« ホビット思いがけない冒険 | トップページ | PROMETHEUS »

2011年12月22日 (木)

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

Extremelyloudものすごくうるさくて、ありえないほど近い(2011)
EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE

■AMAZON MP3
Extremely Loud and Incredibly Close (Original Motion Picture Soundtrack) - Alexandre Desplat

 ジョナサン・サフラン・フォアの『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を映画化。トム・ハンクス、サンドラ・ブロック出演。911でWTCで亡くなった父の形見の鍵にあう錠前を探す9歳の発明家少年のドラマ。
 音楽はアレクサンドル・デスプラ。ピアノをメインにして、デスプラらしい柔らかなスコア。
 ダウンロードのみ。
 追記:AMAZON.COMでCD-Rを取り扱い。

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

著:ジョナサン・サフラン・フォア
訳:近藤 隆文
刊:NHK出版

■AMAZON

 原作本。

|

« ホビット思いがけない冒険 | トップページ | PROMETHEUS »

サントラ情報」カテゴリの記事

ダウンロード」カテゴリの記事

コメント

教えていただきたいのですが、
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」の予告編の後半半分で
流れている曲名をおしえてください。
ALEXAND DESPLATではないようなのですが?
よろしくお願いいたします。

投稿: 隼 | 2011年12月25日 (日) 01:49

>隼さん
 日本の公式サイトにある予告編でしたら、U2の"Where The Streets Have No Name"です。アルバム"Joshua Tree"の1曲目。
 予告編は国によってもヴァージョンによっても編集や曲が変わることがあるので、質問の際にはどのヴァージョンか指定した方がいいでしょう。今後のためにご注意を。

投稿: SOW | 2011年12月25日 (日) 12:14

サントラよもやま様
ほんとうにありがとうございました。
この曲は高橋克典さんがハーレー100年祭にハーレーでミルウォキーまで行ったテレビ東京の番組(10年近く前)
でも使われていたのですがずっーとわからないで探していた曲が、偶然予告編で流れて感激しました。
さっそくCDを買わせていただきます。10年近く探していたものがわかり感謝いたしております。
ありがとうございました。ヴァージョンがほかにあるのまで気がつきませんですいません。
10年来のつかえがとれました。23日はワイルドセブンを24日は山本五十六を映画館に見に行き
そのおかげで解決いたしました。洋画邦画ともに映画大好きでよかったです。
ほんとうにありがとうございました。ありがとうございました。
もちろん「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」も2月に観にいかせていただきます。

投稿: 隼 | 2011年12月25日 (日) 18:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73118/53542100

この記事へのトラックバック一覧です: ものすごくうるさくて、ありえないほど近い:

« ホビット思いがけない冒険 | トップページ | PROMETHEUS »