« さよならジュピターをつくったわけ-小松左京とSF映画の時代 | トップページ | The Hobbit - Production Diary Video #4 »

2011年11月10日 (木)

TERRA NOVA

TerranovaTERRA NOVA

 この秋からアメリカで放映開始したスピルバーグ製作総指揮のSFTVシリーズ。現在のところ、4話まで放送済み。日本でも2月からFOXチャンネルで放映開始。第1話90分を見たので紹介。
 人口が爆発的に増えた未来。子供はふたりまでで、それ以上は犯罪となってしまう。主人公は警官だが、密かに3人目を育て、それが発覚して投獄されてしまう。その頃、人口の一部を過去に送り込んで植民地にする計画が進んでおり、主人公一家はそこにまぎれ込むことに成功。過去に逃れる。一家は塀で囲われた植民地での生活を始める。しかし、そこは恐竜が跋扈する白亜紀。対立する組織(?)や謎もあって……。
 ほぼ無名の俳優を使っており、一番名のあるのは植民地のリーダーで軍人のスティーブン・ラング(『アバター』のクオリッチ大佐)くらいか。TVとは思えないくらいの予算をつぎ込んでいるので、CG恐竜の出来はなかなか凄い。ディプロドクスやカルノタウルスなどが登場。
 音楽は『世界侵略ロサンジェルス決戦』のブライアン・タイラー。まあ、アクションシーンはいつもの感じ。
 予告編はこちら。


|

« さよならジュピターをつくったわけ-小松左京とSF映画の時代 | トップページ | The Hobbit - Production Diary Video #4 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73118/53014139

この記事へのトラックバック一覧です: TERRA NOVA:

« さよならジュピターをつくったわけ-小松左京とSF映画の時代 | トップページ | The Hobbit - Production Diary Video #4 »