« インセプション | トップページ | VIDEO GAME LIVE LEVEL 2 »

2010年9月17日 (金)

サントラバーにて

 2年ぶりにサントラバーに行った。shot bar ゾートロープだ。毎年サントラ仲間とオフ会をするのだが、昨年は体調が悪くて欠席。その後も外で酒を呑める状態ではなかったので2年ぶりになってしまった。それでも顔を覚えてくれたマスターに感謝。

 で、この話をなんでサントラブログで書くかというと、まあ、サントラバーだからということもあるのだが、飲み始めて1時間ほどしてやってきた外国人の兄ちゃんのせいなのだ。
 マスターの話とこっちが聞き取ったところでは、この30代のドイツ人の兄ちゃんは現在ニュージーランド在住だそうで、『Uボート』のサントラに反応していた。本場の発音で"DAS BOOT"を聞いた。どうやら日本のウィスキーが買える店を教えてくれといっているらしい。それまでこっちのポップコーンなんかを上げたり、隣の客がビールを飲めと勧めたり。ちなみにここのビールは箕面ビール。今の限定で生の山椒が入ったリアルエールがあり、それを。英語ならジャパニーズペッパーか。
 しばらくして、兄ちゃんが着ていたTシャツを示した。暗くて今までよくわからなかったが、右袖に"DISTRICT 9"(『第9地区』)、左袖にWETAと書いてある。WETAの美術スタッフだった。ちなみに、そのバーにWETAの人が来たのは彼で二人目だそうだ。だからニュージーランドかと納得。それまではドイツでヴィデオゲームの製作をしていたそうだ。WETAをなんで知ったというので、もちろん『ロード・オブ・ザ・リング』だけど、その前の『さまよう魂たち』から知ってるよというと、あれは僕も好きだと。
 1時間ほどしてWETA兄ちゃんが日本のウィスキーを買いに行くというので、"MAY THE GOOD WHISKY BE WITH YOU"と言ったら受けた。しばらくして戻ってきて、なにかイイのあったと訊いたら、なぜか別の国のウィスキーを嬉々として見せてくれた。ひょっとして円高で安く買えたのか? 来週帰るというので、円高でも大丈夫なくらいの給料をもらってるんだろうなぁ。
 22時すぐに先にこちらが帰るので、握手して別れた。名前は知らない。まあいいか。

|

« インセプション | トップページ | VIDEO GAME LIVE LEVEL 2 »

映画ネタ」カテゴリの記事

コメント

凄いですね、ここ。店のデザイン、木村威夫氏ではないですか。それだけでも訪れる価値ありだわ。情報、どうもです。

投稿: チョン月 | 2010年9月19日 (日) 18:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73118/49474720

この記事へのトラックバック一覧です: サントラバーにて:

« インセプション | トップページ | VIDEO GAME LIVE LEVEL 2 »