« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月の記事

2011年1月31日 (月)

メルマガ

 サイトの方ではすでに告知済みで稼働してますが、メルマガをやってます。こちら参照→サントラメルマガ

 限定盤サントラ(映画音楽のスコア盤)の情報を速報でお知らせします。主にハリウッド物で、イタリア物は守備範囲外。毎日ウェブでチェックする余裕のない方には便利かも。映画音楽一般の情報も予定。

 という内容です。まあ、これで買えなくても責任は負えませんが、知らずに買えなかったという事態を避けることはできるんじゃないかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月29日 (土)

FSMの新譜2011/01/29

Bigbus弾丸特急ジェット・バス(1976)
THE BIG BUS

■SAE
■@TOWER

 70年代パニック映画をパロッたコメディ。パニック映画のパロディといえば『フライング・ハイ』が有名だが、それよりもこちらの方が早いのだ。史上初の原子力バスの道中は石油会社の妨害工作などなどで大パニック!
 音楽は『サブウェイ・パニック』や『ゾディアック』などのデイヴィッド・シャイア。70年代のサスペンスを真剣に大仰にやっている。初サントラ化。
 限定2000枚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月28日 (金)

MOVIE SCORE MEDIAの新譜

SombraprohibidaLA HERENCIA VALDEMAR II: LA SOMBRA PROHIBIDA


■SAE
■MSM
■@TOWER
La Herencia Valdemar II: La Sombra Prohibida (Original Motion Picture Soundtrack) - Arnau Bataller

 スペインのホラー映画"LA HERENCIA VALDEMAR(ヴァルデマール家の遺産)"の第2弾で、『禁断の影』というタイトル。ジャケットでわかる人はわかるだろうが、曲名にもそのものずばり"CTHULHU"というタイトルがある。前作よりもモンスター寄りなのか。前作にもブラム・ストーカーやHPラヴクラフトが登場したが、今回もラヴクラフトが出てくるようだ。
 音楽は前作と同じアルノー・バタラー。前作も1曲目はコーラスを使った派手なスコアだったが、今回も同じ感じ。いや、もっと派手か。
 CDとダウンロード。

 で、予告編。クトゥルーさん、ぱねぇっす! かっけえぇ!


HerenciaLA HERENCIA VALDEMAR

■SAE
■@TOWER

 前作のサントラはスペインのSAIMELからリリース。


クトゥルー神話全書 (キイ・ライブラリー)

著:朝松 健
刊:東京創元社

■AMAZON

 サントラとは関係ないが、ラヴクラフト&クトゥルーといえば、こちらの本がようやく翻訳出版された。神話の解説ではなく、ラヴクラフトと神話の成り立ちなどの研究書。


MonstermuttMONSTER MUTT


■SAE
■MSM
■@TOWER
Monster Mutt (Original Motion Picture Soundtrack) - Chris Walden

『ベンジャミン・バトン』や『ウォッチメン』などでメイクアップを担当していたトッド・タッカーが監督するファミリー向けホラー映画。飼い犬がモンスター化する。低予算のキグルミ巨大犬がなんとも(^_^;)
 音楽はクリス・ウォルデン。ドイツ出身の44歳。これまではTV畑で活動し、グラミー賞にも4度ノミネート。ポップス畑ではバーブラ・ストライサンドやナタリー・コールなどのアルバムでオーケストレイションを担当していた。本作のスコアは懐かしい80年代のホラー映画っぽい感じのするオケスコア。
 CDとダウンロード。

ザ・ライト/エクソシストの真実(2011)
THE RITE

■AMAZON
■SAE

 ついでにSILVA AMERICAからリリースのミカエル・ハフシュトルム監督、アンソニー・ホプキンス、ルトガー・ハウアー出演のサイコロジカル・スリラー。
 音楽はアレックス・ハフ。オケとコーラスによるスコア。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月27日 (木)

LA-LA LANDの新譜2011/02/02

 LA-LA LANDの旧作限定盤。今回は1枚のみ。

Clue殺人ゲームへの招待(1985)
CLUE

■LA-LA LAND
■SAE
■@TOWER

 プレイヤー全員が犯人であり探偵であるというボードゲームをそのまま映画化した。原案はジョン・ランディス。公開時には3種類の結末を別の劇場で上映したらしい。
 音楽はメル・ブルックス作品を多く手がけるジョン・モリス。こういう古き良き映画には相応しい人選。実際には使用されなかったエンドクレジット用スコアなどボーナストラックも収録。初サントラ化。
 限定3000枚


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月26日 (水)

DEAD SPACE

Deadspace2DEAD SPACE 2

Dead Space 2 (EA Games Soundtrack) - Jason Graves

 宇宙ステーションを舞台にしたホラーサードパーソンシューターゲームのサントラ。残虐シーン満載のため、日本では発売されていないが、海外では評価の高いシリーズ第2弾。『エイリアン』の化け物が『遊星からの物体X』になったような感じといえばいいか。
 音楽は前作と同じジェイソン・グレイヴス。不安を煽るスコアから、襲撃シーンのアクションスコアまでホラー満喫。


DeadspaceDEAD SPACE

Dead Space (Original Vidoegame Soundtrack) - Jason Graves

 前作のサントラ。
 音楽はジェイソン・グレイヴス。しかし、この名前は本名か? それともペンネーム? できすぎな名前だな。


DeadspaceiDEAD SPACE for iPhone

Dead Space™ - Electronic Arts →ゲームです

 日本では発売されていないゲームなのに、iPhone、iPhone touch、iPod用の新作は発売された。操作性も携帯向けになっているし、充分綺麗で、怖い。ジジイにはこれで充分じゃよ。ぐへっ……殺られた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月25日 (火)

フローズン

 以前の記事で紹介した新レーベル2M1の新譜がようやく予約開始。

Frozenフローズン(2010)
FROZEN

■2M1

 日本でも昨年公開された、スキー場のリフトに取り残されてしまった若者たちの恐怖を描く。
 音楽はアンディー・ガーフィールド。
 限定500枚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アカデミー賞ノミネート

 発表されました。とりあえず、作曲賞の結果をアップしておくと下記の通り。

127時間/A.R.ラフマーン →またあんたか!
ヒックとドラゴン/ジョン・パウエル →おお!
インセプション/ハンス・ジマー
英国王のスピーチ/アレクサンドル・デスプラ
ソーシャル・ネットワーク/トレント・レズナー&アティカス・ロス

 こんな感じで、予想外だったのは『ヒックとドラゴン』ですね。
 他の部門では『トイ・ストーリー3』が作品・脚色・アニメ長編・主題歌・音響編集の五部門で、同時上映だった短編『デイ&ナイト』がアニメ短編でノミネート。ノミネートで多いのは――

『ソーシャル・ネットワーク』作品・主演男優・監督・脚色・撮影・編集・音楽・音響→8
『英国王のスピーチ』作品・主演男優・助演男優&女優・監督・脚色・撮影・編集・美術・衣装・音楽・音響→12
『ブラックスワン』作品・主演女優・監督・撮影・編集→5
『インセプション』作品・脚本・音楽・音響・音響編集・特殊効果・美術→7

 最多12部門の『英国王のスピーチ』が評価されてますねえ。混戦で評がばらけると、結果がどうなるかわかりません。
 日本からの『告白』と『サマーウォーズ』はノミネートされませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月の新譜

 個人的に注目のサントラを月ごとに紹介するコーナー。情報が更新されたり、新しい情報が入った場合は適時追加されますのでご注意を。

Jane Eyre

■AMAZON

2011/03/08発売
 シャーロッテ・ブロンテの『ジェーン・エア』の何度目かわからん映像化。ケリー・フクナガ監督、『アリス・イン・ワンダーランド』のミア・ワシコウスカ主演、他にマイケル・ファスベンガー、ジェイミー・ベル、ジュディ・デンチなど。
 音楽は文芸映画に登板機会が多く評価も高いダリオ・マリアネリ。


Battlela世界侵略:ロサンゼルス決戦
BATTLE:LOS ANGELES

■AMAZON

3月8日発売
 エイリアン侵略物。ID4のシリアス版といった印象。
 音楽はブライアン・タイラー。

RANGO

■AMAZON

2011/03/15発売
 ジョニー・デップが声優を務めるウェスタンの動物版パロディアニメ。
 音楽はハンス・ジマー。スコアは20曲中12曲で19分。マカロニウェスタンのパロディになっている。


Suckerpunchエンジェル・ウォーズ
SUCKER PUNCH

■AMAZON

3月22日発売
『300』などのザック・スナイダー監督によるアクション。
 音楽は監督と組むタイラー・ベイツと、『キック・アス』のマリウス・デヴリーズ。サントラがスコアかどうかは未確認。
 3月9日追記:どうやらスコアではなくコンピレーションのよう。


RED RIDING HOOD

3月8日発売
 赤ずきんちゃんのリアル版ファンタジー。
 音楽はRedd Kross & Airのドラマー、ブライアン・ライツェル。
 3月9日追記: 海外ダウンロードだけのようだ。

UnknownUNKNOWN

■AMAZON

3月8日発売
 リアム・ニーソン主演のサスペンス。交通事故の後、意識が戻ると、妻は自分を認識できず、自分がいるべき場所には別人がいた。おまけに刺客に命を狙われ、逃げ惑うハメに。
 音楽はジョン・オットマン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プランケット城への招待状

Highspiritsプランケット城への招待状(1988)
HIGH SPIRITS

■AMAZON.COM
High Spirits (Soundtrack from the Motion Picture) - George Fenton & The Graunke Symphony Orchestra

『狼の血族』などのニール・ジョーダン監督が撮ったファンタジックコメディ。ダリル・ハンナ、スティーヴ・グッテンバーグ、ピーター・オトゥール出演。
 音楽はジョージ・フェントン。ケルト音楽を使いながら、出来の悪い映画を必死に支えようとする涙ぐましい佳作。
 AMAZON.COMでCD-Rで再発されており、もしやと思ったら、iTunesにもあったので紹介しておこう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

THE MECHANIC

Mechanic2THE MECHANIC

The Mechanic - Assassin's Edition - MARK ISHAM→ASSASIN'S EDITION
The Mechanic - Complete Collector's Edition - MARK ISHAM→COMPLETE COLLECTOR'S EDITION
■AMAZON→ASSASIN'S EDITION
■AMAZON→COMPLETE COLLECTOR'S EDITION

 1972年のマイケル・ウィナー監督、チャールズ・ブロンソン主演の『メカニック』のリメイク。殺し屋を主役にしたアクション作。リメイク版は『コン・エアー』や『トゥーム・レイダー』のサイモン・ウェスト監督、ジェイソン・ステイサム主演。
 音楽はマーク・アイシャム。硬質のスコアで、20分の大作を含んだ6曲入り。ダウンロードのみ。

追記:マーク・アイシャムの公式サイトによれば、自身のレーベルMIMの第一弾としてのリリースであり、3種類が出るとのこと。すでにこちらで予約受付中。3種類の内訳は、THE ASSASSIN'S EDITIONが編集されたEPのようなもの。フルスコアと未使用曲を収録したTHE COMPLETE COLLECTOR'S EDITION、両方を収録したDOUBLE-BARREL LIMITED EDITIONにはアイシャムのサインと、楽譜がついてくる。つまり、公式サイトで買うとCDということだ。

追記2:AMAZONでもCDとダウンロード販売が開始された。

Mechanicメカニック(1972)

The Mechanic (Soundtrack from the Motion Picture) - Jerry Fielding

 オリジナル版の音楽はジェリー・フィールディング。INTRADAから限定盤がリリースされていたが、すでに完売。ダウンロードなら手に入る。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

INTRADAの新譜2011/01/25

 INTRADAの限定盤。

Linkリンク(1986)
LINK

■INTRADA
■SAE
■@TOWER

『サイコ2』のリチャード・フランクリン監督のオリジナル脚本・監督。科学者テレンス・スタンプは2匹のチンパンジーとリンクという高い知能を持ったオランータンと生活している。そこに若い女性がアシスタントとして加わると、リンクの行動に変化が……。エリザベス・シューがかわいい。
 音楽はジェリー・ゴールドスミス。マスターが存在しないため、公開当時VARESE SARABANDEからリリースされた従来盤と同内容。ポスターと同じく、ジャケットにエリザベス・シューが入った。オケはナショナル・フィル。シンセドラムを大胆に使い、ファンの間でも好き嫌いの分かれる作品。中古市場でも最も高値がつく作品のひとつだけにお早めに。
 限定2000枚

 個人的に、初めてLPに針を落とした時の衝撃はいまだに忘れられない。いきなり「スポーンッ!」とシンセドラムが鳴って、モニョモニュと妙なシンセ音が続いたかと思うと、バカにしとんかというくらいファンキーなメロディ。これは味わってもらわないとわかりません。映画もチンパンジーの怪演とエリザベス・シューのサーヴィスシーンで見る価値ありますが、BDはおろかDVDもないんだよなぁ。

追記:1日もたずにINTRADAとSAEで完売。やはりもう少し多くてもよかったと思うんだが、INTRADAのダグが最初に権利を持ってると掲示板に書いた時に「内容同じだけど、出したら買う人いるかい?」って感じだったので、売れるかどうか自信がなかったんだろうか。彼自身の好みじゃなかったのかも。

Niagara帰らざる河(1954)
RIVER OF NO RETURN
ナイアガラ(1953)
NIAGARA

■INTRADA
■SAE
■@TOWER

 20世紀フォックスのマリリン・モンロー主演作品で、初サントラ化2作品のカップリング。
 音楽は前者がライオネル・ニューマン、シリル・J・モックリッジ、リー・ハーライン、後者がソル・カプラン。『帰らざる河』の主題歌でモンローが歌ったものが当時リリースされていたが、それは別の会社のものなので、今回は未収録。
 限定1000枚

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年1月24日 (月)

ゴーリキー・パーク

Gorkyparkゴーリキー・パーク(1983)
GORKY PARK

■KRITZERLAND
■SAE
■@TOWER

 マイケル・アプテット監督、ウィリアム・ハート、リー・マーヴィン、ジョアンナ・パクラ、ブライアン・デネヒー出演のサスペンス。ソ連での黒テンの毛皮密輸にからむ陰謀を描く。
 音楽はジェイムズ・ホーナー。『地獄の7人』や『コマンドー』と同じパターンのリズムが登場する。従来のVARESE SARABANDE盤と、シーン順の2パターンを収録。曲が増えているわけではない。リマスター。
 限定1000枚
 なお、発送は3月頭頃になるそう。直販なら数週間早いとか。

1月27日追記:レーベル完売。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月23日 (日)

獄門島

獄門島

■AMAZON

2011/03/23発売
 日本映画の復刻サントラを手がける富士キネマからまた新シリーズ登場。
 市川崑監督、石坂浩二主演による金田一耕助シリーズのサントラ復刻シリーズの第1弾。すべて既発盤よりも豪華仕様になるという。1998年に出た完全盤の内容に、さらに未使用曲などを加えた。紙ジャケット。
 音楽は田辺信一。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

角川映画主題歌集

角川映画主題歌集

■AMAZON

2011/01/26発売
 角川映画35周年の記念した主題歌集。全18作の主題歌と歌詞。


角川映画主題歌集~デラックス

■AMAZON

2011/01/26発売
 上記の豪華版で限定10000セット。同内容の1枚と、印象的なスコアを12曲収録した1枚を加えた2枚組。さらに全18作の縮刷ポスターとデータブックつき。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月20日 (木)

QUARTET RECORDSの1月新譜

Harry_and_sonポール・ニューマンの ハリー&サン(1984)
HARRY AND SON

■QUARTET
■SAE

 ポール・ニューマン、監督・主演。
 音楽はヘンリー・マンシーニ。初サントラ化。
 限定1000枚

La_notte(1961)
LA NOTTE

■QUARTET
■SAE

 マルチェロ・マストロヤンニ主演の名画。
 音楽はジョルジュ・ガスリーニ。LP10曲と別ヴァージョンなどをプラスしてリストアした上にリマスター。なお、SLCの日本盤CDには20分近い組曲が収録されていたが、未使用曲や別ヴァージョンなどを組み合わせた物だったようだ。
 限定500枚

Il_peccatoIL PECCATO(1962)

■QUARTET
■SAE

 イタリア・スペイン合作のドラマ。
 音楽はアントニオ・ペレツ・オリア。LPと同じで初CD化。
 限定500枚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月18日 (火)

MONSTERS

MonstersostMONSTERS(2010)

Monsters (Original Motion Picture Soundtrack) - Jon Hopkins

 ガレス・エドワーズ監督による低予算モンスター映画。南米に人工衛星が落下し、その影響でモンスターが生息するようになって閉鎖されてしまった。その一帯を通り抜けようとする主人公に取材スタッフが同行して内部の撮影を敢行する。
 わずか80万ドルの予算で、上映館も少ないが、批評がよく、監督の次回作はハリウッド版ゴジラに決定した。
 サントラなんて出ないと思っていたら、こっそりダウンロード販売されていた。音楽はジョン・ホプキンス。これまでの仕事は『ラブリー・ボーン』の追加音楽くらい。環境音楽っぽいスコアばかりで、雰囲気を出すのだけが目的という感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月15日 (土)

キック・アス

キック・アス

■AMAZON→BD+特典DVDセット
■AMAZON→DVDのみ

2011/03/18発売
 単館公開ながら話題を呼んで公開館が増えているヒーロー物(――と単純には言えないが)。映画と原作については過去記事を参照のこと。
 で、早くもBD&DVD化である。とはいっても、アメリカ公開は昨年3月なので1年たっているわけだが。しかし、東宝からのリリースということで、最近の新作低価格化の流れを無視するような価格設定になっているのは惜しい。それと、BDには特典DVDつきとなっているが、アメリカ版と同じように特典映像もBDに収録して、DVDには本編のみならいいんだけど……。

 ちなみに、都内の公開では池袋、有楽町でBDを使っての上映で、画質と音響が明らかに劣っているとの問題も報告されている。これから劇場でご覧になる方は公式サイトをご確認を。 新宿もそうだったが、現在は表記がなくなっているのでフィルムに変わったのかも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月14日 (金)

FSMの新譜2011/01/14

Lassie名犬ラッシー・シリーズ (1943-1955)
Lassie Come Home: The Canine Cinema Collection

■SAE

 映画版の名犬ラッシー・シリーズのうち、 1943~1955年の作品のサントラカップリング5枚組。SEやダイアローグがかぶっているものもあるとのこと。収録作品は下記の通り。

家路(1943)"LASSIE COME HOME"
名犬ラッシー/ラッシーの息子(1945)"SON OF LASSIE"
名犬ラッシー(1946)"COURAGE OF LASSIE"
故郷の丘(1948)"HILLS OF HOME"
山荘物語(1948)"THE SUN COMES UP"
Challenge to Lassie(1949)
The Painted Hills(1951)
It's a Dog's Life(1955)

 音楽はアンドレ・プレヴィン、ダニエル・アンティシアトロフ、エルマー・バーンステイーン、ハーバート・ストザート、スコット・ブラッドリー、マリオ・カステルヌオヴォ-テデスコ、ナサニエル・シルクレット、ロバート・フランクリン。
 限定1000セット


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月11日 (火)

白く渇いた季節

Dryseasoncov300白く渇いた季節(1989)
A DRY WHITE SEASON

■SAE
■KRITZERLAND
■@TOWER

 反アパルトヘイトの白人の目から見た南アフリカの現状。ドナルド・サザーランド、マーロン・ブランド出演。
 音楽はデイヴ・グルーシン。実際の映画には音楽はあまり使われなかったが、すべて収録し、グルーシンによるソースミュージックも2曲収録した。初サントラ化。
 限定1000枚

 なお、発送は2月最終週。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

INTRADAの新譜2011/1/11

 隔週刊INTRADA。今年最初の発表。

48hrs48時間(1982)
48 HRS.

■INTRADA
■@TOWER

 ウォルター・ヒル監督が最も脂の乗っていた頃のバディームーヴィーの傑作。ニック・ノルティ、エディー・マーフィー主演。脱獄犯に相棒を殺された刑事が、服役中T繋がりのある囚人を48時間の仮出所させ、脱獄犯を追う。
 音楽はジェイムズ・ホーナー。続編のサントラは出ていたが、こちらは初サントラ化。ホーナーのスコア8曲29分に、The BusBoysの歌が4曲、アイラ・ニューボーンの曲1曲。アーティストは変わったが、続編とほぼ同じ構成。スコアも基本的には同じで、『地獄の7人』などでも聴かれたテューバとトロンボーンの重低音ブラスセクションとスティールドラムによる特徴ある音がメイン。
 限定5000枚

Greatescape大脱走(1963)
THE GREAT ESCAPE

■INTRADA
■@TOWER

 ジョン・スタージェス監督、スティーヴ・マックイーン、ジェイムズ・コバーン、チャールズ・ブロンソンなどが出演した第2次大戦捕虜収容所脱出物の白眉。説明の必要なし。
 音楽はエルマー・バーンスティーン。これまで、公開時に出た本人指揮の再録音盤、それに一部セリフを加えたRYKO盤、後になっての再録音盤、VARESE CD CLUBからの限定3000セット2枚組のサントラが出ていたが、映画で使われた正真正銘のサントラは限定盤のみ。再録音の方がオケの規模が小さいため、サントラの方が迫力がある演奏なのだ。今回はその2枚組サントラと、公開時の再録音をカップリングした3枚組。サントラは同じマスターからのリマスターで、編集が少し異なっている。音も少し変わっているようだ。
 限定なしの通常盤で、価格は1枚分!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月10日 (月)

YOUR HIGHNESS

 アメリカで4月公開のファンタジーコメディ。『スモーキング・ハイ』(2008)"PINEAPPLE EXPRESS"のデヴィッド・ゴードン・グリーン監督。出来のいい王子と出来の悪い王子が、悪い魔法使いにさらわれた王女を捜してドタバタ道中。それにからんでくるのが気の強い女。それをナタリー・ポートマンが嬉々として演じているのが楽しい。クリーチャーもいっぱい出てくるので、そっち方面のファンも期待。
 音楽は『トランスフォーマー』などのスティーヴ・ジャブロンスキー。まるっきりファンタジーというのは初めてか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月の新譜

 個人的に注目のサントラを月ごとに紹介するコーナー。情報が更新されたり、新しい情報が入った場合は適時追加されますのでご注意を。

SanctumSANCTUM

■AMAZON

2月1日発売
 ジェイムズ・キャメロン製作による洞窟探検をモチーフにしたサスペンス。
 音楽は『ガフールの伝説』のデイヴィッド・ハーシュフェルダー。

UNKNOWN

■AMAZON

2月15日発売→3月8日に延期
 リアム・ニーソン主演のサスペンス。交通事故の後、意識が戻ると、妻は自分を認識できず、自分がいるべき場所には別人がいた。おまけに刺客に命を狙われ、逃げ惑うハメに。
 音楽はジョン・オットマン。

FRINGE Season 2

■AMAZON

2月22日発売→4月5日に延期
 JJエイブラムズ製作のTVシリーズ。シーズン2のサントラ。
 音楽はマイケル・ジアッキーノのアシスタントでもあるクリス・ティルトン。シーズン1ではジアッキーノとの共同担当だったが、シーズン2では単独のようだ。

抱きたいカンケイ(2011)
NO STRINGS ATTACHED

■AMAZON
No Strings Attached (Music from the Motion Picture) - Various Artists

2011/02/15発売
 アイヴァン・ライトマン監督、ナタリー・ポートマンとアシュトン・カッチャーによるロマンチックコメディ。
 音楽はジョン・デブニー。iTUNESは1月25日に発売済み。コンピレーション盤も出ているので間違わないように。

Gnomeo & Juliet

■AMAZON

2011/02/08発売
 CGIアニメで『ロミオとジュリエット』のパロディをノームと人間で。
 音楽はジェイムズ・ニュートン=ハワード。スコアは4曲のみで、他はエルトン・ジョンの歌物がメイン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 9日 (日)

アバター・オブ・マーズ

アバター・オブ・マーズ [DVD]

■AMAZON

2010/06/02発売
 よせばいいのに観てしまった……。レンタルだけど。
 エドガー・ライス・バローズの『火星のプリンセス』の映画化です。一応、ストーリーは倣ってます。でもね、さすが低予算映画の殿堂アサイラムです。ただの映画化じゃありません。映画学科の学生の卒製レベル。いや、もっとひどいか。
 原作ではジョン・カーターは南北戦争の元兵士で、瀕死のところで火星に吸い寄せられて、気がついたら古代の火星に素っ裸で現れたというファンタジーなわけですが、こちらはひと味違います。現代の中近東で見張り任務に就く特殊部隊の兵士ジョン・カーター。家を借りているアラブ人の裏切りで撃たれ、瀕死の重傷。軍の病院で遺伝情報と記憶をデータ化し、どこかの惑星(火星じゃなくて別の星MARS216だったかなんか、そんな名前)に飛ばす実験の被験者にされてしまう。気がつくと、やっぱり素っ裸で、ワケがわからないうちに砂漠に捨てられている。目の前には男と女――これがデジャー・ソリス。船に入り込んで姫を暗殺しようとしたとかで放り出されたところらしいが、記憶がない。で、タルス・タルカス率いる蛮族に拉致られて……。

 アメリカ軍はいつの間にそんな技術を!? とか、ウーラいねえし! とか、緑色人腕二本だし! とか、裏切ったアラブ人も飛んできてカントス・カンとして姫に迫っている! とか、空気製造工場がどこかの廃工場にしか見えないし、そこでカーターとカンがラストバトルとか、ひどすぎる。しかし、最もひどいのはデジャー・ソリス。撮影時41歳のトレイシー・ローズですぜ。もう、わけがわからん!

 こんなひでー代物を観たおかげで、来年夏公開のピクサー/ディズニーの実写版"JOHN CARTER OF MARS"に期待が膨らみました。
 監督は『ウォーリー』のアンドリュー・スタントン。脚本はスタントンと『スパイダーマン2』などのマイケル・シェイボン。
 ジョン・カーターは『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』でガンビットを演じたテイラー・キッチュ、タルス・タルカスはウィレム。デフォー、サブ・サンはドミニク・ウェスト、カントス・カンはTV『ローマ』や『バイオハザード』などのジェームズ・ピュアフォイ、タル・ハジュスが『スパイダーマン3』でサンドマンを演じたトーマス・ヘイデン・チャーチ、サルコジャに『タイタンの戦い』でカシオペアを演じたポリー・ウォーカー、で、デジャー・ソリスは『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』でケイラを演じたリン・コリンズ。キャストに少年のエドガー・ライス・バローズ役がいるところを見ると、原作どおり、伯父のジョン・カーターがバローズ少年に語る形になるんだろう。
 そして、音楽は『スター・トレック』や『カールじいさんの空飛ぶ家』などのマイケル・ジアッキーノ。これだけで充分。
 すでにライヴアクションの撮影は終わり、ポスプロの最中。それこそ『アバター』のようなモーションキャプチャーなので、時間がかかるわけだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 7日 (金)

レイ・ハリーハウゼンSpecial Effects Titan

 フランスで製作中のドキュメンタリーだそうで、考えられる限りのメンツにインタビューしている。この予告編だけでも偉大さがわかるほど。日本版DVDを出して欲しい!
 ところで、ジョージ・ルーカスはどうしていないのか?

 ちょうど下記のサントラが出たばかり!

Clashtitansタイタンの戦い(1981)
CLASH OF THE TITANS

■INTRADA
■@TOWER

 ギリシア神話に題材を取った特撮ファンタジー。今年になってリメイク版も公開されたが、オリジナルのレイ・ハリーハウゼンによるダイナメーション版。
 音楽はローレンス・ローゼンタール。ロンドン交響楽団によるフルオケスコア。公開時に38分のLPと、1997年に47分のCDが発売されたが、どちらも廃盤。今回はフルスコア90分とアルバムヴァージョンなどの別ヴァージョンを加えた2枚組。ジャケは2種類のポスターアートを使用。
 限定3000セット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スター・ウォーズBD

 ようやく『スター・ウォーズ』がBD化。
 旧3部作と新3部作のセットがあるが、値段は倍で特典ディスクのついた6作セットが本命だろう。
 ちなみに3D版の劇場公開が2012年から始まる。エピソード番号順にEP.1から開始。恐らく、3D化だけじゃなくて、また手直しが入るに違いない。いったいいくつのヴァージョンが出るんだか。

スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイBOX [Blu-ray]

■AMAZON

9月13日発売
 6部作のセット各1枚+特典ディスク3枚の合計9枚組。
 特典には『シンプソンズ』などに出てきたパロディエピソードなども収録される。


スター・ウォーズ オリジナル・トリロジー ブルーレイBOX [Blu-ray]

■AMAZON

9月13日発売
 オリジナル3部作。3枚組。特典ディスクなし。


スター・ウォーズ プリクエル・トリロジー ブルーレイBOX [Blu-ray]

■AMAZON

9月13日発売
 新3部作。3枚組。特典ディスクなし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 5日 (水)

特撮リボルテック第12弾

特撮リボルテック SERIES No.024 MARK 6

■AMAZON

2011/03/01発売
 映画『アイアンマン2』で改良されて登場したアイアンマンMK.6登場。噴射の炎や手から発射される光線パーツもあり。
 今回はこれひとつだけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 4日 (火)

HELLO,VIFAM

FAR EAST(紙ジャケット仕様)

■AMAZON

2010/04/22発売
『銀河漂流バイファム』の主題歌とエンディングを担当したTAOの唯一のアルバムが初CD化されていたのを今になって知り、ようやく購入。
 アルバムヴァージョンの主題歌「HELLO,VIFAM」が収録されているが、ボーナスとしてシングルヴァージョン、それにエンディング、「遊室民」が収録されている。TVで流れた交信会話はシングルヴァージョンのみなので収録は嬉しい。それにしても、あの交信はメンバーの思いつきだったとは。HMCD仕様で、紙ジャケ復刻。当時から現在までの解説は中身が詰まっていて面白い。
 アルバム全体の印象は、色々な意味で1983年という時代を感じるというもの。といっても古くさいというわけではなく、当時デビューしたASIAやその前のTHE BUGGLES(しかも2ndアルバム)、YES、YMO辺りの洋楽かや歌謡曲まで色々なものが混ざり合って上手い具合に完成している。リアルタイムに経験しただけになおさらそう思うのだろう。今の若い人にはどう聞こえるんだろうか?
 とにかく、「HELLO,VIFAM」は傑作。
 それにしても、シングルがバカ売れしたのにこのアルバムは売れずにバンドは解散するしかなかったって、今のアニメ商法からすると考えられないよなぁ。そういう意味でも早すぎたのかも。しかし、当時でなきゃ無理なサウンドなんだよな、これは……。

 なお、サントラもCDで復刻されていたが、すでに廃盤。スコアは渡辺俊幸で、これがスコアデビュー作。


機甲界ガリアン音楽集VOL.1

■AMAZON

2000/12/31発売
 こちらはすでに紹介済み。主題歌・エンディングを担当したEUROXはTAOの元メンバー3人が結成したバンド。ヴァイオリンが同じだよね。この「ガリアン・ワールド」と「星の1秒」も傑作。
 スコアは『ウルトラセブン』などの大御所・冬木透。こちらも素晴らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »