島(1972)
LE ISOLE DELL'AMORE

■QUARTET
■@TOWER

 エロティックドラマ。
 音楽はピエロ・ウミリアーニ。
 限定500枚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロボット

ロボット

■AMAZON→BD
■@TOWER→BD
■AMAZON→DVD
■@TOWER→DVD

2012/10/03発売
『ムトゥ踊るマハラジャ』のラジニ・カーント主演のインド製ロボットアクション恋愛ダンス映画、ソフト発売。
 BD版では劇場公開短縮版139分と、ノーカット版177分の2枚組。メイキングと予告編、さらに初回限定スリーブケース、ステッカー、ミニブックレットがついてくる。
 DVDは劇場版と予告編のみ。

Robotcdロボット

■@TOWER
■AMAZON MP3
Endhiran - Various Artists

 ARラフマーンによるサントラはタワレコでCD、他でダウンロードで販売中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャイアントロボ THE ANIMATION

ジャイアントロボ THE ANIMATION 地球が静止する日 アルティメットBlu-ray BOX

■AMAZON
■@TOWER

10月26日発売
 あのアニメシリーズがBD化。
 オリジナルネガフィルムから4KスキャニングによるHDリマスター。
 過去発売されていたDVD-BOX及びDVDに収録されていた映像・音声特典を完全収録。(※映像特典はアップコン収録)
 キャラクターデザイン山下明彦による、両面描き下ろしBOXジャケット仕様。
 EPISODE.1~7のサウンドトラックを、CD以上の高音質でBlu-rayに収録。(96kHz/24bit/2ch)
 GR計画書(約100Pにも及ぶ解説書を予定)

【映像特典】
1. キャスト&スタッフインタビュー
(山口勝平:草間大作役/島本須美:銀鈴役/山下明彦:キャラクターデザイン、作画監督、絵コンテ/片山一良:アニメーション・ディレクター/小曽根正美:キャラクターデザイン、作画監督/羽山賢二:作画監督/天野正道:劇判作曲、編曲、指揮/鶴岡陽太:音楽設計、音響監督)
2. ワルシャワ・フィル現地録音パフォーマンス映像(EPISODE.1・2・3・6・LAST EPISODE)
3. 幻のEPISODE.0(Ver.1・2)
4. サウンド・ミックス用ワーク映像(EPISODE.2・6)
5. LAST EPISODE PV
6. TV-CM(EPISODE.2・LAST EPISODE)
7. 海外版PV(イタリア版1・2・3、US版)
8. HP用ムービー
9. ゲーム「スーパーロボット大戦α/64」Gロボ映像
10. PS2用ゲームPV映像
11. BD-BOX告知CM(※新規収録)
12. BD-BOX告知PV(※新規収録)

【音声特典】
1. 英語吹替音声(本編全EPISODE)※日本語字幕なし
2. オーディオ・コメンタリー(EPISODE.1:山口勝平×島本須美/EPISODE.3:山下明彦×片山一良/EPISODE.5:天野正道×鶴岡陽太/LAST EPISODE:「爆笑! 欠席裁判 今だから話せるGR制作現場」山下明彦×小曽根正美×羽山賢二×片山一良)

 サントラが高音質で収録になるのは嬉しいが、BDじゃ使いづらいなぁ。SACDにならんもんか。ところで、既発の7作目のサントラだけはレーベルが変わったせいで、マスタリングに失敗して音の広がりがなくなってしまったのだが、それは修正されるのだろうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月12日 (木)

Epic Olympic Dreams

Epic Olympic Dreams

■AMAZON MP3
Epic Olympic Dreams - Immediate Music

 映画予告編音楽を製作するIMMEDIATE MUSICからオリンピックにあわせてイメージ音楽集が発売になった。スポーツ物の映画予告編に使えそうな力強い曲ばかり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/35スケール ガンヘッド

GUNHED ガンヘッド (1/35スケール プラスチックキット)

■AMAZON

2012/10/25発売
 あの映画『ガンヘッド』に登場する可変装甲戦闘車両がプラキットとして登場。川北紘一特技監督から資料を提供され、監修の下に壽屋が製作。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月10日 (火)

INTRADAの新譜2012/07/10

Waroftheworlds宇宙戦争(1953)
THE WAR OF THE WORLDS
地球最後の日(1951)
WHEN WORLDS COLLIDE
宇宙征服(1955)
CONQUEST OF SPACE
黒い絨氈(1954)
THE NAKED JUNGLE

■INTRADA
■@TOWER

 ジョージ・パル製作のSF4作品カップリング! 言わずと知れたH・G・ウェルズの原作を映画化した『宇宙戦争』、遊星激突の危機で地球からロケットで脱出する『地球最後の日』、人類が火星を目指す宇宙開発SF『宇宙征服』、行軍中すべてのものを食い尽くす軍隊蟻マラブンタの恐怖を描いたチャールトン・ヘストン主演の『黒い絨緞』。
 音楽は最初のふたつがリース・スティーヴンスで、『宇宙戦争』は現存する16分のモノラル音源をすべて収録。『地球最後の日』はモノラル音源で37分収録。『宇宙征服』はヴァン・クリーヴで、モノラル音源が31分。『黒い絨緞』はダニエル・アンフィシアトロフで、ステレオ音源が39分。それぞれボーナストラックあり。いずれも初サントラ化。2枚組。

Quillermemoさらばベルリンの灯(1966)
THE QUILLER MEMORANDUM

■INTRADA
■@TOWER

 ネオナチとイギリス情報部員の攻防を描くスパイスリラー。ジョージ・シーガル、アレック・ギネス、マックス・フォン・シドー出演。
 音楽はジョン・バリー。長らく廃盤だったものを再発売。内容は同じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 9日 (月)

VARESE SARABANDEの新シリーズ & ENCORE SERIES

 ダウンロードのみのサントラを小プレスでCD化するシリーズ2本。

1000wordsA THOUSAND WORDS(2012)

■VARESE SARABANDE
■@TOWER

 エディ・マーフィー主演のコメディ。
 音楽はジョン・デブニー。ヴィデオ化にあわせての発売。
 限定1000枚

MightymacsTHE MIGHTY MACS(2009)

■VARESE SARABANDE
■@TOWER

 バスケットボールを題材にしたスポーツもの。実話を元にした映画化。
 音楽はウィリアム・ロス。
 限定1000枚

 廃盤CDを再発売するアンコールシリーズ2作品。

Taipanタイパン(1986)
TAI PAN

■VARESE SARABANDE
■@TOWER

『将軍』のジェームズ・クラヴェル原作小説を映画化した香港を舞台にしたドラマ。ブライアン・ブラウン主演。
 音楽はモーリス・ジャール。再発売。
 限定1000枚

Crimesoftheheartロンリー・ハート(1986)
CRIMES OF THE HEART

■VARESE SARABANDE
■@TOWER

 ダイアン・キートン、ジェシカ・ラング、シシー・スペイセク、サム・シェパード出演のドラマ。
 音楽はジョルジュ・ドルリュー。再発売。
 限定1000枚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 6日 (金)

リジェクトスコア 16

 最終回ということで、まとめ的に。

 音楽という映画製作の一面だけ見ても、映画というものはスタジオ&製作者がすべての権力を握っているというのがよくわかる。その次が監督だが、製作兼任していないと、その権力は実に小さい。世の中、やっぱり金を握る者が一番強いというわかりやすい構造でした。

 テスト試写(英語ではTEST SCREENING)での結果が左右される例が時代が新しくなるにつれて増えてくる。要は失敗したくないために半完成品(あるいは完成品の場合も)を、年齢性別人種などをバラバラに、あるいは狙ったターゲット層のみなど、様々な条件で集めて見せるものだ。そういうセッティングを専門に請け負う会社もある。
 特に映画に詳しいわけではない人々に感想を訊くわけで、大半は音楽など覚えていないことが多い。いつも音楽を気にしたりするサントラファンが異常なだけだ(^_^;) で、音楽について訊かれてもたいした指摘は出来ないのではないだろうか。「あえていうと、音楽うるさかったね」とか、「昔の映画見たい」とか。製作者による不評の原因探しというのは、結局、今から出来る変更にしか向かない。今から主演俳優を変えるわけにはいかないが、編集と音楽変更なら今からでもたいした出費もなくできるからだ。結果として音楽に責任をかぶせて差し替え。こういうのが多いのではないか。

 監督や製作者に音楽についての理解が少ない、あるいは、そういう人材が少なくなってきているのも事実。UCLAやUSCの映画学科でも映画音楽の授業は縮小されているという。普段から意識がない上に、教育でも欠けているとなれば理解できなくても当然だ。せめて、監督志望者には音楽の役割を教え込んでもらいたい。というか、自分でも勉強してもらいたい。
 作曲家は昔なら監督の前でピアノでこんなメロディでと弾いてみせればよかったが、今はシンセモックアップ(シンセでオーケストレイションをして仕上がり見本を作ったもの)を作らなければ理解できない。ジマーと仲間たちが一時期もの凄く重宝されたのは彼らのスタジオには最新機材とスタッフが揃っているため、すぐにモックアップが作れたからだろう。サンプリングのおかげで生オケに近いものができるし、そのまま使っても違和感がないレベルのものになる。

 ほとんどの作曲家がリジェクトされた経験がある中、唯一例がないのがジョン・ウィリアムズだ。無名時代にはあったのかもしれないが、"TORN MUSIC"にも海外サイトにもはっきりとした事例は挙げられていない。スピルバーグと『スター・ウォーズ』後になれば金も時間もかかるというのがわかっているので、安直な起用はできなくなったのだろうが、それ以前にも例がないというのは奇跡的だ。

 以下は今回取り上げなかった事例。有名すぎて取り上げなかったもの、読み飛ばして失念したものなど。そのうち気が向いたらやるかも。とりあえず、ここまでということで。ここまで読んでくださって感謝。

バグダッドの盗賊(1940)
 /オスカー・ストラウス→ミクロス・ローザ

禁断の惑星(1956)
 /デイヴィッド・ローズ→ルイス&ベイブ・バロン

エル・シド(1961)
 /マリオ・ナシンベーネ→ミクロス・ローザ

人類SOS!(1962)
 /ロン・グッドウィン、ジョニー・ダグラス

引き裂かれたカーテン(1966)
 /バーナード・ハーマン→ジョン・アディソン

ボニーとクライド/俺たちに明日はない(1967)
 /ジョージ・バスマン→チャールズ・ストラウス

バーバレラ(1968)
 /ミシェル・マーニュ→チャールズ・フォックス

空軍大戦略(1969)
 /ウィリアム・ウォルトン→ロン・グッドウィン

華麗なる週末(1969)
 /ラロ・シフリン→ジョン・ウィリアムズ

ある愛の詩(1970)
 /ジミー・ウェブ→フランシス・レイ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年7月 4日 (水)

リジェクトスコア 15

 ジェリー・ゴールドスミスの最終回。

Babeベイブ(1995)
 /ジェリー・ゴールドスミス→ナイジェル・ウェストレイク

 オーストラリア映画。クリス・ヌーナン監督による牧羊子ブタの話。
 監督はシニカルなユーモアを持ったこの映画にダークな雰囲気を望み、ゴールドスミスと打ち合わせていた。90%近くを作曲したところで、製作者のジョージ・ミラーは(『マッドマックス』の監督なのに!)もっとファミリー向けの音楽を望み(しかも、暴力シーンもかなりカットした! 『マッドマックス』の監督なのに!)、結局、製作者の意向が優先され、降板。オーストラリア人作曲家のウェストレイクに交代になった。ミラーが監督に回った続編でもウェストレイクが音楽を担当している。

エアフォース・ワン(1997)
 /ランディ・ニューマン→ジェリー・ゴールドスミス

 ヴォルフガング・ペーターゼン監督、ハリソン・フォード、ゲイリー・オールドマン主演のアクション。大統領専用機がハイジャックされて、元空軍パイロットの大統領が大活躍。
 起用されたニューマンはこの手のアクション映画は初めてだったが、新機軸を打ち出そうと奮闘した。しかし、出来上がったスコアを映像に合わせてみて、監督は失敗に気づいた。銃撃やパンチなどのアクションのタイミングに音楽を合わせすぎてしまった(いわゆるミッキーマウジング)ために、コミカルに見えてしまったのだ。テロリストのモチーフのロシアっぽい曲もコミカルに響いてしまった。結局、リジェクトが決まり、ゴールドスミスが呼ばれる。録音するまで2週間しかなかったため、ジョエル・マクニーリーに手伝ってもらい、より愛国主義的なスコアを書き上げた。マクニーリーはゴールドスミスの指示に従って作業をしたので、ほとんど自身のアイディアは入れていない。ただ、オーケストレイターが別なので、少しクセが違う印象。
 コメントでハンス・ジマーは「私はこれほど上手くアクションスコアを書けない」とニューマンのスコアを持ち上げ、ゴールドスミスを「映画を観て笑ってしまうほど愛国主義的」などとけなしているが、正直言ってニューマンのスコアは古めかしく聞こえる。そこで思い出すのが、この後にまたもリジェクトが問題となった同監督の『トロイ』だ。あれも古いタイプのヤーレのスコアがリジェクトされた。ペーターゼンはそういう音が好きなのかもしれない。

13ウォーリアーズ(1999)
 /グレアム・レヴェル→ジェリー・ゴールドスミス

 マイケル・クライトンの小説『北人伝説』をジョン・マクティアナン監督がアントニオ・バンデラス主演で映画化した中世を舞台にしたアクション作。バグダッドからヴァイキングと共に北欧まで旅をし、得体の知れない敵と戦うはめになるアラブ人の物語。
 レヴェルはアラブと北欧という文化を表す民族楽器、リサ・ジェラードのヴォーカルを使った得意の民族的なスコアを書いた。しかし、製作者でもあるクライトンは映画そのものの出来映えが気に入らず、もっと観客に受けるように作り直すことにした(物語的にアクションシーンが少ない上に後半に集中しているのもバランスが悪い)。すでに次の仕事(『華麗なる賭け』のリメイクである『トーマス・クラウン・アフェアー』)に入っていたマクティアナンの代わりに、自分で再編集し、30分近くをカットして新たに撮り直すことにした。音楽については長年の友人でもあるゴールドスミスを呼ぶことにした。ふたつのスコアは民族色こそ共通しているが、方向性はまったく異なっていた。レヴェルはアクションスコアですら控えめで、明確なモチーフは使わなかった。ゴールドスミスははっきりとしたモチーフで全体を統一させ、アクションシーンはドラマティックに盛り上げた。これはクライトンの意図どおりだったが、クライマックスシーンのスコア約半分が使用されずに無音になったのは残念(サントラには収録)。

キッド(2000)
 /ジェリー・ゴールドスミス→マーク・シェイマン

 ジョン・タートルトーブ監督、ブルース・ウィリス主演のドラマ。優秀なコンサルタントがある日、子供の頃の自分と出会って、自分を見つめ直す。ディズニー映画。
 ゴールドスミスはドラマのシリアスな部分に重点を置いて作曲することにし、ギタリストのジョン・ウィリアムズを使ったアコースティックギターの音色をキーにしたメインテーマを作った。シンセでモックアップを作り、それを監督に聴いてもらいながら作曲を続けた。監督は編集をしながら音楽を当てはめ、そこで初めて望んだ方向性ではないと気づき、もっとファミリー路線の音楽を望んでシェイマンに交代させた。
 ゴールドスミスは後にこのテーマを『タイムライン』で愛のテーマとして使うことになるが……。

ドメスティック・フィアー(2001)
 /ジェリー・ゴールドスミス→マーク・マンシーナ

 ハロルド・ベッカー監督、ジョン・トラヴォルタ主演のサスペンス。
 監督は過去に2作(『冷たい月を抱く女』と『決別の街』)で組んでいるゴールドスミスに依頼した。しかし、ゴールドスミスのスコアはテーマがはっきりしすぎているという理由で嫌われ、すべて作曲し終える前に交代を告げられた。代わったマンシーナのスコアはいかにもサスペンスの雰囲気重視のスコアになった。

Timelinebtタイムライン(2003)
 /ジェリー・ゴールドスミス→ブライアン・タイラー

 マイケル・クライトンの原作をリチャード・ドナー監督で映画化。
 クライトンはゴールドスミスと長年の付きあいがある上、ドナーとゴールドスミスは『オーメン』で組んで、オスカーを手にしただけに、これはドリームチームであるはずだった。
 ゴールドスミスはドナーと打ち合わせをし、7ヶ月近くかけてすべての音楽を作曲し、録音を終えた。ドナーも出来映えに満足だった。しかし、映画の方は公開前の試写で否定的な評価を受けてしまい、追加撮影と再編集が行われることになった。その結果、音楽があわなくなる個所が出てきた。最も大きかったのがオープニングシーンで、まったく別になってしまう。ついにドナーは音楽をやり直す決定をした。ゴールドスミスにそれを伝えたが、ドナーにとっては望むようなスコアがあるのに変更しなければいけないという葛藤があり、ゴールドスミスもドナーへの友情があり、出来ることなら書き直したいが、これ以上のものはできないという煩悶があり、最終的に降板が決まった。
 その後、再編集済みのフィルムにテンプトラックがつけられたが、それの多くがタイラーのものだったということで、タイラーに依頼がいく。タイラーはゴールドスミスのスコアを聞くことなく、作曲に入る。
Timelinejg ゴールドスミスのスコアはVARESE SARABANDEからSACDハイブリッドでリリースされた。
 ふたりのスコアはメインテーマ+愛のテーマを基調にしており、構造は似ているが、タイラーの方が現代的なシンセ打ち込みやループを使用していることと、モチーフの数が多いことが大きな違い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 1日 (日)

LA-LA LANDの新譜2012/07/20

 LA-LA LANDの限定盤サントラ。毎年コミコンにあわせて大作がリリースされる時期。11日からのコミコン会場では一足早く発売。直販では少し発売日がずれて、7月20日(金)午前5時からなのでご注意を。

Phantomザ・ファントム(1996)
THE PHANTOM

■LA-LA LAND
■@TOWER

 サイモン・ウィンサー監督、ジェフリー・ボーム脚本、ビリー・ゼイン、トリート・ウィリアムズ、クリスティ・スワンソン、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、パトリック・マクグーハン出演の紫タイツ男の活躍を描くアナクロヒーロー物。
 音楽はデイヴィッド・ニューマン。どことなく『新世界より』っぽいメインテーマが熱い燃えスコア。オケにパーカッションにコーラスに打ち込みを使った堂々としたニューマンの代表作。ジェリー・ゴールドスミス的でもあるので、INTRADAの『シャドー』と聞き比べるのもお薦め。従来盤よりも30分多い拡張版76分。
 限定3000枚

X2X-MEN2(2003)
X-MEN 2

■LA-LA LAND
■@TOWER

 ブライアン・シンガー監督によるシリーズ2作目。
 音楽はジョン・オットマン。従来盤よりも50分多い2枚組拡張版112分。
 限定3500セット

Batmananime1バットマン(1992)
BATMAN: THE ANIMATED SERIES,VOL.1

■LA-LA LAND
■@TOWER

 バットマンのアニメシリーズ。こちらは以前、限定3000セットで発売し、完売したものの再版となる。ただし、ボーナストラック2曲はシリーズの順番からすると不整合なのでカット。65話のうち、11話分収録。
 音楽はダニー・エルフマンのテーマを使い、シャーリー・ウォーカーが中心となって複数の若手が手がける。
 限定5000セット

Batmananime2バットマン(1992)
BATMAN: THE ANIMATED SERIES,VOL.2

■LA-LA LAND
■@TOWER

 バットマンのアニメシリーズ第2弾。4枚組BOXセット。65話のうち、21話分収録。
 音楽はダニー・エルフマンのテーマを使い、シャーリー・ウォーカーが中心となって複数の若手が手がける。
 限定3500セット

 今回の発表では今後の予定もあり、次回に決まっている『ユーズド・カー』(パトリック・ウィリアムズとリジェクトとなったアーネスト・ゴールド)、『グリーン・ランターン・アニメシリーズ』(フレデリック・ウィードマン)の2枚の他に、『スター・トレックDS9』(4枚組)、『ボディガード』(アラン・シルヴェストリ)、『ブラックレイン』(ハンス・ジマー、2枚組)が紹介された。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »