« BALLAD名もなき恋のうた | トップページ | LA-LA LANDの新譜2009/09/16 »

2009年9月15日 (火)

INTRADAの旧作新譜2009/09/15

 隔週刊INTRADA。なかなか意外な2作品。

Rentacopレンタ・コップ』(1987)
"RENT-A-COP"

■INTRADA
■SAE
■SUMIYA

 バート・レイノルズ、ライザ・ミネリ主演の探偵恋愛物。ライザ・ミネリのカムバック作品。さすがに両者とも「往年の」俳優だけに中年のラヴロマンスであるが、まあ、悪くはない程度の出来。連続殺人犯を目撃した娼婦を守る元刑事の探偵。ふたりのロマンスと殺人犯との戦いを描く。
 音楽はジェリー・ゴールドスミス。なんと言っても1曲目のメインテーマがお洒落で美しい。ポップですらある。ピアノとシンセのメロディにトランペットソロが入ってくるところなど、いかにもゴールドスミスらしい。個人的にも結婚式で流した思い出の曲でもある。もちろん、アクションのキレ味もいい。『リンク』や『勝利への旅立ち』などと同じくシンセドラムを積極的に使い始めた頃のスコアで、キーボードとデジタルパーカッションがオケとタイマンをはっている。ソリッドなアクションスコアと、メロディアスなメインテーマの対比もいい。以前INTRADAから出ていたアルバムよりもアクションスコアを中心に7曲増えた完全版となり、ボーナストラックとしてゴールドスミス指揮のクリスマスソングが2曲追加。
 限定3000枚

Chinasynチャイナ・シンドローム』(1979)
"THE CHINA SYNDROME"

■INTRADA
■SAE
■SUMIYA

 ジェーン・フォンダ、ジャック・レモン主演の原発を巡る社会派ドラマ。当時、流行したなぁ。
 音楽はマイケル・スモールだが、このスコアは実際には使用されなかったボツスコア。もちろん、初サントラ化。
 限定1000枚

追記:『チャイナ・シンドローム』はわずか6時間でレーベル完売。最速かも。

|

« BALLAD名もなき恋のうた | トップページ | LA-LA LANDの新譜2009/09/16 »

サントラ情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: INTRADAの旧作新譜2009/09/15:

« BALLAD名もなき恋のうた | トップページ | LA-LA LANDの新譜2009/09/16 »