« ASTROBOY最新版 | トップページ | かいじゅうたちのいるところ »

2009年3月25日 (水)

A MATTER OF LOAF AND DEATH

WallacegromitWallace And Gromit/A Matter Of Loaf And Death

 昨年のクリスマスにイギリスBBCで放映されたクレイアニメーションシリーズ『ウォレス&グルミット』の最新作。タイトルは『パンと死の事件』ってところか。恐らくイギリス映画『天国への階段』原題"A MATTER OF LIFE AND DEATH"のもじり? 内容は関係ないよな。
 5作目である。過去の3作と同様30分の中編である。『野菜畑で大ピンチ!』のような長編映画もいいが、やはりコンパクトな中にギュッと詰まった中編の方がいい。なにより、長編では製作に時間がかかりすぎて、なかなか見られないというのが難点。
 今回、発明家ウォレスは新規事業としてパン屋を始めた。と言っても、メインで働いているのはいつものとおりグルミットである(ああ、なんて健気なんだろう! 一家に一匹グルミット!)。そして、パン屋を狙った連続殺人事件が発生。ウォレスの事業はおかげで順風満帆。そこに例によって新たな女性が登場し、例によって懲りずにウォレスは……。しかも、今度はプードルのメス犬もついてきた! グルミットにも春が来るのか? ウォレスに女性というパターンは3本連続なのがちょっと新味に乏しいのだが、ウォレスというキャラを表すには一番わかりやすいのだろう。例によって例のごとくの展開になるわけだが、やはりラストのアクションは毎回手に汗握る。いやあ、あそこでアレが出て、ああいうことになろうとは! しかも、アレを使うのが何なんだから、つまり元ネタはアレなわけで、笑うしかない。NHKが放映しないかなぁ。
 音楽はシリーズとおしてジュリアン・ノットだが、今回はオーケストレイション&指揮がニック・レイン、録音がサイモン・ローズ、スタジオがアビーロードと豪華だった。基本はサスペンスのノリだが、『ペンギンに気をつけろ!』のようなミクロス・ローザっぽい音楽ではなかった。あまり意識していないのかな。そろそろ中編4本をまとめてサントラが出ないだろうか。

|

« ASTROBOY最新版 | トップページ | かいじゅうたちのいるところ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73118/44030215

この記事へのトラックバック一覧です: A MATTER OF LOAF AND DEATH:

« ASTROBOY最新版 | トップページ | かいじゅうたちのいるところ »