« 2010年の期待作 | トップページ | ARMY OF TWO »

2010年1月10日 (日)

日曜洋画劇場のエンディング

image 10 emotional & relaxing

 ■AMAZON

 コンサートまでして大ヒットしているコンピレーションアルバムimageシリーズ第10弾。Blu-spec CD(BD製造の技術をCDに適応した高品質CD)での発売。
 収録曲はTVやCMに使われた曲ばかりを集めてある。公式サイトによれば、詳細は下記のとおり。

葉加瀬太郎:「サムシング・イン・ザ・ウインド」 (TBS系ニュース「イブニング・ファイブ」テーマソング)
大島ミチル:「天地人~オープニングテーマ」(NHK大河ドラマ「天地人」テーマ曲)
宮本笑里:「break」(ヤマザキナビスコ「コーンチップ」CM曲)
ポール・ポッツ:「誰も寝てはならぬ」(龍角散ダイレクトスティックCM曲)
ジェイク・シマブクロ:「The Search」(映画「サイドウェイズ」より)
吉俣良:「カンパニュラ」(フジテレビドラマ「風のガーデン」テーマ曲)
髙見 優:「JIN-仁- Main Title」(TBS系日曜劇場「JIN-仁-」より)
GONTITI:「scarborough fair」(ダンロップタイヤ「VUERO」CM曲)
葛谷葉子:「ロマンスをもう一度」(小田急ロマンスカーCMソング)
大野雄二:「小さな旅」(NHK「小さな旅」テーマ曲)
モートン・グールド:「So In Love」(テレビ朝日系「日曜洋画劇場」エンディング・テーマ[~2003])
松谷卓:「TAKUMI/匠」(ABC テレビ朝日系「大改造!!劇的ビフォー アフター」挿入曲)
加古隆:「森と人の約束」(NHKスペシャル「映像詩・里山 / 森と人 響き合う命」テーマ曲)
セイント・ヴォックス:「Don't Leave Me This Way-energy flow-」(TVK「Billboard TOP40」11月度OPテーマ)
アウラ:「ゴルトベルク変奏曲 第1変奏/J.S.バッハ」(沢井製薬CM曲)
古澤巌:「Avenir~祈りの杜~」(明治神宮奉納曲)
イル・ディーヴォ:「アメイジング・グレイス」
羽毛田丈史:「Opening Theme」(フジテレビ開局50周年 手塚治虫誕生80周年記念「ジャングル大帝」テーマ曲)
小松亮太:「旅夢~tabiyume~」(テレビ朝日「都のかおりスペシャル」テーマ曲)
カノン:「Saga~This is my load」(NHKアニメーション「グインサーガ」エンディングソング)
渡辺俊幸:「明日~インストルメンタル・ヴァージョン」(フジテレビ系ドラマ「優しい時間」より)

 TVや映画のメインテーマ、CMに使われた曲を集めたが、注目はSO IN LOVE。映画『キス・ミー・ケイト』のコール・ポーターによる曲をモートン・グールドが編曲したもの。淀川長治解説時代の日曜洋画劇場のラストで流れる重々しくも悲しくアレンジされたヴァージョンである。あれを聞きながら「また明日から仕事(学校)か……」と沈んだ気分になった方も多いのではないか。アメリカではコロムビアからCD化されていたが、海外向けには販売していなかった。ようやく普通に聞けるようになった。やはり、やってくれるとしたら系列のソニーしかなかったか。

追記:聴いてみて確認。これです。元の音源がモノラルなので、当然これもモノラル。少し音がこもりがちで、友人がLPから録音したものの方がノイズはともかく音はいいのだが、気になるほどではない。これは買いだろう。ひとつ注文をつけると、やはりこの曲はラストにもってくるべきだと思うぞ。

|

« 2010年の期待作 | トップページ | ARMY OF TWO »

サントラ情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日曜洋画劇場のエンディング:

« 2010年の期待作 | トップページ | ARMY OF TWO »