« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月の記事

2012年5月31日 (木)

BEREAVEMENT

BereavementBEREAVEMENT(2011)

■HOWLIN' WOLF
■@TOWER

 ステヴァン・ミーナが製作・脚本・監督・音楽をこなしたホラー『フリージング・アウト』(2004)"MALEVOLENCE"の前日譚。
 音楽はステヴァン・ミーナ。
 限定500枚

Malevolenceフリージング・アウト(2004)
MALEVOLENCE

■HOWLIN' WOLF

 こちらが前作。HOWLIN' WOLF RECORDSの記念すべき1枚目。最初とジャケットが変わっている。直販では期間限定で値引き中。
 製作・監督・脚本・音楽をステヴァン・ミーナひとりで担当した低予算サスペンス・ホラー。
 銀行強盗をした若者たちが隠れ家に行くと、ひとりの女性が監禁されていた。その周りには殺人鬼が。若者たちはジェイソンばりの殺人鬼と戦うハメに……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月30日 (水)

ゲームダウンロードサントラ2タイトル

Resistance3レジスタンス3
RESISTANCE 3

Resistance 3 (Original Soundtrack from the Video Game) - Boris Salchow

 PS3用FPSゲームの第3弾。ゲームはすでに昨年発売済み。
 音楽はボリス・サルコウ。


Maxpayne3マックス・ペイン3
MAX PAYNE 3

Max Payne 3 Official Soundtrack - HEALTH

 映画化もされたロックスターゲームの人気シリーズ第3弾。ゲームの日本版は9月6日発売。
 音楽はHEALTH。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LA-LA LANDの新譜2012/06/06

 LA-LA LANDの限定盤サントラ。直販での受付は6月6日午前5時から。
 今回はJERRYTASTIC DAY!(LA-LA LANDの表現)

Startrektmp3cd_2スター・トレック(1979)
STAR TREK-THE MOTION PICTURE

■LA-LA LAND
■@TOWER

『宇宙大作戦』として日本でも放映された大人気TVシリーズの映画化。プロデューサー、ジーン・ロッデンベリーが『スター・ウォーズ』の大ヒットでかねてから念願だった劇場版を製作した。しかし、入りすぎた気合いが空回りしたのか、特撮では映画での実績がないロバート・エイブルがなかなか結果を出せずに交代させられ、物語では不似合いなほど格調高くて壮大にしすぎてファンからは厳しい評価を下され、思い入れがありすぎて冗長になりすぎ、当時としては最高額に膨れ上がった製作費は3500万ドル。なんとかアメリカ国内で回収できたものの、大ヒットとはいえない結果に終わった。
 音楽はジェリー・ゴールドスミス。この人選は『スター・ウォーズ』のジョン・ウィリアムズに対抗できるという点では唯一の選択だった。しかし、TVシリーズのメンテーマを使用しないというロッデンベリーの方針で作られた新テーマがファンから不興を買う結果になった。これもロッデンベリーの空回りだ。その反省からか、後の劇場版シリーズではTVシリーズのメインテーマ+各担当作曲家のテーマというパターンになった。ロッデンベリーはよほど悔しかったのか、TVの新シリーズ《ネクストジェネレーション》ではこの新テーマを使用している。今のファンはこちらの方が定着しているだろう。
 なお、クレジットされていないが、TVシリーズのテーマを作曲したアレクサンダー・カレッジは航海日誌のシーンでTVのテーマを使ってオーケストレイションするために呼ばれている。ゴールドスミスの計らいのようだ(カレッジはゴールドスミス作品のオーケストレイションを数多く担当)。その後のワープシーンではフレッド・スタイナーがゴールドスミスのモチーフを元に作曲・オーケストレイションを担当している。
 サントラは公開当時LPがリリースされており、『ブラックホール』と同時期に映画音楽として初めてデジタルレコーディングを行っている(しかし、今回判明したところではデジタル録音したのは5曲ほどだったとか)。この時、録音エンジニアとして最新技術に精通していたブルース・ボトニックを起用し、それ以降、ゴールドスミスの作品はほとんどボトニックが担当している。ゴールドスミス死後の完全盤についてもボトニックは多くの作品でマスタリングなどを行っている。LPのCD化の後、20周年記念として長尺盤(TVシリーズのメイキングLPのCD化とカップリング)がリリースされている。
Startrektmp 今回のリリースはLA-LA LANDが3年以上、権利を持つソニーと共同で進めていた念願の企画。その間にFSMとINTRADA、GNP CRESCENDOがシリーズの他のサントラ完全盤リリースを進めており、すでに10作品の内、2~6、8がリリース済み。7と9はGNP CRESCENDO、10はVARESE SARABANDEが権利を保有している。
 長尺盤より20分ほど増えた85分のフルスコアを収録。しかし、デジタルの音源ではフルスコアがなく、ボトニックがアナログマスターをミキシングし直した。原点である本作のリリースがこれほど遅れたのは、新しい音源探しと、このミキシングに時間がかかったためのようだ。さらに最初のアルバムヴァージョン、ボツヴァージョン7曲21分、別ヴァージョン16曲24分、クレイグ・ハクスリーによるブラスタービームやシンセ、ボブ・ジェームズのディスコヴァージョン、ショーン・キャシディの愛のテーマも収録。このうち、ボツヴァージョンというのは、初期に録音されたカークがエンタープライズを長々と見つめるシーンのスコア(完成版でいう"THE ENTERPRISE")で、まだメインテーマがなかったころのもの。映像にはフィットしていたが、監督からメインとなるモチーフがここにはないと指摘され、ゴールドスミスは最初からメインテーマを作り直したという。つまり、もし、これが採用されていれば、この有名なテーマ曲は存在しなかったことになる。
 ジャケットでタイトルロゴがようやくポスターと同じ本来の位置(白い光の部分)に収まったのもいい。これまでは顔の上にあって、空白部分のバランスが悪かった。
 限定10000セット

Warningshotost消えた拳銃(1966)
WARNING SHOT

■LA-LA LAND
■@TOWER

 バズ・キューリック監督、デイヴィッド・ジェンセン主演のサスペンス。犯人が拳銃を抜いたのを見た刑事が相手を射殺。しかし、現場には拳銃がなかった。誤射の追究を受けた刑事は真実を求める。
 音楽はジェリー・ゴールドスミス。サントラはリリースされていなかったが、ついに発売。サントラ音源16曲に加えて、後半はサイ・ゼントナーがジャズカバーしたジェリー・ゴールドスミス作品集で『消えた拳銃』から7曲、『脱走特急』、『逆転』、『いつか見た青い空』、『0011/ナポレオン・ソロ』を収録。残念ながらサントラ音源はマスターが存在しないため、モノラルのフィルムから。若干のヒスノイズなどが入っている模様。
 限定2000枚

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月29日 (火)

INTRADAの新譜2012/05/29

Charadeシャレード(1963)
CHARADE

■INTRADA
■@TOWER

 INTRADAが送る新シリーズ。ユニバーサル映画100周年記念第1弾!
 スタンリー・ドーネン監督、オードリー・ヘップバーン、ケイリー・グラント主演のロマンティックサスペンス。他にウォルター・マッソー、ジョージ・ケネディなど。
 音楽はヘンリー・マンシーニ。マンシーニは再録音が大半なので、これも従来盤は再録音。サントラ音源は初リリース。

Hatariハタリ!(1962)
HATARI!

■INTRADA
■@TOWER

 ハワード・ホークス監督、ジョン・ウェイン主演のロマンティックアクションコメディ。
 音楽はヘンリー・マンシーニ。こちらもサントラ音源は初リリース。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月28日 (月)

リジェクトスコア 2

 前回の『パイレーツ・オブ・カリビアン』から続けて、アラン・シルヴェストリが関係した作品を3つ。

Predatormafプレデター(1997)
 /パトリック・モラーツ→アラン・シルヴェストリ

 シュワルツェネッガー主演のSFアクション。シリーズ第1作。
 これはリジェクトと言うよりはテンプトラックにされてしまったという感じだろうか。テンプトラックとは、作曲家に監督や製作者が自分たちのイメージを伝えるために、完成前のフィルムに仮(テンポラリー)につけた音楽のこと。他の映画の音楽だったりクラシックだったり、その選択はまちまち。完成した音楽に影響を与えることも少なくない。
 モラーツはYESやムーディー・ブルースに在籍したキーボーディスト。当時は映画音楽作曲家に転身しようとしており、本作でステップアップしようとしていたが、結局テンプトラックにしかならず、それ以降は映画音楽から身を引いた。
 シルヴェストリの音楽は長らくサントラがリリースされなかったが、二度にわたる限定盤に続いて、通常盤が今年リリースされた。それぞれ内容は少し違うが、現在の物がベストだろう。

プラクティカル・マジック(1998)
 /マイケル・ナイマン→アラン・シルヴェストリ

 サンドラ・ブロックとニコール・キッドマンが魔力を持つ姉妹を演じたサスペンス&ラヴロマンス。
 ナイマンは『ピアノ・レッスン』が有名なミニマルミュージックのアーティスト。監督との音楽的な見解の相違のため、録音までやりながら結果的にリジェクトされてしまった。
 公開当時にリリースされたサントラはコンピレイション盤で、スコアは2曲のみだが、リジェクトされる前に製作されたため、ナイマンのスコア2曲が入っていた。その後、シルヴェストリのスコア2曲に差し替えられたヴァージョンが発売された。ナイマンのスコアはナイマンの映画音楽集"Very Best of Michael Nyman: Film Music 1980-2001"にサントラに収録されたうちの1曲が収録されている。

ミッション:インポッシブル(1996)
 /アラン・シルヴェストリ→ダニー・エルフマン

 有名TVシリーズ『スパイ大作戦』の映画化。このシリーズといえば、TVでラロ・シフリンが作曲したテーマ曲がなくてはならないが、シルヴェストリは主人公イーサン・ハントのために別のテーマを作っていた。それが上手くはまらなかった上に、監督ブライアン・デ・パルマともコミュニケーションが取れていなかった。それで解雇。スコアはいつものシルヴェストリのアクションスコアという感じで、取り立てて特徴があるわけではなかった。
 エルフマンが抜擢されたのはニコール・キッドマンが主演した『誘う女』で起用したので、旦那のトム・クルーズに推薦したから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

KEEPMOVING RECORDS 2

 以前紹介したロシアのレーベルから新譜が3枚。

Little_erin_merryweather魔女伝説 エリン(2003)
LITTLE ERIN MERRYWEATHER

■KEEP MOVING
■@TOWER

 イギリスの大学で赤頭巾にインスパイアされた殺人事件が起こる。
 音楽はポール・クリスト。
 限定500枚

Night_eyes_3ナイト・クライシス(1993)
NIGHT EYES 3

■KEEP MOVING
■@TOWER

 アンドリュー・スティーヴンスが主演のサスペンス・シリーズ第3弾。
 音楽はテリー・プルメリ。
 限定500枚

Room_36ROOM 36

■KEEP MOVING
■@TOWER

 潔癖症の暗殺者とMPとセールスマンと売春婦によるフィルムノワールっぽいコメディ。
 音楽はスコット・ベンジー。
 限定500枚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月27日 (日)

リジェクトスコア 1

 正確な英語でいうなら、REJECTED SCORE――いわゆるボツスコア。
 有名なのは『レジェンド光と闇の伝説』でジェリー・ゴールドスミスのスコアがタンジェリン・ドリームに変更された件だろう。話題になるものもあれば、関係者以外知らないままのものも多く、80年代以降は増える傾向がある。"TORN MUSIC"に載っているだけでも60年代は31、70年代は37、80年代は65、90年代は72、00年代は69(2008年まで)となっている。実際にはもっとあるわけだ。

 ここでは書籍"TORN MUSIC"の内容と、これまで個人的に知ったことをまとめて不定期にツイッターに書いたことを少し修正して残しておく。書籍には当事者たちの発言も多く記載されているが、それにはふれない。できれば読んでいただきたいが、洋書だし、部数が少ないみたいで入手は難しいかも。

 まずは海関係。

パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち(2003)
 /アラン・シルヴェストリ→クラウス・バデルト

 ゴア・ヴァービンスキー監督とシルヴェストリは『マウスハント』で組んでいるので、本来なら当然の組み合わせ。しかし、これはジェリー・ブラッカイマー製作である。シルヴェストリがブラッカイマーと会ってしばらくしてハンス・ジマーに変更になる。結局まったく録音しないままだった。
 ところが、ジマーは『ラストサムライ』の真っ最中で、他の仕事は契約上受けられない。そこで友人であるクラウス・バデルトやジマーのスタジオ・リモート・コントロール(当時はメディア・ヴェンチャーズ)のメンバー総動員でやるがメインテーマができない。そこでジマーが半日でメインテーマを作り、それを元に仕上げた。この時、ジマーが作ったメインテーマはトリロジーBOXサントラセットのボーナスディスクで聴くことができるが、ほぼそのままである。つまり、バデルトはまとめ役にすぎず、続編から消えたのもそのため。

ウォーターワールド(1995)
 /マーク・アイシャム→ジェイムズ・ニュートン=ハワード

 今やUSJのアトラクションの方が有名になった(^_^;) 当時の日本版ポスターでもアイシャムの表記があった。ケヴィン・レイノルズ監督が途中降板するまではアイシャムが監督と意思疎通してエスニックなスコアを書いていた。監督の後を主演のコスナーが継いでからおかしくなった。コスナーはアクション重視に路線変更し、追加撮影と編集をおこなったため、アイシャムのスコアは尺としても、イメージとしてもあわなくなった。そこでコスナーは『ワイアット・アープ』で組んだジェイムズ・ニュートン=ハワードを起用することに。路線変更がなかったらUSJのアトラクションもなかったかもしれない。
 なお、アイシャムのスコアは重要アイテムのオルゴールのメロディとして残っており、登場人物もハミングしている。このメロディがメインのモチーフとなっていたようだ。

カットスロート・アイランド(1995)
 /デイヴィッド・アーノルド→ジョン・デブニー

 アーノルドはレニー・ハーリン監督に映像を見ないでテーマを作ってくれと言われて5分のテーマを製作して聴かせたが、それっきり連絡なし。その後、『インデペンデンス・デイ』でそのテーマを使った。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月26日 (土)

ポゼッション

Possessionポゼッション(1981)
POSSESSION

■AMAZON
■@TOWER

 アンジェイ・ズラウスキー監督、イザベル・アジャーニ、サム・ニール主演の狂気のドラマ。単身赴任ら妻の元に戻ってきた夫。しかし、妻は冷たい。浮気相手の男と出会うが、彼ももうひとりの相手がいるとほのめかす。夫が調べ出す妻の相手とは……。カルロ・ランバルディが作り出した異形の怪物とアジャーニとのセックスシーンがセンセーショナル。アジャーニがまた綺麗でねぇ。ああ、タコになりたい! いや、それもそうだが、一番凄いのは狂気の演技。この後しばらく精神的に不安定になったと言うからさもありなん。
 音楽は『大理石の男』などのアンジェイ・コジンスキー。イギリスのサイケ系レーベルFinders Keepersからカセットで限定リリースされていたが、同レーベルから初CD化。

↓これが、問題のそのシーン。見たい人はクリックして大きくしてね。
Possessiontako

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KRITZERLANDの新譜2012/05/26

Whenstrangecalls夕暮れにベルが鳴る(1979)
WHEN A STRANGER CALLS

■KRITZERLAND
■SAE
■@TOWER

 ベビーシッターの女性に正体不明の男から電話がかかってくる。雇い主の屋敷でひとりきりになった女性の恐怖。2006年にサイモン・ウェスト監督で『ストレンジャー・コール』としてリメイクされている。
 音楽は『巨大蟻の帝国』などのダナ・カプロフ。初サントラ化。
 限定1000枚

Imarriedmonster宇宙船の襲来(1952)
I MARRIED A MONSTER FROM OUTER SPACE
THE ATOMIC CITY(1958)

■KRITZERLAND
■SAE
■@TOWER

 夫が宇宙人だったというネタの侵略SFと、核兵器の研究者が子供を誘拐されるというスリラー。
 音楽は前者がヴィクター・ヤング、フランツ・ワックスマン、ヒューゴ・フリードホッファー、アーロン・コープランド、ハンス・J・サルター、ロイ・ウェッブ、ネイサン・ヴァン・クリーヴ、ダニエル・アンフィシアトロフ、リース・スティーヴンス他、後者がリース・スティーヴンス。題材を考えると、前者のもの凄い作曲家集団はなんなんだろう(^_^;) どうやら、この年はハリウッドのミュージシャンユニオンがストライキをしており、新しく音楽を書くには国外に発注するしかなかったようだ。しかし、低予算の本作にはそんなことができないため、スタジオが持っていた音源を使ったということのようだ。こういう場合はなにを使ったかわからないままサントラなど出ないものだが、倉庫に綺麗な音源がまとまっていたようだ。
 限定1000枚

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月23日 (水)

2012年7月の新譜

 個人的に注目の新作サントラを月ごとに紹介するコーナー。情報が更新されたり、新しい情報が入った場合は適時追加されますのでご注意を。

アメイジング・スパイダーマン
THE AMAZING SPIDER-MAN

■AMAZON
■@TOWER

7月3日発売→7月10日に変更
 スパイダーマンのリブート。監督は『(500)日のサマー』のマーク・ウェブ。アンドリュー・ガーフィールド、エマ・ストーン出演。ヴィランはリザード。
 音楽はジェイムズ・ホーナー。77分収録。

リンカーン/秘密の書
Abraham Lincoln: Vampire Hunter

■AMAZON
■@TOWER

7月3日発売
 ティム・バートン製作、ティムール・ベクマンベドフ監督によるセス・グラハム=スミスの小説『ヴァンパイヤハンター・リンカーン』の映画化。
 音楽は『長靴をはいた猫』や『X-MENファースト・ジェネレーション』などのヘンリー・ジャックマン。

CosmopolisCOSMOPOLIS

■AMAZON
■AMAZON MP3
■@TOWER

7月10日発売
 ドン・デリラの同題小説をデイヴィッド・クローネンバーグが映画化。
 音楽はお馴染みのコンビハワード・ショアだが、今回は演奏をカナダのインディーズエレクトロバンドMETRICが担当。ヴォーカル曲3曲も共作している。他に原作者が歌詞を書いた曲をK’NAANが担当。ショア自身のレーベルから。

SunSoul of the Ultimate Nation(2006)

■AMAZON
■AMAZON MP3
■@TOWER

7月10日発売
 韓国のMMORPGのサントラ。
 音楽はハワード・ショア。演奏はロシア・ナショナル・フィル。『ロード・オブ・ザ・リング』っぽい壮大なスコア。明確な違いはテルミン、尺八、オルガンが導入されていること。以前、韓国SONYからリリースされていたが、すでに廃盤。今回はショア自身ののレーベルから全世界発売となる。試聴はこちらから。

ICE AGE:CONTINENTAL DRIFT

■AMAZON
■@TOWER

7月10日発売
 20世紀フォックスのアニメシリーズ第4弾。
 音楽は2作目から引き続きジョン・パウエル。

SAVAGES

■AMAZON
■@TOWER

7月3日発売
 オリヴァー・ストーン監督の新作。テイラー・キッシュ、ジョン・トラボルタ、ベニチオ・デル=トロ、サルマ・ハエック出演。メキシコの麻薬カルテルにガールフレンドを誘拐されたふたりの若者の戦い。
 音楽はグスターボ・サンタオラヤだが、スコアよりもMASSIVE ATTACKやボブ・ディランなど歌物が多数収録。

Darkknightrisesダークナイト・ライジング
DARK KNIGHT RISES

■AMAZON
■@TOWER

7月17日発売
 クリストファー・ノーラン監督のバットマン第3弾。
 音楽は前作までのジェイムズ・ニュートン=ハワードは外れ、ハンス・ジマー単独に。

The_chorusコーラス(2004)
LES CHORISTES

■AMAZON
■@TOWER

7月24日発売
 クリストフ・バラティエ監督による戦後間もないフランスで、問題児たちと音楽を通じて交流する教師のドラマ。
 音楽はブリュノ・クーレ。VARESE SARABANDEが珍しくフランス盤を再発売。4曲追加。

KillerjoeKILLER JOE

■AMAZON
■@TOWER

7月24日発売
 ウィリアム・フリードキン監督の新作。マシュー・マコノヒー、トーマス・ヘイデン・チャーチ、ジーナ・ガーションなど。借金返済のために命の危機に陥った若者が、保険金目当てに母親を暗殺者に狙わせる。
 音楽はタイラー・ベイツ。

ボーン・レガシー
THE BOURNE LEGACY

■AMAZON
■@TOWER

7月31日発売
 ロバート・ラドラムの原作を元にエリック・ヴァン ラストベーダーが書き下ろした小説を映画化。『ボーン・アイデンティティー』トリロジーの裏で起こっていたもうひとつの事件を描く。
 音楽はトリロジーのジョン・パウエルからジェイムズ・ニュートン=ハワードに交代。

おおかみこどもの雨と雪

■AMAZON
■@TOWER

2012/07/18発売
『サマーウォーズ』の細田守監督、最新作。
 音楽は高木正勝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月21日 (月)

PERSEVERANCEの新譜3タイトル

MusicfromtheedgeMUSIC FROM THE EDGE

■PERSEVERANCE
■@TOWER
■AMAZON

『復讐捜査線』という邦題で公開されたマーティン・キャンベル監督、メル・ギブソン主演のサスペンス"EDGE OF DARKNESS"はハワード・ショアの音楽だったが、実は大幅な再撮影と再編集でアクションシーンが増え、先につけられていた音楽はあわなくなったため、ボツにされてしまった。その音楽を書いていたのは『アルタード・ステイツ』や『レッド・バイオリン』のジョン・コリリアーノだったというのは、知る人ぞ知る裏話。そのリジェクトスコアがリリース!

Seekingjusticeハングリー・ラビット(2011)
SEEKING JUSTICE

■PERSEVERANCE

 ニコラス・ケイジ主演、ロジャー・ドナルドソン監督のサスペンス。
 音楽はJ・ピーター・ロビンソン。
 プロモ用として限定500枚のみプレスし、大半は監督と作曲家が受け取り、残りを販売する。

Charmedチャームド~魔女3姉妹(1998~2006)
CHARMED

■PERSEVERANCE
■@TOWER

 8シーズン放映されているTVシリーズのサントラ。魔女の末裔の3人の美女が悪魔や魔術士と戦う。
 音楽はJ・ピーター・ロビンソン。2枚組。

12月13日追記:発売が遅れていましたが、残念ながらリリースはキャンセルとなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月18日 (金)

SILVA SCREENから2タイトル

NewwatermusicNEW WATER MUSIC FOR THE THAMES DIAMOND JUBILEE PAGEANT

■SILVA SCREEN
■AMAZON
■@TOWER

6月5日発売
 イングランド女王エリザベス二世の即位60周年のページェントのために、ヘンデルの『水上の音楽』をイギリスの作曲家が新たに編曲した。この選曲はジョージ一世即位の時にヘンデルがテムズ川での遊興のために作曲したと言われることにちなんでいるらしい。作曲家はアン・ダドリー(『フルモンティ』、『ブラックブック』)、デビー・ワイズマン(『ルパン』)、ジョン・ラン(フルーティスト)、ハワード・グッドール(『ミスター・ビーン』)、スティーヴン・ウォーベック(『恋に落ちたシェイクスピア』)、ギャヴィン・グリーナウェイ(RCの指揮多数)、ジュリアン・ノット(『ウォレスとグルミット』)、クリストファー・ガニング(『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』)、グラハム・フィットキン(ピアニスト)、エイドリアン・ジョンストン(『名犬ラッシー(2005)』)、ジョスリン・プーク(『アイズ ワイド シャット』、ヴァイオリニスト)の11人。

WickertreeTHE WICKER TREE(2010)

■SILVA SCREEN
■AMAZON
■@TOWER

7月9日発売
 あのカルトムーヴィー『ウィッカーマン』のロビン・ハーディー監督による新作。当初は2008年公開予定だったが、資金の問題で公開が遅れた。アメリカのゴスペルシンガー女性とボーイフレンドがスコットランドの田舎村の祭に参加することに……。『ウィカーマン』のクリストファー・リーも出演(実はリーがメインの役所だったが、怪我のために代役を立てたようだ)。
 音楽は『ファイナル・カウントダウン』などのジョン・スコット。ここ数年TVやドキュメンタリーばかりで、劇場映画は久しぶり。ロイヤル・フィルによるスコアと、キース・イースデイルの歌の2枚組。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月17日 (木)

GANTZなSF映画論

GANTZなSF映画論 (集英社新書)

著:奥 浩哉
刊:集英社

■AMAZON

 映画にもなったコミック『GANTZ』の作者が超メジャー映画からマイナーB級映画まで、約100作品を紹介。影響を受けた映画、脚本や演出について、キャラクター論、コミックス原作映画への思い、漫画家から見たカメラワークや構図、CG制作・美術デザインなど、漫画家ならではの視点で描く。絵も自身で描いているので、そういう意味でもファンにはお買い得。
 で、すみません。私、『GANTZ』読んでも観てもいないんですm(_ _)m その視点から言うと、薄い。170ページと本も薄くて、100本を語るには足りない。私が作者とほぼ同年齢ということもあって、観ている映画はまったく同じ。その分、薄さがよくわかる。あっさりと感想を言った程度。そういう意味では同じ集英社新書の荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論のような作者ならではの偏った愛情がない。漫画家ならではの構図や絵のおもしろさをもっと突き詰めて書いて欲しかった。もっとも、若い読者が「GANTZ』の元ネタやイメージはこれか!」という興味で読むと違ってくるのだろう。つまり、私のような年寄りには不要な本かも。
 あ、そうそう。エメリッヒ版ゴジラが――ゴジラとしてではなく――クリーチャーとしてOKというのは同意見。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月16日 (水)

FROM RUSSIA WITH LOVE & WARNING SHOT

WarningshotFROM RUSSIA WITH LOVE & WARNING SHOT

■VOCALION
■AMAZON

 イギリスのVOCALIONレーベルからSI ZENTNER & HIS ORCHESTRAがジャズカバーしたLP2枚をカップリングしてリリース。前半は『007/ロシアより愛を込めて』や『ドラグネット』、『シャレード』、『第三の男』など。後半はジェリー・ゴールドスミス作品集で『消えた拳銃』から7曲、『脱走特急』、『逆転』、『いつか見た青い空』、『0011/ナポレオン・ソロ』を収録。サントラではないが、『消えた拳銃』はサントラがリリースされていないので貴重か。

 ちょっと前にリリースの情報を知ったのだが、今になって書くことにしたのは、AMAZONが取り扱うようになったことと、LA-LA LANDが「この『消えた拳銃』を買うのを控えたくなるかもね。ちょっと言ってみた」などと思わせぶりな発言をしたため。出すのか!?

5月17日追記:LA-LA LANDが6月6日に『消えた拳銃』を発売すると明言! サントラ音源16曲とサイ・ゼントナーのジェリー・ゴールドスミス作品集(上記のアルバムの後半)をすべて収録!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LA-LA LANDの新譜2012/05/23

 LA-LA LANDの限定盤サントラ。直販での受付は5月23日午前5時から。

Janeeyreジェーン・エア(1970)
JANE EYRE

■LA-LA LAND
■@TOWER

 シャーロット・ブロンテの原作をデルバート・マン監督、ジョージ・C・スコット、スザンナ・ヨーク主演で映像化したTV映画。日本を含む海外では劇場公開されている。
 音楽はジョン・ウィリアムズ。再発売。アルバムマスターからのマスタリング。
 限定2000枚

スターホーク
STARHAWK

■LA-LA LAND
■AMAZON
■@TOWER

『ゴッド・オブ・ウォー』シリーズのソニー・サンタモニカスタジオが製作したPS3用SFサードパーソンシューターゲームのサントラ。ゲームの公式サイトで雰囲気と音楽が少し味わえる。
 音楽は『メダル・オブ・オナー/ライジングサン』などのクリストファー・レナーツ。直販では先着100枚にサイン入り。
 限定3000枚

ロード・オブ・ソーサリー
SORCERY

■LA-LA LAND
■AMAZON
■@TOWER

『ゴッド・オブ・ウォー』シリーズのソニー・サンタモニカスタジオが製作したPS3用アクションRPGのサントラ。ゲームの公式サイトで雰囲気を音楽が少し味わえる。
 音楽は『スピード』のマーク・マンシーナ。
 限定3000枚

 メイキング・オブ・ミュージック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月15日 (火)

ゲームダウンロードサントラ2タイトル

ゴーストリコン フューチャーソルジャー
Ghost Recon: Future Soldier

■AMAZON
Ghost Recon - Future Soldier (Original Game Soundtrack) - Hybrid & Tom Salta

5月22日発売
 トム・クランシー監修の人気アクションゲームの最新作サントラ。日本では7月にゲームが発売される。
 音楽はトム・サルタとHYBRID。88分。

Diablo3DIABLO III

Diablo III Soundtrack - Russell Brower, Derek Duke, Glenn Stafford, Joseph Lawrence, Neal Acree, Laurence Juber & Edo Guidotti

 実に12年ぶりに発売となったディアブロのシリーズ第3弾。日本では発売されそうもない。
 音楽は7人の合作。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

INTRADAの新譜2012/05/15

Postman2郵便配達は二度ベルを鳴らす(1981)
THE POSTMAN ALWAYS RINGS TWICE

■INTRADA
■@TOWER

 ボブ・ラフェルソン監督が往年の作品をリメイクした。ジャック・ニコルソン、ジェシカ・ラング主演。
 音楽はマイケル・スモール。初サントラ化。

St5intスター・トレック5/新たなる未知へ(1989)
STAR TREK V: THE FINAL FRONTIER

■INTRADA
■@TOWER

 スタートレック映画版第5弾。ウィリアム・シャトナー監督による、シリーズ中、最もファンからの評価がよくない作品ではないか。
 音楽はジェリー・ゴールドスミス。これは1年半前にLA-LA LANDから限定5000セットでリリースされていたものと同内容の再発売。デザインワークが変更になっただけで、ライナーノートなども同じ。あまりに早く完売したため、限定数が少なすぎとの声も多く、INTRADAがLLLに再プレスしないかと持ちかけたが、LLLは限定として買ってもらった顧客に悪いと否定。結局、INTRADAが再発することになった。
 限定なし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月14日 (月)

VARESE CD CLUBの新譜&VARESE ENCORE 2012/05/14

Chinatownチャイナタウン(1974)
CHINATOWN

■VARESE SARABANDE
■@TOWER

 ロラン・ポランスキー監督、ジャック・ニコルソン、フェイ・ダナウェイ主演の古典的ハードボイルド。
 音楽はジェリー・ゴールドスミス。従来盤と同内容だが、収録時間がそれぞれ2秒ほど長いのは、リマスタリングのせいか?
 限定3000枚

Hitchcock3ヒッチコック・サスペンス
THE ALFRED HITCHCOCK HOUR, Volume 3

■VARESE SARABANDE
■@TOWER

 ヒッチコック劇場から続いて製作されたシリーズ。日本では放映されていないエピソードが多い。先の2セットはバーナード・ハーマンが担当した17話に絞ったが、今回はそれ以外の物を収録。
 "Who Needs An Enemy?"、"Lonely Place"、"Triumph"、"Thantos Place Hotel"の4話がリン・マレイで1枚目に、『鏡の中の他人』"Beast In View"、"One of the Family"がレナード・ローゼンマン、"Memo From Purgatory"がラロ・シフリン、"The Crimson Witness"がベニー・カーターが担当。
 限定1000セット

Karatekid3ベスト・キッド3/最後の挑戦(1989)
THE KARATE KID PART III

■VARESE SARABANDE
■@TOWER

 ラルフ・マッキオとノリユキ・パット・モリタによるシリーズ第3弾。
 音楽はビル・コンティ。セット物のバラ売り。
 限定1000枚

AliensymphonyALIEN: A Biomechanical Symphony

■VARESE SARABANDE
■@TOWER

 2009年に行われたスペインの映画祭FIMUCITE 3でのエイリアン4部作(+AVP2 エイリアンズVS. プレデター)のコンサートをDVDとCDで。テネリフェ・フィルム・オーケストラトコーラス。指揮はディエゴ・ナヴァロ。
 ロバート・タウンソンによるイントロダクション、エイリアンから6曲、エイリアン2から2曲、エイリアン3から2曲、エイリアン4から3曲、AVP2から1曲。CDは音楽のみ。
 限定3000セット


 今回から新シリーズVARESE ENCOREがスタート。長い間、廃盤になっていたアルバムをリマスタリングし、ジャケットなどを新しくして再発する。どれも収録曲は同じ。

Eyeoftheneedle針の眼(1981)
EYE OF THE NEEDLE

■VARESE SARABANDE
■@TOWER

『スター・ウォーズep.6』のリチャード・マーカンド監督によるスリラー。ドナルド・サザーランド主演。
 音楽はミクロス・ローザ。
 限定1000枚

Amazinggraceサイレント・ボイス/愛を虹にのせて(1987)
AMAZING GRACE AND CHUCK

■VARESE SARABANDE
■@TOWER

『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』や『プリンス・オブ・ペルシャ時間の砂』のマイク・ニューウェル監督の初期作品。反核運動をする少年をファンタジー的に描く。
 音楽はエルマー・バーンスティーン。
 限定1000枚

CavebearTHE CLAN OF THE CAVE BEAR(1986)

■VARESE SARABANDE
■@TOWER

 ダリル・ハンナ主演の原始人物。
 音楽はアラン・シルヴェストリ。
 限定1000枚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルグランのアニメ

LegrandanimeBARON DE MUNCHAUSEN(1979)
THE SMURFS AND THE MASIC FLUTE(1976)

■SAE
■AMAZON
■@TOWER

 フランス・ユニバーサルからミシェル・ルグランが音楽を担当したアニメーション2作品カップリング。ほら吹き男爵の冒険と、最近ハリウッドでもアニメ化されたスマーフの冒険。どちらも初サントラ化。6月4日発売予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月13日 (日)

ソルジャーブルー

Soldierblue_2ソルジャーブルー(1970)
SOLDIER BLUE
マーベリックの黄金(1971)
CATLOW

■SILVA SCREEN
■AMAZON
■@TOWER

 SILVA SCREENからのロイ・バッド作品再発。『ソルジャーブルー』は従来盤の6曲にバフィ・セイント・マリーの主題歌を追加。『マーベリックの黄金』7曲、『ツェッペリン』(1970)"ZEPPELIN"2曲は同じ。それに今回は『囁く砂』(1971)"SOMETHING TO HIDE"2曲、初音源化となるコメディ"The Magnificent Seven Deadly Sins"(1971)から2曲追加収録。6月4日発売予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月12日 (土)

TADLOWレーベルの新譜

NotredameNOTRE DAME DE PARIS:The Music of Maurice Jarre

■TADLOW
■@TOWER

 モーリス・ジャールの作品集。プラハ市響、ニック・レイン指揮のお馴染みTADLOWレーベルによる再録音。2枚組。
 収録作品は初録音となる25分に及ぶオリジナルのバレエ曲"NOTRE DAME DE PARIS"がメインで、『将軍 SHOGUN』(1980)、『タイパン』(1986)、"The Palanquin of Tears"を"Maurice Jarre and the Orient"として組曲に、『ザ・メッセージ』(1976)コンサート組曲、『ブラック・マーブル』(1980)、『インドへの道』(1984)、『王子と乞食』(1977)、"TO DIE IN MADRID"(1963)、『日曜日には鼠を殺せ』(1964)2曲、『コレクター』(1965)コンサート組曲、『雲の中で散歩』(1995)、、『アップライジング』(2001)コンサート組曲(遺作)、"POPE JOAN"(1972)、『天国の約束(リジェクト)』(1995)、『将軍たちの夜』(1966)『ブライド』(1984)、"GIUBILEO"、とたっぷり。7月発売。

FilmmusicspectacularFILM MUSIC SPECTACULAR

■TADLOW
■@TOWER

 これまでTADLOWで再録音してきたアルバムのコンピレイション。廉価でエッセンスが楽しめる入門版。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月10日 (木)

QUARTETの新譜2012/05/10

Il_grande_duelloガンファイター(1969)
IL GRANDE DUELLO
THE MAN CALLED NOON(1973)

■QUARTET
■@TOWER

 リー・ヴァン・クリーフ主演とリチャード・クレンナ主演、ふたつのマカロニウェスタンのカップリング。
 音楽はどちらもルイス・バカロフ。
 限定500枚

Vizi_privati_pubbliche_virtuVIZI PRIVATI, PUBBLICHE VIRTU

■QUARTET
■@TOWER

 ミクロシュ・ヤンチョー監督による王子の愛欲を描いたドラマ。
 音楽はフランチェスコ・デ・マーシ。これまで30分のLPしかなかったが、54分のスコアを収録。
 限定500枚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユニバーサルフランスから2枚

Topazトパーズ(1969)
TOPAZ

■SAE
■AMAZON
■@TOWER

 アルフレッド・ヒチコック監督による、キューバ危機を背景にしたスパイスリラー。
 音楽はモーリス・ジャール。これまでコンピレイションに1曲のみ収録されていただけだったが、ついに初サントラ化。オンド・マルトノ、シタール、アコーディオン、シンセなどを使ったスコア。47分収録。

AfricainL'AFRICAIN(1983)

■SAE
■AMAZON
■@TOWER

 フィリップ・ド・ブロカ監督、カトリーヌ・ドヌーヴ、フィリップ・ノワレ主演の冒険コメディ。
 音楽はジョルジュ・ドルリュー。従来はLPのみで、コンピレイションCDに1曲収録されていただけだった。今回は10分ほど長い44分収録。さらにブロカ監督作品の音楽を17分の組曲にして、スロバキア・ラジオ交響楽団とピアノソロで今年録音した最新録音を追加。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MUSIC BOXの新譜

Le_jugeLE JUGE(1984)
LE TRANSFUGE(1985)

■SAE
■@TOWER

 フィリップ・ルフェーヴル監督の2作品カップリング。
 音楽はルイス・バカロフ。初CD化で初収録曲あり。
 限定500枚

Deux_heures_moinDEUX HEURES MOINS LE QUART AVANT JÉSUS-CHRIST(1982)

■SAE
■@TOWER

 ジャン・ヤンヌ監督・脚本によるコメディ。
 音楽はジャン・ヤンヌとレイモン・アレッサンドリーニ。初CD化で初収録曲あり。
 限定500枚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 9日 (水)

BUY SOUNDTRAXの新譜2012/05/09

Sword_sorcererマジック・クエスト/魔界の剣(1981)
THE SWORD AND THE SORCERER

■BSX
■SAE
■@TOWER

 アルバート・ピュン監督によるヒロイック・ファンタジー。
 音楽はデイヴィッド・ホイッテイカー。CDはSUPERTRACKSから限定盤が出ていたので、その延長上でBSXから同内容でリリース。リマスタリングし、ライナーノートがついてくる。
 限定1500枚

Legend_bsxレジェンド光と闇の伝説(1985)
LEGEND

■BSX
■SAE
■@TOWER

 リドリー・スコット監督、トム・クルーズ主演のファンタジー。
 音楽はTANGERINE DREAMであるということで、これはアメリカ公開版(日本・欧州公開版はジェリー・ゴールドスミス)。しかも、サントラではなく、再録音盤。ブランドン・K・ヴァレットが現代のシンセで再現。すでに廃盤となっている従来盤では9曲30分だったスコアを、13曲45分にし、ブライアン・フェリーとジョン・アンダーソンが歌った主題歌2曲とユニコーンの歌を女性歌手に歌わせ、さらに別ヴァージョン4曲を加えて74分。
 限定1500枚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 8日 (火)

ダウンロードサントラ4作品

セイフ/SAFE
SAFE

■AMAZON MP3
Safe Original Motion Picture Soundtrack - Mark Mothersbaugh

 ジェイソン・ステイサムが総合格闘技の元選手に扮し、ロシアンマフィアや警官に狙われる少女を守るために戦うクライムサスペンス。監督は『タイタンズを忘れない』のボアズ・イェーキン。
 音楽はDEVONメンバーで、『くもりときどきミートボール』などのマーク・マザーズボウ。

Mothersdayマザーズデイ(2010)
MOTHER'S DAY

Mother’s Day (Original Motion Picture Soundtrack) - Bobby Johnston

『ソウ』シリーズの2作目などを監督したダーレン・リン・バウズマンによるサスペンス。レベッカ・デモーネイ主演。新しく買った家でパーティーをしていた若者たち。そこに銀行強盗が逃げ込んでくる。彼らはそこが自分たちの家だと思っていたが、実は2ヶ月前に差し押さえられて、売られていたのだ。
 音楽はボビー・ジョンストン。

GetthegringoGET THE GRINGO(2012)

■AMAZON MP3
Get the Gringo (Original Motion Picture Soundtrack) - Various Artists

『復讐捜査線』や『アポカリプト』などの第2班監督や助監督をしていたエイドリアン・グランバーグン初監督作品。脚本も自身。主演はメル・ギブソン。犯罪常習者として逮捕され、メキシコの刑務所に収監されたギブソンはそこで生き抜くために9歳の少年と協力するハメになる。
 音楽は『ロード・オブ・ウォー』などのブラジル人作曲家アントニオ・ピント。CDは5月29日発売予定となっているが、LAKESHOREなので出ない可能性大(アメリカAMAZONにはない)。

Masseffect3MASS EFFECT 3

■AMAZON MP3
Mass Effect 3 (Original Soundtrack) - VARIOUS

 EAゲームのSFシリーズFPSゲームのサントラ。
 音楽はクリストファー・レナーツ、クリス・ヴァレスコ、クリント・マンセルなど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 6日 (日)

TORN MUSIC

TornmusicTorn Music: Rejected Film Scores, a Selected History

著:GREGORY HUBAI
刊:Silman-James Press

■AMAZON

『2001年宇宙の旅』、『キング・コング』、『13ウォリアーズ』、『エクソシスト』、『チャイナタウン』、『タイムライン』、『ロビンとマリアン』、『エアフォース・ワン』、『奇蹟の輝き』、『引き裂かれたカーテン』、『ミッション:インポッシブル』、『トロイ』……

 さて、これらの映画に共通しているのは?

 タイトルは『引き裂かれたカーテン』の原題をもじったものであるのはいうまでもない。サブタイトルにあるように、リジェクトされた映画音楽について解説した書籍。リジェクトとは一旦、ある作曲家が音楽を書いたものの、なんらかの理由でボツになること。この場合、別の作曲家(あるいは同じ作曲家の場合もたまにある)が雇われて書き直すことになる。上に上げた映画はすべて一旦書かれたスコアがボツになって別の作曲家が新たに書き直している。ちなみに、ボツになったスコアが世に出ることは少ないが、例えばジェリー・ゴールドスミスの『エイリアン・ネイション』や『タイムライン』、エルマー・バーンスティーンの『ラストマン・スタンディング』などはリリースされている。

 本書には300タイトル以上の映画を取り上げているといい、例えば以下のようなことが書いてあるらしい。

『プレデター』でアラン・シルヴェストリが現在のスコアを書く前に、元YESのキーボーディストであるパトリック・モラーツがスコアを書いていた。

『カットスロート・アイランド』ではジョン・デブニーの前にデイヴィッド・アーノルドが5分程度書いていた。

『キング・コング』でハワード・ショアからジェイムズ・ニュートン=ハワードに交代した舞台裏。

 序文はクリストファー・ヤング。年代順に作品毎にページを割き、1932年の『猟奇島』から2008年のゲーム『ギアーズ・オブ・ウォー3』まで。出版社のサイトで目次と一部が確認できる→こちら

5月25日追記:アメリカAMAZONから到着。なんだか在庫が少ないようで、なかなか日本AMAZONに来ないようだ。

 一口にリジェクトスコアといっても様々なパターンがある。

1)当初は作曲家Aでアナウンスされていたが、製作が遅れてAのスケジュールがあわなくなり、作曲家Bに変更。この場合はAはまったく、あるいはほとんど仕事をしていない。
2)作曲家Aが進めていたが、途中、あるいは完成後に製作者の考えにあわなかったり、テスト試写の反応が悪かったため、書き直し。
3)上記2のパターンで、作曲家Bに交代。
4)上記2のパターンで、Aに書き直しをさせたかったが、スケジュールがあわずに、Bに交代。
5)作曲家Aのままだが、一部のみボツになり、作曲家Bが追加。
6)作曲家を決める前段階でテストとして発注してみただけ。
7)地域によって製作会社や配給会社が違う場合、編集と音楽が差し替えられてしまう。

 本書ではどのパターンも取り上げられている。さらっと事実だけ書かれているものもあれば、『レジェンド光と闇の伝説』のように2ページにわたって書かれているものもある。出典(DVDのコメンタリー、インタビュー、ウェブ、書籍など)も記載されており、労作だ。

 上で書いた内容について、ひとつだけ紹介。『カットスロート・アイランド』でのアーノルドは6のパターンだったようだ。採用されなかったテーマはその後、『インデペンデンス・デイ』で使われることになった。それはそれでOKか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年5月 4日 (金)

エクスペンダブルズ2

 スタローンのシリーズ第2弾。監督が『コン・エアー』のサイモン・ウェストに変わったせいもあって、さらに派手に? 出演はシルベスター・スタローン、ジェイソン・ステイサム、ジェット・リー、ドルフ・ラングレン、それに顔見せ程度だったブルース・ウィリスとアーノルド・シュワルツェネッガーという前作登場組みの他に、チャック・ノリス、ジャン・クロード・ヴァン=ダムも参戦。音楽は前作から引き続きブライアン・タイラー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 3日 (木)

KRITZERLANDの新譜2012/05/03

Ladyinacage不意打ち(1964)
LADY IN A CAGE

■KRITZERLAND
■@TOWER

 オリヴィア・デ・ハヴィランド主演のサスペンス。自宅のエレベータに閉じ込められた女と、それを利用して屋敷を荒らす浮浪者たちを描く。
 音楽はポール・グラス。初サントラ化。
 限定1000枚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 2日 (水)

悪魔の手毬唄&獄門島/ 総劇伴集

Temari悪魔の手毬唄

■AMAZON

6月20日発売
 富士キネマからのシリーズ。総劇伴集というとわかりにくいが、同じく富士キネマから出た従来盤はサントラ+ボーナストラックで、今回は実際の映画に使用されたスコア完全盤ということか。
 音楽は村井邦彦。

Gokumon獄門島

■AMAZON

6月20日発売
 音楽は田辺信一。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LA-LA LANDの新譜2012/05/09

Mommiedearest愛と憎しみの伝説(1981)
MOMMIE DEAREST

■LA-LA LAND
■@TOWER

 20年代から活躍した女優ジョーン・クロフォードの養女クリスティーナが書いた伝記を映画化した。ジョーン役をフェイ・ダナウェイ。ラジー賞を最低映画、最低女優、最低助演男優&助演女優、この10年間で最低な作品と5部門獲得という不名誉な作品となった。
 音楽はヘンリー・マンシーニ。これまでコンピレイションにテーマが収録されたことはあるが、単独では初サントラ化。スコア32分にソースミュージック+別ヴァージョンを加えて51分収録。
 限定2000枚

Rosemarysbabyローズマリーの赤ちゃん(1968)
ROSEMARY'S BABY

■LA-LA LAND
■@TOWER

 ロマン・ポランスキー監督、アイラ・レヴィン原作、ミア・ファロー主演のオカルト映画の代表的な作品。
 音楽はクリストファー・コメダ。公開当時のLPは12曲24分、CDで21曲30分が出ていたが、今回はアルバムヴァージョン25分、映画使用ヴァージョン31分、ソースミュージック、ボーナストラックを71分収録。
 限定3000枚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野のユリ

Liliesonthefield野のユリ(1963)
LILIES OF THE FIELD

■PERSEVERANCE
■SAE
■@TOWER

 シドニー・ポワティエが監督・主演をしたドラマ。
 音楽はジェリー・ゴールドスミス。公開当時のLPや過去にCD化されたものと同じ内容。今回はソニーがリマスタリングしている。CDはLPのような溝がデザインされており、再生面も真っ黒――PS用のディスクと同じなのはソニーだから?
 限定3000枚

 しかし、ライセンスの関係か、アメリカ国内とカナダしか販売出来ない。というわけで、上のリンクにあるPERSEVERANCEの直販では買えない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 1日 (火)

リボルテックタケヤ/ゲゲゲの鬼太郎 立体絵巻

リボルテックタケヤ SERIES No.006 鬼太郎

■AMAZON

2012/07/01発売
 7月は特撮リボルテックの発売はないようだが、仏像シリーズを出していたリボルテックタケヤの新シリーズとして水木しげるのゲゲゲの鬼太郎 立体絵巻が開始、第1弾は鬼太郎! 次回は目玉親父、そして、ねずみ男と続く予定。
 顔3種類、右目3種類で合計9種類の表情が可能。オプションハンド5種類、目玉おやじ、墓場の飾り台つき。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »