« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月の記事

2012年1月31日 (火)

KRITZERLANDの新譜2012/01/31

Maguirescov男の闘い(1969)
THE MOLLY MAGUIRES

■KRITZERLAND
■SAE
■@TOWER

 マーティン・リット監督、ショーン・コネリー主演のドラマ。炭鉱町にある秘密結社に潜入した男を描く。
 音楽はヘンリー・マンシーニ。LP、CDが出ていたが、今回はマスターテープからリミックスしたフルスコアを収録。さらにチャールズ・ストラウスによるボツスコアも追加。
 限定1500枚

Invasiontormented原爆下のアメリカ(1952)
INVASION U.S.A.
空飛ぶ生首(1960)
TORMENTED

■KRITZERLAND
■SAE
■@TOWER

 アルバート・グラッサー音楽の2作品カップリング。どちらもグラッサー本人の所有したテープから初サントラ化。
 前者は共産主義の恐怖に怯えるアメリカのドラマ、後者はバート・I・ゴードン監督のB級ホラー。
 限定1000枚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月28日 (土)

TRIBUTE FILM CLASSICS HIGHLIGHTS

TributesamplerTRIBUTE FILM CLASSICS HIGHLIGHTS

■SAE

 ウィリアム・ストロンバーグ指揮、モスクワ交響楽団の演奏によるハリウッド黄金期作品の再録音シリーズがTRIBUTE FILM CLASSICS。これまで7枚出ているが、これはそれを集めたサンプルCD。といっても並の作品集よりも濃い上に74分で超破格のお値段$4.95! しかも、3月発売予定のマックス・スタイナーの『ドン・ファンの冒険』と『毒薬と老嬢』カップリングからも収録されている。他の注文のついでにお試しでどうぞ。
 収録作品と曲数は下記の通り。

SF巨大生物の島/バーナード・ハーマン 3曲
洞窟の女王/マックス・スタイナー 2曲
華氏451度/バーナード・ハーマン 3曲
ミステリーゾーン『過去を求めて』/バーナード・ハーマン 1曲
進め龍騎兵/マックス・スタイナー 4曲
ケンタッキー人/バーナード・ハーマン 3曲
WILLIAMSBURG: THE STORY OF A PATRIOT/バーナード・ハーマン 1曲
放浪の王子/エーリッヒ・ヴォルフガング・コーンゴルト 3曲
ドン・ファンの冒険/マックス・スタイナー 4曲
毒薬と老嬢/マックス・スタイナー 1曲
裸者と死者/バーナード・ハーマン 2曲
ネレトバの戦い/バーナード・ハーマン 3曲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月25日 (水)

メル・ブルックスの新サイコ

MEL BROOKS' GREATEST HITS

■AMAZON

2012/02/22発売
 メル・ブルックスの『新サイコ』公開時にリリースされた彼の作品集という感じのアルバムが、復刻専門レーベルWOUNDED BIRD RECORDSによって初CD化。
  音楽はもちろんジョン・モリス。『新サイコ』5曲、『プロデューサーズ』2曲、『メル・ブルックスの命がけ!イス取り大合戦』2曲、『ブレージングサドル』3曲、『ヤング・フランケンシュタイン』2曲、『サイレント・ムービー』2曲。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

復活の日

交響組曲 復活の日

■AMAZON

2012/03/21発売
 富士キネマの復刻サントラシリーズ。角川映画の超大作『復活の日』から2種類がお馴染み紙ジャケにて復刻。
 音楽プロデュースはテオ・マセロ。こちらはいわゆるボツスコア。映画ではジャズ/フュージョンよりのスコアが使用されたが、ロンドン・フォルによるオーケストラスコアも録音されていた。


復活の日の印象

■AMAZON

2012/03/21発売
 こちらはいわゆるサントラ第2弾的な、サントラには収録されなかったスコアをまとめたもの。なので、音楽的にはサントラ同様のジャズ/フュージョン。


復活の日

■AMAZON

2011/01/19発売
 昨年発売になった通常のサントラ盤はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月24日 (火)

シャーロック

Sherlock2シャーロック シーズン2

■SAE
■AMAZON
■@TOWER
■AMAZON MP3

 日本ではまだ放映が始まらないどころか、シーズン1の再放送もないBBCの現代版シャーロック・ホームズ。イギリスではもうすぐ2シーズン一緒のBDも出る。サントラもそれにあわせて発売になる。
 シーズン1のサントラは3つのエピソードのスコアを分けないで収録されていたが、シーズン2では3つを別々に区切っての収録になっている。
 音楽は引き続きデイヴィッド・アーノルドとマイケル・プライス。現代版だというのに、ダルシマーを使ったメインテーマは原作どおりの舞台でも通じそう。実際、ハンス・ジマーの映画版スコアと似たような感じも受ける。しかし、サスペンススコアなどは現代的。

Sherlockシャーロック シーズン1
SHERLOCK

■SILVA SCREEN
■AMAZON
■@TOWER
■AMAZON MP3
Sherlock (Soundtrack from the TV series) - David Arnold & Michael Price

 BBCが製作したミニシリーズ。現代に置き換えたシャーロック・ホームズ物語。シーズン1の3話を収録。
 音楽はデイヴィッド・アーノルドとマイケル・プライス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

INTRADAの新譜2012/01/24

Toystory3cdトイ・ストーリー3(2010)
TOY STORY 3

■INTRADA
■@TOWER

 ピクサーアニメの長編元祖である『トイ・ストーリー』の第3弾。
 音楽はシリーズ通してランディー・ニューマン。アカデミー主題歌賞を獲りながらもCDは発売されず、ダウンロードだけだった。内容はダウンロード版と同じ。
 限定なし。

WinstonWINSTON CHURCHILL:WALKING WITH DESTINY(2010)

■INTRADA
■@TOWER

 イギリス首相ウィンストン・チャーチルのドキュメンタリー映画。ナレーションはベン・キングズレイ。
 音楽はリー・ホルドリッジ。堂々としたフルオケスコア。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月21日 (土)

完全版スター・ウォーズ!

 A LIMITED LUCASFILM PRODUCTIONのスター・ウォーズ完全版!
 3年がかりで全世界のファンが作った15秒の映像をつなぎ合わせて2時間の本編を作ってしまった! 凄い! 実写あり、CGあり、コマ撮りアニメあり、シュールあり、ギャグあり、仮装大会あり、家電あり、段ボールあり、イラストあり……。冒頭から爆笑! ルーカス、見てる? これが愛だよ。辞めるなんて言わないで! いや、俺は辞めてもいいと思うけどな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LES FRICTION

LesfrictionLES FRICTION

■CD BABY
Les Friction (Instrumental Bonus Tracks Version) - Les Friction

 予告編音楽のためのプロジェクトではないのに予告編で使いまくられたE.S.POSTHUMAS。過去記事ではこの辺りが詳しいか。3枚のアルバムと,
スポーツ番組などのために作ったシングルを3曲出して解散したようだ。
 で、主要メンバーの片割れが新たに作ったプロジェクトがこのLES FRICTION。予告編音楽プロジェクトIMMEDIATEが作ったGROBUSのようなヴォーカル入りの音楽になっている。iTUNES版ではインストのみヴァージョンも同時収録。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月20日 (金)

東宝・変身人間3本立て

Hensin美女と液体人間(1958)
電送人間(1960)
ガス人間第1号(1960)

■TOHO MUSIC

2月1日発売
 東宝ミュージックがリリースする今年最初のアルバムは変身人間3本立て! それぞれCD1枚で3枚組。従来のサントラよりも収録内容は増えている。
 音楽は『美女と液体人間』が佐藤勝、『電送人間』が池野成、『ガス人間第1号』が宮内國郎。

 直販で予約または2012年2月20日までに購入の方は電送じゃない送料無料。

 なお、今年は、海底軍艦/マタンゴ、世界大戦争、妖星ゴラス(いずれも2枚組)のリリースを考えているとか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月19日 (木)

2012年3月の新譜

 個人的に注目の新作サントラを月ごとに紹介するコーナー。情報が更新されたり、新しい情報が入った場合は適時追加されますのでご注意を。

ジョン・カーター
JOHN CARTER

■AMAZON

3月6日発売
 エドガー・ライス・バローズの『火星のプリンセス』を『ウォーリー』のアンドリュー・スタントンが実写化。
 音楽はマイケル・ジアッキーノ。

WomaninblackTHE WOMAN IN BLACK

■AMAZON

3月27日発売
 ダニエル・ラドクリフ主演のホラー! いやあ、おっさんになったなぁ、ハリポタ。
 音楽はマルコ・ベルトラミ。

デンジャラス・ラン
SAFE HOUSE

■AMAZON

3月6日発売
 セーフハウスで護衛の任務に就いていた若いCIAエージェント。しかし、襲撃されて……。デンゼル・ワシントン、ライアン・レイノルズ主演。
 音楽はラミン・ジャワディ。

THE HUNGER GAMES

■AMAZON

3月20日発売
 近未来のアメリカは幾つかの州に分かれていた。州間の戦いは選ばれた若者同士が殺し合いをして決める。主人公の少女は選ばれた妹の代わりに出場することに。アメリカ版『バトルロワイヤル』、ティーンエイジ小説の映画化。
 音楽はジェイムズ・ニュートン=ハワード。

追記:コンピレイションとスコアが別のようです。以前、こちらで紹介していた物はコンピのようなのでご注意。

Transformers Prime

■AMAZON

2012/03/06発売
 トランスフォーマーの最新アニメ版。
 音楽はブライアン・タイラー。


Silent Hill: Downpour

■AMAZON

2012/03/13発売
 ゲーム『サイレントヒル』の最新作のサントラ。
 音楽はダニエル・リヒト。

SPARTACUS: VENGEANCE

■AMAZON

3月20日発売→4月3日に変更
 TVシリーズの続編。
 音楽は引き続きジョセフ・ロデュカ。

BRAKE

■AMAZON

3月20日発売
 スティーヴン・ドーフ主演のスリラー。捕まったシークレットサーヴィスが情報を引き出すために車のトランクに閉じ込められて拷問にかけられる。
 音楽はブライアン・タイラー。

英雄の証明
CORIOLANUS

■AMAZON

3月20日発売→4月17日に変更
 ラルフ・フィネンズ監督・主演、ジェラルド・バトラー共演でシェイクスピアの戯曲を現代に舞台を移して映画化。
 音楽はアイラン・エシュケリ。2枚組でスコアは1枚目。2枚目はハイライトを台詞入りで収録。

GONE

■AMAZON

2012/03/20発売
 アマンダ・セイフリード主演のスリラー。
 音楽はデイヴィッド・バックリー。


MIRROR MIRROR

■AMAZON

3月12日発売→4月2日に変更
 ターセム・シン監督によるミュージカル仕立て(?)の白雪姫物語。亡くなった衣装デザイナー石岡瑛子の遺作。
 音楽はディズニーにケンカ売ってる状態のアラン・メンケン。

3月に出そうな新作サントラでは下記が注目か。

THE WRATH OF THE TITANS
 ハヴィエル・ナヴァレテ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月17日 (火)

MUSIC BOXの新譜

MilordÀ VOUS DE JOUER MILORD(1974)

■MUSIC BOX
■SAE
■@TOWER

 フランスのTVシリーズ。スパイ物。
 音楽はフランソワ・ド・ルーベ。
 限定1000枚。

PigallePIGALLE, LA NUIT(2009)

■ MUSIC BOX
■SAE
■@TOWER

 フランスのTVシリーズ。
 音楽はエリック・ドゥマルサン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月15日 (日)

LEGO はやぶさ

LEGO クーソー はやぶさ

■AMAZON

2012/03/01発売
 全然映画関係じゃないんだが、まあ、3本も映画化されるんだから、充分映画関連だよねということで、LEGOで探査衛星はやぶさです。説明によると、「一般ユーザーの提案者が投稿した、レゴブロックの「はやぶさ」モデルを元に、JAXAの監修のもと、デンマーク・レゴ本社のデザイナーが開発」したそうです。全369ピース。完成モデルサイズ:高さ約23cm、幅約26cm、奥行約18 cm。なんと、川口プロジェクトマネージャーのレゴフィギュアつき!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レジェンド/光と闇の伝説

レジェンド/光と闇の伝説(ディレクターズ・カット) [Blu-ray]

■AMAZON

2012/02/03発売

 すでにアメリカでは発売になっていたディレクターズカットがようやく日本でも発売になるというので、昔の記事を掘り出して修正してアップすることにする。

 まずは、なぜ『レジェンド』に複数ヴァージョンあるのかおさらいをしておこう。
 ハリウッド映画は往々にして巨額の製作費がかかるため、資金提供やリスク分散の意味もあって、アメリカ国内の配給と世界配給が別の会社と言うことがある。この『レジェンド』もそうで、アメリカ国内をユニバーサルが、それ以外の地域を20世紀フォックスが配給することになっていた。元々はどちらも同じ内容だったはずが、ユニヴァーサル映画の会長(当時)だったシド・シャインバーグがこれでは若者に受けないと指摘し、急遽音楽の変更と再編集を言い渡したのである。監督のリドリー・スコットは自分の映像には音楽など大した要素ではないという思想の持ち主なので、音楽変更には異を唱えなかったらしい。そして、アメリカ公開版ができあがった訳である。ちなみにシャインバーグは『未来世紀ブラジル』のカット騒動でテリー・ギリアムと戦った男である。他にも『E.T.』続編構想など、はっきりいって迷惑な事が多かった。

 さて、日本・欧州公開版は同じ94分。アメリカ公開版は89分。日本ではDVDなどでアメリカ公開版が発売されたことはないので見た人は少ないだろう。今回のディレクターズカットは114分で、日本・欧州版をベースにしたまったく違う編集になっている。アメリカではこのディレクターズカットが発売されるまで日本・欧州版を見ることは出来なかった。
 アメリカ版は映像に関してはベースは日本・欧州版と同じだが、冒頭やラストに追加撮影された映像が入り、編集し直してある。追加撮影分は特殊メイクのロブ・ボッティンが参加できなかったため、ライティングなどでかなりごまかしてある。そのため、他のシーンとバランスが取れておらず、違和感がある。短くなった上にシーンが追加されているのでテンポは速くなっているが、ファンタジーとしての存在感や余裕のようなものが感じられない。それとこの作品はすべてセットでの撮影なので、空が映るシーンが少なく、アメリカ版は皆無となっている。この辺りも世界を感じることが出来ない一因かも知れない。

 ふたつを比較して最も違うのはやはり音楽。
 アメリカ版を担当したタンジェリン・ドリームはドイツのシンセロックバンドである。『恐怖の報酬』で初めて映画音楽を担当し、メンバーチェンジ後に『ザ・クラッカー/真夜中のアウトロー』、『青春白書』、『炎の少女チャーリー』など立て続けに送り出している。ほとんどの作品でリズムを基調にした無機質で機械的なアプローチをしてきた。それがこの作品ではリズムは全面に出ず、雰囲気作りを重視したBGMとして徹底している。らしくないのだ。その理由が元々ついていたゴールドスミスのスコアにあったのは想像に難くない。これがシャインバーグの意図どおりなのかどうかはわからない。しかし、アメリカでの散々な評価を見れば何となくわかるだろう。加えてブライアン・アダムスとジョン・アンダーソンのヴォーカル曲が2曲挿入されており、その部分だけミュージックビデオのように浮きまくっている。
 一方、日本・欧州版を担当したジェリー・ゴールドスミスのスコアは当然ながら監督と意思疎通した上で意図通りに作曲しており、彼の作品の中でも上位に位置する出来映え。ヒロインの歌が重要なモチーフになって作品全体を締めているところなど、彼ならではのスコアばかり。アメリカ版にはなんとその歌がなくなっており、作品としてもレベルが下がっている。これを無視して新しいものをつけろと言われたタンジェリン・ドリームの困惑が目に見える。
 スコアについて比べる場合、最もよくわかるのがユニコーンのシーンだ。なにせ物言わぬ動物である。感情を表現するには編集と音楽に頼るしかない。ここで音楽のつけかたに上手い下手が如実に出る。つがいのユニコーンの片割れが殺され、角を奪われる。死の原因を作ってしまった主人公が息絶えたユニコーンに寄り添う一方のユニコーンに謝ろうと近づく。その時、ユニコーンはどんな気持ちで主人公に対するか。アメリカ版ではそれがはっきりとわからない。しかし、日本・欧州版では確かに怒りを表しているのである。これは贔屓ではない。全く同じ映像にも関わらず、ユニコーンの感情は明らかに異なっているのだ。これについてはSF大会の企画で紹介し、多くの方から賛同を得られた。他にも表現という点でかなりの差がある。音楽でどれだけの事ができるのかという、ひとつの貴重なサンプルだ。
 全体に見てタンジェリン・ドリームのスコアが薄っぺらいのは事実。ここでいう薄っぺらいとは単に音楽としてではなく、脚本の読み込み具合など映像を補助する役割として。それが前述のユニコーンや魔王の間でヒロインがダンスするシーンの音楽などで如実に現れている。アメリカ版もオープニングなどで印象的なスコアになっている事は指摘しておくべきだろう。しかし、2曲もの挿入歌が映画としての印象を叩き壊しているだけでなく、タンジェリン・ドリームのスコアをも実際以下に見せてしまっているのは否めない。無念である。

 アメリカではディレクターズカットとアメリカ公開版の両方が収録されたUltimate EditionのBD版が発売されたばかり。日本でもこちらを出せなかったものか。音楽や編集で映画がどれだけ変わるのかという、素晴らしいサンプルになるのに。映画と音楽を研究する人(ファンや監督志望者)はアメリカで発売になったUltimate Editionをご覧になることをお薦めする。BDなら日本のプレーヤーでも問題なく再生できる。

LEGEND

■AMAZON

 ジェリー・ゴールドスミスのスコア。イギリスのSILVA SCREENから出ていたものと同内容が、アメリカでもSILVA AMERICAからリリースされた。ジャケットも当時のDVDと同じイラストで統一されている。

LEGEND

■AMAZON

 タンジェリン・ドリームのスコア。廃盤なのでプレミアがついている。フローゼ+フランケ+シュメーリングのトリオでの最後の作品となった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブルース・リーTamレーベル

BruceleeBRUCE LEE 東宝レコードTamコレクション

BRUCE LEE 東宝レコードTamコレクション - Various Artists

 Tamレーベルで製作されたブルース・リー映画のスコア、今で言うところの再録音? ダウンロードで復活。風間健が歌う「フォーエバー!ブルース・リー」もあり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月14日 (土)

007全作BD化

007 製作50周年記念版 ブルーレイ BOX 〔初回生産限定〕[2012年秋発売予定(発売日未定)] [Blu-ray]

■AMAZON

 日本発売はまだ公式に発表されていないが、欧米では10月1日になっている。アメリカAMAZONでは$200を切っていることを考えると、やはり日本版は高いなぁ。
 各作品1枚に、特典ディスク1枚の合計23枚。特典ディスクは新しく製作された1時間の映像とのこと。初めてBD化された作品もあるので、まとめて買い直すならこれか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

QUARTET RECORDSの2012年1月新譜

BlackthornBLACKTHORN(2011)

■SAE
■@TOWER

『明日に向って撃て!』でも有名なブッチ・キャシディの最後の日々を描いた現代的な西部劇。監督はアレクサンドロ・アメナバールの『アレクサンドリア』の脚本を書いていたマテオ・ヒル。サム・シェパード主演。
 音楽はアルゼンチンのルシオ・ゴドイ。

Mientras_duermesMIENTRAS DUERMES(2011)

■SAE
■@TOWER

『REC/レック』のジャウマ・バラゲロ監督による最新スリラー。マンションのドアマンの青年が、そのマンションの住人である若い女性を付け狙う。
 音楽はスペイン生まれの若干27歳ルーカス・ヴィダール。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月10日 (火)

レイ・ハリーハウゼンのドキュメンタリー

 以前にも紹介したレイ・ハリーハウゼンのドキュメンタリ映画の最新予告編。ゲストだけでも腹一杯になるが、その上に初公開の動画が結構ありそうで楽しみです。

 ハリーハウゼンがらみでは、昔実現できなかったシンドバッドの新作"Sinbad to Mars"が"Sinbad:Rogue of Mars"となってコミックになっており、それを映画化しようという動きがあるようです。
 もうひとつ、"SINBAD THE FIFTH VOYAGE"という低予算映画もありますが、こっちは直接関係ないみたい。予告編には"IN DINAMATION"なんてありますが、CGだろ、それ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

INTRADAの新譜2012/01/10

 今年、最初のリリースは同じ作曲家の同じ年のアクション作品2タイトル。

Renegadesdsレネゲイズ(1989)
RENEGADES

■INTRADA
■@TOWER

 ジャック・ショルダー監督、キーファー・サザーランド、ルー・ダイアモンド・フィリップス主演のアクション作。汚職警官摘発のために犯罪組織に潜入捜査していた刑事と、奪われた聖なる槍を奪還しようとするインディアン青年が協力するバディ物。
 音楽はマイケル・ケイメン。初サントラ化。

Roadhousedsロードハウス/孤独の街(1989)
ROADHOUSE

■INTRADA
■@TOWER

 町の酒場に雇われた凄腕用心棒をパトリック・スウェイジが演じる。
 音楽はマイケル・ケイメン。従来サントラはスコア未収録なので、スコアは初サントラ化。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 6日 (金)

特撮リボルテック第22弾

特撮リボルテック SERIES No.036 IRON MAN MARKIII

■AMAZON

2012/03/01発売
 アイアンマン好きだねぇ、特撮リボルテック。今回は映画一作目で登場したマーク3。アーク・リアクターはライトアップ機能を搭載。トニー・スタークの素顔パーツつき。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MOVIE SCORE MEDIAの新譜

BacktogayaBACK TO GAYA(2004)

■SAE
■@TOWER
Back to Gaya (Original Motion Picture Soundtrack) - マイケル・ケイメン

1月24日発売
 ドイツ・スペイン・イギリス合作のアニメーション。小さなスナークという種族の冒険を描く。世界を破滅に導く魔法の石が誰かに盗まれた。それを元に戻すためにふたりのスナークが旅立つ。
 音楽はマイケル・ケイメン。作曲の途中で死去したため、半分が未完成だった。それをスケッチや過去の作品から、長年の相棒だったスティーヴン・マクローリン(レコーディング・エンジニア)とクリストファー・ブルックス(ミュージック・エディター)に率いられたオーケストレイターが完成させた作品。『ロビン・フッド』などを思わせる勇壮なスコア。ハリウッド大作での最後の作品は2003年のケヴィン・コスナー主演の西部劇『ワイルド・レンジ 最後の銃撃』"OPEN RANGE"だが、実質的な遺作はこちらと言ってもいいのではないか。
 CDは初回1000枚、ダウンロードも同時。
 なお、売り上げの一部はアメリカの学校の音楽教育に使われるMr. Holland’s Opus基金に寄付される。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 5日 (木)

ピングーの遊星からの物体X

 リー・ハードキャッスルというアマチュアがクレイメイションで製作したジョン・カーペンターの『遊星からの物体X』!
ピングーなのに子供向けじゃありません。注意!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 4日 (水)

リボルテック ピクサーフィギュアコレクション第2弾

リボルテック ピクサーフィギュアコレクションNO.003 カーズ ライトニング・マックイーン

■AMAZON

2012/01/15発売
 車のフィギュアというのは珍しい。どこが動くのかという疑問もあるが、なんとオプションでプルバック駆動! 顔パーツや台座などもあり。


リボルテック ピクサーフィギュアコレクション No.004 Mr.インクレディブル

■AMAZON

2012/02/15発売
 まずはお父さん。顔パーツとオムニドロイド(遠景用なので小さい)つき。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

CONTRABAND

ContrabandCONTRABAND

Contraband (Original Motion Picture Soundtrack) - Clinton Shorter

 バルタザル・コルマキュル監督によるクライムアクション。義兄弟を麻薬密売組織のボスから守るため、パナマに潜入する元密輸業者の男を描く。マーク・ウォールバーグ、ケイト・ベッキンセール、ベン・フォースター、ルーカス・ハース出演。
 音楽は『第9地区』のクリントン・ショーター。打ち込みによるリズム主体のスコア。歌物数曲あり。ダウンロードのみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 3日 (火)

LA-LA LANDの新譜2012/01/14

 LA-LA LANDの限定盤サントラ。直販での受付は1月14日午前6時から。

Friday13thbox13日の金曜日BOX
FRIDAY THE 13TH

■LA-LA LAND

 13日の金曜日ということで、ハリー・マンフレディーニが音楽担当した1~6作目までをCD6枚組で発売! もっとも、時差の関係で日本じゃ14日の土曜日発売になってしまうのが惜しい。収録される6作品は下記のとおり。3作目公開時に1~3をまとめたサントラが発売されていたが、他は初サントラ化。それぞれ50分程度で計6時間!
 限定1300セット

 13日の金曜日(1980)"FRIDAY THE 13TH"
 13日の金曜日PART2(1981)"FRIDAY THE 13TH PART 2"
 13日の金曜日PART3(1982)"FRIDAY THE 13TH PART 3"
 13日の金曜日・完結編(1984)"FRIDAY THE 13TH - THE FINAL CHAPTER"
 新・13日の金曜日(1985)"FRIDAY THE 13TH PART V: A NEW BEGINNING"
 13日の金曜日PART6/ジェイソンは生きていた!(1986)"FRIDAY THE 13TH PART VI: JASON LIVES!"


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 2日 (月)

――このブログについて――

★主にSF/ファンタジー/アクション/ホラーなどの娯楽映画と、その映画音楽についての情報、感想、紹介をしています。ハリウッド中心で欧州やアジアも少々。
★過去に紹介した限定盤などは売り切れている場合が多々ありますので、ご了承ください。なお、最新限定盤情報についてはメルマガをやっています。よろしければ登録してみてください(個人情報などはこちらにはわかりません)。
「○月の新譜情報」は個人的に興味のあるメジャーレーベルの新譜をピックアップしています。情報が入り次第、追加されますのでたまにチェックし直すといいかも。
★AMAZON、タワーレコード、iTunes、SONY MUSICのリンクについてはアフィリエイトリンクになっています。情報がお役に立てましたら、リンクを通して購入していただけると幸いです。

|

2012年1月 2日 (月)

クリストファー・ゴードンの個人レーベル

Crawl

■AMAZON MP3

 MAGIC FIRE MUSICというクリストファー・ゴードンの個人レーベルからの第1弾。
 "CRAWL"(2011)はポール・チャイナ監督のデビュー作。殺しのために人を雇ったバーのオーナーだが、ウェイトレスが人質になって事件は複雑になっていく……。同時収録の"WARD 13"(2003)はピーター・コーンウェル監督の初短編アニメ。病院に強制入院させられた少年はそこでおかしな実験が行われていると知って脱走する決意をする。
 なお、CDも予定されているようだが、今のところまだのようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホーナーのアクロバット飛行チーム音楽

Airhorner1Write Your Soul

Write Your Soul - Single - James Horner

 もう1年半も前の記事だが、ジェイムズ・ホーナーがアクロバット飛行チームのプロモーションに音楽をつけている。その音楽がいつの間にかiTUNESでも扱われるようになっていたので紹介。詳細は前記事をご覧ください。
 こちらは12分の大作。

Airhorner2The Fourth Horseman

The Fourth Horsemen - Single - James Horner

 こちらは4分足らずの小品。

 ついでに公式サイトではダウンロードだけではなく、DVD&CDが買えるようになっていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »