« FSMの新譜2011/08/23 | トップページ | LA-LA LANDの新譜2011/08/31 »

2011年8月23日 (火)

INTRADAの新譜2011/08/23

Blackholeds_2ブラックホール(1979)
THE BLACK HOLE

■INTRADA
■@TOWER

 ディズニーとのコラボ第2弾。
 SF超大作として宇宙版海底二万里というスタンスで製作された。マクシミリアン・シェル、アンソニー・パーキンス、アーネスト・ボーグナインなどの出演。洗濯機の渦を使って表現されたブラックホールが斬新だった(^_^;)
 音楽はジョン・バリー。当時LPが出たきりで、今回が初CD化。しかも、完全盤で20分以上増えている。映画音楽として初めてデジタル録音された作品でもある(同時期公開の『スタートレック』もそれが売りだったが、製作の遅れなどから考えると、恐らくこちらの方が先だろう。詳しくは双方の録音データを確認してみないといけないが)。で、このどちらにもクレイグ・ハクスリーのブラスタービームが使用されているという妙な事実。その後にはほとんど聞かないが、多分、シンセに取って代わられたんだろうなぁ。
 限定なしの通常盤。

Black_hole_lp 追記:←のLPジャケットと同じだと思ってたが、見比べてみると、なんだかちょっと派手になってる(^_^;) バックの光の具合・光輝の数など明らかに別だ。

 リーフレットにはディズニーとの提携の恩恵として、デザイン画や録音風景が複数ある。
 内容は劇場公開時にもあった序曲(昔の大作にはあった画面真っ暗で音楽だけ流す演出。同時期の『スター・トレック』にもあったのは不思議な一致)から、シーン順に23曲。ボーナスとして使用されなかったアナログシンセで演奏されたエンドタイトルを収録。どっしりした序曲とメインテーマは宇宙というより、やはり深海。バリーのお馴染みのフレーズもあるが、それも深い闇に飲み込まれるようでぴったり合っている。
 録音は3Mデジタルレコーダーということで、まずはプレーヤーを探さないと再生すらできないという。なんせ、サンプリングレートが50kHz(CDは44.1kHz)なのだった。もし、プレーヤーがなければ一旦アナログに変換し、デジタルでリマスタリングし直す必要があったという。あってよかった。おかげで音質は良好。デジタル機器はアナログよりも進化が速い分、もろい面もあるということが実感できる。

Battlestargalacticav2ds_2宇宙空母ギャラクチカ(1978~1979)
BATTLESTAR GALACTICA VOL.2

■INTRADA
■@TOWER

『スターウォーズ』旋風吹き荒れる中、製作されたTVシリーズ。日本では劇場版としてパイロット版を再編集した『宇宙空母ギャラクティカ』が封切られたが、その後、TVシリーズが放映された際、『宇宙空母ギャラクチカ』となった。理由は「新聞のTV欄に入りきらないから」というトホホなもの。というわけで、これがギャラクチカのサントラ。
 音楽はスチュー・フィリップス。以前、vol.1としてパイロット版の完全盤サントラがリリースされたが、今回はオリジナルのTVシリーズのうち、前後編で構成される2話――『銀河伝説!惑星コボルの秘密』"The Lost Planet of the Gods"と『悪魔の新兵器!サイロン軍団総攻撃』"The Gun on Ice Planet Zero"を収録した2枚組。初サントラ化。
 限定1500セット

|

« FSMの新譜2011/08/23 | トップページ | LA-LA LANDの新譜2011/08/31 »

サントラ情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: INTRADAの新譜2011/08/23:

« FSMの新譜2011/08/23 | トップページ | LA-LA LANDの新譜2011/08/31 »