« FOR THE RECORD 2 | トップページ | 特撮リボルテック第12弾 »

2011年1月 4日 (火)

HELLO,VIFAM

FAR EAST(紙ジャケット仕様)

■AMAZON

2010/04/22発売
『銀河漂流バイファム』の主題歌とエンディングを担当したTAOの唯一のアルバムが初CD化されていたのを今になって知り、ようやく購入。
 アルバムヴァージョンの主題歌「HELLO,VIFAM」が収録されているが、ボーナスとしてシングルヴァージョン、それにエンディング、「遊室民」が収録されている。TVで流れた交信会話はシングルヴァージョンのみなので収録は嬉しい。それにしても、あの交信はメンバーの思いつきだったとは。HMCD仕様で、紙ジャケ復刻。当時から現在までの解説は中身が詰まっていて面白い。
 アルバム全体の印象は、色々な意味で1983年という時代を感じるというもの。といっても古くさいというわけではなく、当時デビューしたASIAやその前のTHE BUGGLES(しかも2ndアルバム)、YES、YMO辺りの洋楽かや歌謡曲まで色々なものが混ざり合って上手い具合に完成している。リアルタイムに経験しただけになおさらそう思うのだろう。今の若い人にはどう聞こえるんだろうか?
 とにかく、「HELLO,VIFAM」は傑作。
 それにしても、シングルがバカ売れしたのにこのアルバムは売れずにバンドは解散するしかなかったって、今のアニメ商法からすると考えられないよなぁ。そういう意味でも早すぎたのかも。しかし、当時でなきゃ無理なサウンドなんだよな、これは……。

 なお、サントラもCDで復刻されていたが、すでに廃盤。スコアは渡辺俊幸で、これがスコアデビュー作。


機甲界ガリアン音楽集VOL.1

■AMAZON

2000/12/31発売
 こちらはすでに紹介済み。主題歌・エンディングを担当したEUROXはTAOの元メンバー3人が結成したバンド。ヴァイオリンが同じだよね。この「ガリアン・ワールド」と「星の1秒」も傑作。
 スコアは『ウルトラセブン』などの大御所・冬木透。こちらも素晴らしい。

|

« FOR THE RECORD 2 | トップページ | 特撮リボルテック第12弾 »

その他音楽」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73118/50490074

この記事へのトラックバック一覧です: HELLO,VIFAM:

« FOR THE RECORD 2 | トップページ | 特撮リボルテック第12弾 »