« ウォレスとグルミット/ベーカリー街の悪夢 | トップページ | ドクター・フー »

2009年9月19日 (土)

3時10分、決断のとき

3時10分、決断のとき

amazon

 以前、輸入DVDで観た感想を書いたが、日本では1年以上遅れてひっそりと公開された傑作西部劇が、DVD化。11月20日発売。ラッセル・クロウとクリスチャン・ベールという男臭い俳優がタイマンをはる一筋縄ではいかない物語。オリジナルに比べると、ふたりの関係も理由付けも変わっているが、本筋は同じ。リメイクの珍しい成功例である。ピンカートン探偵社のベテランとしてピーター・フォンダも登場。
 BD版も同時発売。

3時10分、決断のとき

amazon

 サントラ。『スクリーム』などのホラー、『ダイ・ハード4』などのアクションで名を上げたマルコ・ベルトラミ会心のスコア。個人的には現時点の最高作。ハリウッドウェスタンとマカロニウェスタン双方の要素を自分なりに咀嚼し、今流行の不必要に分厚いオーケストレイションに背を向けた隙間のある音が効果的に使われている。

決断の3時10分

amazon

 こちらがオリジナル。違いを比べるのもおもしろい。グレン・フォードが悪役というのも珍しい。

|

« ウォレスとグルミット/ベーカリー街の悪夢 | トップページ | ドクター・フー »

BD&DVD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73118/46252090

この記事へのトラックバック一覧です: 3時10分、決断のとき:

« ウォレスとグルミット/ベーカリー街の悪夢 | トップページ | ドクター・フー »