« DRAG ME TO HELL | トップページ | FIMUCITE3 FILM MUSIC FESTIVAL »

2009年8月21日 (金)

アバター

Avatar ジェイムズ・キャメロンが『タイタニック』から12年ぶりに劇場用映画の監督に戻ってきた。その間、TVシリーズやドキュメンタリーの監督・製作のみ。しかも、今回はSF超大作。主演にサム・ワーシントン、シガーニー・ウィーバー、ミシェル・ロドリゲス、ゾーイ・サルダナ(スタトレの新ウーラね)など。エイリアン側は全編3DのCGIで作られたアニメといってもいい。ちょっと見ると、双方に違和感はない。『ベオウルフ』よりもさらに技術が進んでいるようだ。
 ストーリーはなるほど、SF版『ダンス・ウィズ・ウルヴス』とか『ポカホンタス』とかいわれたのがよくわかります。そのまんまやんか! まあ、さすがにエイリアンと恋に落ちるわけにいかんので、アバターを使ったってことですな。公開は12月18日。日米同時公開。
 ようやく公開されたティーザー予告編はこちらから。
 音楽は喧嘩別れ(^_^;)したはずのジェイムズ・ホーナー。画面を見ていると、尺八が聞こえてきそうだ。

|

« DRAG ME TO HELL | トップページ | FIMUCITE3 FILM MUSIC FESTIVAL »

予告編」カテゴリの記事

コメント

特別上映会に行って来ました。
本編からの15分の映像を観た限りでは、CGキャラの精巧度は凄かったです。
アップルのサイトで観る予告ではいかにもCGという感じですが、劇場ではもっと違和感がありませんでした。
ホーナーの音楽は尺八は無かったですが(笑)、完成版であったりするかも知れませんね。
アクション場面はドコドコ打楽器系でしたよ。
キャメロンは余りメロディを重視しない監督のように見えますが、今度のは印象的なメロディを期待したいです。
でも「万年青年」なホーナーだから、大傑作とかはならないかなぁ。
いつもホーナーには、ついつい期待してしまうんですよね。
こんなに裏切られてばかりいるのに(笑)。

投稿: Horka | 2009年8月22日 (土) 02:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73118/45986495

この記事へのトラックバック一覧です: アバター:

« DRAG ME TO HELL | トップページ | FIMUCITE3 FILM MUSIC FESTIVAL »