« ラドン/決戦!南海の大怪獣 | トップページ | ロボット映画二題 »

2010年12月10日 (金)

FSMの新譜2010/12/10

 FSMの新譜。今年最後は2枚。

Poltergeistポルターガイスト(1982)
POLTERGEIST

■SAE
■@TOWER
■AMAZON

 スピルバーグ製作、トビー・フーパー監督のホラー映画。
 音楽はジェリー・ゴールドスミス。従来のサントラは公開当時に出た8曲38分のLPと、1997年にRHINOから出た13曲68分のCD(2010年2月に再発売されている)があるが、CDはマスター音源がなく、状態のあまりよくないものを使用していた。今回は新たにフィルムミックスからリストアされたフルスコア(曲自体は以前とほとんど変わっていないようだ)と、LPアルバムのミックスとボーナストラックの2枚組。ジャケットもLPと同じになった。マスタリングはゴールドスミスの長年のエンジニアであるブルース・ボトニック。
 加えて『逆転』(1963)"THE PRIZE"を収録。以前、FSMからリリースされたのは映画使用ヴァージョンがメインで、再録音されたLPヴァージョン4曲を追加収録していた。今回は新しく発見されたマスターから未発表の1曲を加えて5曲収録。
 限定10000セット

Mancalledhorse馬と呼ばれた男(1969)
A MAN CALLED HORSE

■SAE
■@TOWER

 イギリス貴族がスー族に捕らえられ、インディアンとして認められていく過程を描いた異色ウェスタン。主演はリチャード・ハリス。
 音楽はレナード・ローゼンマン。従来は8曲33分のLPしかなかったが、今回はスコアとスー族の歌などすべて収録して18曲62分。
 限定2000枚
 続編の『サウス・ダコタの戦い』(1976)"THE RETURN OF A MAN CALLED HORSE"の音楽はローレンス・ローゼンタールで、VARESE CD CLUBから限定盤がリリースされていた。

|

« ラドン/決戦!南海の大怪獣 | トップページ | ロボット映画二題 »

サントラ情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FSMの新譜2010/12/10:

« ラドン/決戦!南海の大怪獣 | トップページ | ロボット映画二題 »