« 映画ネタ46 | トップページ | 破壊! »

2010年5月16日 (日)

調整班、クォーターメイン

★フィリップ・K・ディックの短編『調整班』を映画化した"THE ADVUSTMENT BUREAU"の予告編が公開された。『タイムライン』や『ボーン・アルティメイタム』の脚本家ジョージ・ノルフィの初監督作。主演マット・デイモン、エミリー・ブラント、テレンス・スタンプなど。音楽は最近復活して大作に戻ってきたジェイムズ・ホーナー。
 アメリカ公開は9月。

 原作は『悪夢機械』(新潮文庫)に収録された短編(原題はちょっと違って"ADJUSTMENT TEAM")で、今までに似たような話で映画が幾つも作られている。例えば『ダークシティ』とかね。今回はサスペンスというよりもロマンスを強調する模様。
 ディックの映画化は解釈を無茶苦茶に変えたり、ただの出来の悪いホラーになることが多いので、あくまでも現代のロマンスとしてやるなら、それはそれで……ディックじゃないけどな(^_^;) しかし、これまでで一番俳優はしっかりしてるか。

★『ターミネーター4』『アバター』『タイタンの戦い』と超大作の主演が続いているサム・ワーシントンだが、次はドリームワークスが製作するH・ライダー・ハガード原作のアラン・クォーターメインを演じることになった。言うまでもなく『キング・ソロモンの秘宝』などのヒーローである。
 でもなー、なんでそんなに評価されてるのかさっぱりわからん。クセも個性もあんまりないところが使いやすいのか。演技も別に上手くないしなぁ。

|

« 映画ネタ46 | トップページ | 破壊! »

予告編」カテゴリの記事

映画ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73118/48375254

この記事へのトラックバック一覧です: 調整班、クォーターメイン:

« 映画ネタ46 | トップページ | 破壊! »