« EXCELSIUS | トップページ | AMELIA »

2009年8月12日 (水)

ムーン・パニック前編

Impact 昨深夜、NHKで放映されたTVドラマ。詳しくはこちら。後編は今夜です。
 月に褐色矮星が衝突してめり込んだせいで、月の質量は地球の2倍以上に。そのために軌道が代わり、地球に様々な異変が起こる。放電現象、一部で引力がなくなる、挙げ句に月と地球が衝突する!
 いや、もう爆笑大作です。脚本家の人はどうやって人や列車を浮き上がらせられるかを知恵を絞ったんでしょう。が、根本的なところがわかってない。その脚本家というのはスタローンのアシスタントとして働き、映画学校在学中に『クリフハンガー』の1シーンを書いたそうで、TVメインで活躍。何作か監督もしてます 。頭悪そう……。
 突っ込みどころは色々あるが、一番問題なのは月の方が質量が大きいのに、地球はまったく動かないこと。引っ張りあったら軽い方が影響受けるのは誰でもわかるよね? この世界では天動説が信じられているらしい。
 映画としてはいつものパターン。母親が亡くなった科学者の父と子供たち、科学者と恋人なんていう人間ドラマの合間にパニック描写。メインの科学者の女性がナスターシャ・ヘンストリッジなもんで、エイリアン・シルになるかと不安になったり>バカ。あとはジェイムズ・クロムウェルくらいか。180分の本編なのに、2日で120分の放映時間なので、1時間カットしてるわけだが……。今夜が楽しみだ、色々な意味で。

IMPACT

amazon

 アメリカでは9月1日にDVD発売。

追記:後編で別に記事を書こうかと思ったが、あまりにあまりなのでやめた(^_^;) 突っ込んでおくと、なんで船は浮き上がるのに水は静かなのか。月の質量が増えたら潮の満ち引きは凄いことになって津波が起こるんじゃないのか。ただし、水については理由がはっきりしている。水のCGは高くつくし面倒だからだ(^_^;) それに、なんで質量が地球の2倍になった月に簡単に着陸できて、人間が動き回れるのか。重力は2倍どころではないのだ(詳しく計算できませんが)。

|

« EXCELSIUS | トップページ | AMELIA »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73118/45904862

この記事へのトラックバック一覧です: ムーン・パニック前編:

« EXCELSIUS | トップページ | AMELIA »