« LA-LA LANDの新譜2009/04/07 | トップページ | グラン・トリノ »

2009年4月 8日 (水)

ワンダと巨像

 PS2で出た『ワンダと巨像』(英題"Shadow of the Colossus")がハリウッドで映画化? VARIETYの報。

 まあ、いつものとおり、映画化権を買った段階だろうが、製作者ケヴィン・ミッシャー(『スコーピオン・キング』やジョニー・デップの新作"PUBLIC ENEMIES"など)と脚本家ジャスティン・マークス(『ストリートファイター:レジェンド・オブ・チュンリー』など)が現在、製作に向けて交渉中だとか。
 ゲームは主人公の少年が少女を生き返らせるために古代の神と交渉し、16体の巨像を倒すというもの。台詞はほとんどなく、物語も語られることなく、映像で判断するようになっている。このスタッフの前作『ICO』と同じような雰囲気。もっとも、ゲームのメインはバカでかい巨像に取り付いて、よじ登って、急所を攻撃するというハードな代物だが、全体に淡々としている。大谷幸の音楽も素晴らしい効果を上げている。
 映画化に際してどういう風にまとめるのかは不明だが、音楽は大谷幸を使ってもらいたい。

 しかし、正直言ってまったく期待してないけどな。

|

« LA-LA LANDの新譜2009/04/07 | トップページ | グラン・トリノ »

ゲーム」カテゴリの記事

映画ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73118/44604183

この記事へのトラックバック一覧です: ワンダと巨像:

« LA-LA LANDの新譜2009/04/07 | トップページ | グラン・トリノ »