« 冬木透CUNDUCTウルトラセブン | トップページ | トイストーリーなど »

2009年7月29日 (水)

CORALINE

Coraline_ver2CORALINE

 ニール・ゲイマンの児童文学を『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』や『ジャイアント・ピーチ』のヘンリー・セレックが脚色・監督した人形アニメ。まだ日本公開の情報がないのだが、例によってアメリカではDVDが出てしまったのだった。
 両親と共に引っ越してきた少女コラライン。両親はパソコンに向き合って仕事ばかりで相手をしてくれない。ひとりで遊ぶうちに、家の中に壁紙で封印された小さなドアを見つける。しかし、ドアの向こうは煉瓦の壁。ある夜、ネズミがそのドアの向こうに行くのを見つけ、中に入っていくと、そこには同じ家があり、両親の姿も。両親は別人のように優しくて料理も美味しい。ただ、両目にはボタンが縫いつけられていた……。
 原作ではかなりあっさり描かれているイメージを、逆にこってりと描くことによって、思いっきり独特の世界が現出している。人形の動きも最高。実に細かい表情と動きを見せてくれる。生意気なコララインの表情や仕草がよく出ているし、声を当てたダコタ・ファニングもさすがの演技だ。原作との違いはメインの登場人物をひとり増やしたこと。それによって終盤が少し変わっているくらい。基本ラインは原作どおり。早く公開してくれることを祈る傑作。
 なお、この映画は3Dバージョンでの公開もあったので、DVDにも2Dと3Dの両バージョンが収録され、3Dメガネが4つ同梱されている。もっとも、メガネは偏光レンズではなく、赤青の懐かしい代物なので、立体には見えるがせっかくの豊かな色彩がかなりそがれてしまう。おまけに100分観ていると疲れるし。

amazon

 最近、マーケットプレイスでリージョン1のDVDなんかも取り扱うようになったので、リンクを貼っておこう。これは2枚組でメイキングも収録されたコレクターズエディション。他に1枚物も扱っている。リージョンのないBDは今のところ扱いなし。

コララインとボタンの魔女

amazon

 原作小説。話は単純だし、結構あっさりしているのですぐに読める。大人が読むと、「これ、本当にゲイマン?」と首をかしげるかもしれないが、ここはやはり子供に読み聞かせるのがいいのでは。結構、怖がるんじゃないかと。親は本物がいいんだよぅと脅すのに使えるかも。トラウマになっても知りませんけど。

CORALINE

amazon

 サントラ。音楽はフランスのブリュノ・クーレ。これまでに『クリムゾン・リバー』や『WATARIDORI』などを担当している。イメージとしてはダニー・エルフマン向きなのだが、実際、エンドクレジット(サントラ1曲目)などエルフマンに近いスコアもある。あえてクーレを起用したのはヨーロッパ的な香りのする登場人物がいるせいかもしれない。アルバムとしてはインパクトは少ないが、劇中では効果的。

|

« 冬木透CUNDUCTウルトラセブン | トップページ | トイストーリーなど »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73118/45771400

この記事へのトラックバック一覧です: CORALINE:

« 冬木透CUNDUCTウルトラセブン | トップページ | トイストーリーなど »