« CALLING ALL DAWNS | トップページ | BSXの顛末 »

2010年1月31日 (日)

砂漠のライオン

Liondesart_2砂漠のライオン(1981)
ザ・メッセージ(1976)

■TADLOW
■SAE
■@TOWER

 これまで再録音を専門にして『エル・シド』などをリリースしていたTADLOWレーベルがサントラのリリースにも手を出してきた。まずはモーリス・ジャールが音楽を担当した砂漠を舞台にした2作品のカップリング。
 第2次大戦前後のリビアでイタリアの独裁者ムッソリーニに対抗した英雄オマー・ムクターを描いた『砂漠のライオン』と、予言者マホメットの半生を描いた『ザ・メッセージ』――どちらも過去にサントラが出ていたが、今回は『砂漠のライオン』は別ヴァージョンやソースミュージックなども加えた完全盤で、『ザ・メッセージ』は過去のものと同内容のリマスター。
 さらにジャールのオリジナル曲で、ヴァチカン祝賀祭のために作曲された、オーケストラとコーラスのためのカンタータ"GIUBILEO "を新録で収録。この曲は『砂漠のライオン』、『激流』(ボツスコア。ジェリー・ゴールドスミスに交代)、『クライシス2050』のスコアを使用して作られたものだそうだ。
 3月22日発売予定。限定2000セット
 なお、TADLOW直販は全世界送料無料。イギリスなので元々割高なんだけど、2枚組で2500円程度なら安いものか。

 この後、春予定で同じくモーリス・ジャールの『マッド・マックス:サンダードーム』の2枚組完全盤、ディミトリ・ティオムキンの『アラモ』の再録音(リリースはPROMETHEUSより)、ジャールの『アラビアのロレンス』のスコア完全盤再録音が予定されている。

|

« CALLING ALL DAWNS | トップページ | BSXの顛末 »

サントラ情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 砂漠のライオン:

« CALLING ALL DAWNS | トップページ | BSXの顛末 »