« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月の記事

2009年10月31日 (土)

アバター

 どこが凄いのかわからんところが凄い。まあ、話は『タイタニック』とどこが違うのかとか、SF『ダンス・ウィズ・ウルブズ』じゃんとか、色々あるんだけど。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年10月30日 (金)

魔術師MERLIN

Merlin2MERLIN SERIES TWO

■MOVIESCORE MEDIA
■SAE

 現在、NHKのBS2で放映中のイギリスのTVシリーズ。ヤング・マーリンとでもいうべきシリーズで、アーサー王と魔術師マーリンの若い頃を描く。いわるゆ伝承や、従来の映画や小説とは年齢差があわないが、それは突っ込まないということで(^_^;)
 サントラの2枚目が登場することになった。音楽はシーズン1のロブ・レインの他、ローハン・スティーヴンソン。
 ダウンロードは11月10日、CDは11月24日発売。

MerlinMERLIN

■MOVIESCORE MEDIA
■SAE
■SUMIYA

 こちらがすでに発売になっている最初のシリーズのサントラ。現在、NHKで放映されているのはこちら。
 音楽はロブ・レイン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月29日 (木)

映画ネタ41

★ジョージ・ミラー監督の人気シリーズ『マッドマックス』の第4作目、"MAD MAX :FURY ROAD"のプレプロダクションが今週から始まる。監督はミラーで、現在俳優はサム・ワーシントン、シャーリーズ・セロンが上がっている。

★ジョン・バダム監督の『ショート・サーキット』がリメイクされる模様。ジョニー5はどんな形になるのか。

★『アバター』の宣伝映像。メイキングや新しい動画など。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カールじいさんの空飛ぶ家

Upカールじいさんの空飛ぶ家

ウォルト・ディズニー/ピクサー - カールじいさんの空飛ぶ家 オリジナル・サウンドトラック

 PIXARの最新作といっても、アメリカでは夏に公開済みで、ようやく12月に日本公開される。
 サントラは既報の通りアメリカではダウンロード販売のみとなったが、そのダウンロードも日本からはできず、こちらもようやく昨日から開始。日本ではCD販売があるという情報もあるが、今のところ試写で関係者に配布されただけらしい。
 音楽は『Mr.インクレディブル』や『スター・トレック』のマイケル・ジアッキーノ。映画が古き良き時代をイメージしているだけに、音楽もそれを彷彿とさせる。もっともそれに留まらず、アクションもしっかりとあり、聴き応えあり。間違いなくジアッキーノの代表作のひとつ。だからCD出してよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年10月27日 (火)

シャーリー・バッシー×アーノルド

THE PERFORMANCE

■AMAZON

 映画ファンには007の主題歌でも知られるデイム・シャーリー・バッシーの最新アルバムが11月17日(イギリスでは11月9日)発売になる。プロデューサーは最近の007作品を5連続で手がけているデイヴィッド・アーノルド。彼自身も2曲作曲している他、ジョン・バリーも1曲提供している。他はカバー曲のようだ。詳しくは公式サイトで。なお、豪華ケースとカードの入ったデラックス・エディションもある模様。
 最初、DAMEをダイムと読んでしまったが、正しくはデイム(デーム)でした。エリザベス女王からナイト位を授与されたので、男性の場合はサー、女性の場合はデイムの敬称をつけるのが決まり。

追記:収録曲は新曲ばかりだった。トム・バクスター、ルーファス・ウェインライト、TAKE THATのゲイリー・バーロウ、ニック・ホジスン、MANIC STREET PREACHERES、KT タンストール、リチャード・ハーレイ、PET SHOP BOYSからの提供曲に、ジョン・バリー1曲、デイヴィッド・アーノルド2曲という構成。オーケストレイションはアーノルドの盟友ニコラス・ドッド。アーノルド自身もベース、フラメンコギターの演奏で参加。さすがに007の主題歌並みの派手な曲はないが、バリーとアーノルドの曲にはちらっとそういう要素も見えるのがおもしろい。

 最近のライヴ。アーノルドがアコースティックギターを抱えて演奏している。相変わらず良い声ですな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

INTRADAの新譜2009/10/27

 隔週発売INTRADA、今回の2枚。

Extremecloseup"EXTREME CLOSE-UP"(1990)

■INTRADA
■SUMIYA
■@TOWER

 家族の死について描くTVドラマ。
 音楽はジェイムズ・ホーナー。初サントラ化。ピアノメインのしんみりしたスコア。
 限定1500枚

Whatpriceglory栄光何するものぞ』(1952)
"WHAT PRICE GLORY"
折れた銃剣』(1951)
"FIXED BAYONETS!"
砂漠の鼠』(1953)
"THE DESERT RATS"

■INTRADA
■SUMIYA
■@TOWER

 20世紀フォックスの50年代初頭製作の戦争映画3本のカップリング。
 音楽は順に、アルフレッド・ニューマン、ロイ・ウェブ、リー・ハーライン。
 限定1200枚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月26日 (月)

LA-LA LANDの新譜2009/10/28

 前回予告どおり、ハロウィンに相応しい2本。28日午前4時から受け付け開始。どちらも先着で100枚に監督と作曲家のサイン入り。

Childscdチャイルド・プレイ』(1988)
"CHILD'S PLAY"

■LA-LA LAND
■SUMIYA

『サイコ2』のトム・ホランド監督が名キャラであるチャッキーを生み出したシリーズ第1作。
 音楽は『ポルターガイスト3』などのジョー・レンゼッティ。
 限定1200枚。

Creepscdクリープス』(1986)
"NIGHT OF THE CREEPS"

■LA-LA LAND
■SUMIYA

『ドラキュリアン』や『ロボコップ3』のフレッド・デッカー監督のデビュー作。宇宙ナメクジが口から体内に侵入してゾンビ化。
 音楽は『ウォリアーズ』などのバリー・デ・ヴォーゾン。スコアの他に挿入歌、オーディオインタビューも収録。
 限定2000枚。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月24日 (土)

日本誕生

Nihontanjou日本誕生

■東宝ミュージック
■SUMIYA

 東宝特撮SFのサントラシリーズ第3弾。ちなみに過去のは『緯度0大作戦』と『地球防衛軍/惑星大戦争』である。ちょうど50年まえに公開された特撮スペクタクル。上映時間182分! 主役・日本武尊に三船敏郎の他、東宝スターがずらりと並んでいる。
 音楽は言うまでもなく伊福部昭。2枚組54曲2時間弱にボーナストラック多数という完全版。
 直販・SUMIYAでは購入者全員に特製ブロマイドをプレゼント。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年末のサントラ

 この年末――11月12月に発売されるサントラ。やっぱり大作といえるのは『アバター』くらいか。

11月10日発売
2012
"2012"

■AMAZON

 ローランド・エメリッヒ監督お得意の破壊パニック。マヤの暦が西暦に直すと2012年より先がないということで、今度は地球そのものを壊す気らしい。
 音楽は監督の前作『紀元前1万年』と同じくハラルド・クローサー&トマス・ワンダー。クローサーは前作同様、脚本も担当。ディーン・デヴリンと袂を分かったエメリッヒの右腕となっている。
 日本公開は11月21日。

"AMELIA"

■AMAZON

『ナイトミュージアム2』にも登場している、女性初の大西洋単独横断飛行に成功した飛行士アメリア・イアハートの伝記物語。監督は『モンスーン・ウェディング』のインド人女性ミーラー・ナーイル、ヒラリー・スワンク、リチャード・ギア出演。
 音楽は『イングリッシュ・ペイシェント』などのガブリエル・ヤーレ。

11月17日発売
"PLANET 51"

■AMAZON

『シュレック』の脚本家ジョー・スティルマンの脚本を映画化したCGIアニメ。人間の宇宙飛行士が降り立った惑星には人類並の文明を築いたエイリアンが生活していた。宇宙飛行士を恐れるエイリアンたち。それをかばってかくまうエイリアン少年という、逆E.T.なコメディ。声の出演はドゥエイン・ジョンソン、ジェシカ・ビール、ゲイリー・オールドマン、ジョン・クリーズなど。
 音楽はジェイムズ・ブレット。長年、故マイケル・ケイメンと組んでオーケストレイションや追加音楽をこなし、その後、『AVP』や『トランスフォーマー』に参加しながら、TVシリーズなどで仕事。今回がメジャーでの単独デビュー。コンピ盤で、スコアも収録。

11月24日発売
『THE 4TH KIND フォース・カインド』
"THE FOURTH KIND"

■AMAZON

『ザ・ケイブ』のオラントゥンデ・オスサンミ監督第2作目。第3種接近遭遇の次ということで、宇宙人に拉致られた人をミラ・ジョヴォヴィッチの心理学者が調べる。
 音楽は『バビロンA.D.』などのアトリ・オルヴァルッソン。
 日本公開は12月23日予定。

『ニュームーン/トワイライト・サーガ』

■AMAZON

 吸血鬼と人間の少女の恋愛を描いたヤングアダルト小説シリーズの映画化、『トワイライト』の続編。
 音楽は前作のカーター・バーウェルから『ライラの冒険』などのアレクサンドル・デスプラに交代。
 なお、コンピレーション盤はすでに発売になっている。
 日本公開は11月28日。

プリンセスと魔法のキス
"PRINCESS AND THE FROG"

■AMAZON

 ディズニー久しぶりの2Dアニメ。
 音楽は常連ランディ・ニューマン。舞台がニューオーリンズだけに音楽もジャズメインになるんだろうな。スコアだけでなく、歌も収録。
 日本公開は2010年3月予定。

12月15日発売
アバター

■AMAZON
■AMAZON輸入盤

 ジェイムズ・キャメロン監督、久しぶりの劇場長編。しかも、SFアクション恋愛物。異星を開拓する人類。負傷して下半身不随の主人公の意識を原住民の姿(アバター)に投影して原住民に入り込ませる。しかし、主人公は原住民の女性と恋に落ちてしまう。しかし、人類側は原住民との戦いに突入。主人公はどうするのか?
 音楽はジェイムズ・ホーナー。このところ仕事はしているが、意図的にか小品ばかりで、サントラもダウンロードが多くて、昔のファンとしては寂しい限り。心機一転、超大作でどうなる?
 日本公開は12月23日。

 このほか、先にお知らせしたリチャード・マーヴィンの『サロゲート』が11月24日。また、ハンス・ジマーの『シャーロック・ホームズ』などがあるが、現時点で情報なし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サロゲート

Surrogatesサロゲート
"SURROGATES"

■AMAZON

 現在アメリカで公開中のコミックが原作のジョナサン・モストウ監督、ブルース・ウィリス主演のSFアクションですが、タッチストーンなのでディズニー製作なわけで、スコアサントラなんて出ないと思っていたら、なんとLAKESHOREからダウンロード&CD発売! ダウンロードは11月10日(日本では無理だろう)で、CDは2週間遅れの11月24日。
 音楽は『U-571』で燃えるスコアを書いてくれたリチャード・マーヴィン。試聴したところ、あれほどオーケストラルでド派手ではなく、題材にあわせたモダンなスコアです。
 日本公開は2010年1月予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月23日 (金)

THE WOLFMAN

 ジョー・ジョンストン監督による『狼男』のリメイク"THE WOLFMAN"の予告編第2弾が公開された。APPLEで大きなHDヴァージョンを見ると、変形シーンが凄いわ。リック・ベイカー最高の仕事になるか。アンソニー・ホプキンスは相変わらずのヤバイ男だし、映像もいい感じ。
 音楽はダニー・エルフマン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマス・キャロル

ChristmascarolDisney'sクリスマス・キャロル

 ロバート・ゼメキスがディズニーで製作したCGIアニメ。『ポーラー・エクスプレス』や『ベオウルフ』と同じモーションキャプチャー。スクルージにジム・キャリーの他、ゲイリー・オールドマン、ボブ・ホスキンスなど。
 音楽は『バック・トゥ・ザ・フューチャー』からの長年の相棒アラン・シルヴェストリ。しかし、ディズニーはまたもダウンロードのみという決断を。もう、売れ線の歌物コンピ以外はCDでの発売は無理のような。『トイストーリー3』がどうなるか。AMAZON.COMでのダウンロードは11月3日。おそらく、iTUNESも同じだろう。日本のiTUNESでも扱う予定。試聴は出来るので、AMAZON.COMのリンクだけ貼っておく。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年10月21日 (水)

アニソン大鑑

 キングレコードから11月26日発売でアニソン祭り?

サンライズ ロボットアニメ大鑑

■AMAZON

 サンライズのロボットアニメのオープニング&エンディングをメインにしてCD3枚組にまとめた代物。ただし、キングレコードが版権を持っているものだけなので、『機甲界ガリアン』なんかはないのだった。

ロボットアニメ大鑑 上巻

■AMAZON

 下巻とあわせてCD4枚組でロボットアニメのオープニング&エンディングをメインにした。収録曲がまだわからないが、ジャケットを見ればなんとなくわかりますね。

ロボットアニメ大鑑 下巻

■AMAZON

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月20日 (火)

LAW ABIDING CITIZEN

完全なる報復(2009)

『交渉人』や『ミニミニ大作戦』のF・ゲイリー・グレイ監督の新作。ジェイミー・フォックス、ジェラルド・バトラー主演のスリラー。現在、アメリカで公開中で、ボックスオフィスは2位。
 音楽は売れっ子ブライアン・タイラー。例によってアメリカiTUNESと、アメリカAMAZONによるCD-Rでの販売となった。

Law Abiding Citizen (Original Motion Picture Soundtrack) - Brian Tyler

追記:日本のiTunesでも販売開始されていた。

かいじゅうたちのいるところ

■AMAZON

 で、現在ボックスオフィス1位はというと、スパイク・ジョーンズ監督が絵本を実写映画化した『かいじゅうたちのいるところ』である。撮り直しをさせられたりして難しい製作だったようだが、評判も上々でよかったよかった。
 が、サントラは不遇。KAREN Oによる歌物アルバムは発売されたが、カーター・バーウェルのスコア盤はアメリカiTUNES限定発売。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月17日 (土)

ORDER OF WAR

OrderofwarORDER OF WAR

■DIRECT SONG

 スクウェアエニックスのアメリカ法人が製作した第2次大戦のゲーム。東部戦線と西部戦線の2種類をそれぞれの陣営で遊べるというもの。プラットフォームはWINDOWS XP/VISTA PCのみ。
 本日、サントラがダウンロード販売のみながらも登場。音楽は『オブリビオン』などのジェレミー・ソウル。毎回、安定した音楽を作るので、安心できるが、驚きはない。マイケル・ジアッキーノの『メダル・オブ・オナー』シリーズに比べると、かわいそうだが突出したものがないし、迫力も不足している。それでも彼の中では上出来ではないか。まあ、コメントに「ジェリー・ゴールドスミスが好きで~」などとあったので甘くなっているのかもしれないが(^_^;) ミリタリー好き、燃えスコア好きにもお薦め。低圧縮(320kbps)のMP3なので、音質も良好。

 DIRECT SONGは"GUILD WARS"シリーズや『オブリビオン』、『ダンジョンシージ2』などのサントラもリリースしているので、洋ゲーファンは要チェック。
 ところで、いつの間にやら廉価なクラシック音楽をリリースしているNAXOSと手を組んだようで、そっちの方面の膨大な音源が購入できるようになった。

ORDER OF WAR

■AMAZON

 ちなみにゲームはこれ。日本版はまだ発売されていないので、輸入版のみ。もちろん、英語オンリー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BUYSOUNDTRAXの新譜2009/10/14

 直販では買ってはいけないBSXの新譜。

Murderers_among_us"MURDERERS AMONG US:The Simon Wiesenthal Story"

■SAE
■SUMIYA

 1989年、ナチハンター、サイモン・ヴィーゼンタールの伝記映画。監督は『ポルターガイスト2』などのブライアン・ギブスン。
 音楽はビル・コンティ。かつてBAY CITIESからサントラが出ていたが、それにヴァージョン違いなどを収録した。
 限定1000枚

Backstabbed"MORKELEG(Backstabbed)"

■SAE
■SUMIYA

 1996年のオランダ製ホラー。
 音楽はアラン・ハワース。
 限定1000枚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スペース1999

Space19992スペース1999
"SPACE 1999 YEAR TWO"

■SILVA SCREEN
■SUMIYA

 イギリスのITC製作のSFTVシリーズ『スペース1999』のセカンドシーズンのサントラ。
 音楽は1年目はおなじみのバリー・グレイだったが、その後を引き継いだデレク・ワズワース。惜しくも昨年亡くなっている。

スペース1999

■AMAZON

 ちなみに1年目のサントラは5年前に同じくSILVA SCREENからリリースされ、日本盤もすぐに出た。現在、AMAZONに在庫があるのは日本版。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月16日 (金)

ウッディ・アレン監督の2作品

Banana"BANANAS"
ウディ・アレンの誰でも知りたがっているくせにちょっと聞きにくいSEXのすべてについて教えましょう
"EVERYTHING YOU WANTED TO KNOW ABOUT SEX BUT WERE AFRAID TO ASK"

■SUMIYA

 ウッディ・アレン監督の2作品をカップリング。初CD化と初サントラ化。
 音楽はマーヴィン・ハムリッシュとマンデル・ロウ。
 限定1000枚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月15日 (木)

THE EXPENDABLES

 来年公開のシルヴェスター・スタローン監督・主演のアクション大作。色々出てます。
 音楽は『ロッキー4』でも組んだブライアン・タイラー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アンチャーテッド/黄金刀と消えた船団

Uncharted2アンチャーテッド/黄金刀と消えた船団

Greg Edmonson - Uncharted 2: Among Thieves (Original Soundtrack from the Video Game)

 PS3用アクションゲームのサントラ。これが2作目で前作のサントラもあるのだが、日本のiTUNESでは扱っていない。ソニーだからという理由もあるだろうが、最近ソニーも日本ストアに出すようになってきた。
 音楽は前作と同じグレッグ・エドモンソン。評価の高かったSFTVシリーズ"FIREFLY"も担当していた。前作よりも予算が増えたのか、音も少し豪華になっている。

アンチャーテッド/黄金刀と消えた船団

■AMAZON

 で、これがゲームの日本版ジャケット。アメリカでは上のサントラと同じアートワークなのだが、このパチモンぶりは凄い。田舎の2本立て劇場の看板のようなヘタウマ加減が最高。主人公ただのチンピラだし! 前作はPS3立ち上げから程なく出たこともあって売れ行きが悪く(なんせ本体が全然普及してなかった)、最近になって廉価版が出たり、2作目の海外での評価が異常に高い(中には20点満点で21点とかもあり)ので、話題に上るようになり、予約もいい調子のようだ。
 中身は三人称シューティングにアクション、若干の謎解きで、それを映画のような演出で見せる。トレジャーハンター、ネイサン・ドレイクを主人公にして『インディ・ジョーンズ』のような、いや、どっちかってーと『キング・ソロモンの秘宝』か『ロマンシング・ストーン』ってノリ。主人公はすぐぼやくし、基本行き当たりばったりだし、美女にはころっとだまされるし、この手のB級冒険物が好きならプレイする価値あり。B級だが、ゲームとしてのレベルは最高。もの凄いグラフィックである。難易度も選べるので下手でも問題なし。
 前作ではエル・ドラドを探す冒険だったが、今回はマルコ・ポーロの旅からシャングリラ(原語ではシャンバラといっているので厳密には違うのだが)を探すことになる。

2010/02/03追記

Uncharted2アンチャーテッド/黄金刀と消えた船団

■AMAZON

 サントラがCDで発売されることになった。どうやら従来より3曲増えているようだ。


Uncharted1アンチャーテッド/エルドラドの秘宝

Greg Edmonson - Uncharted: Drake's Fortune (Original Soundtrack from the Video Game)

 さらに、1作目のサントラがiTUNESにリストアップされていたのを発見。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月14日 (水)

トイ・ストーリー3

 来年6月13日アメリカ公開の『トイ・ストーリー3』のティーザー予告が公開された。一時はディズニー単体が作るとか危機があったが、PIXARが作れるようになってホッと一息したファンも多かっただろう。
 さて、今回はというと、玩具の運命。子供の成長で使われなくなった玩具たちはどうなるのか? 現実の時間と2から3までの時間がリンクしてるのがもの悲しく、見てる方もショックがでかい。でも、玩具は綺麗だね。10年たつと玩具もかなり傷むだろうに。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年10月13日 (火)

INTRADAの旧作新譜2009/10/13

 隔週刊INTRADAの新譜。どちらも初サントラ化の2枚。

7gladiators7人の輝ける勇士』(1983)
"THE SEVEN MAGNIFICENT GLADIATORS"

■INTRADA
■SUMIYA

 イタリア版『七人の侍』という感じのCANNON製史劇。ルー・フェリグノ、シビル・ダニング出演。
 音楽は一時期CANON作品御用達のような感じがしたダヴ・セルツァー。これまではコンピレーションサントラに組曲が収録されていただけだった。
 限定1000枚

Houseofcards心の扉』(1993)
"HOUSE OF CARDS"

■INTRADA
■SUMIYA

 マイケル・レサック監督、キャスリン・ターナー、トミー・リー・ジョーンズ主演のドラマ。
 音楽はジェイムズ・ホーナー。
 限定1500枚

追記:速攻でレーベル完売

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 7日 (水)

くもりときどきミートボール

Meatball_2くもりときどきミートボール

Miranda Cosgrove - Cloudy With a Chance of Meatballs (Original Motion Picture Soundtrack)

 アメリカで大ヒット中のCGIアニメ。日本では9月にこそっと公開されて消えたような……。原作はジュディ・パレットの同題の絵本で、それをもっと派手に脚色してある。原作ではいかにも絵本という感じで空から食べ物が降ってくる世界なのだが、映画では主人公である発明家の少年の新発明のせいでそうなるというところが違う。
 音楽は『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』などコメディの多いマーク・マザースボウ。DEVOのリーダー/ヴォーカルである。オケと打ち込みでジマーに近いが、なかなか派手なコメディスコアになっている。バラエティ豊かだが、メインテーマもきちんとあるし、後半になって発明が暴走するとパニック映画なみの迫力。ただ、この手の作品に多い、短い曲が31曲というパターン。聞き疲れするんだよね。まあ、スコアだけで1時間超えてるからまだマシな方だけど。主題歌2曲収録。
 残念ながら、アメリカAMAZONでCD-Rでの販売と、iTUNESによるダウンロード販売のみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LA-LA LANDの新譜2009/10/07

 LA-LA LANDレーベルからの新譜。

Iq星に想いを』(1994)
"I.Q."
セコンド/アーサー・ハミルトンからトニー・ウィルソンへの転進』(1966)
"SECONDS"

■LA-LA LAND
■SUMIYA

 ジェリー・ゴールドスミスが音楽を担当した2作品のカップリング。どちらもこれまでサントラがリリースされていないミッシングリンクである。
『星に想いを』は『ロシアハウス』でも組んだフレッド・スケピシ監督のラブコメ。メグ・ライアンとティム・ロビンスの恋を応援するウォルター・マッソー扮するアインシュタイン博士。メインテーマは「キラキラ星」の変奏なので、邦題がこういうことになっているわけだ。
『セコンド』はジョン・フランケンハイマー監督のサスペンス。ロック・ハドソンの主人公が秘密組織によって別人になりすまして生活させられる。音源がフィルムしかなく、苦労してリストアしたようだ。どうしてもセリフがかぶっているものは、ボーナストラックとしてつけてある。
 しかし、ラブコメとサスペンスというのも妙なカップリングだ。どうせなら『ウィンブルドン愛の日』にすればよかったのに。これもミッシングリンクのひとつで、すべてパラマウント作品。
 限定3000枚

Green"GREEN LANTERN:FINAL FLIGHT"(2009)

■LA-LA LAND

 アメコミの2大ブランドのうち、DCコミックスのヒーロー、グリーン・ランタンの新作アニメ。
 音楽はロバート・J・クラル。
 限定1500枚

 なお、次回は10月28日で、トム・ホランド監督の『チャイルド・プレイ』ジョー・レンゼッティ、フレッド・デッカー監督の『クリープス』"NIGHT OF THE CREEPS"バリー・デ・ヴォーゾンの2枚。どちらも先着で監督と作曲家のサイン入りだそうだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年10月 6日 (火)

FSMの新譜2009/10/06

《FILM SCORE MONTHLY》誌の限定サントラ。西部劇が2枚。

5manarmy五人の軍隊』(1969)
"THE FIVE MAN ARMY"

■SAE
■SUMIYA

 ドン・テイラー監督、ピーター・グレーブス、丹波哲郎出演の活劇ウェスタン。
 音楽はエンニオ・モリコーネ。かつて出ていたLPやCDは8曲だけだったが、完全版としてリリース。

Jeremiah大いなる勇者』(1972)
"JEREMIAH JOHNSON"

■SAE
■SUMIYA

 シドニー・ポラック監督、ロバート・レッドフォード主演の西部劇というより、自然の過酷さと人間を描いたドラマといった方がいいのか。
 音楽はジョン・ルービンスタイン&ティム・マッキンタイア。かつてLPが出ていたが、今回は完全版としてスコアすべてと追加音楽やアルバムヴァージョン、デモなども収録。

 なお、今月中旬から下旬のどこかで、15枚BOXセットが出るようです。価格は$179.95で、限定2000セット。中身はどうやらミクロス・ローザのようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八甲田山

八甲田山

amazon

 富士シネマというレーベルが昭和スペクタクル大作復刻シリーズとして日本の大作サントラをリリースするようだ。第一弾は最近では犬のお父さんで有名な某SBのCMでも流れたメインテーマが有名な1977年の『八甲田山』。なんとこれが初CD化。しかも、LPアルバムにシングル2曲も加えてある。音楽は芥川也寸志。11月20日発売。
 この後に続くであろう過去の名作のCD化のためにも買うしかない。なお、富士シネマは過去に『マルサの女』や『悪霊島』のCD化も発売している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 3日 (土)

KOF、エルム街

★SNKの人気格闘ゲームKOFこと『KING OF FIGHTERS』の映画版の撮影風景。不知火舞にマギー・Q、ルガールにレイ・パークなどですが、他もイメージぶち壊しまくっております。監督はジャッキー・チェンの『メダリオン』などのゴードン・チャン。

★マイケル・ベイが製作する『エルム街の悪夢』のリメイク。ティーザー予告編。フレディ誕生からシリアスにやってます。フレディ役には『ウォッチメン』のロールシャハ役が印象的だったジャッキー・アール・ヘイリー。あの『がんばれベアーズ』の彼がねえ。音楽はスティーヴ・ジャブロンスキー。
A Nightmare on Elm Street in HD

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012

 これで本編観なくていい気分。

 カリフォルニア沈没。
 つーか、ただの暦をこんな勝手に解釈されて、マヤの人々がハリウッドを呪っても知らんぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »