« QUARTET RECORDSの11月新譜 | トップページ | TERRA NOVA »

2011年11月 8日 (火)

さよならジュピターをつくったわけ-小松左京とSF映画の時代

Bbjさよならジュピターをつくったわけ-小松左京とSF映画の時代

著:下村 健樹

■DL-MARKET

 あの『さよならジュピター』の舞台裏を川北紘一や樋口真嗣など関係者、小松左京事務所・株式会社イオなどに取材して明らかにするノンフィクション。それだけではなく、当時のパニック映画ブームから『スター・ウォーズ』へ続くハリウッド映画の舞台裏とBBJとの関係についても解き明かす。BBJに興味はなくても、ハリウッドSF映画が好きならその章だけでも読む価値あり。小松左京のBBJに関する部分の伝記としても、BBJの記録としても、当時の日米特撮事情としても、非常におもしろい。個人的には13巻最後の方の樋口真嗣の言葉は納得。14巻の解釈めいた部分は言い訳めいて聞こえる。それを言ったからといってランクは上がらない。あと、まったく期待はしていなかったが、音楽については主題歌以外はまったくふれていなかったのは残念。小松左京がなにか希望を言ったのかどうか知りたかったのだが……。
 
 PDFでのダウンロードのみ。全14巻(正確には14章を章ごとに分売)の労作。昨年から順に発売になり、最後の14巻が先日発売された。1巻は無料、2巻以降は200円なので、全部買えば2600円。

|

« QUARTET RECORDSの11月新譜 | トップページ | TERRA NOVA »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73118/53192369

この記事へのトラックバック一覧です: さよならジュピターをつくったわけ-小松左京とSF映画の時代:

« QUARTET RECORDSの11月新譜 | トップページ | TERRA NOVA »