« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月の記事

2011年2月28日 (月)

ドーバー海峡殺人事件

Ordealbyinnocenceドーバー海峡殺人事件(1984)
ORDEAL BY INNOCENCE

■KRITZERLAND
■SAE
■@TOWER

 アガサ・クリスティの『無実はさいなむ』の映画化。キャノン・フィルム製作で、『タイタンの戦い』などのデズモンド・デイヴィス監督、ドナルド・サザーランド、フェイ・ダナウェイ、クリストファー・プラマー出演。
 音楽はデイヴ・ブルーベックだが、こちらはピノ・ドナジオのボツスコア。ドナジオがすべて終えた後、再編集と追加撮影が行われてしまい、すでに他の仕事に取りかかっていたドナジオはこれ以上時間を割けなかったため、ボツになってしまった。今でもよくある話だ。17分の組曲としてコンピレーション盤に収録されていたことはあるが、もちろん初アルバム化。
 なお、採用されたブルーベックのスコアもアルバム化されていない。
 限定1000枚


| | コメント (0) | トラックバック (0)

特撮リボルテック第13弾

特撮リボルテック SERIES No.026 ガメラ[1967]

■AMAZON

2011/05/01発売
 今回もひとつだけ。昭和ガメラ。飛行形態への変形パーツつき。首は体に収納(^_^;) さすがカメ! 先に出た平成ガメラと並べると違いがはっきりわかる。
 次回は昭和ギャオスのようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月27日 (日)

The Classic Film Scores

 RCAレーベルのThe Classic Film Scoresを統一ジャケットデザイン&廉価版として再発売。なんと、13枚全部買っても11538円!(書き込み時)
 1920年代から50年代までのドイツ後期ロマン主義の影響を受けたシンフォニックスコアをナショナル・フィルハーモニックによる優良演奏&録音でお届けする。1枚を除いて、チャールズ・ゲルハルト指揮。
 古典映画音楽に興味はあるけど、昔のは音もいまいちだし、演奏もオケも古くさいし、サントラを買うのもなぁという人にはぴったりのアイテムです。

Citizen Kane: The Classic Film Scores of Bernard Herrmann

■AMAZON

2011/03/01発売
 バーナード・ハーマン作品集。収録作品は、危険な場所で、市民ケーン、十二哩の暗礁の下に、戦慄の調べ、蛮地の太陽。


Spellbound: The Classic Film Scores of Miklos Rozsa

■AMAZON

2011/03/01発売
 ミクロス・ローザ作品集。収録作品は、赤い家、バグダッドの盗賊、失われた週末、四枚の羽根、深夜の告白、円卓の騎士、ジャングル・ブック、黒騎士。


Sunset Boulevard: The Classic Film Scores of Franz Waxman

■AMAZON

2011/03/01発売
 フランツ・ワックスマン作品集。収録作品は、Prince Valiant、陽のあたる場所、フランケンシュタインの花嫁、サンセット大通り、旧友、レベッカ、フィラデルフィア物語、隊長ブーリバ。


Now Voyager: The Classic Film Scores of Max Steiner

■AMAZON

2011/03/01発売
 マックス・スタイナー作品集。収録作品は、情熱の航路、キング・コング、 サラトガ本線、進め龍騎兵、Four Wives、三つ数えろ、ジョニー・ベリンダ、君去りし後、男の敵、摩天楼。


Elizabeth & Essex: The Classic Film Scores of Erich Wolfgang Korngold

■AMAZON

2011/03/01発売
 エリッヒ・ヴォルフガング・コーンゴルト作品集。収録作品は、女王エリザベス、放浪の王子、風雲児アドヴァース、海の狼、愛憎の曲、Another Dawn、痴人の愛。


Laura/Forever Amber/Ban & Beautiful: Classic Film

■AMAZON

2011/03/01発売
 これのみデイヴィッド・ラクシンの自作自演集。ローラ殺人事件、悪人と美女、永遠のアムバア。


Bette Davis: Classic Film Scores for Bette Davis

■AMAZON

2011/03/01発売
 ベティ・デイヴィス主演作の音楽集。収録作品は、情熱の航路、愛の勝利、盗まれた青春、女王エリザベス、愛の終焉、追憶の女、イブの総て、黒蘭の女、森の彼方に、革命児ファレス、月光の女、凡てこの世も天国も。

 下記は既発売分。

Captain From Castile : The Classic Film Scores of Alfred Newman

■AMAZON

2010/10/19発売
 アルフレッド・ニューマン作品集。収録作品は、20世紀フォックス・ファンファーレ、街の風景、征服への道、嵐が丘、海の男、聖処女、無頼の群、追想、大都会の女たち、大空港、聖衣。


Sea Hawk : The Classic Film Scores of Erich Wolfgang Korngold

■AMAZON

2010/10/19発売
 エリッヒ・ヴォルフガング・コーンゴルト作品集。収録作品は、海の狼、痴人の愛、ロビン・フッド、Juaves、嵐の青春、永遠の処女、海賊ブラッド、風雲児アドヴァース、霧の中の戦慄、愛憎の曲、まごころ、嘆きのプレリュード。
 このうち、『嵐の青春』は以前書いたように『スター・ウォーズ』のメインテーマの元ネタ(もちろんそのままではない。あくまでもイメージ)である。


Gone With The Wind : Max Steiner's Classic Film Score

■AMAZON

2010/10/19発売
『風と共に去りぬ』をゲルハルトとスタイナーが共に組曲にした管弦楽作品。


Lost Horizon : The Classic Film Scores of Dimitri Tiomkin

■AMAZON

2010/10/19発売
 ディミトリ・ティオムキン作品集。収録作品は、失はれた地平線、ナバロンの要塞、果てしなき蒼空、The Fourposter、友情ある説得、世界の楽園。


Captain Blood : The Classic Film Scores For Errol Flynn

■AMAZON

2010/10/19発売
 エロール・フリン主演作の作品集。収録作品は、ドン・ファンの冒険、海の狼、海賊ブラッド、They Died With Their Boots On、無法者の群、Object Burma、陽はまた昇る、ロビン・フッド。


Casablanca : The Classic Film Scores for Humphrey Bogart

■AMAZON

2010/10/19発売
 ハンフリー・ボガート主演作の作品集。収録作品は、カサブランカ、渡洋爆撃隊、黄金、三つ数えろ、ケイン号の叛乱、脱出、ふたりの妻、麗しのサブリナ、神の左手、サハラ戦車隊、ヴァージニアの決闘、キーラーゴ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月25日 (金)

FSMの新譜2011/02/25

Ispyアイ・スパイ(1965~1968)
I SPY vol.2 THE LPs

■SAE
■@TOWER

 TVシリーズのサントラ第2弾。先にサントラがリリースされていたが、今回は再録音された2枚のLPをCD化。追加などはなし。
 音楽はアール・ハーゲン。
 限定なしの通常盤。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月24日 (木)

BSXの新譜2011/02/24

 直販は積極的に進められないBUY SOUNDTRAXの新譜。直販の場合、先着100枚にはサイン入り。

Megaforceメガフォース(1982)
MEGAFORCE

■BSX
■SAE
■@TOWER

 レイモンド・チョウ製作総指揮、ハル・ニーダム監督という『キャノンボール』スタッフによって作られた特殊部隊を描いたアクション。『スタートレック』のパーシス・カンバータも出てたっけなぁ。
 音楽はTVシリーズ『ダラス』などのジェラルド・イメル。シンセによる軽いスコア。シンセオペレートとしてクレイグ・ハクスリー(『スタートレック』で使ったビームの考案者)が参加。初サントラ化。
 なお、主題歌は未収録で、下記アルバムに収録。
 限定1000枚

Mega Force/707

■AMAZON
■@TOWER

 主題歌『メガフォース』を収録した707のアルバム。3枚のアルバムをリリースしているが、このアルバムが傑出しているのはヴォーカリストにケヴィン・チャルファントが参加しているから。あのJOURNEYのスティーヴ・ペリーとかなり近い声質をもち、ペリー脱退後の代役候補になったほど。しかも、タイトル曲はJOURNEYのキーボーディストであるジョナサン・ケインの作曲。他もまずまずのクオリティのメロディアスハードが揃っている佳作。

Perkins_14JIGSAW デッド・ゾーン(2009)
PERKINS' 14

■BSX
■SAE
■@TOWER

 日本ではJIGSOWシリーズとしてビデオスルーとなっているが、単独作。子供が誘拐される事件が相次ぎ、主人公の警官も息子を誘拐され、捜査を始める。そして、地下室に閉じ込められた子供たちを発見するが……。
 音楽はコンスタンティノス・クリスティード。もちろん初サントラ化。
 限定1000枚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月23日 (水)

2011年4月の新譜

 個人的に注目のサントラを月ごとに紹介するコーナー。情報が更新されたり、新しい情報が入った場合は適時追加されますのでご注意を。

YourhighnessYOUR HIGHNESS

■AMAZON

4月5日発売
『スモーキング・ハイ』などのデヴィッド・ゴードン・グリーン監督のファンタジー・コメディ。王子の花嫁が誘拐された。王子は奪還のために旅に出るのだが、役立たずの兄貴を連れていくハメになってドタバタが……。ドラゴンやドワーフといったファンタジーにつきもののキャラも登場。旅にからんでくる女戦士をナタリー・ポートマンが演じている。
 音楽はスティーヴ・ジャブロンスキー。

イースターラビットのキャンディ工場
HOP

■AMAZON
HOP - Original Motion Picture Soundtrack - Christopher Lennertz

4月5日発売
 実写と3Dアニメの融合で送るファミリーピクチャー。
 音楽はクリストファー・レナーツ。


Super

■AMAZON
Super (Original Motion Picture Soundtrack) - Tyler Bates

2011/04/05発売
『スリザー』のジェイムズ・ガン監督によるノンスーパーヒーロー物。妻をドラッグ中毒にされた冴えない男が覆面をかぶってヒーローになろうとする。レイン・ウィルソン、エレン・ペイジ、リヴ・タイラーなど。
 音楽は『スリザー』でも組んだタイラー・ベイツ。コンピレーションだが、スコアは17曲中7曲。

FRINGE Season 2

■AMAZON

4月5日発売(2月22日から延期)→5月3日に延期
 JJエイブラムズ製作のTVシリーズ。シーズン2のサントラ。
 音楽はマイケル・ジアッキーノのアシスタントでもあるクリス・ティルトン。シーズン1ではジアッキーノとの共同担当だったが、シーズン2では単独のようだ。

まのプーさん
Winnie the Pooh

■AMAZON

2011/04/11発売
 くまのプーさんのアニメ。
 音楽は『モンスターVS.エイリアン』などのRC系ヘンリー・ジャックマン。スコア8曲のコンピレーション。


ブルー 初めての空へ
RIO

■AMAZON

4月19日発売
『アイス・エイジ』の製作者による新作アニメ。
 音楽はジョン・パウエル。

ブルー 初めての空へ
RIO

■AMAZON

 4月5日発売でコンピレーション盤もあるのでご注意。


SCREAM 4

■AMAZON

4月19日発売
 シリーズ4作目。
 音楽は同じくマルコ・ベルトラミ。

SCREAM 4

■AMAZON

 4月12日発売のコンピレーション盤もあるのでご注意を。


Source Code

■AMAZON
Source Code (Original Motion Picture Score) - Chris Bacon

2011/03/29発売
 デイヴィッド・ボウイの息子で『月に囚われた男』のダンカン・ジョーンズ監督。ジェイク・ギレンホール、ミシェル・モナハン主演。主人公の兵士は目覚めた時、自分が見知らぬ男の体に入っていること、そして、通勤列車の爆破犯人を突き止める作戦に組み込まれていることを知る。
 音楽はクリス・ベーコン。ジェイムズ・ニュートン=ハワードのオーケストレイターや指揮、追加音楽などを経て、アニメ"ALPHA AND OMEGA"で単独デビュー。


GANTZ PERFECT ANSWER

■AMAZON

4月20日発売
『GANTZ』の完結編。
 音楽は川井憲次。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オードリー・ローズ

Audreyroseオードリー・ローズ(1977)
AUDREY ROSE

■KRITZERLAND
■SAE
■@TOWER

 ロバート・ワイズ監督によるリインカーネーションを題材にしたオカルトドラマ。
 音楽はマイケル・スモール。MGMの倉庫で発見された状態のよくないモノラルマスターテープからマスタリング。初サントラ化。
 限定1000枚

| | コメント (1) | トラックバック (0)

LA-LA LANDの新譜2011/03/02

 LA-LA LANDの限定盤。

Moneytrainマネートレイン(1995)
MONEY TRAIN

■LA-LA LAND
■@TOWER

『愛がこわれるとき』などのジョセフ・ルーベン監督によるアクション。ウェズリー・スナイプス主演。
 音楽はマーク・マンシーナ。『スピード』の翌年だけあって、あの疾走路線。従来盤はコンピレイションで、スコアは組曲として1曲のみ収録だったため、スコアとしては初サントラ化。40分。
 限定3000枚

CopernicusstarCOPERNICUS' STAR(2009)

■LA-LA LAND
■@TOWER

 コペルニクスの生涯を描いたアニメーション作品で、ポーランド製作。
 音楽は『シングルマン』のアベル・コジェニオウスキ。1972年生まれの39歳。"BATTLE FOR TERRA"という傑作スコアを書いているが、まだリリースされない。こちらで本作も含めて色々試聴できる。フルオケで重厚路線が好きならお薦め。これからブレイクしそうなので、サイトで他の作品も要チェック。
 限定1000枚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クライシス2

Crysis2クライシス2

■AMAZON
■AMAZON MP3
Crysis 2 - Various Artists

4月12日発売
 PCで出た近未来SF・FPSゲームの続編は、PC/PS3/XBOX360のマルチプラットフォームになった。
 音楽はハンス・ジマー&ローン・バルフェという『シャーロック・ホームズ』や『インセプション』の師弟コンビ。まあ、どこからどこまでがジマーの仕事かわからないが。2枚組。
 以前お伝えしたように、LA-LA LANDではEAとの提携を進めており、これもその一環。恐らく本作の前に『メダル・オブ・オナー』BOXが出るはず。

3月8日追記:AMAZON MPSとiTMSでも3月22日発売で扱う予定だが、こちらはCD1枚分。恐らくCDは曲数が増えると思われる。作曲はジマーが3曲、他はボリスラフ・スロヴォフとティルマン・シレスクが担当しているようだ。

クライシス 2 特典「マルチプレイ専用ボーナスアイテム ダウンロードコード」付き

■AMAZON→PS3
■AMAZON→XBOX360
■AMAZON→PC

2011/03/24発売
 これがゲーム。前作はPC版しかなかったが、あまりにも高スペックのPCを要求されたので挫折した人が多かったとか(^_^;)


Crysis / Game O.S.T.

■AMAZON

 こちらが1作目のサントラ。
 音楽は数々のゲーム音楽を担当しているアイノン・ズール。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月22日 (火)

SOUND THE BELLS !

Sound the Bells !: Works for Brass Ensemble

■AMAZON
■AMAZON MP3
Sound the Bells! American Premières for Brass - The Bay Brass

 映画音楽ではなく、吹奏楽作品集。
 皇太子殿下と雅子妃の婚礼のためにジョン・ウィリアムズが作曲した吹奏楽曲『雅の鐘』こと"SOUND THE BELLS"を世界初録音。下のアルバムではオーケストラ編曲版となっているのだ。さらに2曲ジョン・ウィリアムズの初録音を収録。1980年にボストン市民オーケストラに委託された"FANFARE FOR A FESTIVE OCCASION"、1992年にフィリップ王子来訪を記念してボストン交響楽団の委託された"ALOFT... TO THE ROYAL MASTHEAD!"。
 他にブルース・ブロートンの"Fanfares,Marches,Hymns & Finale"やマイケル・ティルソン・トーマスなどを収録。収録時間でいえば、一番長いのはブロートンの曲。個人的にはこっちが目当て。ブロートンは代々吹奏楽の作曲家でもあり、アルバムも出している。その方面では有名なのだ。
 演奏はTHE BAY BRASS。サンフランシスコとサンホセのオケの金管奏者からなる一流メンバー。スカイウォーカー・スタジオにて録音。エンジニアはショーン・マーフィー。CDとコンパチのハイブリッドSACD。5.1ch収録。こういうのはダウンロードじゃなくてディスクが欲しくなる。

American Journey: Winter Olympics 2002

■AMAZON

2002/01/15発売
 ジョン・ウィリアムズの非映画音楽作品の自作自演集。この中にオーケストラ編曲版が収録されている。他はソルトレイクオリンピックのテーマ曲やNBCニュースのテーマなど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

INTRADAの新譜2011/02/22

 INTRADAの限定盤。

Cliffhangerクリフハンガー(1993)
CLIFFHANGER

■INTRADA
■SAE
■@TOWER

 トラウマのために山岳救助隊を辞め、案内人となっているスタローン。そこに救助要請が。しかし、それは現金強奪をした強盗団だった。レニー・ハーリン監督の間違いなく最高傑作。シルヴェスター・スタローン主演作としても最高の部類。悪役のジョン・リスゴウのキレた演技も冴えている。
 音楽は『ダーククリスタル』などのトレヴァー・ジョーンズ。前年に担当した『ラスト・オブ・モヒカン』と少し似ているメインテーマが雄大。従来盤は18曲50分のところ、今回は2枚組で28曲92分。新たなマスターからミキシングし直した完全版。演奏はロンドン・フィル。
 限定2000セット

Cliffhanger_scotti514455←前のジャケットがひどいので、それだけでもOK。


Kremlinletterクレムリンレター/密書(1970)
THE KREMLIN LETTER

■INTRADA
■SAE
■@TOWER

 ジョン・ヒューストン監督によるスリラー。ソ連で死んだスパイが持つ機密文書を巡るスパイの暗躍を描く。
 音楽はロバート・ドラスニン。初サントラ化。
 限定1000枚

Kremlinletterdvdクレムリンレター/密書(1970)
THE KREMLIN LETTE

■SAE

 実はこれはSAEが発売するDVDシリーズで発売され、ミュージックトラックがついているので、連動企画のようなもの。
 限定3000枚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月19日 (土)

エイリアンBD単品発売

 エイリアン・アンソロジーとして6枚組で出ていたものが単品でも発売になった。私のように1と2だけでいいという人には高額すぎたが、これで買いやすくなったか。もっとも、アンソロジーに収録されていた特典ディスク2枚はないわけだが。その代わり、ミュージックトラックはすべて収録されているので、サントラファンには問題なし(^_^;)
 各作品すべて"オプティカル・エンボス仕様"アウターケース付、劇場公開版/ディレクターズカットを収録。

エイリアン [Blu-ray]

■AMAZON

2011/04/22発売

エイリアン2 [Blu-ray]

■AMAZON

2011/04/22発売

エイリアン3 [Blu-ray]

■AMAZON

2011/04/22発売

エイリアン4 [Blu-ray]

■AMAZON

2011/04/22発売

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月17日 (木)

IN TREATMENT/DRIVE ANGRY 3D

IntreatmentIN TREATMENT(2008-2009)

In Treatment - Season 1 & 2 (Original Score from the HBO Original Series) - Richard Marvin

 TVシリーズのサントラ。サイトテラピーのサークルを舞台にしたドラマのようだ。エミー賞やゴールデングローヴ賞も受賞している。
 音楽はリチャード・マーヴィン。モーリス・ジャールやランディ・ニューマン作品でキーボードを担当し、『U-571』で豪快なスコアを書いてファンにも知られるようになった。その後、『サロゲート』などを担当したが、あまり表に出てこないまま。今回もダウンロードのみ。静かなキーボードのみのスコアのようだ。

DriveangryDRIVE ANGRY 3D

■AMAZON
Drive Angry (Original Motion Picture Score) - Michael Wandmacher

『ブラッディ・バレンタイン3D』のパトリック・ルシエ監督、ニコラス・ケイジ主演のアクション。娘を殺し、孫を誘拐した相手に復讐するため、地獄からやってきた男のアクション。
 音楽は『ブラッディ・バレンタイン3D』でも組み、『パニッシャー・ウォーゾーン』や『ピラニア3D』なども担当したデイヴィッド・ワンドマッチャー。

2月21日追記:CDも出るようなので追加。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月16日 (水)

Metropolis Symphony

 以前紹介したクリストファー・ティンの"CALLING ALL DAWNS"がグラミー賞のクラシカル・クロスオーバー・アルバム部門、『シヴィライゼーション4』のメインテーマにも使われた"BABA YETU"がヴォーカルつきインストルメンタル・アレンジ部門でダブル受賞しました。記事はこちら
 映画音楽関係では映画TVのベストスコアアルバム部門で『トイストーリー3』、、映画TVのベストコンピレイションアルバム/ベスト主題歌で『クレイジー・ハート』がそれぞれ受賞しました。
 で、他の受賞作を見ていて気になったのが、ベスト・クラシカルアルバム部門とベスト・オーケストラ・パフォーマンス部門にノミネートされ、後者で受賞したこの作品。

Metropolis Symphony / Deux Ex Machina

■AMAZON
ドアティ: メトロポリス・シンフォニー/デウス・エクス・マキナ(ウィルソン/ナッシュヴィル響/ゲレーロ) - Mary Kathryn van Osdale, Nashville Symphony Orchestra & Giancarlo Guerrero

 ジャケ絵とタイトルでわかるようにスーパーマンをモチーフにした現代クラシック作品です。マイケル・ドアティがスーパーマン生誕50周年の1988年に委嘱され、1993年に書き上げた五楽章からなる交響組曲。それぞれ、LEX、KRYPTON、MXYZPTLK、OH,LOIS!、RED CAPE TANGOと名付けられ、それぞれのイメージを膨らまして聴くとおもしろい。堅苦しいクラシックというよりはかなり現代的な音なので、聴きやすいと思います。
 もうひとつのデウス・エクス・マキナ――機械仕掛けの神はアメリカにおける鉄道の歴史をイメージしたピアノとオーケストラのための管弦楽。解説には鉄っちゃん必聴との断り書きが(^_^;) ジャンカルロ・ゲレーロ指揮、ナッシュヴィル交響楽団演奏。

 しかし、タワレコのクラシックコーナーでは同時に受賞したアーティストを宣伝しているのに、これだけ華麗に無視してやがった。


Fire & Blood / Motor City Triptych / Raise Roof

■AMAZON
Daugherty: Fire and Blood, MotorCity Triptych & Raise the Roof - Neeme Jarvi, Detroit Symphony Orchestra, Ida Kavafian & Brian Jones

 興味がわいたので、同じドアティの作品をもうひとつ。こちらはデトロイト交響楽団からの委嘱で、アメリカの工業の発展を題材にしたヴァイオリンと管弦楽のための『炎と血』、アメリカの自動車産業の発展を題材にした『モーターシティ・トリプティック』、ティンパニと管弦楽のための『屋根の上』。ネーメ・ヤルヴィ指揮、デトロイト交響楽団演奏。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月15日 (火)

ランディ・エデルマン

EdelmanRandy Edelman: The Pacific Flow To Abbey Road

■AMAZON

4月5日発売
 ランディ・エデルマンといえば『ブルース・リー物語』や『ドラゴンハート』最近では『ハムナプトラ3』などの映画音楽、しかも、フルオケを使った重厚な作品で知られているが、70年代から映画音楽をメインに手がけるようになるまではソングライターとして活動していた。バリー・マニロウ、カーペンターズやオリヴィア・ニュートン・ジョンなどのシンガーに曲を提供していた。ソロアルバムも何枚か出していた。その彼が久しぶりにソロ最新作をリリースする。で、レーベルが(ほぼ)サントラ専門のVARESE SARABANDEということで紹介。しかし、ポップスレーベルからリリースできないんだろうか。最近は映画音楽もほとんど担当していないし。
 昔の作品を持っていたが、今のイメージは微塵もないのでそういうのは期待しないように。

The Very Best Of...

■AMAZON

2003/09/30発売
 昔のアルバムのベスト。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月11日 (金)

欧州盤情報

 アメリカとEUで扱いが異なるサントラが増えている。気になった3作品をピックアップしておく。

PaulPAUL

■AMAZON
■@TOWER
■AMAZON→ジャケ違いのアメリカ盤

2月21日発売
『ショーン・オブ・ザ・デッド』と『ホット・ファズ』で主演したサイモン・ペグ&ニック・フロストが脚本・主演をしたSFロードムーヴィー。グレイタイプの宇宙人(名前がポール)と旅をするハメになったふたりを描くコメディ。
 音楽は『ホット・ファズ』と同じくデイヴィッド・アーノルド。コンピ盤だが、スコアが半分以上。イギリス盤。アメリカではダウンロードのみのようだ。
追記:アメリカでも1ヶ月遅れでジャケ違いのCDもリリースされた。

IroncladIRONCLAD

■AMAZON
■VARESE SARABANDE
■@TOWER

3月1日発売
『ミノタウロス』を撮ったジョナサン・イングリッシュ監督による中世イギリスを舞台にしたアクション。
 音楽はRC所属で『インセプション』や『シャーロック・ホームズ』を担当したローン・バルフェ。
 サントラはアメリカではダウンロードのみ。欧州ではCDが出る。レーベルサイトで3月8日発売で直販あり。

EagleTHE EAGLE

■SAE
■AMAZON

 ローズマリー・サトクリフのヤングアダルト小説『第九軍団のワシ』をケヴィン・マクドナルド監督が映画化した。2世紀、ローマ帝国支配下のブリテン島を舞台に、若いローマ兵士が消えてしまった第九軍団を探す旅に出る。
 音楽はRC所属で『バビロンAD』などのアトリ・オルヴァルッソン。ケルト風味のスコアのようだ。前作のニコラス・ケイジ主演の中世ホラー"SEASON OF THE WITCH"がダウンロードのみだったが、今回はどうなるのか。現在のところEUでは4月4日発売となっている。レーベルはSILVA SCREEN。アメリカではすでにダウンロード販売されている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月10日 (木)

パイレーツ・オブ・カリビアンBOX

パイレーツ・オブ・カリビアン/オリジナル・サウンドトラック・トレジャーズ・コレクション 特別版

■AMAZON

4月20日発売
 4作目が5月に公開されると言うことで、3年前に発売された3作品のサントラBOXセットが廉価版となって再発売。トリロジーにボーナストラックがつき、さらに未収録スコアやリミックスの入ったCD1枚、メイキングDVDがついた5枚組。ポストカードセットもついてくる。現在でも売られている以前のBOXセットが7000円以上なので、今回は3000円以上安くなっている。くそーっ!
 限定1000セット

 以下は過去のBOX用に書いたAMAZONレヴューを加筆修正。

 DISK2にリミックスが2曲追加されているが、目玉はDISK4だろう。内容はというと、2作目と3作目の未収録スコアが6曲で41分、デモが2曲で7分、加えてリミックス6曲。デモ2曲は1作目製作時にジマーが作ったメインテーマと、2作目の時のピアノソロ(ジマーがピアノを弾いている)。DVDでジマーが語っているように、メインテーマなどを2日で書き上げ、デモを製作した後、クラウス・バデルトにバトンタッチしたわけで、このデモはすべての原型となっている。実はこの時、ジマーは他の作品を担当しており、契約上この作品には関われなかった。そこで、メインテーマだけを作って後の作業をバデルトに任せたわけだ。しかし、契約上、クレジットにはジマーの名は入らないため、サントラではOVERPRODUCED BY HANS ZIMMERとなっている。2作目以降は大手を振って本人が作曲担当となっている。余談だが『ザ・ロック』でも印象的なメインテーマが作れなかったハリー・グレッグソン=ウィリアムズとニック・グレニー=スミスにメインテーマを提供している。おかげでクレジットのトップに名を連ねている(本人はクレジットはいらないと言ったそうだが)。
 DVDは3作製作後に行われた座談会、録音風景、ディズニーランドでのプレミア上映会で行われたライヴ。ジマーがギターを弾く光景が見られる。座談会にはバデルトは不参加。この辺りからもバデルトの立ち位置が推測できる。

パイレーツ・オブ・カリビアン/ブルーレイ・トリロジー・セット (数量限定) [Blu-ray]

■AMAZON

2011/04/20発売
 ついでにBDでトリロジーBOXが出るので紹介。各作品本編1枚+特典1枚で合計6枚にボーナスディスク1枚の7枚組。
 同時に単品の廉価版も発売するが、すでに発売されたものとは違って本編1枚のみ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 9日 (水)

ブルージーン・コップ

Deathwarrantブルージーン・コップ(1990)
DEATH WARRANT

■PERSEVERANCE
■SAE

 ジャン・クロード・ヴァン=ダム主演の刑事物。刑務所での囚人の死亡を探るために、囚人として刑務所に潜入捜査する刑事が陰謀に挑む。
 音楽は『沈黙の戦艦』などのゲイリー・チャン。初サントラ化。ゲイリー・チャンによる主題歌なども収録。
 限定2000枚

 出荷は3月上旬予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LARGO WINCH

Largowinch2LARGO WINCH II

■VARESE SARABANDE
■AMAZON
■@TOWER

3月22日発売
 フランスのコミックを映画化したシリーズ第二弾。主人公は大富豪の息子で、急遽跡継ぎに指名されて反対勢力に命を狙われ、最終的に陰謀をつぶすまでが前作。これからが本題というところ。
 音楽は前作から引き続きアレクサンドル・デスプラ。フランス映画なので、サントラ事情が少し変わっている。アメリカではダウンロード販売のみで、欧州ではCDが出る。レーベル直販でCDも販売する。

 初出時にEU盤は2月16日となっていたが、サイトで修正されていたのでこちらも修正。

Largo Winch

■AMAZON
■@TOWER

2009/01/26発売
 前作はこちら。同じく欧州のみCD。
 ちょっとお洒落な007ってところ。このところの本家007からお洒落度が減ってきているので、原点回帰かもしれない。とはいえ、アクションスコアも盛りだくさん。

LargotvLARGO WINCH

Largo Winch (Soundtrack of the TV Show / Bande originale de la série télé) - Michel Colombier

 2001年にもTVシリーズが作られており、このサントラも出ている。音楽はミシェル・コロンビエ。懐かしいなぁ。フランスに帰って活動していた頃の作品ということか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

LA-LA LANDの新譜2011/02/16

 LA-LA LANDの旧作限定盤。

Brokenarrow_2ブロークン・アロー(1996)
BROKEN ARROW

■LA-LA LAND
■@TOWER

 ジョン・ウー監督、ジョン・トラヴォルタ、クリスチャン・スレイター主演のアクション。
 音楽はハンス・ジマー。従来のサントラは8曲59分だったが、20曲83分に増えて、アルバムヴァージョン3曲収録して、トータルで115分収録の2枚組。サイトの説明を読んで驚いたが、なんとランディ・エデルマンの『愛と哀しみの旅路』(1990)"COME SEE THE PARADISE"のサントラ2曲目"Fire in a Brooklyn Theater"が数曲において使われているという。予告編でもよく使われる曲だが、気づかなかった。
 限定3000セット

Comeseeparadice愛と哀しみの旅路(1990)
COME SEE THE PARADISE

Come See the Paradise (Original Motion Picture Soundtrack) - ランディ・エデルマン

 ついでに使用されているというこちらも紹介しておく。すでに廃盤になっているがダウンロードならある。
 アラン・パーカー監督、デニス・クウェイド主演のドラマ。


Yesterday
YESTERDAY WAS A LIE(2008)

■LA-LA LAND
■@TOWER

 ジェイムズ・カーウィン監督によるミステリー。
 音楽はアメコミ原作のアニメシリーズを多くやってきたクリストファー・カーター。
 限定1000枚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 8日 (火)

INTRADAの新譜2011/02/08

 INTRADAの限定盤。

Battlestartv宇宙空母ギャラクティカ(1978)
BATTLESTAR GALACTICA VOL.1

■INTRADA
■SAE
■@TOWER

 リメイクではなく、オリジナル版のTVシリーズ。その3時間のパイロット版で、劇場版として2時間に編集されたのが『宇宙空母ギャラクチカ』で、TVでシリーズが放映された際に『宇宙空母ギャラクティカ』に変更された。
 音楽はスチュー・フィリップス。サントラは劇場版サントラ盤とTVシリーズの4枚組プロモ盤が出ていたが、今回は正規の完全盤。まずは3時間のパイロット版。この後、シリーズのサントラが出る予定。
 限定3000枚

Battlestar Galactica

■AMAZON

2003/11/18発売
 これは映画用に編集された劇場版サントラ。公開25周年記念で、テーマ曲のディスコヴァーージョンがボーナスとして収録されている。これは今回のCDには未収録。


Usherアッシャー家の惨劇(1960)
HOUSE OF USHER

■INTRADA
■SAE
■@TOWER

 エドガー・アラン・ポーの原作を低予算の帝王ロジャー・コーマンが監督したホラー。
 音楽はレス・バクスター。初サントラ化。
 限定1200枚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 7日 (月)

KRITZERLANDの新譜2011/02/07

Kl_fearstrikescov72栄光の旅路(1957)
FEAR STRIKES OUT
胸に輝く星(1957)
THE TIN STAR

■KRITZERLAND
■SAE
■@TOWER

 前者はロバート・マリガン監督、アンソニー・パーキンス主演の野球を題材にした人間ドラマ。後者はアンソニー・マン監督、ヘンリー・フォンダ、アンソニー・パーキンス主演の西部劇。
 音楽はどちらもエルマー・バーンスティーン。コンピレーションに1曲ずつしか出ていなかったものが、初サントラ化。
 限定1500枚


| | コメント (0) | トラックバック (0)

SUPER BOWL TRAILER

 アメリカではアメフトのスーパーボウルが行われたわけで、ちょうど『ブラック・サンデー』と重なるわけですが(^_^;)、それにあわせて中継の合間に新作映画の専用予告編が流れます。

SUPER 8

 やっとドラマ部分が見えてきた。BGMが『E.T.』なのが皮肉? 違った。これは『コクーン』だ。どっちにしても皮肉っぽいけど。

CAPTAIN AMERICA THE FIRST AVENGER

COWBOYS & ALIENS

THOR/『マイティ・ソー』

TRANSFORMERS DARK OF THE MOON

MICHAEL BAY
 マイケル・ベイのサイトでも公開。

PIRATES OF THE CARIBBEAN ON THE STRANGE TIDE/『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』

PRIEST

RANGO/『ランゴ』

FAST FIVE/『ワイルド・スピード MEGA MAX 』

BATTLE :LOS ANGELES/『世界侵略:ロサンゼルス決戦』

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年2月 5日 (土)

ブラック・サンデー

Black_sundayブラック・サンデー

 ジョン・フランケンハイマー監督が『羊たちの沈黙』でブレイクしたトマス・ハリスの同題デビュー作を映画化したサスペンス大作。ロバーロ・ショウ、ブルース・ダーン主演。スーパーボウルの試合が行われるスタジアムを襲撃しようとするテロリストと、イスラエルの特殊機関との戦いを描く。テロ予告という脅しに屈して日本では結局公開されなかったが、骨太の演出と迫力で評価が高い幻の作品。
 当時の試写と、今回のための試写のみで、一般には公開されなかったこの作品が、初めて劇場で公開するというのだから、行かなければなるまいと、張り切って初日に行って参りました、午前十時の映画祭の第2弾での公開で、最初の1週目。TOHOシネマズ府中の最初がこの作品。しかも、最大のキャパがあるスクリーン2。THX劇場である。他の作品がどういう扱いになるかは不明だが、少なくともこの作品に関しては優遇されているといってもいいだろう。ポストカードが配られたのも気合いが入っていたせいか。TV(確か『めざましテレビ』)の取材も入っていて、感想を求められたが逃げた(^_^;) 終演後にまばらながらに拍手が起こったのは感慨深かった。
 見たのは輸入VHSで一回だけだったので、かなり記憶があやふや。初見のように緊張した。別に大統領が目的じゃなかったんだとか、最後はえらく乱暴だなとか、さすがに大スクリーンで見ると合成がちゃちだったなとか、ミュンヘン・オリンピックの事件にもふれられていたんだなとか。
 また、時代背景がほとんど語られないので、当時はともかく、現在では見る方にも知識が必要になる。ベトナムや中東に知識がないと、この人はなにがしたいのかとかわからないだろうなぁ。そういう意味では敷居が高い作品。でもやっぱり最近の作品にはない味わいがある。1週間しかないので注意。これから日本各地を回りますよ!

Blacksundayブラック・サンデー(1977)
BLACK SUNDAY

■SAE
■AMAZON
■@TOWER

 実はこの作品、映画だけでなく、サントラの方も不遇を託っていた。ずっとリリースされなかったのだ。サントラリリースに消極的だったパラマウント作品というのが最大のネックだった。それが33年後の昨年1月、ようやく発売になった。
 音楽はジョン・ウィリアムズ。『スター・ウォーズ』の直前に担当しており、『大地震』や『タワーリング・インフェルノ』など一連のパニック物の流れを汲みながらも、無駄のない緊迫感のあるスコアになっている。この後のウィリアムズは一転して後期ロマン派直系のクラシック音楽のような作品が多くなってしまい、非常に残念。
 ちなみに後に『ミュンヘン』を担当することになったのは因縁か。
 限定盤だが、10000枚なので、まだ購入可能です!

ブラック・サンデー [DVD]

■AMAZON

2007/04/27発売
 ちなみにDVDはリリースされている。BDはまだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年2月 3日 (木)

特撮リボルテック第12弾

特撮リボルテック SERIES No.025 JACK SPARROW

■AMAZON

2011/04/01発売

 今回は『パイレーツ・オブ・カリビアン』のジャック・スパロウ! しかも、映画に最初に登場したユーモラスなシーン! 小物も銃、サーベル、帽子つき。いつもより複雑な造型なので、価格もアップ。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FSMの新譜2011/02/03

Richfamousベストフレンズ(1981)
RICH AND FAMOUS
ONE IS A LONELY NUMBER(1972)

■SAE
■@TOWER

 ジャクリーン・ビセット、キャンディス・バーゲン主演の女性同士の友情と反目を描いたドラマ。もう片方は日本未公開で、どちらも女性を主役にしたドラマ。
 音楽はジョルジュ・ドルリューとミシェル・ルグラン。ドルリューの方は組曲でしか出ていなかったが初サントラ化。ルグランも初サントラ化。
 限定2000枚


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワイルド・ギース

 ロイ・バッドの作品がSILVA SCREENから再発売。CINEPHILEから出ていたが、いずれもリマスター。

ワイルド・ギース(1978)
THE WILD GEESE

■AMAZON
■@TOWER

2011/03/07発売
 アンドリュー・J・マクラグレン監督の戦争アクション。ロジャー・ムーア、リチャード・バートン、リチャード・ハリス、ハーディー・クリューガー出演。アフリカの某国のクーデターで監禁された大統領を救うために傭兵たちが出撃する。物量作戦で攻めるのではなく、多彩でクセのあるキャラで魅せるのが昔のアクション映画のいいところ。
 スコアは文句なしの傑作! 後は、サントラが出ていない続編が出てくれればいいのだが……。


爆走!(1972)
FEAR IS THE KEY

■AMAZON
■@TOWER

2011/03/07発売
 アリステア・マクリーンの小説『恐怖の関門』の映画化。


狙撃者
GET CARTER

■AMAZON
■@TOWER

 既発の『狙撃者』はこちら。
 いや、しかし、全部持ってるけど、このジャケデザインでそろえられると食指が動くなぁ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年2月 1日 (火)

ハーマン指揮アルバム

 情報をいただいたので、バーナード・ハーマン指揮の自作自演などのアルバムをアップしておく。すべて2枚組の廉価版。ユニバーサル傘下のDECCAレーベルのオーストラリア向けライセンス商品ということになるのか。

Bernard Herrmann: Film Classics

■AMAZON
■@TOWER
■HMV

 ハーマンが自作を再録音した作品集。収録曲は『地底探検』『シンドバッド7回目の航海』『地球の静止する日』『華氏451』『ガリバー旅行記』『市民ケーン』『ジェーン・エア』『悪魔とダニエル・ウェブスター』『キリマンジャロの雪』『神秘の島』『アルゴ探検隊の大冒険』で、オケはナショナル・フィルとロンドン・フィル。特撮映画はかつて"THE MYSTERIOUS FILM WORLD OF BERNARDO HERRMANN"と"BERNARD HERRMANN GREAT FILM MUSIC"としてリリースされていたアルバムを重複なくあわせたもので、そこに中盤の4作品を加えてある。

Bernard Herrmann: Cinema Spectacular

■AMAZON
■@TOWER
■HMV

 ハーマンがイギリス映画音楽と自作のヒチコック作品を再録音した作品集。オケはロンドン・フィルとナショナル・フィル。収録曲は、ウォルトン:リチャード3世、ランベルト:『アンナ・カレーニナ』組曲、バックス:『オリヴァー・ツイスト』~2つの抒情小品、ベンジャミン:理想の結婚、ウォルトン:嘆きのプレリュード、ヴォーン・ウィリアムズ:49度線、ブリス:『来るべき世界』組曲、サイコ、マーニー、北北西に進路を取れ、めまい、ヒッチの肖像、ショスタコーヴィチ:ハムレット(抜粋)

RozsaherrmannRozsa: Film Music- Ben Hur, Julius Caesar, Quo Vadis

■AMAZON
■@TOWER
■HMV

 ミクロス・ローザの『ベン・ハー』、『クオ・ヴァディス』、『ジュリアス・シーザー』を再録音。オケはロイヤル・フィルとナショナル・フィル。このうち、『ジュリアス・シーザー』のみハーマン指揮で、他はローザ自身。


PlanetsHolst:The Planets

■AMAZON
■@TOWER
■HMV

 グスタフ・ホルスト作品集で、1枚目にバーナード・ハーマンがロンドン・フィルを指揮したホルストの『惑星』が収録されている。日本でのみCD化されていたが、ようやく全世界向けに再発された。ハーマンらしいキレのいい録音。2枚目には『どこまでも馬鹿な男』op.39~バレエ音楽、『エグドン・ヒース』 op.47(エードリアン・ボールト指揮)、ムーアサイド組曲 H.173(エルガー・ハワース指揮)、吹奏楽のための組曲第1番変ホ長調op.28a、吹奏楽のための組曲第2番ヘ長調op.28b(フレデリック・フェネル指揮)、セント・ポール組曲op.29-2、フーガ風協奏曲op.40-2(クリストファー・ホグウッド指揮)を収録している。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ここ数日のサントラニュース

★ジョン・バリーがイギリスで昨日の朝、亡くなりました。享年77歳。ずっと療養中でしたが、ついに……。もう10年も前の『エニグマ』以来、ずっと表舞台から退いていただけに、療養生活が長かったなぁ。合掌。
 なお、第一報はデイヴィッド・アーノルドのツイッターでの発言「it was with a heavy heart that i tell you John Barry passed away this morning」だったそうです。

訂正:亡くなられたのはニューヨークで、30日。アーノルドはイギリスにいるので、時差の関係で31日に知ったことになるようだ。

★EAの戦争を題材にしたFPSヴィデオゲームシリーズ『メダル・オブ・オナー』のサントラBOXセットがLA-LA LANDから3月末から4月に出るようです。8枚組で価格は$54.98。マイケル・ジアッキーノの初期作品を含む4作品、クリストファー・レナーツ2作、最新作はラミン・ジャワディです。ほとんどダウンロードで入手可能(一部はCDでも)ですが、内容が増えるかどうかなど詳細は不明。
 ゲーム会社EAとの提携第1弾とのことなので、他にも予定がある模様。EAなら『ドラゴンエイジ』、『DEAD SPACE』、『マスエフェクト』、『シムズ』、『クライシス』、『バトルフィールド』とかいろいろあるな。

★エルマー・バーンスティーンの燃えるSFウェスタンスコア『風の惑星/スリップストリーム』がPERSEVERANCEレーベルより、今春リリース予定のようです。詳細はまだ不明ですが、15曲(海賊盤は13曲)で49分を越えるということなので、少し増える感じか。USCのコレクションで発見されたアナログマスターから。もちろん音質は向上しているとのこと。
 
★PERSEVERANCEでリリースした作品を1枚、今年後半にINTRADAが再リリースするそうです。理由は「素晴らしいスコアなんだが、ジャケが気に入らないから」(^_^;) 映画のポスターヴィジュアルを使うそうです。思いつくのは『レモ第一の挑戦』と『ヘルガイバー』かなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »