« FRIGHT NIGHT | トップページ | タンタンの冒険:ユニコーン号の秘密 »

2011年5月17日 (火)

INTRADAの新譜2011/05/17

CityoffearCITY OF FEAR(1959)

■INTRADA
■@TOWER

『青春のさまよえる時』のアーヴィンブ・ラーナー監督によるスリラー。放射性物質を持って逃亡する脱獄囚と、それを追う科学者を描く。
 音楽はジェリー・ゴールドスミス。劇場映画2作目。これまではドイツで発売された怪しげなCDに組曲が収録されていただけだったが、今回はフルスコア。ピアノはジョン・ウィリアムズ。
 限定2000枚

ObservationsOBSERVATIONS

■INTRADA
■@TOWER

 珍しく映画音楽ではなく、純音楽。
 2009年にグリフィス天文台で行われたコンサート。ちょうどガリレオ・ガリレイの発見から400年、月到達40年ということで宇宙飛行士記念の年で、惑星直列のプログラムの一環だったようだ。
 売りは『ブルーサンダー』などのアーサー・B・ルービンスタインによる“Observations”の初演。ナレーションはレナード・ニモイ。コンサートの後にナレーションなしでスタジオで録音したバージョンも収録。
 他に収録されたのは17世紀から各世紀毎に宇宙をテーマにした4曲。クラウディオ・モンテヴェルディによるオペラ『オルフェオ』からルービンスタインのオーケストレイターであるマーク・ホダーが編曲した曲。ジャン=フィリップ・ラモーによる『カストールとポリュックス』、アンリ・デュパルクの『夜想詩曲:星たちへ』。サックスが入った編成で有名なダリウス・ミヨーの『世界の創造』。オケはルービンスタインの指揮によるSymphony In The Glen orchestra。
 限定なしの通常盤

|

« FRIGHT NIGHT | トップページ | タンタンの冒険:ユニコーン号の秘密 »

サントラ情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: INTRADAの新譜2011/05/17:

« FRIGHT NIGHT | トップページ | タンタンの冒険:ユニコーン号の秘密 »