« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月の記事

2011年12月30日 (金)

The Hobbit - Production Diary Video #5

『ホビット思いがけない冒険』のプロダクションダイアリー5回目。
 今回は撮影開始までの裏方の働き、再建築されたホビット庄にイライジャ。ウッドが入るなど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FSMの新譜2011/12/30

 FSMの最後のリリースまで残り7枚。そのうち、1枚が発表になった。

Franticフランティック(1988)
FRANTIC

■SAE
■@TOWER

 ロマン・ポランスキー監督、ハリソン・フォード主演のサスペンス。パリにやってきたアメリカ人医師が妻を誘拐され、謎の美女に翻弄される。
 音楽はエンニオ・モリコーネ。従来盤41分に加えて、実際に映画で使用されたヴァージョンを28分ボーナストラックとして追加した。
 限定なし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月29日 (木)

パラマウント100周年記念ロゴ

 パラマウント映画が来年創立100周年を迎えるにあたって、ロゴを変更した。音楽も新しくマイケル・ジアッキーノに依頼。すでに『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』で使われているらしい。本編もジアッキーノだし、新作スタトレでも世話になるわけなので、この人選は正解か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネレトバの戦い

Neretvaネレトバの戦い(1969)
THE BATTLE OF NERETVA

■SAE
■@TOWER

 これまでハーマンやスタイナーなどを再録音しているTRIBUTE FILM CLASSICSの新譜。
 ユーゴ/西ドイツ/アメリカ/イタリア合作の第二次大戦物。ドイツ・イタリアと戦うユーゴのパルチザンが大逆転するネレトバでの戦いを描く。
 音楽はバーナード・ハーマン。映画ではかなり編集されて音楽が使われてしまったようで、しかも、従来のサントラは33分しか収録されていなかった。今回のアルバムは再録音だが、ハーマンが作曲したフルスコア60分収録。おまけに同じく第二次大戦のドラマ『裸者と死者(1958)』"THE NAKED AND THE DEAD"も17分収録。演奏はモスクワ・シンフォニー。ウィリアム・ストロンバーグ指揮

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月28日 (水)

2012年のサントラ期待作

 年の瀬なので、来年期待できそうな作品とサントラをチェック。例によってジャンルは思いっきり偏ってます。
 ざっと見ると、お伽噺の映画化が多いなぁ。それと、エルフマンが3作品。
 サントラ期待作には★。

1月
Ted Tails
 テレンス・ブランチャード
 第二次大戦の黒人空軍部隊の話。ジョージ・ルーカス製作。

2月
Journey 2: The Mysterious Island
 アンドリュー・ロッキントン
 スタッフもキャストも変わった『センター・オブ・ジ・アース』の続編。音楽は変わらず。

3月
ジョン・カーター
 マイケル・ジアッキーノ
 エドガー・ライス・バロウズ原作のSF『火星のプリンセス』映画化。

Hansel and Gretel: Witch Hunters
 アトリ・オルヴァルッソン
 ヘンゼルとグレーテルはお菓子の家で魔女に襲われてから魔女ハンターになっていた! ジェレミー・レナー、ジェマ・アータートン、ファムケ・ヤンセンなど出演。

Mirror Mirror
 アラン・メンケン
 ターセム・シン監督が白雪姫をミュージカル仕立てに。でも、魔女のジュリア・ロバーツが主役。これでメンケン音楽とはディズニーにケンカ売ってる?

The Hunger Games
 ジェイムズ・ニュートン=ハワード
 ベストセラーSFの映画化。

タイタンの逆襲
 ハビエル・ナヴァレテ
『タイタンの戦い』続編。ナヴァレテのアクションは珍しいので期待。

4月
The Pirates! Band of Misfits
 セオドア・シャピロ
 アードマンプロのクレイアニメ最新作。

5月
アベンジャーズ
 アラン・シルヴェストリ
 アヴェンジャーズ、ついに勢ぞろい。

ダーク・シャドウ
 ダニー・エルフマン
 ティム・バートン監督が往年の怪奇TVシリーズを映画化。

バトルシップ
 スティーヴ・ジャブロンスキー
 海軍版『世界侵略ロサンゼルス決戦』?

メン・イン・ブラック3
 ダニー・エルフマン
 シリーズ3作目。

6月
プロメテウス
 マーク・ストライテンフェルト
 リドリー・スコット監督によるSF大作。ストライテンフェルトのSFスコアがどうなるのか不安も。

スノーホワイト
 ジェイムズ・ニュートン=ハワード
 白雪姫のリアルダークファンタジーアクションヴァージョン。

Jack the Giant Killer
 ジョン・オットマン
 ブライアン・シンガー監督による『ジャックと豆の木』の映画化。

Abraham Lincoln: Vampire Hunter
 ヘンリー・ジャックマン
 ティム・バートン製作、ティムール・ベクマンベドフ監督によるセス・グラハム=スミスの小説『バンパイヤハンター・リンカーン』の映画化。期待の新人ジャックマンがどうするか期待。

メリダとおそろしの森
 パトリック・ドイル
 ピクサーアニメ最新作。ケルトっぽい舞台なので、ドイルは打ってつけか。

G.I.ジョー バック2リベンジ
 ヘンリー・ジャックマン
 監督代わって第二作。

アメージング・スパイダーマン
 ジェイムズ・ホーナー
 スパイダーマンのリスタート。ホーナーのアメコミヒーロースコアがどうなるか。

7月
ダークナイト・ライジング
 ハンス・ジマー
 シリーズ最終作。これまで組んでいたジェイムズ・ニュートン=ハワードは抜けた。

Ice Age: Continental Drift
 ジョン・パウエル
 アニメ『アイス・エイジ』シリーズ最新作

8月
The Bourne Legacy
 ジェイムズ・ニュートン=ハワード
 キャストなど一新してのボーン・シリーズ最新作。

Total Recall
 ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
 レン・ワイズマン監督、コリン・ファレル主演で『トータル・リコール』をリメイク。というか、ディックの原作に近くなるのか。ケイト・ベッキンセール、ジェシカ・ビール、ジョン・チョウなど。

ParaNorman
 クリス・ブライオン
『コララインとボタンの魔女』のクリエーターによるコマ撮りアニメ。ゾンビ物!

The Expendables 2
 ブライアン・タイラー
 アクションスター総結集の2作目。

9月
バイオハザードV リトリビューション
 TOMANDANDY
『バイオハザード』最新作。

Hotel Transylvania
 マーク・マザーズボウ
 ソニープクチャーズのアニメ。ドラキュラが人間界から離れたところで経営しているリゾートホテルに人間の子供が迷い込む。

Dredd
『バンデージ・ポイント』のピート・トラヴィス監督がジャッジ・ドレッドのリメイクに。カール・アーバン主演。

Frankenweenie
 ダニー・エルフマン
 ティム・バートンの短編アニメを自ら長編化。

Skyfall
 トーマス・ニューマン
 007最新作。サム・メンデス監督なので音楽も相棒のニューマンに。異色の007になるか?

11月
Red Dawn
 ラミン・ジャワディ
『若き勇者たち』のリメイク。

47 Ronin
 キアヌ・リーヴス主演で、忠臣蔵をファンタジー映画化。

Rise of the Guardians
 アレクサンドル・デスプラ
 ウィリアム・ジョイスの"The Guardians of Childhood"をドリームワークスがアニメ化。ブギーマンに対抗するためにサンタクロースとイースターウサギとトゥースフェアリーとサンドマンが手を組んだ。当初、ドリームワークスのアニメということでジョン・パウエルかと思われたが、デスプラが担当に。

12月
ホビット 思いがけない冒険
 ハワード・ショア
『ロード・オブ・ザ・リング』前日譚を二部作で。

World War Z
 マルコ・ベルトラミ
 マックス・ブルックスの小説"World War Z: An Oral History of the Zombie War"をマーク・フォースター監督、ブラッド・ピット主演で映画化。ゾンビ相手の世界大戦を生き残った人々にインタビュー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

MOVIE SCORE MEDIAの新譜

MantomanMAN TO MAN(2005)

■SAE
■@TOWER
Man to Man (Original Motion Picture Soundtrack) - パトリック・ドイル

『インドシナ』などのレジス・ヴァルニエ監督によるドラマ。1870年代、ピグミー族を人と猿のミッシングリンクと考えて捕獲・研究した人類学者と、捕らえられたふたりのピグミー族を描く。
 音楽は監督と何度も組んでいるパトリック・ドイル。演奏はロンドン交響楽団。雄大なフルオケスコア。
 ダウンロードとCD。CDは初回1000枚プレス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月27日 (火)

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー [Blu-ray]

■AMAZON →ブルーレイ+DVDセット
■AMAZON → 3Dスーパーセット スチールブック仕様(AMAZON限定)
■AMAZON → 3Dスーパーセット

2月24日発売
 MARVELコミックスの一連のアヴェンジャーズ物の中核となるキャプテン・アメリカがソフト化。3種類発売。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月26日 (月)

2012年2月の新譜

 個人的に注目の新作サントラを月ごとに紹介するコーナー。情報が更新されたり、新しい情報が入った場合は適時追加されますのでご注意を。

BLACK GOLD

■AMAZON

2月7日発売→14日に変更
 ジャン・ジャック・アノー監督による1930年代のアラブを舞台にしたドラマ。保守的な父と現代的な義父の間で葛藤する王子を主役にアラブ世界を描く。フリーダ・ピントが王女役。
 音楽はジェイムズ・ホーナー。

THERE BE DRAGONS: SECRETOS DE PASIÓN

■AMAZON

2月7日発売→14日に変更
 ローランド・ジョフィ監督によるスペイン内戦を描いたドラマ。ヒロインにオルガ・キュリレンコ。
 音楽はロバート・フォーク。実はスペインなどで公開された際にはスティーヴン・ウォーベックが音楽をつけていたが、ソフト化にあたって再編集され、音楽をつけ直した。ウォーベックのスコアはサントラリリースがない。

SAFE HOUSE

■AMAZON

2月7日発売→3月6日に変更
 セーフハウスで護衛の任務に就いていた若いCIAエージェント。しかし、襲撃されて……。デンゼル・ワシントン、ライアン・レイノルズ主演。
 音楽はラミン・ジャワディ。

RED TAILS

■AMAZON

2月7日発売
 ジョージ・ルーカス製作、TVシリーズの監督や劇場映画の助監督をやっていたアンソニー・ヘミングウェ監督による第二次大戦物。アメリカ空軍で黒人のみで編成された空軍部隊の実話。出演はキューバ・グッデインJr、テレンス・ハワード。ILMによる空戦が見物。
 音楽は黒人の話だからと言うことなのか、テレンス・ブランチャード。

崖っぷちの男
MAN ON A LEDGE

■AMAZON

2月7日発売
 アスガー・リース監督、サム・ワーシントン主演のサスペンス。ビルの屋上から飛び降りようとする男を説得する警察心理学者。その裏ではダイヤモンド強奪事件が進行していた……。
 音楽はヘンリー・ジャックマン。打ち込みのみのエレクトロロック風スコア。

NHK大河ドラマ《平清盛》サウンドトラック

■AMAZON

2012/02/01発売
 音楽は吉松隆。


W.E.

■AMAZON

2月14日発売
 マドンナ初監督作。
 音楽はアベル・コルツェニオウスキ。欧州盤と思われる。マドンナの歌1曲収録。

Star Wars: Episode I-The Phantom Menac

■AMAZON

2012/02/14発売
 3D版公開で再発売。ジャケットが3D版に変わって、「運命の闘い」のセリフ入りヴァージョンが追加されたようだ。


Kingdoms of Amalur Reckoning

■AMAZON

2012/02/07発売
 ファンタジーRPGのサントラ。
 音楽はゲームの『バンジョー&カズーイ』や『ドンキーコング64』などを手がけたグラント・カークホープ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月25日 (日)

Action Movie FX

ActionmoviefxAction Movie FX

Action Movie FX - Bad Robot Interactive

 iPhone、iPad、iPod Touchに対応のアプリ。
 なんで紹介するかというと、JJエイブラムスのBAD ROBOTが作っているから。撮影した動画にアクション映画のような効果をつけるという一発ギャグ向けあぷりだが、結構よくできている。期間限定で無料で、2種類の効果がつけられる他、85円の課金で2種類の効果が入ったパックが2つ。合計で6種類の効果がある。ミサイル着弾、車が降ってくる、ヘリ墜落、竜巻、爆撃、銃撃戦。
 ミサイル攻撃はこんな感じ。ちょっとガメラを攻撃してみた。映画の素材を使っているため、いかにもな仕上がり。ちなみに現在公開中の『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』とのタイアップ。いうまでもなく、BAD ROBOTの作品である。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

LA-LA LANDの新譜2012/01/04

  LA-LA LANDの限定盤サントラ。2012年最初のリリースは1枚。直販での受付は1月4日午前6時から。

Batmanforeverバットマン フォーエヴァー(1995)
BATMAN FOREVER

■LA-LA LAND
■@TOWER

 ティム・バートンが2作で降板して製作に回り、ジョエル・シューマカー監督、ヴァル・キルマーを主役にしてシリーズを継続した3作目。ロビンが登場し、リドラーとトゥーフェイスが悪役となった。
 音楽もダニー・エルフマンからエリオット・ゴールデンサールに交代。エルフマンのテーマは使われていないが、どことなく似たようなテーマになっているのは製作サイドの意向だろう。エルフマンは「こんなことをしていてはダメだ」というような、かなり不満そうなコメントを残している。サントラは以前18曲44分でリリースされていたが、今回は2枚組でフルスコア100分にアルバムヴァージョン、それにボーナスとして2曲追加されて、合計150分。
 限定3500セット

 なお、説明によると1曲だけ『エイリアン3』からの使い回しがあるようだ。それも収録。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月23日 (金)

PROMETHEUS

 リドリー・スコット監督のSFであり、エイリアン関係であるというだけでなにもわからない超大作の予告編。小出しにして30秒の予告編の予告編が3本出ていたが、ついに予告編本編解禁。『エイリアン』っぽいタイトルの出方、ギーガーのデザインしたあの宇宙船やジョッキーなど、やはりエイリアン前日譚か?
 音楽は『アメリカン・ギャングスター』や『ロビン・フッド』で監督と組んでいるマーク・ストライテンフェルト。SFは大丈夫なのか? 公開は夏!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月22日 (木)

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

Extremelyloudものすごくうるさくて、ありえないほど近い(2011)
EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE

■AMAZON MP3
Extremely Loud and Incredibly Close (Original Motion Picture Soundtrack) - Alexandre Desplat

 ジョナサン・サフラン・フォアの『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を映画化。トム・ハンクス、サンドラ・ブロック出演。911でWTCで亡くなった父の形見の鍵にあう錠前を探す9歳の発明家少年のドラマ。
 音楽はアレクサンドル・デスプラ。ピアノをメインにして、デスプラらしい柔らかなスコア。
 ダウンロードのみ。
 追記:AMAZON.COMでCD-Rを取り扱い。

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

著:ジョナサン・サフラン・フォア
訳:近藤 隆文
刊:NHK出版

■AMAZON

 原作本。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年12月21日 (水)

ホビット思いがけない冒険

 公開まで1年もあるというのに、この予告編の完成度! ハワード・ショアの新テーマ。ワトソンにしか見えないけど、ビルボw

 ティーザーポスターも。
The_hobbit_an_unexpected_j


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハスラー

ハスラー(1961)
The Hustler

■AMAZON

2012/01/10発売
 ポール・ニューマン主演のビリヤード映画。
 音楽はケニヨン・ホプキンス。ジャズスコア。初CD化。従来盤は15曲で同内容。今回はそれに加えて同時期のニューマン主演の2作品、『パリの旅愁』(1961)"PARIS BLUES"(音楽デューク・エリントン、21曲の従来盤と同じ)と『長く熱い夜』(1958)"THE LONG HOT SUMMER"(音楽アレックス・ノース、7曲、従来盤より少ない)が追加されている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月20日 (火)

恐怖の報酬

Sorcerer O/S/T

■AMAZON

2012/02/21発売
 ウィリアム・フリードキンがリメイクした『恐怖の報酬』のサントラ。リマスターになっており、従来盤は録音レベルが低かったのが改善されているかどうか。
 音楽はタンジェリン・ドリームで、これが初めての映画音楽となった。この後も次々に映画音楽を担当するが、初期メンバーであるピーター・バウマンが参加したのはこれ一作。この後は代わりに加入したヨハネス・シュメーリングの影響もあって、オリジナル、サントラ共にリズムに重点が置かれる作風になる。シュメーリング参加の最後が『レジェンド光と闇の伝説』のアメリカ公開版になる。
 タンジェリン・ドリームのサントラはほとんどCD化されているが、すでに大半が廃盤。入手が容易なのは『ザ・クラッカー』くらいだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイタンの戦い続編

 ボンクラ映画だった前作『タイタンの戦い』の続編『タイタンの怒り』? ペルセウスは髪が伸び(前作もこれだったら違和感が少しはなくなったのに)、ヒロインはアンドロメダに(しかし、女優は別人)。結ばれたはずのイオは出ず。
 監督が『世界侵略ロサンゼルス決戦』のジョナサン・リーベスマンだけに前作よりシビアな戦いの連続か。音楽は前作のラミン・ジャワディから『パンズ・ラビリンス』のハヴィエル・ナヴァレテに交代という話だが、まだ正式に確認できず。アメリカ公開は3月。
 今度こそ最終兵器ピーボが大活躍に違いない!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KRITZERLANDの新譜2011/12/20

Trial審判(1963)
THE TRIAL

■KRITZERLAND
■@TOWER

 フランツ・カフカの原作をオーソン・ウェルズがSF的な近未来設定で監督した。アンソニー・パーキンス、ジャンヌ・モロー、ロミー・シュナイダー出演。
 音楽はジャン・ルドゥリュー。初CD化。
 限定1000枚

RavenTHE RAVEN(1963)
AN EVENING OF EDGAR ALLAN POE(1970)

■KRITZERLAND
■@TOWER

 ロジャー・コーマンによるエドガー・アラン・ポー原作の映画化。
 音楽はレス・バクスター。"THE RAVEN"は初CD化。
 限定1000枚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月19日 (月)

クリストファー・ヤングの個人レーベル始動

『ヘルレイザー』や『ザ・コア』、『プリースト』などの作曲家クリストファー・ヤングが個人レーベルを作りました。
 まずは2枚を1月にリリース。

Haunted or Humored
 6作品のコンピレイション。収録作品は Tall Man、Fan Boy、Susan Graham, A Documentary、Faces in the Crowd、Remembered。作品詳細がないのでわからないが、別作曲家が担当している同タイトル作もあり、続報待ち。

To Spain, With Love
 2006年の “Ask The Dust”のリジェクトスコア。本編ではラミン・ジャワディとヘイター・ペレイラのスコアが使われている。

 なお、2枚注文すると、"The Black Tulip"(2010)の非売品サントラをプレゼントするとのこと。これは初のアフガニスタン映画で、アフガンの民族楽器を多数フィーチャーしている。

 詳細、購入はこちらから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジョン・カーターのスコア

 ディズニーの大作『ジョン・カーター』こと『火星のプリンセス』のマイケル・ジアッキーノによるスコアが一部ラジオで公開されました。その音源を紹介。

John Carter's Theme

Dejah's Theme

Pursuit of Dejah

 ヒーローとヒロインのモチーフ、それとアクションスコア。史劇的なテーマですね。アクションはジアッキーノの得意なパターンか。モチーフを入れ込んでるところはいい仕事。

 ところで予告編を見ていると、基本ラインは『火星のプリンセス』でデジャー・ソリスを巡る陰謀に『火星の女神イサス』と『火星の大元帥カーター』に出てくる白色人の神官マタイ・シャンがからんでくるという構成のようですね。まあ、原作のままじゃ単調だから仕方ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月14日 (水)

ニード・フォー・スピード ザ・ラン

ニード・フォー・スピード ザ・ラン
Need for Speed: The Run

■AMAZON MP3
Need for Speed: The Run - EA Games Soundtrack & Brian Tyler

 EAゲームのレーシングゲーム最新作。
 音楽は『世界侵略ロサンゼルス決戦』などのブライアン・タイラー。ここ数作の『ワイルド・スピード』シリーズを担当しているので、適役か。
 ダウンロードのみ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年12月13日 (火)

INTRADAの新譜2011/12/13

 INTRADA、2011年最後のリリース。

Sandpebbles砲艦サンパブロ(1966)
THE SAND PEBBLES

■INTRADA
■@TOWER

 ロバート・ワイズ監督、スティーヴ・マックィーン、リチャード・クレンナ、キャンディス・バーゲン、リチャード・アッテンボロー、マコなど出演。
 音楽はジェリー・ゴールドスミス。従来盤は34分で、その後、ゴールドスミス指揮で41分の再録盤が出て、VARESE CD CLUBから限定3000枚で75分(別ヴァージョン2曲5分含む)のサントラが発売されたが、一曲だけモノラルだったりして完全とは言えなかった。今回は2枚組。1枚目に70分のフルスコア、2枚目に別ヴァージョンとソースミュージックを収録した。モノラルだったスコアもステレオで収録。
 限定なし。

Startrek4故郷への長い道/スター・トレック4(1986)
STAR TREK IV: THE VOYAGE HOME

■INTRADA
■@TOWER

 オリジナルシリーズの映画版第4弾。前作から引き続きレナード・ニモイが監督。映画版スタトレでは最もヒットした作品。2作目から始まった航海がようやく終わることになった。
 音楽はレナード・ローゼンマン。従来盤は36分だが、今回は40分のフルスコアにアルバムヴァージョンや別ヴァージョンなど加えて合計72分。映画がコメディタッチで、2曲がフュージョンバンドTHE YELLOWJACKETSとの共作となっているせいもあって、アルバム全体が軽快。メインテーマがアニメ版『指輪物語』とモチーフが似てたりするのも一興。ジャケットもティーザーポスターのロゴのみ(しかもジャケットにタイトルがふたつあるってのも珍しいし、ポスターを傾けただけってのも……)ではなく、ボブ・ピークの正式ポスターのイラストなのも嬉しい。これで1~5までジャケがボブ・ピークの公開版ポスターでそろった(6以降は担当していない)。
 限定なし。
 なお、これのみ、発売が遅れて1月4日になっている。

WrongboxTHE WRONG BOX(1966)

■INTRADA
■@TOWER

『暗闇でドッキリ』などのブライアン・フォーブス監督によるヴィクトリア朝を舞台にしたコメディ。
 音楽はジョン・バリー。LPをそのままCD化したようなHARKITレーベル盤があったが、これは正規盤。残念ながらステレオ音源は紛失されていたので状態のよいLPから。幸運なことにモノラルのマスターが発見されたため、2曲の組曲として収録。さらにステレオのセッション2曲を追加した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 9日 (金)

51

51

■AMAZON
51 Original Motion Picture Soundtrack - Ian Honeyman

2011/11/08発売
 ショーン・コネリーの息子ジェイソン・コネリー監督のSFホラー。エリア51に民間からの圧力で査察が入ることになり、事件が起こる……。
 音楽はイアン・ハニーマン。クラウス・バデルト作品の追加音楽などをやっていた経歴の持ち主だけあって、音楽もRC的。ほとんどアクションスコア。
 AMAZON.COMのCD-Rとダウンロードのみ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 8日 (木)

2012年1月の新譜

 個人的に注目の新作サントラを月ごとに紹介するコーナー。情報が更新されたり、新しい情報が入った場合は適時追加されますのでご注意を。

Mi4ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル
MISSION IMPOSSIBLE:GHOST PROTOCOL

■AMAZON

1月10日発売
 トム・クルーズ主演のシリーズ第4弾。監督はブラッド・バード。
 音楽は初めて2作担当のマイケル・ジアッキーノ。

Big Miracle

■AMAZON

2012/01/24発売
 新聞記者とグリーンピースのヴォランティアが氷に閉じ込められた鯨を救うために奔走するという実話を元にしたドラマ。ドリュー・バリモアなど出演。
 音楽はクリフ・エイデルマン。


アンダーワールド 覚醒
UNDERWORLD AWAKENING

■AMAZON

1月24日発売
 吸血鬼の人狼の戦いを描くシリーズ最新作。
 音楽はポール・ハスリンガー。

Sherlockシャーロック
SHERLOCK

■AMAZON
■@TOWER
■AMAZON MP3
Sherlock (Soundtrack from the TV series) - David Arnold & Michael Price

1月30日発売
 BBCが製作したミニシリーズ。現代に置き換えたシャーロック・ホームズ物語。1シリーズの3話を収録。
 音楽はデイヴィッド・アーノルドとマイケル・プライス。

Haywire_2HAYWIRE

■AMAZON
■@TOWER

1月23日発売
 スティーヴン・ソダーバーグ監督によるアクション。ムエタイを基本とした美人女性総合格闘家ジーナ・カラーノ(エクストリーム・クートゥア・ジム所属)が初主演。共演はマイケル・ファスベンダー、ユワン・マクレガー、マイケル・ダグラス、アントニオ・バンデラスと豪華。
 音楽はデイヴィッド・ホームズ。

FlowersofwarTHE FLOWERS OF WAR

■AMAZON

1月17日発売
 チャン・イーモウ監督、クリスチャン・ベイル主演のドラマ。南京大虐殺で教会に隠れていた女性たちをベイル扮する司祭が安全な場所まで避難させる。
 音楽は『サンザシの樹の下で』のチェン・キガン。

THE GREY

■AMAZON

1月31日発売
『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』のジョー・カーナハン監督、リアム・ニーソン主演のサスペンス。アラスカで飛行機事故で遭難した石油採掘チームがサバイバルする。
 音楽はリドリー・スコット作品が多いマーク・ストライテンフェルト。

One for the Money

■AMAZON

2012/01/31発売
 ジュリー・アン・ロビンソン監督によるクライムサスペンス。
 音楽はデボラ・ルーリー。

Artist

■AMAZON
■SONY MUSIC

2012/01/17発売
 音楽はルドヴィック・ブールス。今年のゴールデン・グローブ賞作曲賞受賞。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 6日 (火)

2012年のLA-LA LANDとPERSEVERANCE

LA-LA LANDの予定
 40作以上リリース。1四半期毎に1つ以上のBOXセット。
 1月13日には『13日の金曜日』BOXリリースのパーティ。
 3月には200枚目の記念リリース。
 7月は恒例コミコンあわせの爆弾投下。
 10月には10周年記念。
 11月はブラックフライディの爆弾投下。
 年初は1月4日に発売(クリスマスに発表)。
 ゴールドスミス、ウィリアムズ、マンフレディーニ(13日の金曜日)、エルフマン、ゴールデンサール(バットマン・フォーエバー)、ニューマン、ティオムキン(ローマ帝国の滅亡)、ハワード、マンシーニ、ケイメンetc.を予定。

PERSEVERANCEの予定
 クレイグ・セイファンのアルバム。
 80年代の皆が渇望するスコア。
 アカデミー賞受賞作家のリジェクトスコア。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 5日 (月)

VARESE CD CLUBの新譜2011/12/05

 いつものリリースとは違うイレギュラーなリリース。

Bh20foxBernard Herrmann At 20th Century Fox

■VARESE SARABANDE
■@TOWER

 生誕100周年を記念して、バーナード・ハーマンが20世紀フォックスで手がけた作品集。14枚組! $199.98!
 収録作品はジェーン・エア(1943)、ANNA AND THE KING OF SIAM(1946)、幽霊と未亡人(1947)、地球の静止する日(1951)、五本の指(1952)、戦慄の調べ(1945)、キリマンジャロの雪(1952)、夜を逃れて(1957)、蛮地の太陽(1953)、十二哩の暗礁の下に(1953)、エジプト人(1954)、悪の花園(1954)、壮烈カイバー銃隊(1953)、ゆきすぎた遊び(1959)、凶弾の舞台(1955)、地底探険(1959)、灰色の服を着た男(1956)、夜は帰って来ない(1962)――全18作品。それぞれ、単独でリリースされている物もボーナストラックがついたりしているようだ。
 限定1000セット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 2日 (金)

ドルリューEP盤集

Delerue45THE FIRST GEORGES DELERUE'S 45 RPM RECORDS

■DCM
■SAE
■@TOWER

 カナダのDisques Cinémusiqueレーベルから、ジョルジュ・ドルリュー作品のEP盤をCD化。初CD化多数。収録作品は下記のとおり。

LE BEL ÂGE (1959)

ひと夏の情事(1959)
UNE FILLE POUR L'ETE

やるか、くたばるか(1959)
MARCHE OU CREVE

LES JEUX DE L’AMOUR (1960)

LE FARCEUR (1960)

かくも長き不在(1960)
UNE AUSSI LONGUE ABSENCE

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 1日 (木)

ジョン・カーター

 エドガー・ライス・バローズのスペオペの元祖かつヒロイックファンタジーでもある『火星のプリンセス』をディズニーで映画化した。監督は『ファインディング・ニモや『ウォーリー』の』アンドリュー・スタントン。
 私のイメージとは違う(というより、日本人のファンの大部分の頭には武部本一郎の絵しかないだろう)けど、これはこれでOK。来年3月アメリカ公開。日本では4月13日公開。2D/3D両方あり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特撮リボルテック第21弾

特撮リボルテック SERIES No.035 IRON MAN MARKII

■AMAZON

2012/02/01発売
 アイアンマンのシリーズから、トニー・スタークが2体目に製作したマーク2。胸のアークリアクターが光るギミック搭載。トニーの顔つき。


リボルテックタケヤ SERIES No.001 多聞天

■AMAZON

2012/02/01発売
 同じ日に発売の新シリーズ。全然映画とは関係ないけど、ある意味凄いので紹介。仏像シリーズ! 第1弾は四天王のひとつ多聞天。変なポーズを取らせたら仏罰が下るな。
 この後、残りの四天王と阿修羅が予定されている。公式サイトはこちら


| | コメント (0) | トラックバック (0)

MOVIECORE MEDIAの2作品

CaptainthunderCAPITAN TRUENO Y EL SANTO GRIAL

■SAE
■@TOWER
Capitán Trueno y el Santo Grial (Captain Thunder and the Holy Grail) [Original Motion Picture Soundtrack] - Luis Ivars

 スペインのアドヴェンチャー映画。キャプテン・サンダーと聖杯というそのものずばりのタイトル。スペインでは有名なコミックが原作だそうだ。
 音楽はルイス・イヴァース。タイトルのストレートさそのまんまのストレートなフルオケアドヴェンチャースコア。まるでちょっと前のゲームスコアのようなわかりやすさ。懐かしさすら感じてしまう。

 スペインの予告編はこちら。

HideawaysHIDEAWAYS

■SAE
Hideaways (Original Motion Picture Soundtrack) - Eric Neveux

 呪いによって森の奥深くに閉じ込められた青年を巡るラヴストーリー。
 音楽はフランスのエリック・ヌヴー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »