« ORCHESTRAL SERIES VOL.5 | トップページ | 特撮リボルテック第11弾 »

2010年12月 1日 (水)

SPACE BATTLESHIP ヤマト

SpacebattleshipyamatoSPACE BATTLESHIP ヤマ

公式サイト

 オリジナルのTVシリーズは観てませんでした。私の家には妹がふたりおり……と書くとおわかりの通り、『アルプスの少女ハイジ』を観ていたのです。チャンネル選択権は兄にはないw 観たのは映画版。その後はのシリーズはTVで放映したものしか観てない。新作アニメ版は観てません。つまり、ヤマト愛はほとんどない。あるとすれば、宮川泰の音楽だろう。交響組曲ヤマトは単独CDで出直してくれないものか。それと、巨大要塞ゴルバのピアノが入ったテーマは凄い好き。

 というわけで、公開初日に観て参りました。まあ、映画の日なんで1000円ならOKだろうと。そういう客を誘うために異例の水曜日初日にしたんだろうしね。
 事前の印象ではキムタクの古代進は悪くはないと思っていた。松本版コミックの古代の髪型ってあんな感じだしw ただ、キムタクはなにをやらしてもキムタクなので、そういう意味ではまったく期待していない。脚本は佐藤嗣麻子なので、上手く行けばそれなりにおもしろいのではないかという薄い期待はあった。

 で、観た。ヤマトらしさ満載。色々な意味で――。ひとつひとつ上げると、すべてネタバレになるので言わないけどな。ラストがアレなのは主題歌の歌い手とイメージとタイトルで予想できたが、あのしんみりしたシーンを帳消しにするアレをくっつけるかという怒りもわき上がる。相変わらず学芸会レベルの芝居。山崎艦長は雰囲気が似てるだけで、演技する気がない死体みたい。ガミラスとイスカンダルの設定は頑張って考えたと思うけど、それじゃなにを考えて送ったのという疑問が生じる。波動砲の使い方も疑問。もちろんラストのアレにつなげるアレも。
 なんか、悪いところをさらにいじって、良いシーンを台なしにしてるんじゃないか?

 うーん、それもふくめてヤマトらしいっちゃらしいけどな。

 それよりさー、「こんなこともあろうかと」がなかったよー。



追記:ネタバレなので書かなかったが、時間がたったので書いておく。

 脚本上で最大の問題はガミラスの設定変更にともなって、起こったこと。なんで地球を放射能に汚染しないと住めないのだ? ヤマト艦内でも平気で活動してたじゃん? 形のない精神生命体みたいなもんなんでしょ?

「SPACE BATTLESHIP ヤマト」ORIGINAL SOUNDTRACK

■AMAZON
映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」オリジナル・サウンドトラック - Various Artists

 音楽は山崎貴監督とコンビを組んでいる佐藤直紀。クレジットでは全曲に宮川泰の名前も入っているように、オリジナルのモチーフを使っている。アクションシーンになると、モチーフを入れつついつものRC調の打ち込み+コーラスというパターン。まあ、制限がある中で頑張ってはいる。ただ、ひとつ言うなら、ヤマトが出てくる前からあのモチーフ使うのはおかしいだろ? 音楽の意味を考えろよ。いつも思うんだけどさ。

 それと、どうせなら交響組曲宇宙戦艦ヤマトのCDを単体で出してくれ。LPはあるけど今聴けないから。

LOVE LIVES

■AMAZON

 AEROSMITHのスティーヴン・タイラーが歌う主題歌はサントラには収録されていないので、こちらをどうぞ。

|

« ORCHESTRAL SERIES VOL.5 | トップページ | 特撮リボルテック第11弾 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント


こういう映画はヒットしちゃいかんですね(笑)。

投稿: たいむぽっかん | 2010年12月 1日 (水) 17:41

昔、東宝の竹取物語はchicagoのpeter ceteraがenglishの主題歌を歌い、ラストで失笑を買いましたが、相変わらずの感性に脱帽。

投稿: 通りすがり | 2010年12月 2日 (木) 11:14

 頑張って、レディースデー&映画の日(?)という最悪の日に突撃してきました。
郊外のシネコンで一番いい小屋で、超イイ席で見ました。
 頑張ってるなぁとは思うんだけど、全体的に「ヤマトの名を借りた映画」って感じ。
艦隊戦が殆どないうえに、ヤマト絡みの戦法の多くが「ギャラクティカ」戦法というのも
気づいちゃうと…。

CDも買いましたが、音楽単体で聴くと音が薄い印象。

良くも悪くも最近のテレビ局主導映画だったなぁ。

これで「日本初のスペースロマン」は禁句だと思う。

投稿: てれす丼 | 2010年12月 2日 (木) 18:04

いきなり人を殴りつける任侠ヘルパーとヤクザの艦長が宇宙漁船で、何一つ作戦を持たずに殴り込みを掛ける、20億円も予算をつぎ込んだ、パチスロムービー感溢れ出しまくりのシナリオ無し映画。14万8千光年、往復29万6千光年の旅だったはずなのだが、何故だか山手線のほうが長く感じる謎のムービーマジック。そして、あれほどしっかりした存在感がテレビアニメの方にあって、今の方には無い、この不思議感。
映画のヤマトには下から仰ぎ見る大きな雄姿も、希望を背負って旅出つロマン溢れる後ろ姿も無い。人々の声援と大切な人たちとの別れの中を行くパレードも無い。次々と倒れてゆく仲間たち、それでも何度傷ついても立ち上がって立ち向かう、素晴らしい信頼で結ばれた男達。それでも涙を流して懸命に男達を支える愛と優しさに満ち溢れた、健気で優雅な気品をたたえた美しい女達。そんな人は映画の方は一人も出ない。何事にも決して屈しない闘って戦って戦い抜いてゆく、愛に生きるヤマトの主人公達へ、沢尻エリカや黒木メイサを配す感覚が旧作品をバカにしている事を示している。 映画館では少し年齢層が高いように見受けられた。彼らは、かつての誇り高い美しき真心に溢れた、すがすがしい日本の姿をヤマトに重ね合わせたかったのだろう。

投稿: | 2010年12月 6日 (月) 02:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73118/50149759

この記事へのトラックバック一覧です: SPACE BATTLESHIP ヤマト:

» SPACE BATTLESHIP ヤマト(78点)評価:○ [映画批評OX]
総論:制服、敬礼、台詞、セットのダメさを補う挑戦への気概を感じた!!宇宙SFアニメの始祖、「宇宙戦艦ヤマト」初の実写映画化。監督は、『ALWAYS 三丁目の夕日』の山崎貴。 ... [続きを読む]

受信: 2010年12月 2日 (木) 00:09

» 「SPACE BATTLESHIP ヤマト 」ヤマト発進! [soramove]
「SPACE BATTLESHIP ヤマト 」★★★☆ 木村拓哉、黒木メイサ、柳葉敏郎、緒形直人、池内博之、マイコ、 堤真一、高島礼子、橋爪功、西田敏行、山崎努 出演 山崎貴 監督、129分、2010年12月1日公開、2010,日本,東宝 (原作:原題:宇宙戦艦ヤマト)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 初登場首位発進、公開5日間で5億を超え 最終的には50億ラインと大ヒットの幕... [続きを読む]

受信: 2010年12月22日 (水) 07:39

« ORCHESTRAL SERIES VOL.5 | トップページ | 特撮リボルテック第11弾 »