« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月の記事

2010年2月24日 (水)

魔女っ娘

 ハリウッドから魔女っ娘が!

 なにやってんの、キルスティン・ダンスト&McG?
 こっちは昨年9月の撮影時。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月23日 (火)

COP OUT


 ケヴィン・スミス監督による刑事アクション。多分、アクションコメディだろう。なんせ、サイレントボブのケヴィン・スミスだし。主演はブルース・ウィリス!
 音楽がまた狙っているとしか思えない『ビバリーヒルズ・コップ』のハロルド・フォルターメイヤー。お久しぶりである。試聴すると、80年代の音満載! 主題歌なんてパティ・ラベルだもんな。
 で、ダウンロードとAMAZON.COMのCD-R販売のみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月22日 (月)

ダンテズ・インフェルノ

Dantesinfernoダンテズ・インフェルノ

Garry Schyman - Dante's Inferno

 EAゲームのサントラ。ダンテの神曲・地獄編をモチーフにしたアクションゲーム。キリスト教の罪の概念とグロテスクな地獄の光景が渾然一体となったダークな世界で殺戮が繰り広げられる。
 音楽は『バイオショック』シリーズや『デストロイ・オール・ヒューマンズ2』のゲリー・シャイマン(GARRY SCHYMAN……子音ばっかりで読みにくい!)とポール・ゴーマン。ロンドン録音によるオケとコーラスによる荘厳なスコア。残念ながらダウンロードオンリー。ただし、日本版ゲームを買うとサントラCDがついてくる。もっとも20分足らずだが……。iTUNESでは80分近い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月19日 (金)

3月のサントラ

 個人的に注目のサントラを月ごとに紹介するコーナー。情報が更新されたり、新しい情報が入った場合は適時追加されますのでご注意を。

アリス・イン・ワンダーランド

 ■AMAZON

 ティム・バートン監督が『不思議の国のアリス』と『鏡の国のアリス』のその後を描く。
 音楽は盟友ダニー・エルフマン。


皇帝のいない八月

 ■AMAZON

 サスペンス。
 音楽は佐藤勝。初CD化。


HENRI 4

 ■AMAZON

 ハインリッヒ・マン原作の小説を映画化したドイツ映画。ヘンリー四世を描く。
 音楽はハンス・ジマーと『モンスターVSエイリアン』で独り立ちしたヘンリー・ジャックマン。


THE PACIFIC

 ■AMAZON

 スピルバーグ&トム・ハンクス製作の第二次大戦ドキュメンタリーシリーズ『バンド・オブ・ブラザーズ』の太平洋戦争版。
 音楽はマイケル・ケイメンが亡くなったため、ハンス・ジマー、ジョフ・ザネリ、ブレイク・ニーリーのRC組が担当。


GREEN ZONE

 ■AMAZON

『ボーン・トリロジー』のポール・グリーングラス監督と主演のマット・デイモンのコンビ再び。イラク戦争初期を舞台にしたサスペンス。
 音楽も同じくジョン・パウエル。


フリンジ

 ■AMAZON

『LOST』や『スター・トレック』のJJエイブラムスが仕掛ける新TVシリーズ。
 音楽はマイケル・ジアッキーノ、クリス・ティルトン、チャド・セイター。
追記:4月6日に延期


ヒックとドラゴン

 ■AMAZON

 ドリームワークスの3Dアニメ。原作はクレシダ・コーウェルの"HOW TO TRAIN YOUR DRAGON"というジュブナイル。バイキングの少年が見つけたのは小さなドラゴン。敵とされるドラゴンを飼い慣らすことが出来るのか。日本公開は8月7日予定。
 音楽は『ボーン・トリロジー』や『X-MENファイナル・デシジョン』などのジョン・パウエル。


紅い眼鏡

 ■AMAZON
川井憲次 - 紅い眼鏡 Complete Revival

 単独サントラとしては3回目のリリースとなる押井守監督の実写デビュー作にして、川井憲次の映画音楽第一弾。ここからすべてが始まった。3年前にリリースされた完全版サントラはすでに絶版。今回は2曲ボーナストラックを収録し、ラジオドラマをつけた2枚組。iTUNESではドラマ以外は単独で購入できるので、前の盤を持っている人はボーナストラックのみ買うのもあり。
 同時に『ケルベロス地獄の番犬』も再リリースされる。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年2月16日 (火)

カールじいさんの空飛ぶ家

カールじいさんの空飛ぶ家

 ■AMAZON→BD+DVD
 ■AMAZON→DVD

 現在も公開中のピクサーアニメ最新作が4月21日発売。3Dではないが、そのうち3D・BDも出るんだろうなぁ。
 しかし、BDにDVDをつけるってのは無駄だなぁ。アメリカ版もそうだったけど。BD単品も出してくれ。他に、DVD+microSD、microSDというのも発売になる。
 でもな、それよりもサントラCDを出せ!


カールじいさんの空飛ぶ家 コレクターズ・ボックス (数量限定) [Blu-ray]

 ■AMAZON

 アートブックとスノードームを同梱したボックスは限定2000セット。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

INTRADAの新譜2010/02/16

 隔週刊INTRADA。

Dayofthelocustイナゴの日(1975)
THE DAY OF THE LOCUST

■INTRADA
■@TOWER

『真夜中のカーボーイ』のジョン・シュレシンジャー監督がハリウッドの舞台裏を描くドラマ。
 音楽はジョン・バリー。LPと同内容で、初CD化。
 限定2000枚

Applegatesアップルゲイツ(1990)
MEET THE APPLEGATES

■INTRADA
■@TOWER

 カルト映画『ヘザーズ』のマイケル・レーマン監督によるコメディ。amazonじゃないアマゾンに住む巨大昆虫が人間の生活にあこがれて人間のふりをして都会で生活する。
 音楽はディヴィッド・ニューマン。初サントラ化。
 限定1000枚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月15日 (月)

CENTURION

『ディセント』や『ドゥームズデイ』のイギリス人監督ニール・マーシャルの最新作。ローマ帝国がブリテンを侵略ししようとしていた時代。ローマ軍が原住民の奇襲によって壊滅し、司令官が捕らえられた。生き残った6人は司令官を救出し、ローマに戻るために逃亡。7人が逃げるというのがプロットというのは珍しい。原住民のリーダーにオリガ・キュリレンコ、ローマ軍の兵士にマイケル・ファスベンダー、ドミニク・ウェスト。マーシャル監督の趣味は史劇になってもまったく変わらず、やってることはまったく同じ。血飛沫! 戦う女! 汚い画面!
 音楽担当は『スターダスト』でブレイクしたアイラン・イシュケリ。その前に『ニンジャ・アサシン』で現代的なテクノ混じりにアクションスコアを書いているだけに、今回はどうするのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月14日 (日)

2月のサントラ

 個人的に注目のサントラを月ごとに紹介するコーナー。情報が更新されたり、新しい情報が入った場合は適時追加されますのでご注意を。
DARK VOID

 ■AMAZON

 ゲームサントラ。残念ながらゲーム自体の評価はいまいちだが、ハリウッドで映画化権が売れたらしい。
 音楽は『ターミネーター/サラ・コナー・クロニクル』などのベア・マクレアリー。

HALO LEGENDS

 ■AMAZON

 XBOX360用ゲーム『HALO』のアニメ化。短編集というスタイルで、日本のクリエイターが結集。
 音楽もマーティン・オドネル、マイケル・サルヴァトーリ、高橋哲也という日米の作曲家が混在。
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々

 ■AMAZON
Christophe Beck - Percy Jackson & The Olympians: The Lightning Thief (Original Motion Picture Soundtrack)

 ジュブナイルファンタジーシリーズ、パーシー・ジャクソンの1作目をクリス・コロンバス監督が映画化。
 音楽は『光の六つのしるし』などのクリストフ・ベック。

ウルフマン

 ■AMAZON

 ジョー・ジョンストン監督がユニバーサルホラーの古典『狼男』をリメイクした。
 音楽はダニー・エルフマン。既報のとおり、ポール・ハスリンガーに交代したが、元に戻った。

GhostwriterTHE GHOST WRITER

 ■AMAZON

 ロマン・ポランスキー監督、ユアン・マクレガー、ピアース・ブロスナンによるスリラー。
 音楽は売れっ子アレクサンドル・デスプラ。『ハリー・ポッター』の新作も担当するらしい。

FROM PARIS WITH LOVE

 ■AMAZON

 リュック・ベッソン制作・脚本、『96時間』のピエール・モレル監督、ジョン・トラボルタ主演のクライムアクション。
 音楽は『ドラゴン・キングダム』のデイヴィッド・バックリー。

Battlestar Galactica: Plan / Razor

 ■AMAZON

 傑作SFシリーズのスピンオフ作品のサントラ。
 音楽はシリーズと同じベア・マクレアリー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月12日 (金)

戦争のはらわた

Crossironcover戦争のはらわた
CROSS OF IRON
さよなら、ミス・ワイコフ
GOOD LUCK, MISS WYCKOFF

■KRITZERLAND
■SAE
■@TOWER

 アーネスト・ゴールドの2作品をカップリング。どちらもLPと同内容。
『戦争のはらわた』は10年ほど前にLP落としの海賊盤CDが一般ショップでも扱われていたが、今回は正規。
 限定1000枚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すみや閉店

 サントラ専門ショップすみや渋谷店が閉店したのは2008年1月31日。その後、楽天市場とYahoo!Shoppingでネット専門店として復活したが、今朝方、ネット店も2月28日をもって閉店すると連絡があった。2年たらずだったが、親会社カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC:TSUTAYAなどを経営)の意向だろうか。今度こそ完全な撤退ということで、残念だ。まあ、実際、私など直販での購入ばかりだったし、商売として難しいだろうが……。
 実店舗とあわせて長い間ご苦労様でした。

 なお、在庫と2月中に取り寄せ出来る商品については販売中とのこと。在庫も割引で放出中。

追記:2月からすみやはCCCの完全子会社となり、今年に入って不採算店舗の閉鎖が相次いで発表(11店舗!)されている。この影響から逃れられなかったのだろう。営業成績が黒字ならあるいはと思うが、今の状況では無理だろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月11日 (木)

アバターなんだけど

★M・ナイト・シャマラン監督の最新作。原作はコミック『アバター』なんだが、キャメロンにやられてしまったので、タイトルを変更したという。火と水と風の国がある世界。火の国の侵略で滅びかけ、風の勇者?に助けを求める。いかにも子供向けファンタジーなんで、干されてしまったシャマランがどこまで自分の特徴を生かせるか。
 音楽はいつものとおり、ジェイムズ・ニュートン=ハワード。

★『アリス・イン・ワンダーランド』の気○がい帽子屋を中心にした予告。ジョニー・デップのインタビューもあり。結構、新しい映像もあるので、気にならないなら。

★年末公開の『トロン』続編"TRON LEGACY"の製作スタッフが同じく80年代ディズニーSFの『ブラックホール』のリメイクについて語っている。美術が素晴らしいとか言ってますが、話がねえ。また洗濯機のブラックホールじゃなかろな?

★権利が売りに出されていたターミネーターだが、LIONSGATEやソニーピクチャーズなどがオークションに参加していた。オークションは終了したが、どちらも落札できなかった模様。どこが買い取ったにしても、『ターミネーター4』の失敗で頓挫した新三部作は、また仕切り直しして映画化になる。

追記:どうやら投資会社パシフィコーが買い取った模様。しかし、映画製作はできないわけで、これでまたどこかにたらい回しにされて金儲けの材料にされた挙げ句、ズタズタな作品ができあがるって寸法でしょうかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月10日 (水)

BSXの新譜2010/02/10

 やっぱり直販は勧められないBSXより。

Return_to_eden_bsxRETURN TO EDEN

■BSX
■@TOWER

 オーストラリアのスリラー。
 音楽は『マッド・マックス』などの故ブライアン・メイ。
 限定1000枚

GraceGRACE

■BSX

 2009年サンダンス映画祭に出品されたホラー作品。
 音楽はオースティン・ウィントリー。
 限定1000枚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 8日 (月)

特撮リボルテック

特撮リボルテック SERIES No.001
ALIEN (エイリアン)

 ■AMAZON

 海洋堂の可動フィギュア・リボルテックの新シリーズが4月からスタート。第1弾がこの2つ。

 ひとつはいうまでもなく、映画『エイリアン』1作目のH・R・ギーガーデザインのエイリアン。卵とフェイスハガーつき。なかなかよさそうな出来で期待。

特撮リボルテック SERIES No.002
大魔神 (だいまじん)

 ■AMAZON

 もうひとつは大映の『大魔神』から大魔神。3段階の顔と殿様つき。

 この後、平成ガメラ&ギャオス、TV版ジャイアントロボ、ブースカも準備中。クリス・ウェイラス、樋口真嗣、武田康廣など著名人のメッセージもある公式サイトはこちらから。
Bnr_banner05

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フライング・コップ

フライング・コップ

 ■AMAZON

 4月23日発売

『裸の銃を持つ男』として映画化・シリーズ化もされたTVシリーズ『フライング・コップ/知能指数0分署』がついに日本でもDVD化。シリーズとは言っても全6話。DVD二枚組である。特典はNGシーン、レスリー・ニールセンのインタビュー、ストップモーションの裏側など。
 はっきり言って、映画版よりもこちらの方が密度が濃いので、バカバカしさが段違いである。それに「何でも知ってる靴磨き」とか「エンドクレジットのストップモーション」が毎回あるのが映画版とまったく違う部分。当時、ZAZと呼ばれた『フライングハイ!』のジム・エイブラハムズ、デイヴィッドとジェリーのズッカー兄弟による脚本・脚本、ジョー・ダンテも2話監督。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 7日 (日)

SOARIN' OVER CALIFORNIA

 ディズニーのカリフォルニア・アドヴェンチャーのアトラクション、SOARIN' OVER CALIFORNIAの入口と出口で聴かれる音楽。ジェリー・ゴールドスミスによる音楽で、日本でのコンサートでも演奏されており、"SOARIN'"としてCDにも収録されている。ここで聴かれる音楽はCD収録されていない部分もある。


ミュージック・フロム・ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー

 ■AMAZON

 こちらがCD。現在は日本盤しかないようだ。上記の曲の他、ブルース・ブロートンやアラン・メンケンの曲も収録。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月 5日 (金)

FSMの新譜2010/02/05

Prophecyプロフェシー/恐怖の予言(1979)
PROPHECY

■SAE
■@TOWER

 ジョン・フランケンハイマー監督による公害汚染警告モンスター映画。ただし、かなりしょぼい。タリア・シャイア主演。
 音楽は『続・猿の惑星』や『ロボコップ2』のレナード・ローゼンマン。パラマウント作品がまた解放された。
 限定3000枚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 3日 (水)

LA-LA LANDの新譜2010/02/10

Flash超音速ヒーロー/ザ・フラッシュ(1990-1991)
THE FLASH

■LA-LA LAND
■SAE
■@TOWER

 アメコミヒーローのTVシリーズ。
 音楽は故シャーリー・ウォーカー。メインテーマはダニー・エルフマンが担当。2枚組で2時間以上の収録。初サントラ化。
 限定3000セット

ConfessionCONFESSION(1995)

■LA-LA LAND
■SAE
■@TOWER

『スター・トレック』のクリス・パインが主演したスリラー。
 音楽はハワード・ショアの甥、ライアン・ショア。初サントラ化。
 限定1000枚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 2日 (火)

E.S.POSTHUMUS

Esposthumus3MAKARA/E.S.POSTHUMUS

E.S. Posthumus - Makara
■CDBABY

 予告編に使われることが多いインディープロジェクトE.S.POSTHUMUSの3rdアルバム。ダウンロードオンリーでシングルカットされた"UNSTOPPABLE"と"ARISE"を含んだ全15曲。このうち、前者はまったく同じだが、後者は時間も長くなっている。スタイルはシンセ+オケ+コーラスで、エニグマやハンス・ジマーのRC一派に近いドラマティックなもの。クラシックでもポップスでもロックでもないミクスチャー音楽。大仰で派手な音楽が好きなら一聴の価値あり。
 今回の曲タイトルはカルキ、ヴィシュヌ、インドラなどサンスクリット語によるインド神話の関係が多い。前作は落ち着いた曲が多かったが、今回は燃え系が多い。落ち着いた曲もリズミカルで静かという印象はなく、これはまた予告編で使われまくる予感。
 なお、今作は今のところCDでの発売はないようだ。

追記:後からCD発売情報を確認。追加しました。

 過去の作品については2ndアルバム1stアルバムを参照ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

INTRADAの新譜2010/02/02

 隔週刊INTRADA。今回は70年代の2枚。

Playersウィンブルドン 愛の日(1979)
PLAYERS

■INTRADA
■@TOWER

『ある愛の詩』のアリ・マッグロー主演のテニス物だが、彼女はテニスをするわけではない。
 音楽はジェリー・ゴールドスミス。パラマウント作品がようやく初サントラ化! 映画はともかく、この作品はスポーツ物として後の『勝利への旅立ち』などにもつながる躍動感があり、得意なロマンスもあり、長年リリースを待たれていた。トランペットソロに『チャイナタウン』、アコースティックギターに『アンダーファイア』に近い部分が垣間見えて、なかなか味わい深い。ちなみに同年には『スター・トレック』、『エイリアン』、『大列車強盗』という傑作が並んでおり、彼の充実ぶりがわかるだろう。
 限定3000枚

Andromedacdアンドロメダ…(1971)
THE ANDROMEDA STRAIN

■INTRADA
■@TOWER

 マイケル・クライトン原作のSF小説『アンドロメダ病原体』をロバート・ワイズ監督で映画化した。
 音楽はギル・メレ。LPと同内容で初CD化。残念ながらディスクもケースも六角形ではないようだ(^_^;)
 限定1500枚
Andromed ちなみに公開当時のLP。LPが六角形で、厚紙のジャケット裏が折りたたまれて、LPを収納するようになっていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かいじゅうたちのいるところ

Where_the_wild_things_are_ver3WHERE THE WILD THINGS ARE

 モーリス・センダックの有名な同題絵本を『マルコビッチの穴』などのスパイク・ジョーンズ監督が実写映画化。監督が監督だけに子供向けになるはずはなく、製作時も方向性を巡って映画会社と監督との間でトラブルが起こったという。任せた会社がバカなんだ。そんなん最初からわかってるやん。『ネバーエンディング・ストーリー』ができるとでも思ってたんかい。
 で、出来上がったのはビターな、でも、とてもキュートな作品だった。「思ったようにならない」じれったさが爆発するのは、なにも子供だけではない。それを理解して見られれば、とても共感できるだろう。しかし、理解できなければ、わがままで憎たらしいガキでしかない。
 表現しようのない激しい感情を爆発させて叫ぶガキとかいじゅう。自分の中にいるかいじゅうを御するのに苦労したことはないだろうか? かいじゅうの中にも大人びたヤツ、小心者だけど見えているヤツ、ひがみ屋……色々なヤツがいる。まさに心の中と同じように……。ガキはそいつらと対話して、ちょっとだけ成長する。そんな物語。
 それを助けるジム・ヘンソン・スタジオの技術は素晴らしい。原作絵本のイメージどおりに動き、全身で感情を表現して走り回る。
 ただ、手持ちカメラの揺れに酔いそうになった。

WHERE THE WILD THINGS ARE

■AMAZON

 サントラ。カレン・Oの歌メイン。
『マルコビッチの穴』や『トワイライト』などを担当したカーター・バーウェルのスコアのみのサントラはアメリカではiTUNESなどでダウンロード販売されているが、日本では扱っていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Dr.パルナサスの鏡

Imaginarium_of_doctor_parnassus_verTHE IMAGINARIUM OF DOCTOR PARNASSUS

『バンデットQ』からずっと観てきたファンにとって、久しぶりに実にテリー・ギリアムらしい映画。それも『未来世紀ブラジル』と『バロン』で組んだチャールズ・マッケオンが加わっているオリジナルの脚本だというのが大きいだろう。大金を投じた『バロン』での興行的失敗以降、原作つきの映画が続いたせいで独特のセンスが影を潜めてきた一因がオリジナルではないということと無縁ではないだろう。さらにギリアムらしさが発揮されたのが製作時の問題発生。これまでにも予算オーバーで一時停止、主役が腰を痛めて動けない、天災でセット破壊などあったが、今回は主役ヒース・レジャーの急逝というどうしようもない事態が起こってしまった。しかし、それを映画の設定を逆に利用して主役を複数の俳優に演じてもらうという離れ業。製作中断に追いやられたドン・キホーテ映画に出演予定だったジョニー・デップを筆頭にレジャーの友人たち。不運から幸運を導き出すという、まるで自身の映画そのもの。
 さて、感想なんだが……。確かに、久方ぶりに見るギリアムの世界だ。夢と現実の戦いもそうだし、これまでに見せてきた豪華絢爛かつチープで怪しげな異世界も健在。人を食ったような登場人物もそのまま。モンティ・パイソンを思わせるギャグや歌にも不満はない。が、どこかしっくりこないのはこちらの期待が高かったせいだろうか。どこへ転がるかわからない話が、結局どこへ転がったのかわからないせいだろうか。煮え切らない。物足りなさがある。しかし、その過程を見る限り、満足ではある。
 でもね、やっぱり『バンデットQ』のでたらめさと、『未来世紀ブラジル』のブラックさと、『バロン』の高揚感には勝てないのだよ。

THE IMAGINARIUM OF DOCTOR PARNASSUS

■AMAZON

 サントラ。音楽は監督の前作『タイドランド』で組んだマイケル&ジェフ・ダナの兄弟。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グラミー賞

 音楽界の一大イベントであるグラミー賞の発表がありました。ここでは当然、映画音楽関係のみを取り上げます。
 まず、ベストスコアサウンドトラックアルバム部門では、アレクサンドル・デスプラの『ベンジャミン・バトンの数奇な人生』、ニコラス・フーパーの『ハリー・ポッターと謎の王子』、ダニー・エルフマンの『ミルク』、マイケル・ジアッキーノの『スター・トレック』などを破って、マイケル・ジアッキーノの『カールじいさんの空飛ぶ家』が受賞。さらに、ベストインストルメンタル作曲賞でも『カールじいさん~』の冒頭部分の回想で流れる"MARRIED LIFE"が受賞しました。なんと、この二冠に輝いたサントラがダウンロードのみとは! ディズニー、今すぐ出せ!!
 さらに、ベストコンピレイションサウンドトラック部門では『トワイライト』や『イングロリアス・バスターズ』を抑えて、昨年のオスカーを獲った『スラムドック・ミリオネア』が受賞しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »