« ハンナ | トップページ | 特撮リボルテック第16弾 »

2011年5月31日 (火)

INTRADAの新譜2011/05/31

Masada2炎の砦マサダ(1981)
MASADA

■INTRADA
■@TOWER

 実話に基づいたアーネスト・K・ガンの小説を4エピソード6時間半のTVミニシリーズとして映像化した史劇。出演はピーター・オトゥール、ピーター・ストラウス、バーバラ・カレラ、デヴィッド・ワーナーなど。
 マサダとはヘブライ語で要塞という意味であり、元々紀元前120年頃に断崖絶壁の上に建設され、その後、ヘロデ大王が改修たもの。紀元66年にローマ帝国とユダヤの戦争が始まり、エルサレムが陥落した後、1000人近いユダヤ人がエルアザル・ベン・ヤイルに率いられてマサダに立てこもった。ローマ軍が包囲し、ユダヤ人は2年近く抵抗したが、73年ついに攻め落とされた。陥落直前にユダヤ人たちはほとんど全員が集団自決した。マサダは現在では観光スポットとして整備され、2001年に世界文化遺産に登録された。
 音楽は前半2エピソードをジェリー・ゴールドスミス、後半2エピソードをゴールドスミスのモチーフを生かしてモートン・スティーヴンスが担当した。ゴールドスミスは第2エピソードでエミー賞を受賞し、スティーヴンスは第4エピソードでノミネートされている。これまではゴールドスミスが自身の担当した部分をロンドンで再録音した36分のアルバムしかなかったが、今回はサントラ音源での完全盤。1枚目にゴールドスミスのスコア75分、2枚目にスティーヴンスのスコア73分を収録。特にローマ軍のマーチやアクションスコアなど再録音には未収録だったスコアに期待。再録音アルバムもレアになっているので、これは意味のあるリリースだ。ユダヤの旋律を生かしたモチーフは耳に残るし、自作自演集でも取り上げただけにゴールドスミスも気に入っているのだろう。
 限定5000セット


|

« ハンナ | トップページ | 特撮リボルテック第16弾 »

サントラ情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: INTRADAの新譜2011/05/31:

« ハンナ | トップページ | 特撮リボルテック第16弾 »