« 特撮リボルテック第21弾 | トップページ | ドルリューEP盤集 »

2011年12月 1日 (木)

ジョン・カーター

 エドガー・ライス・バローズのスペオペの元祖かつヒロイックファンタジーでもある『火星のプリンセス』をディズニーで映画化した。監督は『ファインディング・ニモや『ウォーリー』の』アンドリュー・スタントン。
 私のイメージとは違う(というより、日本人のファンの大部分の頭には武部本一郎の絵しかないだろう)けど、これはこれでOK。来年3月アメリカ公開。日本では4月13日公開。2D/3D両方あり。

|

« 特撮リボルテック第21弾 | トップページ | ドルリューEP盤集 »

予告編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73118/53378785

この記事へのトラックバック一覧です: ジョン・カーター:

« 特撮リボルテック第21弾 | トップページ | ドルリューEP盤集 »