« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月の記事

2010年6月30日 (水)

トイ・ストーリー3

Toystory3トイ・ストーリー3
TOY STORY 3

Toy

 ピクサーの大ヒットシリーズ第3弾。今回は3D。
 音楽はお馴染みのランディー・ニューマン。
 残念ながらディズニーなのでダウンロードのみ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

セックス・アンド・ザ・シティ2

 大ヒットした2作目のスコア盤は米国のiTUNESとAMAZON.COMのCD-Rのみ。
 音楽は1作目と同じくアーロン・ジグマン。お洒落で軽妙なスコアはお手の物。

「セックス・アンド・ザ・シティ2」オリジナル・サウンドトラック スコア・ヴァージョン

■AMAZON

 と思ったら、日本とイギリスではCDが出るようだ。ワーナーのサントラレーベルであるWATERTOWER(この意味は映画ファンならすぐにわかるでしょうが、ワーナースタジオのトレードマークでもある給水塔)は基本的にダウンロードメインで、大きい作品だけCDが出るが、たまにソニーから海外でCD化されるようだ。ここらへんの関係がいまいちわからん。

Sex & The City 2

■AMAZON

 こちらはコンピレイション盤。


Sex & The City (Score)

■AMAZON

 前作はスコア盤もCDで発売されている。同じくアーロン・ジグマン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月28日 (月)

VARESE CD CLUBの新譜2010/06/28

 VARESE SARABANDEの特別なリリース情報。ロバート・タウンソンがこのレーベルでリリースした1000作目という記念となる。加えて、本作の作曲家アレックス・ノースの生誕100年、本作公開50周年。
 ――だからって、ちょっときばりすぎだろ……。

Spartacusスパルタカス(1960)
SPARTACUS

■VARESE SARABANDE

 ローマの剣闘士スパルタカスの反乱を描いた3時間を超える超大作。アンソニー・マン監督降板で、スタンリー・クーブリック監督が代打で撮り、主演のカーク・ダグラスが製作も務めた畢生の作品。共演にローレンス・オリヴィエ、、ピーター・ユスチノフ、ジーン・シモンズなど。アカデミー賞では美術、撮影、助演男優(ユスチノフ)、衣装デザイン部門で受賞し、音楽と編集でノミネート。ゴールデングローブ賞では作品賞を受賞し、音楽など5部門にノミネートされている。
 音楽はアレックス・ノース。この後、『2001年宇宙の旅』でクーブリックに無理難題を吹っかけられた挙げ句、総ボツを食らってしまうことになる。本作はこれまで1枚物で11曲41分のサントラが出ていたが、今回は70分のサントラステレオ音源が1枚、136分のサントラモノラル音源が2枚、43分の未使用曲などを収録した1枚、色々な作曲家が愛のテーマとヴァリエイションを演奏した音源が2枚、さらにデスプラ、アイシャム、ウィリアムズ、シフリン、タイラー、ヤングなどがノースと『スパルタカス』について語るDVD1枚という7枚組に、168ページのブックレットがついて、お値段$109.98! 限定5000セット!
 5枚目6枚目で録音している作曲家はマーク・アイシャム、デイヴ・グルーシン、ネイサン・バー&リスベス・スコット、パトリック・ドイル、ジョエル・マクニーリー、ラロ・シフリン、アレクサンドル・デスプラ、ジョン・デブニー、ブライアン・タイラー、ランディ・エデルマンなど。録音は新旧あわせているようなので、これまでのコンピレーション盤などに収録されている物もあるんだろう。
 なお、発送は8月上旬から。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月24日 (木)

BSXの新譜2010/06/24

 やっぱりまだ勧めるわけにはいかないサントラショップBSXからの新譜。

FinaleFINALE(2009)

■@TOWER

 ジョナサン・マイケルエルファーズ監督のホラー。
 音楽はショーン・K・クレメント。TVシリーズ『バフィー~恋する十字架~』やゲームなどを得て、最新作は"SINBAD:THE FIFTH VOYAGE"(シンドバッド5回目の航海!)を担当する予定の若手42歳。
 限定1000枚

Live_evilLIVE EVIL(2009)

■@TOWER

 ジェイ・ウォールフェル監督の、カウボーイハットに拳銃、日本刀を持った神父がヴァンパイアの集団を追うホラー。
 音楽はオースティン・ウィントリー。
 限定1000枚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月22日 (火)

スチュー・フィリップス

Stucov72A TIME TO EVERY PURPOSE(aka PICKUO ON 101)(1972)
ネーム・オブ・ザ・ゲーム/死んだ女の住所録(1966)
FAME IS THE NAME OF THE GAME
THE MEAL(aka DEADLY ENCOUNTER)(1975)

■KRITZERLAND
■SAE

『宇宙空母ギャラクティカ』などのスチュー・フィリップスの三作品をカップリング。初サントラ化。
 限定1000枚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LA-LA LANDの新譜2010/07/07

 LA-LA LANDの旧作限定盤。6月30日予定だったが、一週間ずれて7月7日午。

WimpyDIARY OF A WIMPY KID(2010)

■LA-LA LAND
■AMAZON

 ファミリー向けコメディ作品。
 音楽はセオドア・シャピロ。
 限定ではないので、AMAZONでも扱うが、7月20日予定になっている。

Ideocracyリストラ・マン(1998)
OFFICE SPACE
26世紀青年(2006)
IDIOCRACY

■LA-LA LAND

 マイク・ジャッジ監督のコメディ2作品をカップリング。
 音楽は前者がジョン・フリッツェル、後者がセオドア・シャピロ。後者はiTUNESでダウンロード販売されている。
 限定1200枚

 次回は7月28日発売。『プレデターズ』(限定なし)の他に、2枚組で限定3000セットと5000セットという大作が来ます。前から名前が上がっていたウィリアムズ、エルフマン、ケイメン辺りか。5000となるとかなりの有名作品か、ウィリアムズクラスの大物でしょうねえ。
 その後の予定は下記のとおり。
 8月11日 2枚
 8月25日 『ジム・ヘンソンのストーリーテラー/ギリシャ神話』+1枚
 10月 XファイルBOXセット
 12月1日 3枚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月12日 (土)

INTRADAの新譜2010/06/22

 なにもリリースされないようです。

 次回は7月6日予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 8日 (火)

LA-LA LANDの新譜2010/06/16

 LA-LA LANDの旧作限定盤。直販では2枚一度に注文すると$5割引。

Edgeザ・ワイルド(1997)
THE EDGE

■LA-LA LAND
■@TOWER
■AMAZON

 アンソニー・ホプキンスとアレック・ボールドウィンが野生に目覚めて女を巡って対立。おまけにクマと戦う(^_^;)サバイバルドラマ。
 音楽はジェリー・ゴールドスミス。来日コンサートでも演奏していた雄大なテーマが素晴らしい。従来盤は38分弱だったが、今回は3曲5分のボーナストラックを入れて66分超。
 限定3500枚

追記:増えた曲はメインテーマのアレンジが多く、サントラを聞き慣れていない人からは「同じ曲ばっかり」といわれそうだが、それこそゴールドスミスの本領発揮。シーンにあわせてここまでアレンジできるかと感心する。

Speed2スピード2(1997)
SPEED 2:CRUISE CONTROL

■LA-LA LAND
■@TOWER
■AMAZON

 キアヌ・リーヴスとサンドラ・ブロックで大ヒットしたシリーズ第2弾。しかし、キアヌが抜けて代打のジェイソン・パトリックがいまいち。敵のウィレム・デフォーは意味不明にヒルでトリップ。話は輪をかけていいかげんだったせいで大コケ。監督のヤン・デ・ボンが原案・脚本もやってしまったのが最大の敗因だろう。TKがメインテーマをカバーしたのもあったっけ(それは今回は未収録。前のコンピ盤を買えと)。
 音楽は前作から続いてマーク・マンシーナ。海賊盤が出回っていたが、それよりも多い70分を超えるスコアを収録して初サントラ化。しかも、1曲が長めで嬉しい。20世紀フォックスのロゴから始まるオープニングの前作のテーマアレンジが格好いいんだよね。
 限定3000枚

追記:このころのRC系はまだ音に隙間があって聞きやすい。いつの間にか分厚くなって邪魔になるほどになってしまった。
 しかし、『スピード』の最初の作曲家がマイケル・ケイメンだったとは……。彼の降板後、『トゥルー・ロマンス』の音楽に惹かれたヤン・デ・ボンはハンス・ジマーに話を持って行くが、あの作品のマリンバを使ったメインテーマはマンシーナだと言われ(クレジットにはない)、マンシーナの起用が決まったのは有名な話。この作品でもカリビアンなスコアがあり、少しあの曲を思い出させる。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

7月のサントラ

 個人的に注目のサントラを月ごとに紹介するコーナー。情報が更新されたり、新しい情報が入った場合は適時追加されますのでご注意を。

Ironman2アイアンマン2
IRON MAN 2

■AMAZON

7月20日発売
 ジョン・ファブロー監督、ロバート・ダウニーJr.、グィネス・パルトロウ、ミッキー・ローク出演。
 音楽は前作のラミン・ジャワディに代わって、『ザスーラ』でも監督と組んだジョン・デブニー。

インセプション
INCEPTION

■AMAZON

7月13日発売
 クリストファー・ノーラン監督、レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙など出演のサスペンス。
 音楽はハンス・ジマー。
 ダウンロード版は2曲多いという情報もあり。

Knightdayナイト&デイ
KNIGHT AND DAY

■AMAZON

7月13日発売
『3時10分、決断のとき』のジェイムズ・マンゴールド監督、トム・クルーズ&キャメロン・ディアスのコメディタッチのサスペンスアクション。
 音楽はジョン・パウエル。

アラン・ウェイク

■AMAZON

7月20日発売
 XBOX360で発売中のサイコロジカル・アクション・スリラー・ゲームのサントラ。
 音楽はペトリ・アランコ。オケに打ち込みを加えて、『セブン』調のスコア。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

INTRADAの新譜2010/06/08

 隔週刊INTRADA。

Cloaldaggerビデオゲームを探せ!(1984)
CLOAK & DAGGER

■INTRADA
■@TOWER

『サイコ2』と『リンク』の間にリチャード・フランクリン監督が撮ったジュブナイルサスペンス。脚本はトム・ホランド。『E.T.』のヘンリー・トーマス主演で、ビデオゲーム好きな少年がスパイ組織に命を狙われる。心の中に現れて少年を助けるのはゲームのヒーロー、ジャック・フラック。
 音楽は『マッド・マックス』のブライアン・メイ。初サントラ化。
 限定1500枚

AtlasMr.ATLAS(1997)

■INTRADA
■@TOWER

 ティモシー・ボトムズなどが出演したマイナー作品。洞窟に落ちた少年が、そこで2000歳のヒーローと出会うというファンタジーのようだ。
 音楽は『ヘル・ゴースト/悪魔のスケアクロウ』などのテリー・プルメリ。初サントラ化。
 限定1000枚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 5日 (土)

FSMの新譜2010/06/05

 FSMの新譜。前回に準備不足で後回しにされてしまったのがやってきた。でも、早すぎ! 一緒に注文するんだった……。

Outlandアウトランド(1981)
OUTLAND

■SAE
■@TOWER
■AMAZON

『カプリコン1』の後、『ハノーバー・ストリート/哀愁の街かど』を挟んでピーター・ハイアムズ監督が撮ったSF。『真昼の決闘』のSF版として自身が書いた脚本で、主演はショーン・コネリー。他にピーター・ボイル、フランシス・スターンハーゲンなど。木星の衛星イオの鉱山を舞台に、派遣されてきた新任保安官が、麻薬密売組織にたったひとりで立ち向かう。低気圧低重力の環境でのアクションが見物。当時、宇宙服が破れた場合、どうなるかと考えたっけ。
 音楽は『カプリコン1』と同じくジェリー・ゴールドスミス。『エイリアン』と美術や状況などが似ているため、音楽の印象も似ているところがあり、あまり評価が高くないのだが、緊迫感はさすが。アルバムに収録されていたバーのシーンで流れるテクノ調音楽も2曲書いたが、映画で使用されず、マイケル・ボディッガーのものが使用された。今回のCDでは両者の音楽も含めたスコア完全盤に、アルバムヴァージョンを加えた2枚組。ジョン・ウィリアムズによるラッド・カンパニー・ロゴミュージックも収録。オケはナショナル・フィル。マスタリングはゴールドスミスの盟友ブルース・ボトニック。
 限定5000セット

追記:当時はボディッカーのダンスミュージックがいいと思っていたんだが、今聞くと、もろにYMOっぽい音色だなぁ(^_^;) 時代的にもかぶってるし、これが最先端だったわけだ。懐かしすぎる。
 ラッドカンパニーロゴの音を聴くと、どうしても続けて「ドドドーン」という音と共に未来のLAの光景が目に浮かぶのは条件反射だな。他には『ライト・スタッフ』でしかこのロゴミュージックは聴けないし。
 1曲だけ、ゴールドスミスのスコアをボツにして、それを元にしてモートン・スティーヴンスが書いた曲があるんだけど、いきなりキレがなくなって別人だとわかってしまう。デブニーがやった『ルーニー・チューンズ:バック・イン・アクション』もそうだったけど、この差はなんなんだろう。

Tootsieトッツィー(1982)
TOOTSIE

■SAE
■@TOWER
■AMAZON

 シドニー・ポラック監督、ダスティン・ホフマン主演の大ヒットコメディー。売れない俳優が女装して女優としてデビューしたところ大受けになって……。
 音楽はデイヴ・グルーシン。公開当時のLP(日本でのみCD化)にボーナストラックをつけて倍近い収録時間の豪華版。
 限定3000枚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 2日 (水)

ベスト・キッド

Karatekidベスト・キッド(2010)
THE KARATE KID

James Horner - The Karate Kid (Music from the Motion Picture)

 かつてラルフ・マッキオ主演で大ヒットした作品が舞台を北京に移してリメイクされた。師匠役にはヒロユキ・パット・モリタに代わってジャッキー・チェン。デトロイトから親の都合で北京にやってきた少年にクンフーを教える……って、カラテじゃないじゃん! しかし、そんなこともあろうかと、邦題にはカラテの文字はなかったのだった。先を見る目があるなぁ。主役はウィル・スミスの息子ジェイデン・スミス。親父は製作にも回ってサポートは万全だ。ハリウッド映画なのに白人がほとんど出てこないぞ。日本公開は8月14日。
 で、音楽はなんとジェイムズ・ホーナー。特大ヒットの『アバター』の次にこれとは意表を突きまくった選択だ。アフリカ音楽は多いが、中華はあまり記憶にない。得意のヒーリング系オケスコアから始まって、打ち込みの加わったサスペンススコアなども入れつつ、クンフー鍛錬シーンからラストのトーナメントに向かっていくというシーン順に並んだ60分。時折、中華系な音も使いながら、80年代ジュブナイル系(アメリカ物語やリトルフットの大冒険/謎の恐竜大陸のような)スコアを蘇らせたような感じになっている。『アバター』でも打ち込みが入ったスコアがあったが、今回もその流れをくんだスコアがある。お馴染みの尺八も少しだけ。『アバター』同様にRC系の無闇に分厚いスコアではないのがいい。アルバムとしてもダレ場がないし、気持ちがいい。
 残念ながら今のところダウンロードのみ。

 ちなみに記事を書いた時点でのiTUNESの説明と発売日が『タイタニック』のものになっている(苦笑)

 6月24日追記:遅れていたが、AMAZON.COMからCD-Rが出た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KRITZERLANDとQUARTETの新譜

Boy_pirates海賊少年(1960)
THE BOY AND THE PIRATES
生きていた人形(1958)
ATTACK OF THE PUPPET PEOPLE

■KRITZERLAND
■SAE

 音楽はアルバート・グラッサー。

Shoutatdevilロジャー・ムーア 冒険野郎
SHOUT AT THE DEVIL

■SAE

 音楽はモーリス・ジャール。LPと同内容で、初CD化。
 限定1000枚

Charge遥かなる戦場(1968)
THE CHARGE OF THE LIGHT BRIGADE
三人の女性への招待状(1966)
THE HONEY POT

■SAE

 音楽はジョン・アディスン。FSMのBOXセットからの分割。
 限定1000枚

80egunean80 EGUNEAN(2010)

■SAE

 スペイン映画で、音楽は『マルメロの陽光』などのフランス人作曲家パスカル・ゲーニュ。
 限定500枚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コール オブ デューティ:モダン・ウォーフェア2など

Codmw2CALL OF DUTY:MODERN WARFARE 2
コール・オブ・デューティ:モダン・ウォーフェア2

ハンス・ジマー - Call of Duty: Modern Warfare 2 (Original Game Score)
■AMAZON

 大ヒットファーストパーソンシューターの第2弾のサントラ。前作は『マン・オン・ファイア』などのハリー・グレッグソン=ウィリアムズだったが、今回はハンス・ジマーがメインテーマを担当し、スコアはRCのローン・バルフェ。まあ、誰がやったって同じようなスコアになりますがね。ダウンロードのみ。

Sims3waaTHE SIMS 3 :WORLD ADVENTURES AND AMBITIONS
ザ・シムズ3:ワールド・アドベンチャー&アンビション

Steve Jablonsky - The Sims 3: World Adventures & Ambitions

 仮想現実に自分のキャラを作って、様々な人生を送らせるシミュレーションゲーム『ザ・シムズ』の最新作3の追加データ集2種類のサントラ。職業や行動範囲が増えるため、さらにエキサイティングになったらしい。
 音楽はオリジナルと同じくスティーヴ・ジャブロンスキー。

Sims3THE SIMS 3
ザ・シムズ3

Steve Jablonsky - The Sims 3

 こっちが昨年出た。オリジナル。
 音楽はスティーヴ・ジャブロンスキー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 1日 (火)

第9地区

第9地区 Blu-ray&DVDセット(初回限定生産)

■AMAZON

 アカデミー賞作品賞にもノミネートされた傑作SFがDVD化。8月11日発売。最近の流行でDVDとBDのセットのみを低価格でリリース。
 感想は以前に書いたので、そちらを参照→ブログ


District9DISTRICT 9

Clinton Shorter - District 9 (Original Motion Picture Soundtrack)

 サントラはダウンロード限定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂

Prince_of_persia_the_sands_プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂

 1000円の日なので、相方と映画に行った。
『パイレーツ・オブ・カリビアン』の大ヒットでブラッカイマー&ディズニーが再び組んで放つ、人気ゲームシリーズの映画化。監督は『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』のマイク・ニューウェル。ジェイク・ギレンホール主演、ヒロインに『タイタンの戦い』でもヒロインを演じていたジェマ・アータートンの他、ベン・キングズレー、アルフレッド・モリーナなど。時間を巻き戻せる砂の入った短剣を巡っての冒険を描く。
 なんとなく『タイタンの戦い』みたいな印象があったが、あれよりはしっかり作ってある印象。アップが多かったり、早いカット割りでいまいちなにをしているのかわからないところもあったが、古典的な男と女の騙しあいもいいし、アータートンが『タイタンの戦い』と同じようなキャラながらも、こっちの方がはまっているせいもある。絶世の美女といわれると不満もあるが、動いていると勝ち気なところがいい。なにより、主役がこっちの方が演技が達者だし、キャラができているのが大きいし、達者な脇役がしっかりサポートしているのもいい。また、ゲームのようなプリンスのアクロバティックな動きも随所に見られる。
 モンスターが出るわけでもなく、あくまでも人間たちの物語で、想像よりも小粒な印象だが、むやみに膨らませて尻すぼみになるよりは地に足がついた(結構跳んだり跳ねたり落ちたりしてますが)アクションの方がいい。ラストも単純に悪を倒してハッピーエンドよりも、ちょっとひねったところが好印象。時間物SFロマンスの何とも言えないラストが好きな人ならわかってもらえるか。

プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂

■AMAZON
ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ - プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂 オリジナル・サウンドトラック

 音楽はディズニーの『ナルニア国物語』2作品のハリー・グレッグソン=ウィリアムズ。主題歌はアラニス・モリセット。ディズニーはサントラをダウンロードのみに移行するはずだが、ブラッカイマー作品なら売れると考えているようだ。
 オケメインの壮大なスコアだが、アクションになると打ち込みでリズムを入れるのは違和感があるなぁ。悪くはないんだけど。


プリンス・オブ・ペルシャ 忘却の砂特典 攻略ガイドブック付き

■AMAZON→PS3
■AMAZON→XBOX360

 映画と同時に開発された最新作だが、映画との関連はなく、ゲームでいうPS2『時間の砂』とPS2&XBOX『ケンシノココロ』の間に当たるストーリーらしい。6月25日発売。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特撮リボルテック第5弾

 海洋堂の特撮リボルテック第5弾。8月1日発売。予定されていたモスラは9月にずれたようだ。

特撮リボルテック SERIES No.010 WOODY (ウッディ)

■AMAZON

 もうすぐ公開の『トイストーリー3』の主役。


特撮リボルテック SERIES No.011 BUZZ LIGHTYEAR (バズ・ライトイヤー)

■AMAZON

 同じくバズ・ライトイヤー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »