« 映画ネタ38 | トップページ | THE INFORMANT! »

2009年8月 9日 (日)

THE IMAGINARIUM OF DOCTOR PARNASSUS

 ヒース・レジャーの死去によって製作が中断。そして、彼の3人の友人が代役に立てられて完成したテリー・ギリアム監督のオリジナル最新作"THE IMAGINARIUM OF DOCTOR PARNASSUS"(パルナッソス博士の空想館?)の予告編が公開された。
 パルナッソス博士が鏡を使って別の世界に行く設定で、鏡を抜けたところで博士の姿が変わるという設定を加え、博士が3つの姿になることで主役不在を乗り切った。その3つの姿というのがジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレル。製作費は相変わらず高額だわ、キャストで事件が起こるわ、相変わらず不幸なギリアムだが、売れっ子3人が出演してくれたことは結果的にはよかったのだろう。亡きヒース・レジャーも納得しているのではないか。あとはヒットしてくれれば。相変わらず、欧州に比べてアメリカ公開は遅いし、日本では未定だが。
 脚本はギリアムと盟友チャールズ・マッキーワン。彼は『未来世紀ブラジル』や『バロン』の脚本・出演でも有名。他に関根勤出演『エリック・ザ・バイキング』にも出ている。モンティ・パイソンの映画版にも関わっており、そういう意味では久しぶりにギリアムのテイストが期待できるし、予告編のカラフルさや豪華さはデジタル版バロンである。音楽はジェフとマイケルのダナ兄弟。
 できたばかりで何もない公式サイトはこちら

|

« 映画ネタ38 | トップページ | THE INFORMANT! »

予告編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73118/45877152

この記事へのトラックバック一覧です: THE IMAGINARIUM OF DOCTOR PARNASSUS:

« 映画ネタ38 | トップページ | THE INFORMANT! »