« 特撮リボルテック第5弾 | トップページ | 第9地区 »

2010年6月 1日 (火)

プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂

Prince_of_persia_the_sands_プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂

 1000円の日なので、相方と映画に行った。
『パイレーツ・オブ・カリビアン』の大ヒットでブラッカイマー&ディズニーが再び組んで放つ、人気ゲームシリーズの映画化。監督は『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』のマイク・ニューウェル。ジェイク・ギレンホール主演、ヒロインに『タイタンの戦い』でもヒロインを演じていたジェマ・アータートンの他、ベン・キングズレー、アルフレッド・モリーナなど。時間を巻き戻せる砂の入った短剣を巡っての冒険を描く。
 なんとなく『タイタンの戦い』みたいな印象があったが、あれよりはしっかり作ってある印象。アップが多かったり、早いカット割りでいまいちなにをしているのかわからないところもあったが、古典的な男と女の騙しあいもいいし、アータートンが『タイタンの戦い』と同じようなキャラながらも、こっちの方がはまっているせいもある。絶世の美女といわれると不満もあるが、動いていると勝ち気なところがいい。なにより、主役がこっちの方が演技が達者だし、キャラができているのが大きいし、達者な脇役がしっかりサポートしているのもいい。また、ゲームのようなプリンスのアクロバティックな動きも随所に見られる。
 モンスターが出るわけでもなく、あくまでも人間たちの物語で、想像よりも小粒な印象だが、むやみに膨らませて尻すぼみになるよりは地に足がついた(結構跳んだり跳ねたり落ちたりしてますが)アクションの方がいい。ラストも単純に悪を倒してハッピーエンドよりも、ちょっとひねったところが好印象。時間物SFロマンスの何とも言えないラストが好きな人ならわかってもらえるか。

プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂

■AMAZON
ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ - プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂 オリジナル・サウンドトラック

 音楽はディズニーの『ナルニア国物語』2作品のハリー・グレッグソン=ウィリアムズ。主題歌はアラニス・モリセット。ディズニーはサントラをダウンロードのみに移行するはずだが、ブラッカイマー作品なら売れると考えているようだ。
 オケメインの壮大なスコアだが、アクションになると打ち込みでリズムを入れるのは違和感があるなぁ。悪くはないんだけど。


プリンス・オブ・ペルシャ 忘却の砂特典 攻略ガイドブック付き

■AMAZON→PS3
■AMAZON→XBOX360

 映画と同時に開発された最新作だが、映画との関連はなく、ゲームでいうPS2『時間の砂』とPS2&XBOX『ケンシノココロ』の間に当たるストーリーらしい。6月25日発売。

|

« 特撮リボルテック第5弾 | トップページ | 第9地区 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73118/48170073

この記事へのトラックバック一覧です: プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂:

« 特撮リボルテック第5弾 | トップページ | 第9地区 »