« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月の記事

2011年11月30日 (水)

キング・オブ・デストロイヤー/コナンPART2

Conan2キング・オブ・デストロイヤー/コナンPART2(1984)
CONAN THE DESTROYER

■TADLOW
■SAE
■@TOWER

『コナン・ザ・グレート』の続編。監督がリチャード・フライシャーに代わったこともあって、全体に軽くなった分、B級っぽくなったが、原作につきものの邪神など雰囲気は悪くない。
 音楽は前作に続いてベイジル・ポルデュリス。音楽も本編に合わせて軽快になった。従来サントラには30分しか収録されていなかったが、今回は60分のフルスコアを再録音。ポルデュリス自身は前作同様、オケの演奏には不満だったというので、今回の録音は本人の意志を可能な限り尊重したものだという。オケはお馴染みプラハ市交響楽団。指揮はニック・レイン。リリースはベルギーのPROMETHEUSレーベル。
 さらにユニバーサルスタジオのライヴショウのために編曲されたスコアも再録音し、20分収録。映画のヴァージョン違い4曲とあわせて2枚目のボーナスディスクに収録。
 TADLOWの直販なら送料無料で2400円弱。
 なお、こちらの発表の後、INTRADAが完全盤サントラの発売を公表した。

2012年1月19日追記:
 直販で注文していたのだが、まったく届かず、問い合わせたところ12月半ばに発送しているとのこと。イギリスからはいつもなら一週間で届く。いくら年末でも遅すぎる。もう一度送ると言われ、ようやく到着。今度は一週間で届いた。
 さて、中身だが、前作の再録音は違和感を感じるところが多かったのだが、今回はまったくなし。サントラを聴いている回数は確かに前作の方が多いが、こちらも数十回聴いているはず。やはり演奏に物足りなさを感じていたのか。サントラでは予算が減ったため、楽器の数が減らされ、その分をシンセで埋めていたとのこと。さらにコーラスもなくなり、今回の再録音ではサントラどおりのコーラスなしと、楽譜どおりのコーラスありの2パターン収録してある曲もある(前述のヴァージョン違いがそれ)。とにかく、音が分厚くなっただけでこれほど違うとは。サントラ完全盤が出るにしても、これは聴く価値がある。

 録音風景はこちら。演奏は文句なし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月29日 (火)

INTRADAの新譜2011/11/29

Greattrainrobbery大列車強盗(1978)
THE GREAT TRAIN ROBBERY

■INTRADA
■@TOWER

 マイケル・クライトンが自身の小説を監督した、原題どおり、歴史初めての列車強盗を描いたサスペンス。ショーン・コネリー、ドラルド・サザーランド、レスリー・アン・ダウン主演。
 音楽はジェリー・ゴールドスミス。これまで2度アルバム化されているが、今回は新しいマスターを発見し、ミキシングし直し、VARESE CD CLUB盤より13分ほど増えた完全盤+ボーナス4曲(ソースミュージックとしてモーツァルトとヘンデルをゴールドスミスが指揮している)に、LPと同じ内容を2枚目に加えた。VARESE盤のライナーで「このエディションで欠けている唯一のメジャーな曲」とされた "Dead Willy"もついに収録される。
 限定なしの通常リリース。

Wolfenウルフェン(1981)
WOLFEN

■INTRADA
■@TOWER

 ホイットリー・ストリーバーの原作を映画化したホラー、というかサスペンス。知能の高い狼の一種と、殺人事件を追う警官との戦いを描く。
 音楽はジェイムズ・ホーナー。翌年の『スタートレック2』や『エイリアン2』などにつながる初期の基本形があちこちに顔を出す。映画では同じホーナーの『キラーハンド』のスコアが一部流用されたようだが、今回はそれは収録されず、この映画のために書かれたスコアをすべて収録した。正規リリースは初めて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PERSEVERANCEの新譜2011/11/29

Animalunitedどうぶつ会議(2010)
KONFERENZ DER TIERE
ANIMALS UNITED

■PERSEVERANCE
■SAE

 エーリッヒ・ケストナーの児童文学をドイツでアニメ化。戦争を続ける人間に対して動物たちが会議を開いて対策を話し合う。
 音楽はデイヴィッド・ニューマン。ドイツ盤が先にリリースされていたが、コンピレイションでスコアは半分程度だった。今回のリリースはスコアのみの完全盤。恐らく、その辺りの契約があるのだろうが、欧州には直販できないとのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月25日 (金)

BUY SOUNDTRAXの新譜2011/11/25

Scroogeクリスマス・キャロル(1970)
SCROOGE

■BSX
Music From the 1970 Motion Picture

『メテオ』のロナルド・ニーム監督がディケンズの原作を映画化した。アルバート・フィニー、アレック・ギネスなど出演。
 音楽はレスリー・ブリッカス。作詞も自身。このアルバムはドミニク・ハウザーによる再録音。

Fireflies_gardenFIREFLIES IN THE GARDEN(2008)

■BSX
Fireflies In The Garden - Original Motion Picture Soundtrack - Jane Antonia Cornish

 ライアン・レイノルズ、ウィレム・デフォー、ジュリア・ロバーツなどが出演するドラマ。
 音楽はジェーン・アントニア・コーニッシュ。『クンフー・パンダ2』などでオーケストレイターをし、作曲家としても10作ある。1975年ロンドン生まれの新鋭。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

LA-LA LANDの新譜2011/11/30

 LA-LA LANDの限定盤サントラ。直販での受付は11月30日午前6時から。
 昨年の予告どおり、爆弾を4発投下。これで今年はおしまい。

Lalablackfridaybatch2011v2

Diehard2cdダイ・ハード(1988)
DIE HARD

■LA-LA LAND
■@TOWER

 ジョン・マクティアナン監督、ブルース・ウィリス主演の言わずと知れた大ヒットアクション。
 音楽はマイケル・ケイメン。サントラはVARESE CD CLUBから限定盤が出ていたがすでに完売。今回は2枚組で、スコアは2年かけて新しく発見した音源からリマスタリングしたもの。さらにエンディングで流れるヴォーン・モンローの"LET IT SNOW!"などのソースミュージック、さらにラスト付近で流れるジョン・スコットの"MAN ON FIRE"のスコアも収録。ただし、その後に続く『エイリアン2』のスコアは権利がクリアできなかったので未収録。しかし、"MAN ON FIRE"は入手困難だが、『エイリアン2』はまだ楽に入手できるので問題はないか。一部のスコアはモノラルしか存在しなかったため、ボーナストラックとして最後に別枠で収録されている。
 限定3500セット

Scrooged3人のゴースト(1988)
SCROOGED

■LA-LA LAND
■@TOWER

 リチャード・ドナー監督、ビル・マーレイ主演でディケンズの『クリスマス・キャロル』を現代に置き換え、特撮大作にしたファンタジー。
 音楽はダニー・エルフマン。ハリウッド大作としては初めての作品。この翌年、『バットマン』でブレイクすることになる。当時のサントラにはスコアは未収録で、スコアはこれまでエルフマンのコンピレイション"Music For A Darkened Theatre"に組曲として収録されていたのみで、これがスコア単体での初アルバム化。
 限定3000枚

Fatmanシャドー・メーカーズ(1989)
FAT MAN AND LITTLE BOY

■LA-LA LAND
■@TOWER

『ミッション』などのローランド・ジョッフィ監督が日本に落とされた二つの原爆を作ったオッペンハイマーなどの科学者たちの疑問と探求心の葛藤を描いた作品。軍の司令官としてポール・ニューマン出演。
 音楽はエンニオ。モリコーネ。2枚組で初サントラ化。
 限定3000セット

Tora3トラ・トラ・トラ!(1970)
TORA! TORA! TORA!

■LA-LA LAND
■@TOWER

 リチャード・フライシャーと深作欣二監督による日米合作第二次大戦物。
 音楽はジェリー・ゴールドスミス。長らくサントラが出なかったが、FSMから限定盤がリリース。すでに完売で、今回は再発売となる。内容は同じで、ジャケットデザイン、ライナーノートなどが新しい物になる。リマスタリングはされていないが、デジタルの欠損などを修正してあるとのこと。
 限定2000枚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月24日 (木)

グレムリン

Gremlinsグレムリン(1984)
GREMLINS

■SAE
■@TOWER

 クリスマスも近くなってきたので、クリスマス映画の話でも……。

 え、これ?

 クリスマス映画ですよね、これ。

 今でもキャラグッズに人気があるグレムリン、ギズモのオリジナルはいうまでもなく本作だ。知らない人もいるんだろうなぁ。27年も前の映画なんだから。当時、大学二年。多分、ひとりで観たはず。SF研の会誌にレヴューを書いたのは覚えている。「スピルバーグのバンズで挟んだダンテのパティ」みたいな。でも、今になって考えてみると、バンズの方も結構なゲテ物好きで容赦ないんだよね。
 
 ジョー・ダンテ監督の初めてのメジャー製作映画なので、音楽もメジャーな作曲家ということなのか、『ピラニア』と『ハウリング』で組んでいたピノ・ドナジオからジェリー・ゴールドスミスになった。実際にはこの前年『トワイライトゾーン超次元の体験』の1エピソードで組んでおり、この時の経験、プロデューサーのスピルバーグが「ジョン・ウィリアムズがいなければゴールドスミスに自作も頼みたい」というほど評価すること、息子ジョエル・ゴールドスミスとは『ピラニア』の製作で一緒に仕事をしていたことなどで、このタッグは必然であったのだろう。これ以降、ゴールドスミスが亡くなるまで全8作で組むことになった。

 ダンテが『グレムリン』の音楽について初めて打ち合わせをした時、ゴールドスミスはいきなりメインのモチーフをピアノで弾いたという。当初の脚本では純粋なホラーだったものが、製作が進んだその頃にはコメディ色(かなりダークだが)が強まっており、ゴールドスミスはそれを的確に見抜いていたのだろう。それに対してダンテは「こんなホンキートンクみたいな音楽があうのか?」と懐疑的だったようだが、できあがったものを見て感動した。
 実はこのモチーフ、『トワイライトゾーン超次元の体験』の最後のエピソード(ジョージ・ミラー監督担当分。グレムリンが登場する)で使用したもの。こちらでは軋るような弦でホラーの王道スコアだったが、主人公のオーバーな慌てぶりなどコメディ要素も少しあった。それを大胆なアレンジで、もっとアナーキーな曲に仕立てたのが、『グレムリン』の音楽となった。

 それにしても、『グレムリン』の前にはコメディというと、『恋とペテンと青空と』と『青春がいっぱい』くらいしか担当作がないゴールドスミスがいきなりここまではっちゃけたスコアを書いたというのは凄いことだ。これで覚醒したのか、その後はコメディ要素の入った作品も複数手がけている。
 もっとも、『グレムリン』のスコアにはコメディだけでなく、ハートウォーミングな『E.T.』のようなギズモのテーマや、サスペンス、ホラー要素もたっぷり入っている。最も強烈なのは奇妙な音色が飛び出すこと。ネコのような音、シンセのノイズ……。これらの源流はワーナーのアニメ、ルーニーチューンズ――バックスバニーやロードランナーがドタバタを繰り返すナンセンスアニメだ(このサントラには劇中で使われた昔のルーニーチューンズのスコアが1曲収録されている)。ダンテがこれをこよなく愛しているのは周知の事実で、ゴールドスミスもこれを取り入れたのは想像に難くない。ふたりはこの後、『ルーニーチューンズ:バック・イン・アクション』という実写とルーニーチューンズのキャラの合成作品までコンビを組み、そして、ゴールドスミスはそれを遺作として亡くなった。そこでは非常にわかりにくいギャグでグレムリンのテーマが使われている。

 そして、ファンとしては忘れてはいけないのはゴールドスミス登場シーン。珍発明の展覧会で電話ブースにいる男が彼だ。そして、続編『グレムリン2新種誕生』では妻と一緒にセリフまでしゃべっている。裏方である作曲家のゴールドスミスが映画に登場したのはこの2作品だけ。よほどダンテ作品がお気に召したのだろう。来日時に「ダンテは変な音ばかり要求してくる」と楽しそうに答えていたのを今でも思い出す。

 今年のクリスマスはこのサントラを聴きながら、サンタの仮装をしたお父さんが煙突に詰まってしまう様子を想像しながら過ごすのはいかがだろうか? やっぱりダメ?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年11月23日 (水)

DIGITMOVIESの新譜

 イタリア物はあんまり紹介しないのだが、ジャンル的に色々アレなものが一気に出たので。しかし、イタリアのアルバムはゴブリンなんかでもそうだけど、ヴァージョン違いが多いねえ。

Tentacoliテンタクルズ(1977)
TENTACOLI

■SAE
■@TOWER

『ジョーズ』でブームになった海洋動物パニック物のイタリア版。タコ対シャチ!
 音楽はステルヴォ・チプリアーニ。従来盤に加えて、映画使用ヴァージョン6曲とデモ音源をボーナスに加えた。
このジャケって日本版の生頼範義だよねえ。相変わらず映画よりも面白そうに見える。

Zorroアラン・ドロンのゾロ(1974)
ZORRO

■SAE
■@TOWER

 タイトルどおり、アラン・ドロンが怪傑ゾロを演じた爽快アクション。
 音楽はグイド&マウリツィオ・デ・アンジェリス。従来アルバム12曲に、ボーナスとして18曲のヴァージョン違いを収録。

Chiseiデアボリカ(1973)
CHI SEI?

■SAE
■@TOWER

『エクソシスト』で爆発したオカルトブームに当然のごとく便乗したイタリア得意のパクリ物。サーカムサウンドが懐かしすぎるぜ。
 音楽はフランコ・ミカリッツィ。従来アルバムにモノラルのボーナス6曲追加。

FincheFINCHE C'E' GUERRA C'E' SPERANZA(1974)

■SAE
■@TOWER

 音楽はピエロ・ピッチオーニ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月22日 (火)

KRITZERLANDの新譜2011/11/22

SynanonSYNANON(1965)
ENTER LAUGHING(1967)

■KRITZERLAND
■@TOWER

 前者は薬物中毒の更正施設を描いたドキュメンタリー、後者はカール・ライナー監督の半自伝的なコメディドラマ。
 音楽は前者がニール・ヘフティ、後者がクインシー・ジョーンズ。どちらもLPと同内容で、初CD化。
 限定1000枚


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月19日 (土)

アーノン・ミルチャン/シャインバーグ祭?

 アーノン・ミルチャン製作で、ユニバーサル映画のシド・シャインバーグがからんで一悶着あった作品ふたつが同時にBD化。どちらもアメリカではユニバーサルが配給、日本は20世紀フォックスが配給しており、BDは20世紀フォックスからの発売。

未来世紀ブラジル [Blu-ray]

■AMAZON

2012/02/03発売
 先日、同じテリー・ギリアム監督の『バンデットQ』がBD化のニュースをお伝えしたが、その前にこちらがBD化。
『バトル・オブ・ブラジル』という本で詳細が語られている、もはや伝説と化したギリアムVSシャインバーグの戦いも面白いが、映画本編も傑作。
 冒頭のみUS公開版に差し替え。日本語吹き替え収録(TV放映分なので、カットされた部分は字幕)。
 どうせならUSでのTV放映ハッピーエンドヴァージョンとか収録して欲しかった。


レジェンド/光と闇の伝説(ディレクターズ・カット) [Blu-ray]

■AMAZON

2012/02/03発売
 こちらもシャインバーグのために音楽と編集が大幅に変更させられたリドリー・スコット監督のファンタジー。
 日本初のディレクターズカット版がBD化。日本公開版は95分、アメリカ公開版は89分のところ、114分となっている。日本版ではジェリー・ゴールドスミスが音楽、アメリカ版ではタンジェリン・ドリームが音楽。
 これもどうせなら3ヴァージョン収録して欲しいものだ。見比べると、映画音楽の役割という物がもの凄くわかりやすい教科書のようなものなのだが……。まあ、アメリカ公開版はユニバーサルが権利を持っているから無理なんだろうけど。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月18日 (金)

TREASURE GUARDS

TreasureguardsTREASURE GUARDS(2011)

■SAE
■@TOWER
Treasure Guards (Original Television Soundtrack) - Michael Richard Plowman

 バチカンの秘密組織と、ソロモンの封印を守る一族との攻防を描くドイツ産アクションアドヴェンチャーTV映画。
 音楽はマイケル・リチャード・プロウマン。1965年生まれで、ロンドン、ロサンゼルス、ヴァンクーバーなどで活躍。これまでTVやゲームの仕事をメインにしている。同じMSMレーベルからこれまで2作品リリース済み。オケ+打ち込み+コーラスでなかなか聴かせるアクションスコア。CDとダウンロード。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HOLLYWOOD IN VIENNA 2011

 今年9月23日ウィーンで行われたコンサートライヴ。オケはウィーン・ラジオ・シンフォニー。過去に何度か行われているが、今年はアラン・シルヴェストリの特集。演奏の質も高く、観客もいい。これ、全部保存してDVDに焼くと、素晴らしい映画音楽ライヴ盤が出来上がる。

 アラン・シルヴェストリ・メドレー

『キャプテン・アメリカ』

『ハムナプトラ2』

『フォレスト・ガンプ』

『バック・トゥ・ザ・フューチャー3』 本人指揮

Le Visionarium's: From Time to Time with the Timekeeper
 ブルース・ブロートンがディズニーランドのアトラクション、ヴィジョナリウムのために書いた曲。ブロートンがドイツ語で挨拶!

『ヒックとドラゴン』から組曲。

『ハリー・ポッターと死の秘宝part1』

『E.T.』

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年11月17日 (木)

BUY SOUNDTRAXの新譜2011/11/17

ZombmovieCHILLERAMA: Zom-B-Movie

■BSX
■@TOWER

 4人の監督がそれぞれ撮ったホラー映画4作をまとめた低予算のアンソロジー映画"CHILLERAMA"。その中の1作、ZOM-B-MOVIEのサントラ。
 音楽は『ザ・ケープ』などのベアー・マクレアリー。映画のメインタイトルと主題歌、スコアを収録。
 限定1000枚

Twilight_redfeldMUSIC FROM THE TWILIGHT SAGA FOR CHAMBER ORCHESTRA

■BSX
■@TOWER

《トワイライト・サーガ》の音楽を小編成のチャンバーオーケストラで録音した作品集。といっても、新作『ブレイキング・ドーンPART1』は収録されていないので、3本分――カーター・バーウェルの『トワイライト』、アレクサンドル・デスプラの『ニュームーン』、ハワード・ショアの『エクリプス』となっている。ボーナスとして、1作目の子守歌をピアノアレンジしたものを収録。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月16日 (水)

アサシン・クリード:リベレーション

Assassinscreedアサシン・クリード:リベレーション

■AMAZON MP3 Assassin's Creed Revelations (The Complete Recordings) [Original Game Soundtrack] - Jesper Kyd & Lorne Bafle →COMPLETE RECORDING
■AMAZON MP3 Assassin's Creed - Revelations, Vol. 1 (Single Player) [Original Game Soundtrack] - Jesper Kyd & Lorne Balfe →SINGLE PLAYER VOL.1
■AMAZON MP3 Assassin's Creed - Revelations, Vol. 2 (Single Player) [Original Game Soundtrack] - Jesper Kyd & Lorne Balfe →SINGLE PLAYER VOL.2
■AMAZON MP3 Assassin's Creed - Revelations, Vol. 3 (Multiplayer) [Original Game Soundtrack] - Lorne Balfe →MULTI PLAYER

 ついに完結するアサシン・クリードシリーズ。近未来の世界と中世ヨーロッパをリンクするSFアクションがどういう結末を迎えるのか興味はあるのだが、2作目までプレイして諸般の事情で続編は手を出していないのだった。
 サントラは例によってダウンロードのみ。4つもあるが、ややこしい話ではなくて、COMPLETE RECORDINGが他の3つをまとめた完全版で、他の3つはバラ売り。
 音楽はシリーズとおして担当したジャスパー・キッドに加えて、RC所属で『シャーロック・ホームズ』などでハンス・ジマーと共作したローン・バルフェも担当。マルチではバルフェのみ。


Assassincreed1アサシン・クリード

■AMAZON MP3
Assassin's Creed (Original Game Soundtrack) - Jesper Kyd

 1作目。


Assassincreed2アサシン・クリード2

■AMAZON MP3
Assassin's Creed 2 (Original Game Soundtrack) - Jesper Kyd

 2作目。


Assassincreed3アサシン・クリード:ブラザーフッド

■AMAZON MP3
Assassin's Creed Brotherhood (Original Game Soundtrack) - Jesper Kyd

 3作目。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月15日 (火)

Greatest Video Game Music

Greatest Video Game Music

■AMAZON
■AMAZON MP3
The Greatest Video Game Music (Bonus Track Edition) - Andrew Skeet & ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団

 ゲームミュージックのコンピレイション。演奏はロンドン・フィルハーモニック管弦楽団。ゼルダの伝説、ス^パーマリオ・ブラザーズやFF、メタルギアソリッドなど日本のゲーム、アンチャーテッド、FALLOUT、OBLIVION、コール・オブ・デューティ4など海外のゲームまで。
 CDとダウンロードがあるが、CDは21曲収録。ダウンロードはAMAZONとiTUNESで22曲目が追加されており、しかも、別の曲。AMAZONにはデッドスペース、iTUNESにはファイナルファンタジー8。値段も違うので、ダウンロードならAMAZONで全曲買って、ITUNESで23曲目だけ買うと一番安い(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フライト・ナイト

 マイナー作品のDVDやBDを発売するTWILIGHT TIMEレーベルからの新作。

Frightnightbdフライト・ナイト(1985)
FRIGHT NIGHT

■SAE

 INTRADAからスコア盤サントラがリリースされたばかりだが、BDが発売になる。恐らく初めてのBD。12月13日発売。音声・字幕は英語のみ。
 ブラッド・フィーデルのミュージックトラック収録。
 限定3000枚

MysteriousislandbdSF巨大生物の島(1961)
MYSTERIOUS ISLAND

■SAE

 同じTWILIGHT TIMEレーベルから先に発売になったのがこちら。レイ・ハリーハウゼンのダイナメーション作品。音声・字幕は英語のみ。
 バーナード・ハーマンのミュージックトラック収録。
 限定3000枚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PHASE 7

Phase7PHASE 7(2011)

■HOWLIN' WOLF
■SAE
■@TOWER

 アルゼンチンのSFホラーコメディ。
 音楽は地元アルゼンチンのギレルモ・ギアレッチ。懐かしのチープなシンセスコア。
 限定1000枚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

INTRADAの新譜2011/11/15

21hoursatmunichテロリスト・黒い九月(1976)
21 HOURS AT MUNICH

■INTRADA
■@TOWER

 スピルバーグの『ミュンヘン』と同じ1972年のミュンヘンオリンピックでのテロ事件を描いたTV映画。ウィリアム・ホールデン、フランコ・ネロ、アンソニー・クエイル出演。
 音楽はローレンス・ローゼンタール。モノラルの音源からの初サントラ化。

It2cdIT/イット(1990)
IT

■INTRADA
■@TOWER

 スティーヴン・キングの原作を映像化したTVミニシリーズ。少年期と成人後の2部作で、合計191分(国によって時間が違う)。監督は『ハロウィン3』などのトミー・リー・ウォレス。キング作品の映画化の悪い例で、それまでの過程がどれだけ出来がよくても、最後にはただのモンスター映画(しかもしょぼい)になってしまった作品。
 音楽はTV畑のリチャード・ベリス。エミー賞受賞スコア。初サントラ化で映画と同じく前半後半にわけた2枚組。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月11日 (金)

インモータルズ-神々の戦い-

Immortals_ver10インモータルズ-神々の戦い-

 せっかくなので、11・11・11に観てきた。
『落下の王国』や『ザ・セル』で独特の映像を見せてくれたターセム・シン監督がギリシャ神話を題材にして撮ったアクション。『300』の製作陣ということで、コミックを完全再現した(だけ)のあの暑苦しい映像を思い浮かべるが、果たして?
 ハイペリオン王は自らの野望のために、かつて神々との戦いに敗れて封印されたタイタン族を蘇らせようとする。ゼウスはそれを阻止せんと、自らが育てたテセウスを送り出す。ハイペリオンはミッキー・ローク、ヒロインになるフェードラ(パイドラ)に『猿の惑星創世記』のフリーダ・ピント、主役テセウスに新スーパーマンのヘンリー・カヴィルなど。面白いのはゼウス役のルーク・エヴァンス。今公開中『三銃士』でアラミスも演じているが、リメイク版『タイタンの戦い』ではアポロを演じていた。えらい昇格ですな。それとヘンリー・カヴィルが角度によって沢村一樹に見えて仕方がなかったのは付け加えておく。他にジョン・ハート、スティーヴン・ドーフなど。

『300』はコミックの構図やカット割りにこだわったが、こちらは監督の自由な想像ですべてのカットが形作られている。ストーリーもギリシャ神話の元になった事件は実際にはこうだったというスタンスなのか、神話の事件が形を変えて織り込まれている。話運びもテンポもいいので、あれよあれよというまにクライマックス。筋肉は堪能できるが、『300』よりもさっぱりめ。ラストの戦いは『ロード・オブ・ザ・リング』を観ているような錯覚も。
 監督とのコンビ3作目の衣装デザイン石岡瑛子の仕事も印象的。
 血しぶきは容赦なく飛ぶので人を選ぶが、絵画のような絵と、イマジネイションは見る価値あり。

 どうでもいいかもしれんが、IMMORTALはイモータルと発音するんだが……。マイケル・ジャクソンの新譜とかぶったのであえておかしな発音にしたのか?

Immortalsインモータルズ/神々の戦い
IMMORTALS

■AMAZON

 サントラ。RC所属のトレヴァー・モリス。1970年カナダ生まれの41歳。TVシリーズ『THE TUDORS~背徳の王冠~』などTVやゲーム音楽が多い。いかにRC的なオケ+シンセにパーカッションがかなり導入されていて、『ダークナイト』以降のRCサウンドだ。スコアの軽快さも映画の印象を少し明るくするのに貢献している。単純に格好いいスコアも多いので、RCスコア好きなら要チェック。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バンデットQ

バンデットQ 製作30周年記念 スペシャル・エディション

■AMAZON→BD
■AMAZON→DVD

2012年2月22日発売
 タイム・バンディッツと呼びたいが、邦題なのでしょうがない。テリー・ギリアム監督の児童ファンタジー(え?)の大傑作、ついにBD化!
 本編最新HDマスター使用!ワイドスクリーン&5.1ch.サラウンド!もちろんオリジナル全長版!
 日曜洋画劇場放送版の日本語吹替え音声を初収録!(吹替え音声の無い箇所は、英語音声・字幕)
 テリー・ギリアム監督の最新インタビューを映像特典として初収録!
 封入特典:解説リーフレット(予定)

Gone Troppo

■AMAZON→輸入盤
■AMAZON→邦盤
■AMAZON MP3
Gone Troppo (Remastered) - George Harrison

 エンディングに流れるプロデューサーでもあるジョージ・ハリスンの『オライナエ(DREAM AWAY)』が収録されているのはこちら。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月10日 (木)

SCREAM WORKSレーベル

 MovieScore Mediaレーベルのサブレーベル、SCREAM WORKSからのリリース。ホラー/オカルト専門レーベルということだ。しばらく前からリリースがあったのだが、手が回らなかったので一気に。

Psalm21ザ・クロス エクソシストの闇(2009)
PSALM 21

■SAE
■@TOWER
Psalm 21 (Original Motion Picture Soundtrack) - Christer Christensson

 スウェーデンのオカルト。
 音楽はクリスター・クリステンセン。
 初回プレスは500枚。


Stakelandステイク・ランド 戦いの旅路(2010)
STAKE LAND

■SAE
■@TOWER
Stake Land (Original Motion Picture Soundtrack) - Jeff Grace

 音楽はジェフ・グレイス。


DawningDAWNING(2009)

■SAE
■@TOWER
Dawning (Original Motion Picture Soundtrack) - Nathaniel Levisay

 音楽はナサニエル・ラヴィセイ。


HeartlessHEARTLESS(2009)

■SAE
■@TOWER
Heartless (Original Motion Picture Soundtrack) - David Julyan

 音楽はデイヴィッド・ジュリアン。


ManwhocollectedfoodTHE MAN WHO COLLECTED FOOD(2010)

■SAE
■@TOWER
The Man Who Collected Food (Original Motion Picture Soundtrack) - Daniel Alcheh

 音楽はダニエル・アルケ。


ShrineTHE SHRINE(2010)

■SAE
■@TOWER
The Shrine (Original Motion Picture Soundtrack) - Ryan Shore

 音楽はライアン・ショア。


PresenceTHE PRESENCE(2010)

■SAE
■@TOWER
The Presence (Original Motion Picture Soundtrack) - Conrad Pope

 音楽はコンラッド・ポープ。


ComfortingskinCONFRONTING SKIN(2011)

Comforting Skin (Original Motion Picture Soundtrack) - Alain Mayrand

 音楽はアラン・メイランド。ダウンロードのみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

The Hobbit - Production Diary Video #4

『ホビット』の撮影日誌第4弾。順調に撮影が進んでいるのがわかる。ワトソンもといビルボやガンダルフなどメインも登場。
 しかし、今回のメインは3Dカメラでの撮影の様子。そう、3Dカメラを使った本格的な3D映画になるのだ。今までのところ、3Dカメラを使った実写の3D映画は『アバター』や『バイオハザード4』など数少ない。その他は後から3D処理をしただけなのである。ピーター・ジャクソンのお手並み拝見。しかし、ふと疑問なのは、LOTRで使ったローテクによるホビットの描写が3Dカメラだと使えないんじゃないかということ。CG処理にするんだろうか。
 それにしても、段々と元に戻ってきてるなぁ、体型が(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TERRA NOVA

TerranovaTERRA NOVA

 この秋からアメリカで放映開始したスピルバーグ製作総指揮のSFTVシリーズ。現在のところ、4話まで放送済み。日本でも2月からFOXチャンネルで放映開始。第1話90分を見たので紹介。
 人口が爆発的に増えた未来。子供はふたりまでで、それ以上は犯罪となってしまう。主人公は警官だが、密かに3人目を育て、それが発覚して投獄されてしまう。その頃、人口の一部を過去に送り込んで植民地にする計画が進んでおり、主人公一家はそこにまぎれ込むことに成功。過去に逃れる。一家は塀で囲われた植民地での生活を始める。しかし、そこは恐竜が跋扈する白亜紀。対立する組織(?)や謎もあって……。
 ほぼ無名の俳優を使っており、一番名のあるのは植民地のリーダーで軍人のスティーブン・ラング(『アバター』のクオリッチ大佐)くらいか。TVとは思えないくらいの予算をつぎ込んでいるので、CG恐竜の出来はなかなか凄い。ディプロドクスやカルノタウルスなどが登場。
 音楽は『世界侵略ロサンジェルス決戦』のブライアン・タイラー。まあ、アクションシーンはいつもの感じ。
 予告編はこちら。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 8日 (火)

さよならジュピターをつくったわけ-小松左京とSF映画の時代

Bbjさよならジュピターをつくったわけ-小松左京とSF映画の時代

著:下村 健樹

■DL-MARKET

 あの『さよならジュピター』の舞台裏を川北紘一や樋口真嗣など関係者、小松左京事務所・株式会社イオなどに取材して明らかにするノンフィクション。それだけではなく、当時のパニック映画ブームから『スター・ウォーズ』へ続くハリウッド映画の舞台裏とBBJとの関係についても解き明かす。BBJに興味はなくても、ハリウッドSF映画が好きならその章だけでも読む価値あり。小松左京のBBJに関する部分の伝記としても、BBJの記録としても、当時の日米特撮事情としても、非常におもしろい。個人的には13巻最後の方の樋口真嗣の言葉は納得。14巻の解釈めいた部分は言い訳めいて聞こえる。それを言ったからといってランクは上がらない。あと、まったく期待はしていなかったが、音楽については主題歌以外はまったくふれていなかったのは残念。小松左京がなにか希望を言ったのかどうか知りたかったのだが……。
 
 PDFでのダウンロードのみ。全14巻(正確には14章を章ごとに分売)の労作。昨年から順に発売になり、最後の14巻が先日発売された。1巻は無料、2巻以降は200円なので、全部買えば2600円。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 7日 (月)

QUARTET RECORDSの11月新譜

VerboVARBO(2011)

■QUARTET
■SAE

 スペインの新作ファンタジー。
 音楽はパスカル・ゲーニュ。

Quelle_strane_occasioniQUELLE STRANE OCCASIONI(1976)

■QUARTET
■SAE

 イタリアのコメディ・アンソロジー映画。
 音楽はピエロ・ピッチオーニ。CINEBOXのLPのCD化+初サントラ化音源の2枚組。
 限定500セット

Mari_del_sudMARI DEL SUD(2001)

■QUARTET
■SAE

 スペイン・イタリア合作のコメディ。
 音楽はベルナルド・ボネッツィ。初サントラ化。
 限定500枚

La_morte_scende_leggeraLA MORTE SCENDE LEGGERA(1972)

■QUARTET
■SAE

 イタリアのサスペンス。
 音楽はラロ・ゴリ。初サントラ化。
 限定500枚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ANONYMOUS

Anonymousもうひとりのシェイクスピア(2011)
ANONYMOUS

■AMAZON COM
Anonymous (Original Motion Picture Soundtrack) - Thomas Wander & Harald Kloser

 いつの間にやらこっそりと公開されていたローランド・エメリッヒ監督の最新作。シェイクスピア別人説をモチーフに、オックスフォード伯エドワード・ド・ヴィアを描く史劇。
 音楽はこのところずっと組んでいるトーマス・ヴァンダーとハラルド・クローサー。
 AMAZON.COMのCD-Rとダウンロードのみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 6日 (日)

The Elder Scrolls V:SKYRIM

Skyrim1The Elder Scrolls V:SKYRIM

■DIRECT SONG

Skyrim

 アメリカでは11月11日発売、日本版も一ヶ月遅れで12月8日に発売になるRPGシリーズ最新作、スカイリム。作り込んだ世界を自由に冒険できるというのが売りで、前作は欧米では幾多の賞を獲得している。実に5年ぶりとなる新作ではプレイヤーはドラゴンを倒すことのできる伝説の血族のひとりとなって世界を覆う闇と立ち向かう。
 音楽はシリーズ通してジェレミー・ソウル。ゲーム業界では受賞歴もあり、有名だ。過去のシリーズ作品は下記に紹介するように、このDIRECT SONGからのダウンロードのみだったが、今作はなんとCD4枚組のみ発売。発売日はゲームと同じ11月11日。12月23日までに注文すると、もれなく作曲家のサインがついてくるそうだ。ちなみに日本までの送料込みで現在(11月6日)のレートでは3000円少々。
 なお、iTUNESでの取り扱いも予定されている。

11月24日追記:オーダーしていたところ、ようやく工場から入荷したので、これからサインしてもらって発送するとのこと。届くまでもう2週間ほどかかりそう。
12月25日追記:ようやく到着。4枚目はアトモスフィアということで環境音が入った状態でCD一枚でトラックの区切りなし。癒し向け? あるいはTRPGの雰囲気に? ちなみにまだゲーム本編はクリアしていない。これから会議をやるところ。物語性がアップしてるなぁ。

 メインテーマとなる予告編に使用された曲はこちら。これまでのイメージよりも骨太になっている。

 音楽についてのメイキングムーヴィー。

MorrowindThe Elder ScrollsIII:MORROWIND

■DIRECT SONG

 過去のシリーズも2作品販売されているが、どちらも独占販売でダウンロードのみ。iTUNESやAMAZONでは扱っていない。
 こちらはシリーズ3作目のモローウィンド。


OblivionThe Elder ScrollsIV:OBLIVION

■DIRECT SONG

 前作となるオブリビオン。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ダウンロードゲームサントラ

 新作ゲームサントラが4作品あったので、ピックアップ。

コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3
Call of Duty: Modern Warfare 3

■AMAZON MP3
Call of Duty: Modern Warfare 3 - Brian Tyler

2011/11/08発売
 アクティヴィジョンの大ヒットFPSゲームシリーズ最新作。
 この分野はジマーなどのRC勢が多かったが、今回は『世界侵略ロサンゼルス決戦』のブライアン・タイラーになった。

デウスエクス
Deus Ex: Human Revolution

■AMAZON
■AMAZON MP3
Deus Ex: Human Revolution

2011/11/15発売
 SFアクションゲームの新作。シリーズ2作目か。日本ではスクウェアエニックスからの発売になる。
 音楽はミシェル・マッカン。シンセミュージック。これはCDも出る。


Skylanders: Spyro's Adventure

■AMAZON MP3
Skylanders - Spyro's Adventure (The Official Orchestral Score) - ハンス・ジマー & Lorne Balfe

2011/10/24発売
 アメリカでは人気のスパイロという子供のドラゴンを主人公にしたアクティヴィジョン製のゲーム。PS3、XBOX360、Wii、3DSで発売になっているが、日本では未発売。
 サントラはメインテーマをハンス・ジマー、スコアをローン・バルフェが担当している。

HALO COMBAT EVOLVED

■AMAZON
■AMAZON MP3
Halo: Combat Evolved Anniversary (Original Soundtrack) - Various Artists

2011/11/15発売
 ヘイローシリーズの新作。CDの方がずっと安い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 5日 (土)

第7鉱区

Sector_7_ver3第7鉱区
SECTOR 7

 韓国の海洋モンスターホラー。九州の西側、東シナ海にある石油採掘区域に浮かぶボーリング船を襲う謎のモンスターと作業員たちとの戦いを描く。監督は『光州5・18』のキム・ジフン、主人公に『チェオクの剣』のハ・ジウォン、『シルミド』のアン・ソンギなど。1985年に深海作業中に地震の影響で海底から出現したクリオネのような生物。発見した作業員はその時の事故で生死不明に。そして、現在、作業員の娘は父を探すために作業員となり、無鉄砲と呼ばれていた。作業中にクリオネ状生物を発見し、研究員が飼育することに。一方、石油が出ないため、撤退命令が下るが、娘は反対。当時の船長が引き上げのために派遣されてくる。娘はもう一度試掘させてくれと頼み、船長は会社を説得するといってOKした。そして、無事石油は出たが、乗務員が次々と殺されていく……。

 韓国でモンスターというと『グエムル』が思い浮かぶが、あれよりはストレートなモンスターとの戦いがメイン。――なんだが、なんだろう、この情けなさは。登場人物はひねってあるようで、実は見たまんまで意外性なし。展開やら設定は今さらながらの『エイリアン』そのまま。伏線のようだが意味のない描写。合成そのものは上手いが、スピード感ゼロのバイクシーン。とどめは汚いだけで魅力のないモンスターデザイン。元の生物がどうなったら、あんな姿になるのか説明なし。ラストバトルもしつこくすればいいってもんじゃない。そして、3D。見たのは2D版だったが、3Dで観たいかと言われればNOだ。韓国初の3D大作という触れ込みだが、なんで暗いシーンの多い作品で3Dをやる? 暗いシーン対策なのか、モンスターが妙に明るくテカテカ光ったり、燃えたりしていたが、それがまた質感を悪くしてるように思えた。つまり、嘘くさくて気味悪くない。
 それらすべて置いておくとしても、最悪だったのは観ている間、一度も怖いとも燃えるとも思った瞬間がなかったこと。
 音楽はRC系の音だったが、特に印象なし。
 久しぶりにダメだと言い切れる映画だった。
 日本公開は11月12日より。3D&2Dで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 4日 (金)

FSMの新譜2011/11/04

 FSMの最後のリリースまで残り9枚。そのうちの2枚が発表された。

Gremlinsグレムリン(1984)
GREMLINS

■SAE
■@TOWER

 ついに登場! ジョー・ダンテ監督の代表作。スピルバーグの明部と暗部の両方を味わえる作品でもある。
 音楽はもちろんジェリー・ゴールドスミス。『トワイライトゾーン超次元の体験』の最終エピソードで使われたグレムリンのテーマを下敷きにしたグレムリンのテーマ、それと彼にしか書けないふざけた(!)形にしたエンドクレジット曲、グレムリンラグ。『E.T.』並にハートフルなモグアイのテーマ。もういうことのない傑作である。従来サントラはスコア4曲+挿入歌3曲収録のミニLP仕様のコンピレイションしか出ていなかったが、ついにフルスコア収録のサントラが発売になった。2枚組で1枚目にフルスコアとヴァージョン違いなどのボーナストラックを収録し、2枚目に従来アルバムすべて収録(マイケル・センベロやピーター・ガブリエルなども)した。
 限定なし!

NightwatchNIGHTWATCH(1965)
ザ・ビールス/恐怖の病原菌(1971)
KILLER BY NIGHT

■SAE
■@TOWER

 CBSのTV映画2本立て。ロバート・アルトマン監督によるサスペンスと、バーナード・マケヴィティ監督によるSFパニック。前者はシリーズのパイロット版として製作されたが、日の目を見ることもなく終わっているようだ。アメリカのTVではよくあることで、最近でも『ワンダーウーマン』が同じ目にあっている。
 前者がジョン・ウィリアムズ、後者がクインシー・ジョーンズ。どちらも初サントラ化。
 限定3000枚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 2日 (水)

MUSIC BOXの新譜

 フランスのMUSIC BOXレーベルから新譜2枚。

Overboard潮風のいたずら(1987)
OVERBOARD

■MUSIC BOX
■SAE
■@TOWER

 ゲイリー・マーシャル監督、ゴールディー・ホーン、カート・ラッセル主演のコメディ。海に落ちて記憶喪失になった金持ち女を助けたのは、彼女に怨みを持つ大工の男。鬱憤を晴らしてやろうと嘘をついて一緒に暮らし始めるが……。
 音楽はアラン・シルヴェストリ。初サントラ化。
 限定1000枚

Emmanuelle4エマニュエル(1984)
EMMANUELLE 4
サン・サルバドル/地獄の戦火(1982)
S.A.S. SAN SALVADOR

■MUSIC BOX
■SAE
■@TOWER

 ミシェル・マーニュが音楽担当した2作品のカップリング。どちらもLPと同内容。
 シルヴィア・クリステルの『エマニュエル夫人』の新装回転版で、ミア・ニグレン主演のシリーズ4作目と、アクション作品。
 限定1000枚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

THE LORD OF THE RINGS : WAR IN THE NORTH

LotrwarTHE LORD OF THE RINGS : WAR IN THE NORTH

■AMAZON MP3
The Lord of the Rings: War In the North - Original Video Game Score - Inon Zur

『指輪物語』の世界を舞台にしたコンシューマゲームのサントラ。
 音楽は『クライシス』などのアイノン・ズール。ダウンロードのみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

INTRADAのポリシー変更

Youngguns2ヤングガン2(1990)
YOUNG GUNS II

■INTRADA
■@TOWER

 INTRADAが限定盤のポリシーを変更して以来、初めて販売停止になったアルバムが出た。アラン・シルヴェストリの『ヤング・ガン2』だ。11月15日(現地時間)までの取り扱いになる。

 このポリシーは従来までの限定3000枚といった数量を明示しての限定をやめ、売れる間はプレスを繰り返すが、動きがなくなったらプレスを止め、期限を告知して販売停止するというもの。告知することで駆け込み需要が喚起され、在庫が減る効果も見込んでいるのだろう。
 もうひとつのポイントは転売屋の買い占めによって、適正価格で手にできないという事態を生まないことがある。実際、ショップと固定ファン、それに転売屋をあわせると、ほとんど1000枚が1日で売れてしまう。人気のある作品なら3000枚が1日だ。そして、オークションで数倍の価格で転売される(おまけにショップの中には「$150買ったら、プレゼント」などという客引きに使うところさえある)。INTRADAのポリシー変更は転売屋の抑止力としての効果も期待しているのだ。

 売れ行きをグラフで表せば、発売直後が最も山が高く、数日でがくんと落ち、その後は逓減するのはほとんどの商品で同じだろう。テール部分がどれだけ太く長くなるかが分かれ目だ。作品の知名度・人気や作曲家の人気に左右される。『ヤングガン2』の場合、固定ファンのいるシルヴェストリだが、作品の知名度や西部劇という題材のせいであまり売れ行きが芳しくなかったのだろう。スコアのレベルは非常に高いだけに残念だ。

 限定の枚数設定は難しい。消費者側からすれば多い方がよいと考えがちだが、果たしてそうか? たとえ1万枚だったとしても、売れなければ在庫となり、経営を圧迫する。そうなれば価格にも跳ね返る。おまけにこういった契約には期限というものがあるわけで、一定期間が過ぎれば販売権がなくなり、在庫は処分しなければならない。だから、確実に売れそうな枚数を設定するしかない。どんなものでも多めに設定していればどうなるかというと、先頃来年春でアルバム発売から撤退すると表明したFSMのようになる。ここは全体に多めの設定をし、ファンからは良心的と評されたが、3000枚限定だが、1500枚以下しか売れないまま、販売期間が終わり、結局1500枚はプレスすらされなかったアルバムもあった。こともあろうに、あのモーリス・ジャールの『ロイ・ビーン』なのだ。他にもかなり在庫を抱え、倉庫や発送の負担になったため、ショップであるSAEと提携したが、それでも経営はきつかったわけだ。

 それじゃダウンロードにすればいい。在庫も抱えないし、印刷も不要だし、発送作業もない。問題解決だ。
 そうだろうか? 実はダウンロードは資金回収がいつになるかわからないという問題がある。発売すれば確実に数日で1000枚以上の売り上げがあるCDと違って、ダウンロードは短期間に売れるものではない。いつでも買えるなら後回しにするのが人間だ。はっきり言ってサントラレーベルはどこも自転車操業に近いというのが実情だ。じっくり売っている余裕はない。

 同じ轍を踏まないように、そして、これからも良質なサントラをリリースし続けるために、こうしたポリシー変更は他のレーベルでもあり得るだろう。実際、MovieScore Mediaでは初回プレス500枚で場合によっては順次再プレスするという方針に変えている。
 で、今、営業的に一番心配なのはVARESE SARABANDEなんだが……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LA-LA LANDの新譜2011/11/09

 LA-LA LANDの限定盤サントラ。直販での受付は11月9日午前6時から。

Voyage地球の危機(1961)
VOYAGE TO THE BOTTOM OF THE SEA

■LA-LA LAND
■@TOWER

 アーウィン・アレンが製作した海洋SF。この後、『原子力潜水艦シービュー号』としてTVシリーズ化された。
 音楽はポール・ソーテルとバート・シェフター。FSMからリリースされていたものと内容は同じで、一部損傷のあったトラックを修復してある。50周年記念リリース。
 限定2000枚

Space_aboveandbeyond宇宙の法則(1995~1996)
SPACE: ABOVE AND BEYOND

■LA-LA LAND
■@TOWER

 エイリアンとの戦いを描く23話のTVシリーズ。
 音楽はシャーリー・ウォーカー。初サントラ化。3枚組。
 限定3000セット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 1日 (火)

リボルテック ピクサーフィギュアコレクション第1弾

 リボルテックからピクサーアニメを題材にした可動フィギュアシリーズが発売。

リボルテック ピクサーフィギュアコレクション No.001 ニモ

■AMAZON

2011/12/15発売
『ファインディング・ニモ』の主人公ニモ。付属品はオプションフェイス、ドリー(ミニサイズ)、サンゴ礁のベース。


リボルテック ピクサーフィギュアコレクション No.002 ウォーリー

■AMAZON

2011/12/15発売
『ウォーリー』の主人公ウォーリー。付属品は消火器、靴に入った植物、スクラップ、ハル。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

特撮リボルテック第20弾

特撮リボルテック SERIES No.034 海底軍艦

■AMAZON

2012/01/01発売
 SF特撮映画『海底軍艦』からキ×ガ×艦長が指揮する轟天号。自転車じゃありません(^_^;) リボルテックなのにジョイントが少ないなあ。スタンドにジョイントを着けてディスプレイで色々工夫ができる仕様。できれば、同じスケールでジョイント使いまくってマンダを発売すべき。それでジョイントの数でバランスがとれるよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

INTRADAの新譜2011/11/01

Thecoreザ・コア(2003)
THE CORE

■INTRADA
■@TOWER

 ジョン・アミエル監督による地球内部版『アルマゲドン』。
 音楽はクリストファー・ヤング。彼の作品では最大級のスケールがあるスコアだろう。単純にオケの規模からしても。サントラは同じINTRADAが2枚組プロモ盤を製作したが、プロモ盤といいながらプロモーション目的だけでなく商業的な販売をしていることが問題視され、販売できなくなり、同じヤングの"THE TOWER"購入者にプレゼントということになった。今回、初めて正規盤販売となる。プロモ盤よりも13分長くなって、100分収録。単純に曲が増えているわけではなく、微妙に編集も異なっている。

Raptureかもめの城(1965)
RAPTURE

■INTRADA
■@TOWER

 ジョン・ギラーミン監督によるフランス・アメリカ合作のドラマ。
 音楽はジョルジュ・ドルリュー。サントラはなく、6枚組BOXに6分の組曲が収録されているのと、本人による再録音が『しのび逢い』とのカップリングでリースされていたのみ。今回は作曲家本人が所持していたモノラルテープからのマスタリング。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »