« VARESE CD CLUBの新譜2010/09 | トップページ | ALPHA AND OMEGA »

2010年9月21日 (火)

ガフールの伝説

Guardiansガフールの伝説(2010)
LEGEND OF THE GUARDIANS:THE OWLS OF GA'HOOLE

Legend

『300』や『ウォッチメン』のザック・シュナイダー監督が始めて担当するフルCGIアニメ。キャスリン・ガスキーの児童書シリーズ『ガフールの勇者たち』が原作。悪のフクロウに襲われた主人公フクロウは伝説のフクロウの勇者たちに助けを求めて旅立つ。
 音楽はこれまで組んでいたタイラー・ベイツではなく、なんと『シャイン』や『エリザベス』などのオーストラリア出身作曲家デイヴィッド・ハーシュフェルダー。これまで人間ドラマが多かっただけに、ファンタジーしかもフクロウしか出てこない作品でどんな音楽をつけるのかと思っていたが、これが『ハリー・ポッター』並の正統派ファンタジースコア。オケとコーラスでかなり派手に盛り上げる。メインテーマもはっきりしており、心地よい。飛行物にはハズレが少ないなぁ。
 主題歌としてポップロックバンドOWL CITYの"TO THE SKY"を収録。
 ちなみに、予告編で流れる曲は30 SECONDS TO MARSというバンドの"KINGS AND QUEENS"ですが、本編とはなんの関係もありません。予告編には本編と無関係の曲や歌をつけることが多いのです。
 残念ながらダウンロードのみ。

10月4日追記:アメリカの大手スーパーBORDERS限定でCDを発売している。ただし、スコア2曲少なく、DEAD CAN DANCEの曲が追加されているようだ。

|

« VARESE CD CLUBの新譜2010/09 | トップページ | ALPHA AND OMEGA »

サントラ情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73118/49333503

この記事へのトラックバック一覧です: ガフールの伝説:

« VARESE CD CLUBの新譜2010/09 | トップページ | ALPHA AND OMEGA »