« INTRADAの旧作新譜2009/06/23 | トップページ | FSMの新譜2009/06/30 »

2009年6月29日 (月)

VARESE CD CLUB新譜2009/6/29

 VARESE SARABANDEの季刊限定盤シリーズ。今回は4枚。
 最初の2枚と後の2枚の間に7分以上の沈黙があったので、2枚だけで終わりかと思ったが、見事なフェイントでした。いじわる。

Hardcontract殺人美学』(1969)
"HARD CONTRACT"

■VARESE SARABANDE
@TOWER

 ジェイムズ・コバーン、リー・レミック主演の殺し屋物。 
 音楽はアレックス・ノース。発見されたステレオのマスターテープだけではスコアは完全ではないため、モノラルのフィルム音源からもスコアを抽出した。初サントラ化。
 限定1000枚

Normaraeノーマ・レイ』(1979)
"NORMA RAE"

■VARESE SARABANDE
■SUMIYA
@TOWER

 サリー・フィールド主演。労働問題に関わって自立いていくヒロインを描くドラマ。
 音楽はデイヴィッド・シャイア。これまでには作曲家によるプロモ盤に主題歌やテーマが収録されているくらいだったので、これが初サントラ化。
 限定1500枚

Rightstuffライト・スタッフ』(1983)
"THE RIGHT STUFF"

■VARESE SARABANDE
■SUMIYA
@TOWER

 アカデミーオリジナル作曲賞を受賞したビル・コンティのスコアが初リリース!
 従来の『北軍と南軍』とカップリングになったアルバムはコンティがロンドン交響楽団を指揮して録音し直したスコア盤だったが、ようやくハリウッドで録音されたサントラがリリースされることになった。当時は再使用料(アメリカでは本来の目的=映画以外の使用をする場合、時間に応じた使用料を支払う必要がある)が高くて、リリースを計画しながら断念していたのだ。今回はその当時の計画どおりの内容だそうだ。おかげで37分しかないけどね(かつてのVARESE SARABANDEの通常サントラに35分程度が多いのは、これが再使用料を一番安くすませることのできる時間だからなのだった。現在は規定が変わって、少し安くなっているらしい)。
 ところで、ハンス・ジマーは『グラディエーター』でホルストの『惑星』を無断借用したとホルスト財団から訴えられたが、同じような本作ではそう言う話は聞かなかったなぁ。どうして? 他にもチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲そのまんまのメインテーマとか、とってもオリジナルな作品です(^_^;) 好きだけど。
 限定3000枚

追記:チープなシンセのテーマが収録されていて、そういえばそんなのもあったなと思い出した。再録音盤の豪華な音が耳に残っていたようだ。笑ったのはシングル用に録音していたというラストの曲。80年代だねぇという微笑ましいアレンジである。
 ホルストの件はクレジットが入っていたのでOKということらしい。映画を観て確認せねば。

Lonelyare脱獄』(1962)
"LONELY ARE THE BRAVE"

■VARESE SARABANDE
■SUMIYA
@TOWER

 カーク・ダグラス、ジーナ・ローランズ、ウォルター・マッソー主演の西部劇。
 ジェリー・ゴールドスミスのメジャーデビュー作品がついに公式CD化。
 限定3000枚

|

« INTRADAの旧作新譜2009/06/23 | トップページ | FSMの新譜2009/06/30 »

サントラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73118/45372820

この記事へのトラックバック一覧です: VARESE CD CLUB新譜2009/6/29:

« INTRADAの旧作新譜2009/06/23 | トップページ | FSMの新譜2009/06/30 »