« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月の記事

2010年8月31日 (火)

特撮リボルテック第7弾

10月1日発売の第7弾。

特撮リボルテック SERIES No.014 ジェイソン・ボーヒーズ

■AMAZON

『13日の金曜日』シリーズからジェイソンが。数々の得物を取りそろえております(^_^;)


特撮リボルテック SERIES No.015 メーサー殺獣光線車

■AMAZON

『フランケンシュタインの怪物・サンダ対ガイラ』の秘密兵器!

 次回は『エイリアン2』からエイリアンウォリアーだそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

INTRADAの新譜2010/08/31

 隔週刊INTRADA。

Deepザ・ディープ(1977)
THE DEEP

■INTRADA
■@TOWER

 『ジョーズ』のピーター・ベンチリーによる同題小説を、『ブリット』や『銀河伝説クルール』のピーター・イェーツが監督したサスペンス。南の島でダイビングに興じるカップルが、海底に眠る財宝を狙うトレジャーハンターに襲われる。ロバート・ショウ、ニック・ノルティ、ルイス・ゴセットJr.などが出るが、やはり売りは当時33歳のジャクリーン・ビセットのあられもない姿態ではなかったかと。あの時はいけないものを見てしまったような気持ちがしたものだ。今見ても……いけてますな→Bissetjacqueline_10_the_deep_30
 音楽はジョン・バリー。公開当時、LPがリリースされたきり。しかも、メインテーマのヴァリエーション3曲(ドナ・サマーの歌もあり)と、バレエ曲として24分に編曲されたもの、ディスコ曲というものだった。スコアはソニー、アルバムはユニバーサル(当然、ドナ・サマーにも権利がある)と権利関係が複数に分かれ、なかなかCD化されなかったアルバムを初CD化し、フルスコアを収録した2枚組。スコアはモノラルのセッションマスターから、アルバムはステレオマスターからのリマスター。
 限定3000セット

 サントラ発売当時のTVCM!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月27日 (金)

スーパーナチュラル


 2005年から現在まで放映されているヒットTVシリーズ。超自然現象と戦う兄弟を描くオカルト&ホラーだ。
 音楽は『ニューアドベンチャー/スーパーマン』などのジェイ・グラスカと『キャッツ&ドッグス/地球最大の肉球大戦争』などで最近売り出し中のクリストファー・レナーツ。シリーズ初めてのサントラとなる。
 残念ながらAMAZON.COMのCD-RとiTUNESのダウンロードのみ。

Supernatural,

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月25日 (水)

FSMの新譜2010/08/25

Chips3白バイ野郎ジョン&パンチ(1980-1981)
CHiPs Vol. 3: Season Four

■SAE
■@TOWER

 大ヒットTVシリーズのサントラ第3弾はシーズン4。
 音楽は引き続きアラン・シルヴェストリ。
 限定3000枚

Tvominibus1TV Omnibus: Volume One(1962-1976)

■SAE
■@TOWER

 アメリカTVシリーズでサントラになっていない、あるいはサントラに収録されていない音源を集めた第1弾。5枚組。収録されたのは下記の作品。
キルデア先生(Dr.Kildare)
ジェリー・ゴールドスミス&ハリー・サクマン
The Bronze Locust
ジョン・ウィリアムズ
The Phantom of Hollywwod
レナード・ローゼンマン
パニック・イン・テキサスタワー(The Deadly Tower)
ドン・エリス
The Assignment: Munich
ジョージ・ロマニス
Assignment: Vienna
デイヴ・グルーシン&ジョン・パーカー
Shirts/Skins
ジェリー・フィールディング
さすらいのライダー(Then Came Bronson)
ジョージ・ダニング&ギル・メレ
Earth II
ラロ・シフリン
太陽を盗め(High Risk)
ビリー・ゴールデンバーグ
 限定2000セット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

THE GOING UP OF DAVID LEV

 やっぱりまだ勧められないサントラショップBSXからの新譜(^_^;)

DavidlevTHE GOING UP OF DAVID LEV(1973)

■BSX
■SAE
■@TOWER

 ジェイムズ・F・コリアー監督によるファミリードラマ。『フラッシュ・ゴードン』にも出ていたトポルのアメリカデビュー作のようです。他にブランドン・クルツ、クレア・ブルームなど。父を捜して旅をする少年の物語らしい。
 音楽は……ええっ? ジェリー・ゴールドスミス! フィルモグラフィーでもまったくのノーマーク。もちろん初サントラ化。イスラエルが舞台と言うことで、楽器やメロディにアラブ色があります。翌年の『QBVII』や『炎の砦マサダ』につながるところもあり。まごうことなきゴールドスミス作品!
 限定2000枚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月24日 (火)

アバターSE

 アメリカでは8月27日から公開されるちょっとだけ増えたスペシャルエディション。9分増えて171分になる模様。日本では秋以降か。で、何が増えるんでしょうねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月23日 (月)

片目のジャック

Oneeyed_jacks片目のジャック(1960)
ONE-EYED JACKS

■SAE
■@TOWER

 KRITZERLAMDからの新譜。
 マーロン・ブランド監督・主演の異色ウェスタン。
 音楽はヒューゴ・フリードフォッファー。かつて出ていた12曲入りのアルバムヴァージョンと、スコア完全盤の2枚組。
 限定1000セット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MUSIC JUNKIES

Musicjunkies1GOOD IDEA / MUSIC JUNKIES

■AMAZON
■AMAZON MP3
■CD BABY

 映画予告編に使われる曲を製作している集団によるアルバム。『アイ・アム・レジェンド』や『トランスフォーマー』の予告編などに使われた曲が収録されている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月20日 (金)

アイアンマン2&エイリアン

アイアンマン2 (Amazon.co.jp限定スチールブック仕様/完全数量限定) [Blu-ray]

■AMAZON

10月22日発売
 今夏に公開されてそこそこヒットした続編。アメリカに比べると一般受けが悪いが、この手のアメコミヒーロー物映画化では出色の出来。ヒーロー物としてはヒーローの出番が少ないのが難点という指摘もあるが、これはスタークというキャラを描く物語なのだろう。
 3パターンがリリースされる。
 AMAZON限定のBDセット。2枚ともBDなのかどうかは不明。

アイアンマン2 ブルーレイ&DVDセット

■AMAZON

 最近流行のBD+DVD。

アイアンマン2 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

■AMAZON

 DVDのみ。

エイリアン・アンソロジー:ブルーレイ・コレクターズBOX(エイリアン・エッグ付) [Blu-ray]

■AMAZON

11月17日発売
 エイリアン4作をセットにして、エッグ型のケースに入れた豪華版セット。本編4枚+特典2枚で計6枚組。HDマスターの高画質。本編2バージョンを収録。

エイリアン・アンソロジー:ブルーレイBOX [Blu-ray]

■AMAZON

 エッグ型ケース以外は内容は同じ。すべての作品にアイソレーテッドスコアが収録されているのがサントラファンには嬉しい。

ロボコップ・ブルーレイ・トリロジーBOX [Blu-ray]

■AMAZON

11月5日発売
 ついでにロボコップ3作のBOXセットも。バラ売りよりも安くなるのが魅力。

バック・トゥ・ザ・フューチャー 25thアニバーサリー Blu-ray BOX [Blu-ray]

■AMAZON

10月26日発売
 DVDのBOXセットよりも特典が増量されたトリロジーセット。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年8月18日 (水)

インセプションのスコア

 絶賛公開中の『インセプション』のサントラに収録されていない2曲12分が公式サイトから無料でダウンロード出来ます。320kbpsのMP3なので音質は良好。この2曲だけでも作品のスタイルはつかめそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月17日 (火)

INTRADAの新譜2010/08/17

 隔週刊INTRADA。

Spacecampスペースキャンプ(1986)
SPACECAMP

■INTRADA

 ケイト・キャプショウ、リー・トンプソンなど出演のジュブナイルSF。NASAのスペースキャンプに参加した子供たちとインストラクターが事故で実際にスペースシャトルで打ち上げられてしまい、帰還するまでを描く。
 音楽はジョン・ウィリアムズ。過去にSLCから限定1000枚で出ていたCDの再発売。
 限定3000枚

追記:ほぼ1日でINTRADAとSAEで完売しました。

Cohenandtateジャッカー(1988)
COHEN AND TATE

■INTRADA
■@TOWER

 ロイ・シャイダー主演の小粒なサスペンスアクション。
 音楽はビル・コンティ。初サントラ化。
 限定1200枚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月14日 (土)

The Music of The Lord of the Rings Films

MusiclotrTHE MUSIC OF THE LORD OF THE RINGS FILM

著者:ダグ・アダムス

■AMAZON

 ハワード・ショア監修の下、ダグ・アダムスが執筆してきた『ロード・オブ・ザ・リング』の音楽を解説した書籍が、ようやく発売になる。欧州では9月28日、アメリカでは10月5日。
 すでに発売済みの豪華版サントラ3部作に入っていた解説冊子とネットでダウンロード出来る解説PDFに、さらに書き加えた全416ページ。フルカラーでショアによる前説、脚本のフラン・ウォルシュによる序説、コンセプトデザインのジョン・ハウとアラン・リーによるイラスト、映画のスチールなどが入る。それだけではなく、豪華版サントラにも収録されていないレア音源21曲70分、著者とショアの対話が収録されたCDがついてくる。

 CD収録曲は下記のとおりで、別ヴァージョン、シンセモックアップなど。モックアップはこういう機会でもないと一般のファンの耳に触れることはないので貴重だ。加えて『王の帰還』の予告編用に録音された曲が入っているのは嬉しい。
THE FELLOWSHIP OF THE RING
 01 Prologue: One Ring to Rule Them All (Alternate)
 02 The Shire/The Hobbits (Mock-up)
 03 Out From Bree (Theatrical Version & Alternate)
 04 Flight to the Ford (Alternate)
 05 Moria (Mock-up)
 06 The Fighting Uruk-hai (Alternate)
 07 The Argonath (Alternate)

THE TWO TOWERS
 08 Gwenwin in în (“Arwen’s Song” Alternate/Mock-up)
 09 Arwen’s Song (Complete)
 10 Emyn Muil (Alternate)
 11 The Rohan Fanfare (Mock-up)
 12 The Eaves of Fangorn (Alternate)
 13 The Ent Theme (Mock-up)

THE RETURN OF THE KING
 14 The Return of the King Trailer
 15 The Gondor Theme (Mock-up)
 16 The Muster of Rohan (Alternate)
 17 The Siege of Gondor (Alternate)
 18 Shieldmaiden of Rohan (Theatrical Version)
 19 Sammath Naur (Alternate)
 20 Frodo’s Song (“Into the West” Alternate/Mock-up)
 21 Elanor (Alternate)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月11日 (水)

LA-LA LANDの新譜2010/08/18

 LA-LA LANDの限定盤。

Lonegunmenローン・ガンメン(2001)
THE LONE GUNMEN
ハーシュ・レルム(1999)
HARSH REALM

■LA-LA LAND

『X-ファイル』のクリス・カーター製作のTVシリーズ2作品をカップリング。
 音楽は同じくマーク・スノウ。
 限定2000枚

Bbbビンゴ・パーティ(1965)
BEACH BLANKET BINGO

■LA-LA LAND

 ウィリアム・アッシャー監督のミュージカルコメディ。
 音楽はレス・バクスター。
 限定1200枚

 現在、なにが出るのかわからないため最も恐ろしいLA-LA LANDのリリーススケジュールだが、当初の予定が変わって、8月はこの18日の一回のみ。その後、2週間毎に2~3枚のリリースがあり、12月1日まで続くようです。となると、全7回で通常盤もあわせて合計15枚以上……。地獄?
 今、わかっているのは『ジム・ヘンソンのストーリーテラー』、『Xファイル(TV)vol.1』、ミラー2、エイリアン4、ジョン・ウィリアムズが2作?というところか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 9日 (月)

黄金の犬

黄金の犬(1979)

■AMAZON

『八甲田山』や『皇帝のいない八月』と復刻サントラを続けてきたDISKUNION・富士シネマの新作は、バイオレンスの名手・西村寿行の小説を映画化した『黄金の犬』です。音楽は『ルパン三世』で有名な大野雄二。。紙ジャケ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魔法使いの弟子

Sorcerersapprentice魔法使いの弟子
THE SORCERER'S APPRENTICE

Sorcerer's

 ディズニー&ブラッカイマー製作、ジョン・タートルトーブ監督、ニコラス・ケイジ主演の魔法使いもの。
 音楽は『ナショナル・トレジャー』シリーズで監督とも組んでいるトレヴァー・ラビン。もう典型的なRC系サウンドだが、一応デュカスの『魔法使いの弟子』(『ファンタジア』でミッキーマウスがやったアレ)をモチーフに使っているところが笑える。
 ディズニーなのでCDはなしで、ダウンロードのみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カノンのしらべ~佐橋×藤林の特撮音楽の世界

 サントラ関係のイベントの情報です。

大魔神カノンの音楽担当と作詞家とプロデューサーが特撮・キャラクタードラマの音楽について語る!

【日時】
2010年8月13日(金)
Open 18:00 Start 19:00 End 21:30(予定)
【会場】
東京カルチャーカルチャー(お台場)
【出演】
ゲスト:作曲家・佐橋俊彦 『ちりとてちん』『鹿男あをによし』『ウルトラマンメビウス』『ガンダムSEED』『仮面ライダー電王』ほか
作詞家・藤林聖子 『ONE PIECE』、青山テルマ、水樹奈々 、平井堅への詞提供多数
プロデューサー・高寺重徳 『激走戦隊カーレンジャー』『星獣戦隊ギンガマン』『仮面ライダークウガ』『仮面ライダー響鬼』
スペシャルゲスト:水谷ケイ 『花と蛇3』『星獣戦隊ギンガマン』
MC:西山洋介(角川書店)、島崎淳
 ※イベントの内容、ゲストなどは事情により変更される可能性があります。
【チケット】前売り券3,500円 当日券3,500円
 (飲食代別途必要・ビール¥600など。その他オリジナルカクテルも販売予定!)
 全席自由。入場時、整理番号順に整列をお願いします。
 8月7日(土)の朝10時から「イープラス」で発売開始されます。PC、携帯を通じてのネット予約の場合、セブンイレブン、ファミリーマートで支払い受け取りが出来ます。また、全国ファミリーマートのFamiポートでも24時間直接その場で購入出来ます。
 ※東京カルチャーカルチャー店頭でのチケット販売は行われません。
 ※前売り券は1人8枚まで購入可能です。
 ※前売り券は前日の18時まで購入可能です。
 ※詳しくは、東京カルチャーカルチャーHP内の前売り発券についての説明ページをご確認下さい。

【関連URL】
東京カルチャーカルチャーHPPC版
モバイル版
東京カルチャーカルチャーHP内・本イベント情報ページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒックとドラゴン

How_to_train_your_dragon_ver9ヒックとドラゴン

 アメリカではヒットしたこと以上に評価の高いフルCGIアニメ。日々、ドラゴンと戦うバイキングの村を舞台に、少年とドラゴンの友情を描く。
 ドリームワークスのアニメというと、『アンツ』や『シュレック』などどれもキャラが濃いのが特徴だが、これは監督がディズニーで『リロ&スティッチ』などをやっていたせいか、それほどの濃さはない。物語は王道だ。優秀な父親と、ダメな息子、そして、異なるもの同士が互いを認め合う物語。まあ、そんなことよりもドラゴンを生物として描いたことが素晴らしい。炎を吐くにもプロセスがある。飛ぶにもただ翼を羽ばたかせればいいってわけじゃない。それになんといってもラストアクションは大怪獣映画になっている。怪獣・モンスターのファンは必見!
『アバター』もそうだったが、3Dは上手い飛翔シーンでは効果を発揮する。空気感のある飛行シーンは必見。宮崎アニメの影響も大。
 イヤな登場人物も出てこないし、最後まで気持ちよく見られる。ドリームワークスアニメの最高傑作。
 惜しむらくはほぼ吹き替えのみという上映形態しかない点。まあ、そんなに悪くはないんだけどね、吹き替えも。
 おまけで新作『シュレック・フォーエバー』のダイジェストを上映。原題はFOREVER AFTER……つまり、「いつまでも幸せに暮らしましたとさ」というニュアンス。

ヒックとドラゴン〈1〉伝説の怪物

著:Cressida Cowell
刊:小峰書店

■AMAZON

 原作本。児童書なので、映画化においては結構変更されている模様。ちなみにドラゴンの名前がトゥースなのは映画の日本版のみか。原作と原語版ではトゥースレス。意味逆じゃん。


How to Train Your Dragon (Score)

■AMAZON

『XMENファイナル・デシジョン』や『カンフーパンダ』などのジョン・パウエルによるサントラ。エンドクレジットの主題歌も収録。
 RC系の中でもパウエルは存在感のある作曲家だ。メインテーマや楽器の使い方で作品に統一感を持たせている。アクションシーンはいつものRC系なので、ちとうるさいが、きちんとテーマを取り込んでいるので劇中で生きている。

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2010年8月 4日 (水)

2010 Rolling Roadshow Tour

Dirty_harry_ver2 Robocop_ver2 Rocky_ver4

 アメリカで行われる過去の作品を上映するイベント用にオリー・モスというデザイナーが制作したポスター。他にもあります。iTUNES MOVIE TRAILERにもある。なかなか粋ですな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年8月 3日 (火)

THE LEGEND OF SILKBOY

SilkboyTHE LEGEND OF SILKBOY(2009)

■SAE
■@TOWER

 MSMからのリリース。
 ジャッキー・チェンが声の出演(最後の主題歌も?)をする中国製ファンタジーCGIアニメのサントラ。セリフは英語で、スタッフもハリウッドと中国の混合のようだ。
 音楽はアレイン・メイランド。嬉しくなってしまうくらいオールドファッションなフルオケスコア。クラシックの勉強をして、セロとギターをこなす。SFやファンタジー映画が好きだということで、このアニメの話が来た時はかなり嬉しかったようだ。公式サイトはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FSMの新譜2010/08/03

Huntersバート・レイノルズの 復讐(1970)
HUNTERS ARE FOR KILLING

■SAE
■@TOWER

 バート・レイノルズ主演のアクションTV映画。
 音楽はジェリー・フィールディング。初サントラ化。
 限定2000枚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

INTRADAの新譜2010/08/03

 隔週刊INTRADA。また微妙な代物を……。

Predatorプレデター(1987)
PREDATOR

■INTRADA

 シュワルツェネッガー主演のSFアクション。ちょうどリメイクっぽい新作『プレデターズ』が公開中。
 音楽はアラン・シルヴェストリ。2003年に出たVARESE CD CLUB版とどこが違うかというと、エンドクレジットが1分10秒長いことと、アナログマスターではなくデジタルマスターからのリマスタリングということ。曲数が違うが、2~3曲をまとめてあるだけだ。確かに前の盤はちょっと音が悪いところがあったなあ。ようやくサントラが出たという喜びで気にならなかったけど。とにかく、『プレデターズ』にも使用されている燃えるテーマのオリジナルが聴ける。前のを買い逃した人は是非!
 限定3000枚

8月4日追記:INTRADAで完売。早すぎ。SAEやタワレコでもなし。どこかのショップが大量仕入れしたな。

Thesethousandhills_2フォート・ブロックの決斗(1958)
THESE THOUSAND HILLS
誇り高き男(1956)
THE PROUD ONES

■INTRADA
■@TOWER

 20世紀フォックスの西部劇2作品カップリング。
 音楽はリー・ハーラインとライオネル・ニューマン。初サントラ化。
 限定1200枚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 2日 (月)

ミレニアム

MILLENNIUM TRILOGY

■AMAZON

 SILVA SCREENからスウェーデンの映画『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』を始めとしたトリロジーのサントラがリリースされます。音楽はヤコブ・グロース。オケはスロヴァキア・ナショナル・フィル。SILVA SCREENでは視聴の他、MP3でのダウンロード販売も行っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 1日 (日)

インセプション→トイ・ストーリー3

 映画の日なので久しぶりにハシゴしたが、かなり体力を削がれてダウン寸前。やはり、今の体調では無謀だったか。しかも、日曜なので、どっちも8割以上席が埋まっていたので、それだけで結構きた……。

Inception_ver13インセプション

『ダークナイト』によって日本以外で大ヒットを飛ばし、監督としての格を上げたクリストファー・ノーランの新作。他人の夢に潜ってその人しか知らない情報を盗んでくる仕事をするディカプリオが渡辺謙から受けた新しい仕事とは、アイディアを他人に植え付ける(インセプト)というものだった……。
 ややこしいとか難しいという話を聞いたが、そんなことまったくない派手なアクション作品。夢の中が随分とすっきりしているのは、サイコダイバーとはえらい違うなぁ。夢の中ならもっとぐちゃぐちゃしてるべきと思うんだが。西洋と東洋の違いか。
 ヴィジュアルは全部CGIという最近の風潮に反して、ロケやセットを組んでそこにCGIで手を加えるという手法。無重量シーンでのアクションなんか下手な宇宙SFよりも凄い。
 ラストをどっちなのかはっきりする寸前で止めたのは粋か。
 ハンス・ジマーの音楽は効果的なんだが、サントラを買って何度も聴きたいかというところにはいかず。『ダークナイト』もそうなんだけどね。
 トム・ベレンジャーがおっさん役になっててわからなかったわ。老けたなぁ。


Toy_story_three_ver29トイ・ストーリー3

 ピクサーの大ヒットシリーズ第3弾にして最終作。玩具とその主人である子供との関係は子供が大人になった時どうなるのかというシリアスなテーマを中心に、左のポスターにあるコピーそのままの活劇が繰り広げられる。日本語吹き替え3Dでの鑑賞。前作で吹き替えに慣れたので、OK。オリジナルだとマイケル・キートンとかネッド・ビーティとか有名俳優が多いんだが、まあ、それはBDででも。しかし、3Dはあんまり意味なかったかな。せっかくの色彩豊かな映像が暗くなる分、損した気分になる。やっぱり、まだ3Dは過渡期だよ。
 恒例、最初の劇中劇(?)から、決着の付け方まで、文句のない出来。提携しているジブリの有名キャラも登場するサーヴィスもいいし、前作から加わったキャラも大活躍。シリーズ3作ともに傑作という希有のシリーズである。
 ランディ・ニューマンのスコアはさらに磨きがかかってます。
 毎度お馴染みの短編は『デイ&ナイト』という絵本のような小咄。音楽はマイケル・ジアッキーノ。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »